ここから本文です
胡蝶の夢 〜ペルー篇〜
離れてしまえば、アレキパも今は夢。

イメージ 1

12月29日、サンタ・カタリーナ修道院に行ってきた。2年の間に結局4回行ったことになるが、今回だけは完全に一人だったので、気ままに写真を撮り歩き、中のカフェテリアで食事もして、たっぷり4時間ほどを楽しんできた。
ここを訪れる観光客は多いのだが、広い敷地に迷路のようになった修道院では、たとえガイド付きの騒がしいグループに出会ったとしても、やり過ごしてしまえばまた静かになる。どこからともなく低く流れてくるバロック音楽をバックに、ひとりそぞろ歩いていると、街の真ん中なのに、ここはまるで別世界だ。

いくつもの中庭を囲む色鮮やかな壁。無数にある質素な居室。広くて寒々とした浴室。たくさんの台所。屋外にある洗濯場。朽ちた木の扉。ゼラニウムに飾られた細い路地。花や果物の木。礼拝堂や回廊に描かれた宗教画。暗い室内と対比をなす屋外の太陽。観光客のための、居心地の良いカフェテリア。鉢植えのゼラニウム。アーチ。十字架・・・・・。

説明もなにもなく、撮影した順序のままに写真を並べてみた。
その昔の修道女たちが一生をその中で暮らした、アレキパの中のもう一つの街。歴史的また文化的にも、非常に価値の高いサンタ・カタリーナ修道院である。・・・その雰囲気の片鱗を味わってもらえれば、と思う。

サンタ・カタリーナ修道院スライドショーは→ こちら



さて、ペルー篇は一応、これで終わりにします。
2年間、本当にありがとうございました。

このブログはこのまま残しておきますが、今後は自宅のあるメキシコから更新していきます。
よろしければ、引越し先の 胡蝶の夢 〜メキシコ篇〜 にも遊びに来てくださいませね〜。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事