ここから本文です
姫路 加古川 明石 神戸の腰痛には高砂のKOBA鍼灸院の中国鍼!
電話079-451-5191土日も診療 急患・交通事故受付 夜間診療 診療受付時間 午前8時〜午後7時 休診日:火・祝

鍼灸治療で健康に!

鍼灸刺激により、血中のT細胞NK細胞数増加することを示す研究報告があります。

T細胞とは、リンパ球の一種です。
リンパ球とは免疫に関係しています。

ナチュラルキラー細胞NK細胞)は、自然免疫の主要因子として働く細胞です。

鍼灸を継続していると今よりも免疫力をアップさせる事が可能と考えております。

免疫力が上がると、日々の体調が改善し元気に過ごすことが出来ます。

日々を健康に過ごすには定期的な鍼灸をおすすめ致します。
イメージ 1

【所在地】
〒676-0807
兵庫県高砂市米田町島16−2
【最寄駅】
JR宝殿駅(南口より南西へ徒歩分)
【KOBA鍼灸院】
電話 079-451-5191
【KOBA接骨院】
電話 079-451-5193
【診療時間】午前8時〜午後7時
土日も診療しています
【時間外診療】あり
【往診】あり
【急患】随時受付
【休診日】火曜・祝日
【駐車場】7台有
【駐輪場】有








この記事に

開くトラックバック(0)

兵庫県高砂市米田町島にありますKOBA鍼灸院では、不眠症に対する鍼灸治療を自信をもって行っております。
イメージ 1

不眠症は鍼灸治療の効果が出やすい疾患です。

鍼灸治療をすると筋肉の過緊張状態がとれてリラックスできますので安心して眠る事が出来ます。
心理的ストレスやお悩み事がある場合は、遠慮せずに打ち明けて頂ければ幸いです。

睡眠時間がほとんど取れていない方、KOBA鍼灸院にお任せくださいませ。

鍼の響き(ひびき感)が心地よく感じて頂けるように致します。

定期的(週2回程度)に治療を開始し睡眠時間の増加と共に、1週間に1回、10日に1回、2週間に1回と治療間隔を空けていきます。

イメージ 2

【所在地】
〒676-0807
兵庫県高砂市米田町島16−2
【最寄駅】
JR宝殿駅(南口より南西へ徒歩分)
【KOBA鍼灸院】
電話 079-451-5191
【KOBA接骨院】
電話 079-451-5193
【診療時間】午前8時〜午後7時
土日も診療しています
【時間外診療】あり
【往診】あり
【急患】随時受付
【休診日】火曜・祝日
【駐車場】7台有
【駐輪場】有
イメージ 3



この記事に

開くトラックバック(0)

未病とは

KOBA鍼灸院

未病とは、東洋医学(鍼灸医学を含めます)において、検査を受けても異常が見つからず病気と診断されないですが、健康ともいえない状態のことを言います。
そのまま放置すると病気になるだろうと予測される状態をいう場合が多いです。

例えばどのような方が当てはまるかというと、

1.現時点では病院で診てもらうほどの症状ではないと自分自身で判断しているが、なんとなく体調がすぐれない方

2.不眠症とまでは思わないが、なんとなく朝起きる時に疲れがとれていない気がする。

3.漠然とした不安感があり原因がはっきりとしないが心が落ち着かない方。

だるい、肩こり、冷え、のぼせ、疲れ、手足のしびれ、めまい、食欲がない、元気がない等、何となく調子がわるい方は鍼灸治療で元気な身体にしましょう。


イメージ 1

初めて鍼灸治療を受けられる患者様も安心して治療が受けられます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

〒676-0807
兵庫県高砂市米田町島16-2
KOBA鍼灸院
電話079-451-5191
診療受付時間:午前8時から午後7時
時間外診療は遠慮せずにお申込みください。
朝6時や夜10時以降でも診察できます。
何時であっても可能な限りご対応させて頂きます。




 

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 2
KOBA鍼灸院・接骨院は年末年始も休まず診療しております。
予約は24時間受け付け致します。

