ここから本文です
たいすけの 寝床
こまけーこた いいんだよ!

書庫全体表示

記事検索
検索

全166ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

暖かくなりそうで、いつまでも寒い。
春一番は吹いてもなかなか春は来ませんね。
今週からは暖かくなりそうな予報も出てますが・・・・

寒いのが大の苦手のたいすけです。

ひしぶりの更新です。
前回の更新は模型戦車道でしたが、今回は模型飛行機道であります。

付き合い先の偉いさんからの依頼。
ハセガワ 1/32 零戦52型

イメージ 1


今回も無報酬であります。

最近いろんなとこに顔ださせてもらって、いろんな作品見る機会がありますが、みんなレベル高すぎて・・・・・
経験値の差というものはいかんともしがたいですな。
回りに追い付くのに必死です (;゚ Д゚)

ということで少しでもレベルを挙げたいので、今回は飛行機。

かなり昔のキットのようで、手強いですね(o´∀`o)

まずはシート
ネットで見た画像とあまりにも形が違いすぎる。
同じ飛行機じゃないのかも思って調べまくりました。((´∀`*))

イメージ 2


んで、作った方が早いのでスクラッチ。
良く見ないと確認できないくらいのシートベルトも資料を調べてスクラッチ。

仮組終了

イメージ 3


飛行機は塗装しながら進めていかないと形にならないので難しいですね。

塗装に入ります。

イメージ 4

依頼内容が永遠の0に出てくる零戦でということなので、それにあわせて少し青みのかかった暗めのグリーンで。

イメージ 5

デカールです。

イメージ 6

キットが古いのか、俺のやり方が悪いのか・・・・・

イメージ 7

イメージ 8

結局塗装。
尾翼のナンバー。

イメージ 9

永遠のゼロ仕様ということなのでもちろんデカールも無いので筆塗りで。

イメージ 10

基本塗装は終わり。

イメージ 11

さらに映画の1/1模型の0を参考にチッピングやらなんやら。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 ほぼ完成。


後はアンテナ線と、作ってる最中に折れちゃってどっかにいっちゃったピトー管作って本体は終了。

後はベースをちょいと作って完成かな?
今週には形になる予定。

この記事に

今日は暖かかった〜〜((*´∀`))
寒いのが大の苦手の俺にとっては嬉しいことこの上ない!

こんばんは たいすけです。

タコも終わりワンフェスも終わり、5月の静岡まで何をしようか迷っていたところ、
ガルパンマニアの友人から依頼が!
もちろん無償。俺は塗装の練習ができればよいので「ぎぶあんどていく」

んで作るのはこれ!

イメージ 1


4号戦車D型
ガルパンは薦められてこの間公開してた映画見ただけだったんで、短砲身のD型も出てたのは知りませんでした。

実は4号D型は5本の指に入る好きな戦車だったりします♪

イメージ 2


女の子にアドバイスもらいながら作るのも新鮮。

イメージ 3

 例によって黒→マホガニー→基本塗装

イメージ 4


で、完成〜〜((*´∀`))
(いきなり?!)

イメージ 5
(おっと、履帯にティッシュはさまってる)

イメージ 6


イメージ 7

イメージ 8

何のひねりもないただの素組。
汚しらしい汚しも何にもなし。

というのも、依頼主である友人が市街地戦の再現なので汚さないでー!とのこと。

あー!よごしてーよぉー!!

あんまり塗装の練習にはならなかったけど、初めての模型戦車道楽しめました♪

ぱんつぁーふぉー!!

さて次はなに作ろ?

イメージ 9


あっ・・・

この記事に

ワンフェス2016W

えー、というわけで、この間の日曜日幕張メッセで催されました「ワンフェス2016w」に参加してきました。

イメージ 1


といっても、新作出品するわけでもなく、前回と同じたいすけハンド売りにいったわけですけど。

相変わらずやる気のないパッケージ。

イメージ 2

 ぎらぎらしたブース

イメージ 3


今回も30セット用意してお陰さまで完売しました〜〜((*´∀`))

お買い上げくださったみなさまどーもありがとうございました!

イメージ 4


嬉しかったのは、一番最初に買って頂いたお客様がか前回も買ってくださった方だったこと。
感動ですよ(iДi)

あと、ハンド使用例ということで今回作った「16式機動随伴歩兵」を展示し、こちらも好評でたくさんの方に写真撮っていただいたり、作り方など聞かれたり。
これも嬉しかったヾ(*´∀`*)ノ

今回もアニメ関係、模型業界関係、ゲーム関係の著名な方を紹介していただいたりで、とても有意義な時間を過ごさせてもらいました(*´д`*)
(マツオ師匠!お忙しいなか、わざわざ戻って来ていただき、いろいろ教えてくださってありがとうございました!!)

さて、次回も参加する予定ではありますが、なにしよう?

新作として、
ガメラ&ギャオス?
MGサイズ(ジオン)のフル可動ハンド?
ガトリング砲キット?

うーん、悩む悩む・・・・・
新作やるんなら、もう動き出さんとね。

この記事に

いよいよ塗装です。
自慢じゃないですが、塗装が下手です。
プラモデルは今回で5作目。
ひとつの作品に半年から一年かけて作る作風ですから、工作はそこそこいけると思ってますが、塗装はね〜〜
もっと作って勉強しないとね。

グリーン系で塗ろうと思ったのですが、砂漠を疾走するイメージでサンドカラーで塗りました。

最近流行りのカラーモジュレーションてやつをやろうかと思ったんですが、CGに似た塗りに違和感を感じ、どうも好きになれないのでいつもの塗りです。

イメージ 1

黒立ち上げからマホガニーをパネルライン残して吹きます。

イメージ 2

そこにサンディブラウン。

左肩には漢字一文字

イメージ 6

エナメル筆書き。
一作目のザクには「志魂」
二作目のドムには「迅」
三作目の401には「イ-401」(これはあたりまえか)
四作目の旧ザクには「焔」
今回五作目のタコには「雷」
作ってる最中完成が見えてくると、今回は何の字いれよか楽しみで仕方が無い((*´∀`))

イメージ 7

ふんどしには認識帯も。

 さて、ダメージをどの程度いれようか考えましたが、実際の軍用車両の写真を参考に最低限に押さえました。

が、

やっぱり剥がれるとこは剥がれる!!

イメージ 3

走行時、地面と干渉するところ、
石や砂をはねあげると思われるところは激しく。機体上部にいくにしたがい少なく。
実際に走っている姿を想像しながらクレオスのメタルカラー、アイアンとステンレスでチッピング。

イメージ 4

 砂漠で錆びるかどうか悩みましたが、温度差で結露などは出るらしいので錆をのせてやってこんな感じ。

全体のバランス見ながら汚してやって・・・・

イメージ 5


んで砂ぼこりは激しく!!

イメージ 8

 やったんだけど、ベースがサンドカラーなんで目立たないね。当たり前だけど。

今回の墨入れ、汚しはすべてクレオスのウェザリングカラーでやっています。

イメージ 9

んで完成((*´∀`))♪

ちゃんとした画像はそのうちうpしますのでお待ちを

この記事に

全166ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事