ここから本文です
頑張りましょう


では、前回の安全性の高い食品添加物と危険極まりない食品添加物が使われている間の、真ん中の食品添加物の食材をピックアップいたします。

決して褒めるべき添加物ではありません、「まあ、たまには食べてもいいでしょう〜」ぐらいのイメージでお願いいたします。

添加物の分類であって、食材のクオリティーや栄養価の分類ではございませんので、お間違いのいないようにお願いしますね。

イメージ

アイスクリーム 既製品のアイスは、乳化剤、増粘多糖類、香料、などが使われています。乳化剤の中には、化学物質のものがあります。多糖類は安定剤です。
まあ、基本的には食べない方が良いですね。

飴、キャンディー 香料、着色料、乳化剤、が主に使われていますが、毒性の強いものがあり、しかも何が使われているのか表示されません。
最近は、砂糖の代わりにアスパルテームなどの人口甘味料が使われていますので、もうこれは食べてはいけない部類ですね。

カレー、シチューのルー 市販のお手軽ルーには、アミノ酸調味料、乳化剤、酸味料、香料などが使われています。調味料に味〇素のグルタミン酸ナトリウムが使われています。乳化剤も何が使われているか分かりません。特に安物ルーほど危険です。やはりカレーもスパイスから作る手作りに越したことはありませんね。全く別物です。

缶コーヒー、缶紅茶 乳化剤、香料、カラメル色素、カイゼンNaなどが使われています。乳化剤も何が使われているか分かりません。
カイゼンNaはとろみ剤ですが危険性が高いです。香料は100種類ぐらいありますがこれも何をどれだけ使われているか分かりません。
飲まない方が良いですね。最低でも、無香料、無糖を選んでください。

クッキー、ビスケット 膨張剤、香料、乳化剤、着色料が主に使われています。どれも詳細な表記はされません。
原材料にショートニングが使われており、トランス脂肪酸が含まれています。おまけに粗悪小麦が使われていますので、まあ食べない方がいいですね。

ケーキ 乳化剤、香料、膨張剤、PH調整剤、などが使われています。膨張剤に塩化アンモニウムなど毒性の強いものが使われています。
PH調整剤とは、保存料で具体名は不明なのです。また原材料のクリームそのものの害性と添加物とで下痢をすることもあります。これもたまに食べる程度に止めておくべきですね。

コーンフレーク 栄養素は比較的ある食材ですが、残念ながら乳化剤、酸味料、香料、カラメル色素などがつかわれています。
カラメル色素は、でんぷんを加熱して作ったもので4種類あり、細菌の遺伝子を突然変異させるものがあります。勿論、主食にしないでください。食べない方が良いです。

こんやく、しらたき いずれも、粉末こんにゃく芋を水で溶いて凝固剤の水酸化カルシウムで固めたものです。
これは危険性を問われがちですが、強いアルカリ性であるだけで、こんにゃくの製造に使われる程度であれば問題なく、胃で胃酸と反応すれば無害な塩化カルシウムに変わります。
ちなみに原材料の粉は、中国産で品質は未知数です。うちは、こんにゃく芋も山の畑に作っておりまして、粉で作る簡易製法ではなく、本来の芋を煮てこんにゃくを作りますが、市販のこんにゃくとは全く別物の味わいです。

刺身 市販の刺身は、実は加工品です。酸化防止剤のビタミンE,ビタミンC、PH調整剤などが使われています。PH調整剤は、保存性を良くしますが具体的には何が使われているか分かりません。
マグロの場合は、切り身は、植物油に漬けて照りとコクをつけ、ネギトロは、アミノ酸調味料ガ添加されています。

缶入りシーチキン 缶詰なので、保存料はまず使われていません。調味料にアミノ酸、甘味料にソルビット、増粘剤にファーガムなどが使われてます。味付けのグルタミン酸がいけませんね。

ジャム 手作りジャムはせいぜい砂糖を加えるだけですが、市販のジャムは、ゲル化剤のペクチン、酸味料が含まれています。手製に比べるとプルプルするのは、ゲル化剤の効果です。酸味料は保存性を高めたり酸味を上げていますが、具体的には明記されていません。不気味であるとこは確かですので、出来たら手作りしましょう。