交通事故に遭われた方、年末の大掃除でお怪我をされた方、腰の痛み・肩の痛み・肘の痛み・膝の痛み等些細な事でも構いません。遠慮せずにお電話下さいませ。

KOBA鍼灸院・KOBA接骨院
〒676-0807
兵庫県高砂市米田町島16−2
電話 079-451-5191

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

肩こりには鍼灸治療をお勧めします。
今まで、いろんな治療法を試したけれどなかなか症状が楽にならないといった事はありませんか?
KOBA鍼灸院では、肩こりの原因がどこにあるのかを探り、痛みの原因となる箇所を見つけて治療を行います。
では、どこに原因があることが多いのかというと、頸部(首)から肩関節、肩甲骨周囲の筋緊張があり姿勢が悪くなっていることが多いです。
イメージ 1
患者様が肩こりと思っておられる方でも、右肩が痛くて発熱と腹痛があり尿の色がウーロン茶のような濃い色の場合には注意が必要です。胆嚢や胆管に結石がある場合もあります。
では、左肩が痛い場合はどうでしょうか。
我慢できないほどの強い痛みが出ていたりしませんか?
眩暈(めまい)や吐き気などはありませんか。
心筋梗塞や狭心症と言われたことはありませんか?
KOBA鍼灸院では鍼灸治療の適否を問診をしながら見極めております。
打撲や捻挫や挫傷などの原因のはっきりした場合には接骨治療がおススメです。
急性期でも慢性化しても原因がはっきりしない場合、不定愁訴がある場合には鍼灸治療が良いですよ。
イメージ 2
KOBA鍼灸院 079-451-5191
KOBA接骨院 079-451-5193
兵庫県高砂市米田町島16-2
診療受付時間:午前8時から午後7時
受付時間外診療・夜間休日診療・往診治療等はお気軽にご相談下さいませ。
交通事故によるケガの治療は自賠責保険にて治療できます。
イメージ 3






この記事に

開くトラックバック(0)

KOBA鍼灸院では、毎週火曜日祝日は休診日となっておりますが、早朝や夜間などの時間外診療は原則、年中無休で対応可能です。

交通事故によるケガ、日常生活でのケガ、スポーツ中のケガなどどんなささいなケガや痛みでも、患者様の痛みが楽になり元の健康な状態に戻るまで全力でサポート致します。

急患などは遠慮せずに至急お問い合わせ下さいませ。

当院では24時間365日予約受付をしております。

KOBA鍼灸院 ☎ 079-451-5191

土曜日・日曜日も、もちろん診療しておりますので、お仕事前でも後でも安心して通院できますよ。

KOBA鍼灸院の専用駐車場は7台あります。
駐輪場やキッズスペースも完備しております。

診療時間外、夜中何時でも必ずお引き受け致します。

〒676-0807
兵庫県高砂市米田町島16-2 中国医学研究所
KOBA鍼灸院 電話 079-451-5191
KOBA接骨院 電話 079-451-5193
イメージ 2




イメージ 1











この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 2

兵庫県高砂市米田町島16-2のKOBA鍼灸院では、肩こりと難聴、耳鳴りに対する鍼灸治療をしております。
どのような鍼灸治療をするのか、お問い合わせが多いのでブログに載せることにしました。
肩凝りは、首から肩、肩甲骨周囲の筋肉が過緊張を起こして血流が滞っている状態ですので鍼とお灸を使用して、血行を良くして症状を和らげます。
難聴は、突発性難聴と老人性難聴がありますが、ストレスなどが原因の突発性難聴のほうが鍼灸治療が一定の効果があるかと思います。
老人性難聴(加齢が原因)の場合で80歳代の患者様で症状が改善された方は多数おられますので諦めずに、まずはご相談ください。
治療期間は個人差はありますが、平均して6ヶ月から数年かかる患者様が多いです。
治療回数は1週間に2回から3回がオススメです。症状が軽減さたり、体質改善されたり症状に変化が出てきたところで、通院間隔を少しずつ空けていきます。
鍼灸治療による効果がはっきりと出やすい方と出にくい方がおられますが、辛抱強く治療に専念することが大切です。
耳鼻科と併行して通院されておられる方が殆どです。

イメージ 1



郵便番号676-0807
兵庫県高砂市米田町島16-2
KOBA鍼灸院
電話 079-451-5191
休診日:火曜・祝日
診療時間:午前8時〜午後7時
(時間外診療、遠慮せずにご予約ください。)
電話受付:24時間365日

