子供の視力回復講座

なんとか子供にメガネは避けさせたいという方へ。子供の視力回復の可能性判断を無料で行ってます。

子供の近視

《 いまの子の近視 》
 
子供たちの遊びのツールとして、ゲームは欠かせない存在になっています。
 
パソコンや、携帯電話も生活の中に浸透しています。
 
今の時代の流れと、うまく共存していかなくてはなりません。
 
毎日の生活の中で、目には大きな負担を強いられています。
 
テレビゲーム・パソコン・携帯電話を使う時は、常に近くのものを凝視してます。
 
小さい頃から、このような近距離作業を続けていれば、近視になるのは当然だといえます。
 
実際、強度近視の低年齢化は、年々増加しています。
 
《 メガネをかけると近視は進む?》
 
近視になり、メガネやコンタクトレンズをしていれば、健康だった頃の視力は確保されます。
 
一時的に、見えるようにはなります。
 
でも、その後も生活習慣を変えずに、目に負担をかけ続ければ、近視は進みます。
 
そうなったら、メガネを変える→これこそ悪循環の始まりです。
 
近視が進むにつれて、【網膜はく離】や【緑内障】、【白内障】などの恐ろしい合併症が増加することは知られています。
 
その中でも、最近注目されているのが【緑内障】です。
 
たかが近視と軽く考えずに、早めに対処することが必要です。

この記事に

子供近視の種類

近視には、大きく分けて2つ種類があります。
 
レンズ(水晶体)厚みを調整する眼筋の柔軟性が失われ、きちんと焦点を合わせることができにくくなってる【調節性近視】と、
 
眼球事態が伸びてしまうことにより、網膜に上に像を結ぶことができなくなっている【軸性近視】です。
 
【軸性近視】は、眼球が伸びてしまうと、網膜は薄くなります。
 
薄くなった網膜は、裂けたり・穴があいたり・剥がれたりしやすくなります。
 
網膜に裂け目ができると、網膜に円形の穴があき、網膜が剥がれる状態になります。
 
網膜はものを見るのに欠かせない大事なものですが、特に『黄斑部』はとても大切です。
 
病気や外力で、この部分に穴があいたり、剥離が起こると視力に大きなダメージを受けます。
 
ぼんやりと光を感じることはできても、はっきりと視界は戻りません。
 
『黄斑部』は、一度損傷すると元に戻りません。
 
視力低下は軽い問題ではありません。

この記事に

臨床的分類

近視は“単純近視” “病的近視”に大きく分けられていて、一般的に遺伝・ 環境が要因とされる。
両方が原因となる場合もあるが、具体的な原因は今も不明。
単純近視(学校近視)”・・・遺伝や環境の影響などにより、小学校高学年〜中学校くらいで始まる近視を単純近視という。
病気というより身長や体重と同じ個人差があります。
在学中に発生することが多いので 『学校近視』ともいわれ、大部分の近視は単純近視です。
病的近視”・・・ごく一部の近視は、幼児期の段階から始まり進行する。
眼軸が異常に長くて近視の度が強いため、眼鏡をかけてもあまりよく見えるようにはなりません。
また、眼球がかなり大きくなっているため、網膜が引き伸ばされて非常に薄くなっていて、目をちょっと打っただけで、網膜の中心部がひび割れや出血によって萎縮したり、網膜が眼底から剥がれてくる『網膜剥離(もうまくはくり)』 などの症状を起こします。
このような近視は 『病的近視』と呼ばれ、発生する原因がまだ不明で遺伝が関与しているともいわれている。
矯正しても幼児が、遠くも近くも見にくくしているようであれば、注意が必要××

この記事に

近視の種類

近視にも種類があるのをご存知でしょうか?
 