ジュース類 酸味料、香料100種類、ステビア、ビタミンC、などが主に使われています。香料は、組み合わせて使われ何が使われているのか分かりません。ビタミンCga,酸化防止剤です。これも比較的安全なものもありますが、毒性の強いものもあり何が使われているか分からないのが不気味です。

食パン イーストフード、乳化剤、ビタミンCなどが使われています。イーストフードは16種類の添加物群の中から何種類かパン酵母に混ぜて使われます。膨張剤ですね。乳化剤は、たいていマーガリンです。
山崎製の食パンには、小麦粉改良剤の臭素酸カリウムという怖い発がん性物質が使われています。
余談ですが、私の知り合いの人と山崎の上級社員の方と面識があるのですが、「うちのパンは絶対に食べない」と言っていたそうです。

スナック菓子 ポテトチップス、コーン菓子は人気が高いお菓子です。Lグルタミン酸ナトリウムを主にした調味料がたっぷり含まれています。揚げ油もトランス脂肪酸たっぷりのひどい油が使われています。
甘味料には、ステビアが使われている場合が多く、ステビアが体内で代謝するとオスの精巣を阻害する物質ができます。多くの国では禁止されていますが、日本はあらゆる食品の甘味料にじゃんじゃん使われています。これは避けたほうがいいですね。

パスタソース類 お手軽ですが、やはり味付けにLグルタミン酸ナトリウムなどの化学調味料が使われています。これに限らずほとんどの加工食品に含まれています。カメルシ色素も同様でこれは人工醤油の色付けにも使われており細菌の遺伝子を突然変異させることがあります。つまり発がん性につながります。

スポーツドリンク 汗をかくとき、スポーツだけでなくお風呂上りに良く飲む人がいるそうです。これは危険ですね。
甘み旨みのLグルタミン酸調味料、酸味料、香料が入っています。
酸味料、香料は沢山ありますが、使われている具体名は不明です。
ミネラル補給と謳われていますが、人工ミネラルでは体内はほとんど受け付けません。

ゼリー類 には、ゼラチンが使われているのが一般的な製法ですが実はゲル化剤の増粘多糖類でプルプルさせています。つまり偽物なのです。
増粘多糖類は、多種類存在するのですが1品目だけの使用ですと具体的に表記されますが、2品目以上の試用になると「増粘多糖類」と漠然とした表記だけで良いのです。意味が分かりませんね。まるでき危険な添加物を隠せ通せる法規です。
香料、酸味料、乳化剤も表記不要です。まあ、本来のゼリーとは違い美味しくないです。まあ食べない方がいいですね。

せんべい せんべいの香ばしい匂いや味も素材のものではなく、Lグルタミン酸の配合で作られています。非常に不気味な添加剤です。甘味のソルビット、カラメル色素などもかなり使われています。恐ろしいまでの添加剤操作ですね。

イメージ

まとめ

この毒性中間的存在の化学物質は、まだまだ続くのですが長くなりましたので一旦ここらで・・

中間的な存在の添加剤と言いながら、これらは極力食べない方が良いと思います。

えっ?じゃあ、食べてはいけない添加物のグループでは?と考えますが、最も酷い食べてはいけない添加剤は、もっと恐ろしくレベルが違うのです。

またご覧いただいてお判りのように、食品添加物の具体的な表記義務とは、ほとんど意味のない野放し法規なのです。

酸化防止剤、乳化剤などど記載するだで事実上何を使っても良いのです。

産地偽装や異物混入で大騒ぎして何万個全部回収などよくありますが、全くそれ以上にこれは本当に危険です。

はい、ルール通りでしょうか、食品添加物の闇についてメディアは騒がないのです。

 
こうした食品添加物の食べ重ねで発病していくことを頭に刻んでおかないと、酸化(病気)とアルカリ化(健康)の綱引きになかなかか勝てません。

病気が治る健康に良い食べ物を探すことも大事ですが、こういう添加物を摂り入れない努力も大きく必要です。

はっきり言いまして、食を奪われた!といっても過言ではありませんね。

恐ろしい社会ですが、自分自身がしっかり知識を付けて仕分け行動することが何よりの健康改善策の一つだと思います♪


関連記事



転載元転載元: フルタマンタロウ 京都活動編(2016年12月から)

この記事に

開くトラックバック(0)