この記事に

開くトラックバック(0)

KOBA鍼灸院は、年末年始も休まず診療致します。
24時間365日予約受付致します。
時間外診療希望の患者様は、お電話くださいませ。

当院は、腰痛・肩凝り・むちうち・難聴・自律神経失調症・更年期障害・軽度のうつ病・不妊症・不明熱・小児鍼などを得意としております。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

交通事故によるケガにもKOBA接骨院にて対応できます。

〒676-0807
兵庫県高砂市米田町島16-2
KOBA鍼灸院
電話 079-451-5191
休診日:火曜・祝日
診療時間:午前8時から午後7時(時間外でもOKです。)

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 2
うつ状態と頚性神経筋症候群(CNMS)

  誰でも、日常的なストレスから、憂うつな気分になった経験はあると思いますが、その状態が続くことが問題とされます。
 病院で「うつ病」と診断された患者さんが当院へ来院しています。しかし、その数多くの患者の中に“真”の「うつ病」と思われる方は2〜3割しか過ぎません。大多数は「うつ症状」であり、更に原因が、頚椎にある場合もよくみられます。
イメージ 1
鍼治療によりツボに刺激をすると、脳内にモルヒネ様物質の「エンドルフィン」や、「セロトニン」が分泌されることがわかっています。
 「エンドルフィン」は、モルヒネのように痛みを感じにくくする作用や、幸福感を生み出す作用があります。これが鍼治療で痛みが改善される理由のひとつです。
 「セロトニン」は、脳内で神経伝達を調整する作用があり、精神の安定に重要な物質です。これが不足することで「うつ」などの症状が発症します。
 

上の写真の右側が、鍼をした後の画像です。精神的にリラックスしα波が広がっていることがが確認できます。

【所在地】
〒676-0807
兵庫県高砂市米田町島16−2
【最寄駅】
JR宝殿駅(南口より南西へ徒歩分)
【KOBA鍼灸院】
電話 079-451-5191
【KOBA接骨院】
電話 079-451-5193
【診療時間】午前8時〜午後7時
土日も診療しています
【時間外診療】あり
【往診】あり
【急患】随時受付
【休診日】火曜・祝日
【専用駐車場】7台有
【専用駐輪場】20台有


この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

こんにちは。
夏バテ予防に鍼灸治療がおススメです。
夏バテの原因
夏まけ、暑気あたりなどと言いますが、「身体がだるい」「疲れやすい」「集中力がない」「頭痛」「不快感」「食欲不振」といった症状が現われます。いわゆる「夏限定の慢性疲労」です。なぜ夏バテが起きるか知っておきましょう。
体温の変化が激しい
我々の身体は、通常、体温が36〜37℃の時、最も活動がスムーズになる。暑くなり、体温が上昇すれば、汗をかいて体温を下げる。汗は、体内に存在するミネラル分も、同時に体外に放出します。そのため、ミネラル分が大量に失われる。それが原因となり、体調バランスが崩れ、疲労感が生じる。
栄養の吸収が悪くなる
外気の暑さにより、消化酵素の効力が低下。これにより栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を起こす。また汗をかき、体の水分が失われるため、冷たい飲み物を多くとることがあります。胃腸が冷え、消化不良を起こす。
冷房が利きすぎる 暑くなると体は、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃し、暑さに対応します。この体温調節は自律神経の働きによるものですが、冷房が強すぎたり、冷房が利いた室内と暑い屋外を行き来するうちに自律神経が対応しきれなくなり、変調をきたしてしまいます。
KOBA鍼灸院では、初めての患者様でも安心して治療が可能です。お気軽にご相談下さい。
【所在地】
〒676-0807
兵庫県高砂市米田町島16−2
【最寄駅】
JR宝殿駅(南口より南西へ徒歩分)
【KOBA鍼灸院】
電話 079-451-5191
【KOBA接骨院】
電話 079-451-5193
【診療時間】午前8時〜午後7時
土日も診療しています
【時間外診療】あり
【往診】あり
【急患】随時受付
【休診日】火曜・祝日
【専用駐車場】7台有
【専用駐輪場】20台有


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事