清国堂模型工廠 (妄想プラモ製作記)

雑食性量産型モデラーです。プラモデル大好き。阿波踊りも大好き。過去の記事にもコメント歓迎です。現在「ゆるプラ」宣言中!

全体表示

[ リスト ]

絶対零戦!「零戦虎徹」岩本徹三 フジミ1/48その2

☆絶対零戦!フジミ1/48零戦21型 2機目は「零戦虎徹」岩本徹三
個人撃墜202機、協同撃墜26機、未確認22機、地上破壊2機、大破2機
撃墜数の真偽はともかく彼が超エースだったのは間違いありません。
 
☆ドイツのパイロットには100機、200機撃墜のエースはごろごろ、300機以上のエースも2人いますが、なぜドイツのパイロットの撃墜数のみそのまま信じられているのでしょう?すべてガンカメラで判定した訳ではないでしょうに。不思議です。
 
☆当時のラバウルの航空隊機は「岩本機」だけでなく撃墜マークを胴体に派手に描いています。
もう既に個人撃墜は認められない時期ですが、撃墜の確証はなくとも戦意高揚の意味もあり黙認したのでしょう。この機体も60機の撃墜破マークを描いています。しかしこの時期ではもう旧式となった21型でこの撃墜数は凄いです。「零戦虎徹」と自称するだけの技量です。
 
☆フジミ1/48 零式艦上戦闘機21型
機番号「53−102」岩本徹三機として製作。デカールはタミヤの21型から流用。タミヤのデカールは「253−102」でしたが最初の2は省かれているようなので「53−102」としました。しかし「53」と書かれていたかは不明です。機番号も黄色かもしれません。
機体も「三菱製21型」としましたが「中島製21型」の方が可能性が高いです。
その1の機体と逆にすべきでした・・・いつもながら作った後で分かります。反省・・・です。
機体はフジミ、カウリング、プロペラ、コクピット、フィギュア、脚、風防、などはタミヤ21型から転用です。
ジャンク品から流用しましたのでタミヤのゼロをつぶした訳ではありません。
塗装は日の丸と味方識別帯だけはマスキングしてエアブラシしましたが機体は筆塗りです〜。風防枠も手塗り。(いつもですけど曲がってもはみ出しても、気にしません。しろよ!)
しかしなぜタミヤの零戦のカウリングなどが余っていたのか??完全に失念しています・・・???
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事