減塩はもはや効果ナシ!?高血圧の人向けの「3つのツボ」

女性自身 3/20(月) 12:00配信
「高血圧は、心臓や脳、血管に関わる病気になる可能性を示唆しています。高血圧だからといってむやみに降圧剤で血圧を下げると、自身の体の変化がわからなくなり、逆に危険なのです。もちろん、降圧剤が必要な患者さんもいますが、現在、高血圧による体の不調を感じていない方は飲まなくていい場合がほとんど。しかも降圧剤を飲み続けると、逆に、脳梗塞のリスクを高める可能性もあります」

 こう話すのは、薬剤師で予防医療の専門家である加藤雅俊さん。近年、日本では高血圧患者数が増加し続け、厚生労働省による’16年の調査では1,000万人を超えた。健康診断で高血圧と診断され、医師から降圧剤を処方されるケースも増えている。そんな中、加藤さんは、今年2月に発売された著書『薬に頼らず血圧を下げる方法』(アチーブメント出版)で降圧剤に頼る危険性を訴え、注目を集めている。また、加藤さんは減塩も高血圧には意味がないと語る。

「日本人の食塩摂取量は、50年前の半分に減少しましたが、高血圧患者は増加し続けています。世界規模で行われた調査『インターソルトスタディ』では、食塩摂取量の高い日本では高血圧の有病率が約10%だったのに対し、塩分摂取量の低い欧米で20〜30%という結果がでており、塩分摂取量と高血圧には相関関係がないことがわかっています。もともと人間の体には塩分を取りすぎると水分をたくさん取って、過剰な塩分を排出する仕組みがあります。塩分を取って血圧が上がるのは、一時的なこと。高血圧だからといって減塩食にする必要はありません」

 現在では誰もが、最高血圧140mmHgで高血圧とされているが、本来は年齢によって異なる、と加藤さん。50歳以上の場合、本当の高血圧の新公式は『年齢+90=最高血圧』。たとえば65歳なら、65+90=155となり、最高血圧が155mmHgまでなら正常血圧ということになる(50歳以上の場合)。もし、年齢プラス90をオーバーしている場合、加藤さんがおススメする方法の1つが「降圧ツボ」だ。

「ツボはいわば神経が集中する交差点で、脳への伝達が“交通渋滞”を起こしがちです。本来、私たちの体には、血圧を調整する仕組みが備わっていますが、脳に情報が届かないと、その機能は働きません。ツボを押すことで情報がすぐに脳に伝わり、体が血圧を正常に戻そうと働くのです」

 そこで加藤さんがおススメするのが、3つの「降圧ツボ」。どのツボも、5秒かけて息を吐きながら押し、5秒かけて息を吸いながら、力を抜いて行おう。

【人迎(じんけい)】喉仏の左右にあるツボ。血圧を下げる効果が特に高い

 喉仏から指2本分離れたところで、指を押し込んだとき脈打っているのが「人迎」のツボ。人さし指に中指を添え、首の中心に向かって人さし指でゆっくりと押す。左右5回ずつ。

「起床時に血圧が高い人、イライラしたり緊張したりして血圧が上がりがちな人は、ぜひこのツボを押してください」(加藤さん)

【合谷(ごうこく)】痛みや怒りを抑えるホルモンが分泌されるツボ

 親指と人さし指の骨が接する付け根近く、人さし指の骨の少しくぼんだ部分がツボ。親指を当て、骨の裏側をぐっと押し上げるようにゆっくりと押す。左右5回ずつ。

【内関(ないかん)】精神的な緊張に効くツボ。副交感神経を優位にして血圧を下げる

 手首のシワから指3本分手前側、腕の真ん中にあるツボ。親指の腹を当て、垂直にゆっくりと押す。これを5回繰り返す。
最終更新:3/20(月) 12:00
女性自身


転載元転載元: nk8**6eのブログ

この記事に

開くトラックバック(0)

減塩はもはや効果ナシ!?高血圧の人向けの「3つのツボ」

女性自身 3/20(月) 12:00配信
「高血圧は、心臓や脳、血管に関わる病気になる可能性を示唆しています。高血圧だからといってむやみに降圧剤で血圧を下げると、自身の体の変化がわからなくなり、逆に危険なのです。もちろん、降圧剤が必要な患者さんもいますが、現在、高血圧による体の不調を感じていない方は飲まなくていい場合がほとんど。しかも降圧剤を飲み続けると、逆に、脳梗塞のリスクを高める可能性もあります」

