ここから本文です
ひろ林檎ブログ
林檎汁、ブシャー!

書庫全体表示

記事検索
検索

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

いらっしゃいませ。
立膝普及推進委員会の『ひろ林檎』と申します。
      

        たまにはトップを更新してみる

        
こちらは10cm前後のフィギュアやその時々で買った物の、無作為、雑食ブログです。
暇が有ったら覗いて下さい。

この記事に

待ちに待っておりましたフィギュアがやっと店頭に並んでいたので摘んできました。

御恥ずかながら私はこのキャラクター、昨年末に知りました。
初め見たフィギュアーツの虎徹はソフトバンクの宣伝用ヒーロー物の商品化だと思ってました。
よくよく調べてみたら、崇拝する桂正和氏自らキャラクターデザインを担当したと知った時、私は何をしていたのだろうと自暴自棄に落ちいてってしまいました。


そんな訳で、私の好きなサイズのフィギュアが発売されたという事で久しぶりにタイピングしている次第です。





TIGER&BUNNY STYLING だぁ〜!



イメージ 1

箱フィグとしてはかなり大き目のボックスで、コンビニの陳列棚スペースを犠牲にしてました。この手のフィギュアはパーツ分割してパッケージの最小化を図っているのが当然だと思っていましたが、ここまで大きいと中のフィギュアも大きいのかなぁと不安になってしまいます。
購入したのはフェイスオープン状態では無い虎徹とバーナビー。






イメージ 2

開けたらコンビニ箱フィグには珍しいブリスター保護のパッケージ。パーツも台座が別封入されているだけで、フィギュア自体は完成品で入っていました。
値段からこの仕様は納得なんですが、パッケージにもう少し手を抜いてもらって単価下げてもらったほうが消費者には優しいかと…。コンビニに置いてあって試しに1つなんて気軽に買える値段じゃないですからね。お子様がおいそれと買える値段じゃない。まぁ、こんなマニアックなキャラクター、お子様は買わないでしょうけど…。




イメージ 3

イメージ 4

早速開封してみました。ポーズは対峙する相手に牽制するかの如く構えたポーズ。
全長120mmだそうでミクロマンよりは極魂サイズなのかなぁという印象です。細かいスポンサーロゴ印刷も再現されていて高価な単価も納得の出来。台座はちょっとショボイかな。フィギュアーツでラインナップされているから、極魂サイズでも全キャラ発売してみたらいいんじゃないかなぁと思います。





イメージ 5

ロゴ印刷と相まってクリアーパーツを多用しているところも単価アップの一因であると思います。
右手甲のクリアーパーツのゲート跡の処理がいまいちですね…。







イメージ 6

変わりましてバーナビー。仕様は同じでクリアーパーツ使いのロゴ印刷を惜しげもなく使用しています。
私の脳内には戦隊シリーズで刷り込まれた赤は主役の色というイメージがあるので、このバーナビーのほうがカッコいいなぁと思ってしまいます。キャラも若くてイケメンなんですよねぇ。







イメージ 7

バストアップで細部など。
右手の甲にはいつもお世話になっているアマゾンさんのロゴ印刷があったので、そっちの方から撮影したほうが良かったかな?









イメージ 8

さて、この両フィギュアは台座を接続して並んだディスプレイができる仕様になってます。
劇中の二人の共闘を彷彿させる、是非とも2キャラ購入をお願いした商品です。






好評なら他キャラの発売もあるのかな?

この記事に

先日の記事から遊べそうなフィギュアだということが分かったので、その後発売された商品を買ってきました。

モジュールオンフォーゼEX フォーゼメカニックス 1マシンマッシグラー&仮面ライダーフォーゼベースステイツ だぁ〜!(今回も長いぞ〜)


イメージ 1

店頭で見た時に先日買ったモジュールオンフォーゼ用のサイズではなかろうかと思い即購入してきました。
パッケージの写真から見ても細かい部分が雑なつくりのようですが、後々カウルなどのパーツが使えればいいかなぁということで。





イメージ 2

開封。このシリーズ塗装を省きステッカーにてカラーリングを楽しむようになってます。
小さなお子様でも楽しんでいただけますね。
スタンドが展開するので自立にてディスプレイ可能。