近視には、“屈折性近視” “軸性近視” “偽近視” “核性近視”などがあります。
 
それぞれどのような種類なのかご覧下さい♪
 
屈折性近視”・・・角膜および水晶体の曲率が強くて焦点が短すぎ、網膜より前方に焦点を結んでしまうもの。
 
軸性近視”・・・眼球が通常より前後に長いため、水晶体と網膜との距離が長過ぎ、網膜よりも前方に像を結んでしまうもの。
 
遺伝性の近視は大半が軸性に分類され、矯正を必要とする。
 
眼球が通常より引き伸ばされているため、網膜が薄くなっており、網膜剥離を起こしやすい。
 
偽近視”・・・目の疲労により一時的に近視のような状態になること。
 
仮性近視 ・調節緊張性近視とも呼ばれる。近視に含めない考えで単に調節緊張と呼ぶものもいる。
 
テレビやパソコン等で目を酷使した後は強くなり、目を休めたり遠くを見ると弱くなる。
 
点眼薬を使って調節を麻痺させないかぎり完全に無くなることはない。
 
視力に問題が無い者を含めて万人が持っているものである。

一見妙な話だが、遠視の者は近視の者より強い偽近視を持っていることが多い。

つまり、その時々による遠視度数の変化が近視の者の近視度数の変化より大きい場合が多い。

遠視の者は遠くを見るのにも調節力を働かせねばならず、正視や近視の者より眼に対する負担が大きいためと思われる。

名前の通り『偽』の近視であり、上記の本物の近視とは別物である。

偽近視を放置したからといって本物の近視に移行することはないし、逆に目を休ませても治るのは偽近視だけであり本物の近視が治ることはない。

偽近視と本物の近視を併発している場合は、目を休ませることにより偽近視の分だけが回復する。

偽近視の現れ方は人によって違う。
つまり・・・遠視の場合は遠視が弱まる形で現れる
      正視および極軽い遠視の場合は近視になる形で現れる
      近視の場合は近視が強まる形で現れる

偽近視として通常問題にされるのはの場合である。

①の場合は自覚症状がないし、の場合は偽近視が治っても眼鏡等が必要なことに変わりがないのであまり問題にされない。

②の場合は偽近視を治すことで眼鏡等が不要になるので治療が試みられることがあるが、偽近視が治ったかどうかに関係なくしばらく経つと本物の近視になってしまうことが多い。

なぜ偽近視を治療しても近視になってしまうか。

そもそも偽近視が自覚されるようになったのは上記の状態からの状態になったからである。

つまり幼少時の遠視の状態から正視かそれに近い状態まで近視化している。

自覚の無いまま近視化の過程の大半がすでに終わってしまっていると言ってもよい。

一方、偽近視を治療しても本物の近視の進行には何の影響も無い。

幼少期の遠視がほとんど無くなるまで順調に進んでいた近視が偽近視を治療した途端に進まなくなるには偶然に頼る他無いが、そのような偶然の起こる可能性は低い。

よって偽近視を治療しても近視になってしまうことが多いのである。

核性近視”・・・老人性白内障に伴い、近視化することがある。
核性白内障が起きた際に起きる。その際には不同視を引き起こすことも多い。

『近視』と一言でいっても様々な種類があるんですね。
近視の種類も理解して治していかないとけませんね。。。

この記事に

視力回復トレ−ニングは、比較的簡単に出来るものが多いのでぜひ試してください♪

近視の人の多くは、遠くが見えないと思い込んでいるため、なかなか遠くを見ようとしません。
 
なので、ますます遠くを見る機能が衰えてしまいます。

遠くが見えるということは、水晶体の焦点距離をのばして遠景を網膜に結像させることです。
 
近方視を続けていても、遠くを見ようとすると目は毛様筋の異常な緊張をといて水晶体を薄くしようと働きます。
 
これは近視の人も例外ではなく、近視は毛様筋の異常な緊張により、遠くを見ることが困難な状態です。
 
ですが、近視の人も遠くの一点を明視しようとすると、水晶体はより薄くなろうと働きます。
 
これを繰り返してゆくと次第に正視へと回復していくのです。
 
この視力回復トレ−ニング法を【遠方凝視訓練】といいます。

この方凝視訓練は、衰えた毛様筋を鍛えて、水晶体がピントの合う範囲を広げようとする体操です。
 
トレーニング方法は簡単で、一度近くを見て、すばやく遠くに目を移して凝視するだけです。

自宅などでもトレーニングできますが、視力回復センターなどで行うと短期間で効果的に視力回復トレーニングができます。
 
お近くの視力回復センターに確認してみて下さいo(^_^)o

この記事に

視力回復トレーニングに限らず、メガネやコンタクトを作る際には絶対に欠かせない検査があります。

それは『視力検査』です。

私達は目を通して見ることができる視覚によって日々の生活を送っているのですが、見え方にも視力という基準が定められています。

その視力は、ひらがなやランドルト環(アルファベットのCに似ている記号)が書かれた視力表を用いて測定するのが一般的です。

ところで、赤ちゃんの視力がどのくらいあるのか知っていますか?