 こう話すのは、薬剤師で予防医療の専門家である加藤雅俊さん。近年、日本では高血圧患者数が増加し続け、厚生労働省による’16年の調査では1,000万人を超えた。健康診断で高血圧と診断され、医師から降圧剤を処方されるケースも増えている。そんな中、加藤さんは、今年2月に発売された著書『薬に頼らず血圧を下げる方法』(アチーブメント出版)で降圧剤に頼る危険性を訴え、注目を集めている。また、加藤さんは減塩も高血圧には意味がないと語る。

「日本人の食塩摂取量は、50年前の半分に減少しましたが、高血圧患者は増加し続けています。世界規模で行われた調査『インターソルトスタディ』では、食塩摂取量の高い日本では高血圧の有病率が約10%だったのに対し、塩分摂取量の低い欧米で20〜30%という結果がでており、塩分摂取量と高血圧には相関関係がないことがわかっています。もともと人間の体には塩分を取りすぎると水分をたくさん取って、過剰な塩分を排出する仕組みがあります。塩分を取って血圧が上がるのは、一時的なこと。高血圧だからといって減塩食にする必要はありません」

 現在では誰もが、最高血圧140mmHgで高血圧とされているが、本来は年齢によって異なる、と加藤さん。50歳以上の場合、本当の高血圧の新公式は『年齢+90=最高血圧』。たとえば65歳なら、65+90=155となり、最高血圧が155mmHgまでなら正常血圧ということになる(50歳以上の場合)。もし、年齢プラス90をオーバーしている場合、加藤さんがおススメする方法の1つが「降圧ツボ」だ。

「ツボはいわば神経が集中する交差点で、脳への伝達が“交通渋滞”を起こしがちです。本来、私たちの体には、血圧を調整する仕組みが備わっていますが、脳に情報が届かないと、その機能は働きません。ツボを押すことで情報がすぐに脳に伝わり、体が血圧を正常に戻そうと働くのです」

 そこで加藤さんがおススメするのが、3つの「降圧ツボ」。どのツボも、5秒かけて息を吐きながら押し、5秒かけて息を吸いながら、力を抜いて行おう。

【人迎(じんけい)】喉仏の左右にあるツボ。血圧を下げる効果が特に高い

 喉仏から指2本分離れたところで、指を押し込んだとき脈打っているのが「人迎」のツボ。人さし指に中指を添え、首の中心に向かって人さし指でゆっくりと押す。左右5回ずつ。

「起床時に血圧が高い人、イライラしたり緊張したりして血圧が上がりがちな人は、ぜひこのツボを押してください」(加藤さん)

【合谷(ごうこく)】痛みや怒りを抑えるホルモンが分泌されるツボ

 親指と人さし指の骨が接する付け根近く、人さし指の骨の少しくぼんだ部分がツボ。親指を当て、骨の裏側をぐっと押し上げるようにゆっくりと押す。左右5回ずつ。

【内関(ないかん)】精神的な緊張に効くツボ。副交感神経を優位にして血圧を下げる

 手首のシワから指3本分手前側、腕の真ん中にあるツボ。親指の腹を当て、垂直にゆっくりと押す。これを5回繰り返す。
最終更新:3/20(月) 12:00
女性自身


転載元転載元: nk8**6eのブログ

この記事に

開くトラックバック(0)

全国「精神病」者集団HPより

本日2017年2月28日、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の一部改正に関する法律(案)が閣議決定され、国会に上程されました。全国「精神病」者集団は、精神保健福祉法それ自体の撤廃を求めてきましたが、加えてこのたびの改正は障害者権利条約の趣旨に逆行し、私たち精神障害者の生活に大きな悪影響を及ぼすもので特に看過できない内容とであるため、緊急声明を発表し抗議の意思を示します。

1.法改正の趣旨に明示的に犯罪防止が採用されたことこの法案の趣旨は、相模原
 市の障害者支援施設の事件の再発防止であり、医療の役割を明確にすること、医
 療の充実を図ること、精神保健指定医の不正取得の再発防止の3点に留意して法
 整備を行なうこととされています。趣旨に明示的に犯罪の防止が掲げられたこと
 は、従来の改正とは一線を画すものであり、まさしく治安のための改正であること
 を示しています。
2.措置入院の強化――地域における監視