イメージ 3

この商品だけでも完結できるようフォーゼさんのハリボテみたいなライディングスタイルのフィギュアも同封。
こちらも塗装無しの成形色のままのフィギュアです。
可動のほうは頭と両肩のみ動く程度です。






イメージ 4

先日のフォーゼさんを持ってきてみました。
パッケージ裏面にも別売りのモジュールオンフォーゼを乗せてみようと書いてあります。






イメージ 5

モジュールオンフォーゼを乗せてみました。
元々ステップが無いので足の置き場に困ります。
また付属のフィギュアよりも足の可動による寸法の増加でバイクが小さく感じてしまいました。





イメージ 6

最後にキャシャーン乗車。
フォーゼよりも小さいので合っていますが、やっぱりバイクが小さい感じがします。
もう少し大きいサイズが良かったですね。

この記事に

イメージ 1

いらっしゃいませ。
立膝普及推進委員会の『ひろ林檎』と申します。
      
        気がついたら師走…

        今年はブログやらなかったなぁ〜。

こちらは10cm前後のフィギュアやその時々で買った物の、無作為、雑食ブログです。
暇が有ったら覗いて下さい。

この記事に

いつの間にやら暦は師走。

思い起こせばこのブログかなり放置していたなって事でいまさら記事を書く必要も無いのですが、余りある時間が取れたので生きている事だけでも伝えようかと思い、久々に買ったコンビニフィグでもアップしようとタイピングしてみました。



モジュールオンフォーゼ 1仮面ライダーフォーゼベースステイツ&レーダーモジュール だぁ〜!(タイトル長っ)


イメージ 1

最近コンビニで箱フィグを買う習慣がほとんど無い生活を送っておりました。
私の通うコンビニ自体が箱フィグの新製品入荷が少なくなってきました。
見ていると商品の循環が悪く、人気の無い商品などはいつまでも陳列されていてそんな余剰在庫を少なくする意味でも各コンビニの箱玩具入荷が少なくスペースさえも縮小傾向にあるのではないでしょうか。

今回は久しぶりに小さいフィギュアということでこの商品を入手してきました。





イメージ 2

バンダイさんお得意の仮面ライダープラメカのシリーズでしょうか、仮面ライダーフォーゼでございます。
最近日曜の朝はお子様達にポケモン番組を占領されてしまうので、戦隊物や仮面ライダーシリーズから遠ざかっており、このフォーゼさんも全然知らないのでどんなセリフやどんなアクションなのかも皆無な状態です。
竹の子みたいな頭のこのシルエットからかっこ良さをどう引き出すのか全然分かりません。




イメージ 3

ついでにバックショットも。
塗装無し、パーツの肉抜きなどもあからさまに全開でチープさがありありなバックショットであります。
単価的にはこのレベルなのかなぁと諦めるしかないのですが、仮面ライダーには珍しく背中にバックパックのような部位が配置されているのは新鮮ですね。
ここから煙モクモク吹かせてジャンプなんてしたらカッコいいなぁとか思いました。





イメージ 4

サイズ比較の為久しぶりに取り出した埃まみれのキャシャーンとツーショット。
頭と胴のサイズが長いのでキャシャーンより大きいですが、殆ど同サイズフィギュアです。




イメージ 5

可動箇所は16箇所だそうでこのサイズのフィギュアには十分な動きを見せてくれます。
シンプルな外観なので可動範囲を損なう事無く動かせるところがいいですね。




イメージ 6

バランスをとると片足立ちもできました。




イメージ 7

可動フィギュアを手に取るとついやってしまう立膝ポーズ。
残念ながら腿と脛の寸法が違いすぎるので、膝1段可動ではちょっと難しい状態です。




イメージ 8

付属品にレーダーモジュールなるパーツが付属されております。
腕にアーマーのように配置できるつくりになってます。
宇宙&腕の変化ということは、昭和のライダースーパー1を彷彿させる能力ですね。





イメージ 9

たぶんこのパラボラアンテナみたいな物で敵のヒソヒソ話や忍び足の小さい音などを察知して攻撃するんでしょうね。
はたまた、地デジ時代に対応すべくワンセグ感度を増幅できるアンテナなのか?

この記事に

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事