なんちゃって岳人のブログ

スパルタンな登山を目指す 『ド素人奮闘記』

全体表示

[ リスト ]

スパッツ選びは慎重に

最近山に行かないからブログに書くことが無い
で暇なので自宅で冬用の道具を片付けていたらムカつくことを思い出したので記事にします。
 
皆さんは、冬山に登る時は、スパッツを使いますか?
私は、アイゼンでハードシェルの裾を傷めてしまうのが嫌なので必ず使います。
パンツを破る度に買い換えるほどブルジョアでもありませんしね
高い奴だとなおさら無理です。
その点スパッツなら傷めて買い換えても大した出費になりません
まあ パンツを傷めても修理に出せば数千円で済むんですけど、見た目がかっこ悪いので避けているんです。
で案の定今年も見事にスパッツを破ってしまった。
 
 
<モンベルの冬用スパッツ>
イメージ 1
 
 
<見事に破ってしまった>
イメージ 2
 
アイゼンで引っ掛けるとこのように見事に破れる
パンツの裾も同じように強度のある生地で出来ているのだが、引っ掛けると同じようになってしまう
アイゼンの爪が鋭くなければ破れにくいのですが、12本爪クラスの新品のアイゼンでやると まずこのようになりますね
 
このスパッツって奴は、冬用と夏用があって冬用は長くて丈夫にできています。
これは主に靴への雪の進入を防ぐ為のものです。
一方夏用は、雨や泥の進入を防ぐもので、短くて軽く出来ています。
値段は冬用の方が高いのですが、国内メーカー品なら5,6千円で買えます。
海外メーカーになると1万円以上するものもありますね
 
で見事に破ってしまったので、新しいのを買いに行ったのです。
ここで巨星君は、色気を出して最初にマウンテンイクイップメントのプロシェルストレッチのスパッツを1万円以上出して買ったのですが・・・
これが見事に巨星君の足に入らなかった。
サイズはLだったのだが、どうやら海外のサイズだったらしい
モンベルのも同じLなのだが、まったくと言って別サイズだ
でしょうがなく別の物をと思い今度はブラックダイヤモンドのLを買ったのだが、これも見事に入らなかった。
これでも懲りずにマムートのLを買ったが、こいつも入らない
で最後はやけくそになりアウトドアリサーチのLを買った
 
<アウトドアリサーチのスパッツ>
イメージ 3
 
でこいつも見事に入らなかった。
ここまで3万4千円の出費だ
最初の3つは、ヤフオクで売りさばいたが、こいつはまだ手元にある
新品なので簡単に売れるのだが、当然元など取れるわけも無い
 
何がムカつくかって言うと 海外のメーカーのは、タグが付いていて店頭で試し履きが出来ないのだ
なのでサイズ表記がしてあっても 合うかどうかは買ってからでないと分からない
でさすがに慎重になった巨星君は、お店の人に聞くと・・・
良くあることらしい
ふくらはぎが太い人は特に入らないそうです。
サイズはLの上にXLってのがあるらしいのだが、数が少なく殆ど入らないらしい
仮に運良くXLがあっても 合う保障は無い
なぜならサイズが上がると横幅は大きくなるが長さも長くなるので、下手をすると膝より上まで来る可能性がある
海外のメーカーのスパッツは、何故かふくらはぎの部分を絞ったデザインが多い
そもそもこれが問題なのだ
日本人の足には合わないように出来ている
 
で止むを得ず日本のメーカーの物を買うことにした。
 
 
<ライペンのスパッツ>
イメージ 4
 
日本人には、このような寸胴型が合うそうです。
ちなみにこれもLサイズだが、モンベルのより少し小さい
これは実際に店頭で試着が出来たので確認した上で購入した。
お店の人が言うには、モンベルの奴は、特にサイズが大きいらしい
お店でいろんなメーカーの物の横幅を調べたらしいのだが、モンベルが圧倒的に大きかったらしいです。
やはり日本人の体系を良く理解して作っている。
でこの問題は、男性に限らず女性でもあるらしく 海外の物が入らない人が結構いるらしいです。
 
ちなみにプラスチックブーツを使用すると 圧倒的な保温性と防水性の恩恵の代償にもれなくスパッツを諦めないとダメらしいです。
足首が閉まらないそうです。
どうしても使いたい場合は、このようなものを使用するらしい
 
 
<夏用のスパッツ>
イメージ 5
 
これは伸縮性があるので裾部分を強引に広げて使えば使えないことも無いらしい
ただし 薄手の物なのでアイゼンに触れると直ぐに穴が開きます。
 
 
と大金を叩いて学習したスパッツの知識なのだが、未だに納得がいかないのは、サイズの表記だ
これは国際規格にして欲しい
少なくとも販売する国では、全て統一しろ!
特に海外メーカーはね
海外のLを日本のXL相当なんて適当な販売はやめて欲しいね
ハッキリ言って海外のLは日本のXLより遥かに小さい
おまけに同一メーカーの日本企画製品と正規輸入品のサイズが違うってどんだけ適当なんだよ!
 
巨星君は大いに怒っている! プンプン
 
 
 
以上 日本政府の放射能規制値と同じぐらいブレている海外メーカーのサイズ表記に怒り心頭の巨星君であった。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

表記サイズが曖昧なのは確かにやっかいですね。
アイゼンもスパッツも冬山登山の必需品なんで
どちらかをケチるわけにも行かないですよね。

2011/4/6(水) 午後 10:09 IKARI

顔アイコン

もちろん試したことも
あるかどうか確かめたこともありませんけど。。
オーダーというのはどうでしょう?
巨星さんほどの財力があれば
十分可能かと思われます
ケブラー繊維かなにかを使えば
無敵と思われます(^^)

2011/4/8(金) 午後 9:48 [ KAZU ]

顔アイコン

IKARIさん
こんばんは
スパッツは、雨だと夏でも重宝しますよ
ズボンや靴が汚れずに済みますからね
冬は完全に必需品です。

2011/4/15(金) 午後 8:02 [ 青い巨星 ]

顔アイコン

KAZUさん
こんばんは
オーダーメイドで作れるか探してみましたが、どうやら無理そうです。
なのでこの使えないスパッツを外に干して、原発から出る放射能でコーティングをしています。
もしかしたら凄まじい化学反応を起こすかもしれません・・・

2011/4/15(金) 午後 8:05 [ 青い巨星 ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事