①の措置入院強化では、措置入院者に対して都道府県が退院後支援計画を作成し、警察関係者を構成員とした精神障害者支援地域協議会がたとえ措置入院者が転居しようとも追跡して転居先の自治体が退院後支援計画を引き継ぐ制度が新設されます。退院後支援計画は、支援の名が付けられていながら本人を抜きにして作成できることとされており、本人主体の支援ではなく都道府県を主体とした保健所主導の監視というべき内容になっています。加えて、精神障害者支援地域協議会には、代表者会議の構成員に警察関係者が入っており、医療や支援ではなく明確に治安的な介入が意図されていることがわかります。

3.医療保護入院における市区町村長同意の復活本改正では、市町村長同意の復
 活が規定されました。仮にも障害者権利条約の国内法整備の一環として保護者
 制度を含む医療保護入院等の見直しがおこなわれ、市区町村同意が2013年改正
 時に廃止されたというのに、障害者権利条約の適合性に関する検討がなされない
 ままにして、さらなる同意権者の拡大がなされました。2013年改正時の衆参両院
 附帯決議では、非自発的入院の減少が志向されていたにもかかわらず、措置入
 院の強化や家族等の同意に加えて市町村長同意へと同意権者の範囲がさらに拡
 大されるなど、明らかに非自発的入院の減少を帰結しない法改正になっていま
 す。これらの改正は、私たち精神障害者の地域生活を圧迫し、権利を損なうもので
 あるため反対の意思を示します。

2017年2月28日
全国「精神病」者集団

転載元転載元: なんくるブログ

この記事に

開くトラックバック(0)

 がんの部位も特定可?新血液検査
Link de Diet  2017.3.22 EurekAlert 


がんを検出して、腫瘍が増殖している位置も特定できる新しい血液検査を開発した、という米国カリフォルニア大学からの研究報告。この方法によって、生検などの侵襲性外科手術を行わずに、早期にがんを診断できるかもしれない。

がんの血液検査は、腫瘍細胞が死滅して放出したDNAをスクリーニングすることによって作用する。このような試験は、がん患者の血液中に微量の腫瘍DNAを検出できる可能性があることを示している。しかしながら、結果は、腫瘍がどこに存在するかを示していない。腫瘍の位置を特定することは、効果的に早期発見するために重要となる。

研究チームは、腫瘍細胞を検出し、腫瘍細胞の位置を特定できる新しい
手がかりを血液中に発見した。腫瘍が身体の一部に増殖し始めると、
腫瘍と正常な細胞は、栄養素や場所を奪い合い、その過程で正常な細胞が死滅する。正常な細胞が死滅すると、そのDNAが血流中に放出され、
影響を受けたDNAがあった組織を識別できる。

この方法では、CpGメチル化ハプロタイプという特定のDNAシグネチャーをスクリーニングする。CpGメチル化ハプロタイプは、DNA分子中の複数の隣接CG配列に、メチル基が付加したものである。体内の各組織は、メチル化ハプロタイプに特有の特徴によって同定できる。

「この発見は偶然によるものであった。はじめのうちは、従来の方法で、がん細胞シグナルを探し、そのようなシグナルがどこから来ているか調べようとしただけであった。ところが、他の細胞からのシグナルも見て、
両方のシグナルをまとめると、腫瘍の有無や腫瘍がどこで増殖しているか、実際に判断できたのである。」
と主任研究者のクン・チャン教授は述べている。

研究者らは、新しい方法を開発するために、10の異なる正常組織
(肝臓、腸、結腸、肺、脳、腎臓、膵臓、脾臓、胃、血液)の
すべてのCpGメチル化パターンについてデータベースにまとめた。

研究者らは、カリフォルニア大学サンディエゴ校ムーアがんセンターの
がん患者の腫瘍サンプルと血液試料を分析し、がんに特異的な遺伝子マーカーのデータベースを作成した。

研究チームは、参加者の血液試料をスクリーニングした。参加者には、
腫瘍がある者も腫瘍がない者がいた。研究者らは、
がんマーカーのシグナルと組織特異的メチル化パターンを探した。
このテストは、二重認証プロセスのように機能する。

ただし、肯定的な整合を与えるために、両方のシグナルのうち、統計的なカットオフを超える大きさをもつものを組み合わせる必要があるという。

出典は『ネイチャー遺伝学』。 (論文要旨)      

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事