赤ちゃんは、生まれた時に視力が1.0であるわけではありません。

ハイハイをしたり、立ったりなど練習をすることによって発達していくのと同じように、目も【見る】という練習をすることによって、少しずつ発達していき視力を持っていきます。

一般的に乳幼児の視力は・・・

生後1ケ月・・・目の前の手などが動くのがわかる程度
生後2ケ月・・・0.01
生後3ケ月・・・0・04〜0.08
生後8ケ月・・・0.1
    1歳・・・0.2〜0.25
    2歳・・・0.5〜0.6
    3歳・・・0.8
    7歳・・・1.0 

ぐらいだと言われています。

しかし最近は、もう少し見えているとも言われています。

このように最初から目がよく見えているというわけではありません。

赤ちゃんも訓練することによって見えるようになっているのです。

なので、視力が低下した目も、赤ちゃんの時のように訓練すれば回復させることができるのです。

あきらめていた人も、もう一度目についてよく勉強して、視力回復トレーニングをして目の元気を取り戻しましょう。

この記事に

近視の治療法

日本人の3人に1人は近視といわれているこの世の中。。。
近視になる原因や種類などを知ったからには、治療も知っておきたいですよね^_^
近視の治療について調べたのでご覧下さい♪
近視の治療には、点眼薬を用いる方法と手術的方法があります。
点眼薬は、近視状態が一時的な場合に用いられることがある。
また、手術方法の場合はその安全性を十分に見極める必要があります。
これらの方法で治療するときは、眼科の先生に納得のいく説明を受けてからにしましょう。
近視の治療ついて・・・点眼薬を用いる治療法は、近視になりかけの偽近視(仮性近視)の時期に行われることがあります。
偽近視は近くを長く見続けた結果、毛様体節が異常に緊張して水晶体が厚くなり、一時的に近視の状態になっていると考えられるときで、目の調節を休ませる点眼薬を用いる場合もあります。
手術的方法には、角膜周辺部分を放射状に切開する『放射状角膜切開術』やエキシマレーザーによる『角膜切除術』(角膜の中心部を削る方法)などがあります。
しかし、強度の近視では効果が弱く、また安定した視力が得られない場合や後遺症が残る場合もあり、効果と安全性が現在検討されています。
治療を受ける場合は、十分説明を聞いて納得してから受けましょう。
病的近視の治療について・・・病的近視は、現在のところ有効な治療法がなく、研究が続けられています。
網膜剥離や眼底出血などが起こらないように注意し、起きた場合は早急に手術する必要があります。
レーシック手術” PPK手術” ・ “視力回復手術” ・ “トレーニング”などもある。
大部分の近視は病気ではなく、遠くが見えにくいだけの普通の目だそうです。
日頃から目をいたわる生活を心がけて、見えにくくなってきたら眼科の先生に相談しましょう!

この記事に

近視矯正

近視の人の矯正は、眼鏡やコンタクトレンズを用いて行われるのが一般的。
単純近視の場合は眼鏡をかければ正常の視力まで矯正できます。
眼鏡やコンタクトレンズを作る場合は、眼科の先生に眼の病気や異常などを検査してもらい、適切な眼鏡やコンタクトレンズを処方してもらうのが1番です。
近視の矯正方法(凹レンズにつて)・・・近視の矯正には凹レンズを使います。
凹レンズは焦点(ピントが合う点)を遠くにする働きがあり、近視の人が適切な度の凹レンズをかけると、網膜にピントが合って遠くがよく見えるようになります。
眼鏡について・・・近視になったからといって、日常生活に支障を来さなければ、すぐに眼鏡をかけなければならないということではありません。
黒板の字が見えにくくなるというような不都合が生じてきたら眼鏡をかけてください。
また、眼鏡を常にかける必要はなく、黒板や遠くを見るときなど必要に応じてかければよいのです。
眼鏡をかけたりはずしたりしても、近視の度が進むようなことはありません。
コンタクトレンズについて・・・コンタクトレンズは角膜の表面に接触させて用いるレンズで、目立たないことから眼鏡をかけたくない人に好まれています。
左右の視力に差がありすぎて眼鏡が使えない場合でも矯正でき、眼鏡のように曇ったりせず、視野が広くなるという優れた点があります。
しかし、慣れるまでに時間がかかる、異物感がある、角膜を傷つける場合があるといった欠点のため、使用するときは眼科の先生と相談の上、決めましょう。
また、レンズの取り扱いや管理などが大変なので、小学生の間は眼鏡をかけることをおすすめします。
見えにくいままでいると、頭痛や肩こり、また生活するうえでのストレスとなり、体に大変好ましくない。

この記事に

近視の原因

近視の原因は現在のところ、よく分かっていませんが、遺伝的な要素と環境が関係すると考えられている。
 
成長過程に近視になる子供が多い理由として、眼軸の長さは成長に伴い伸びていきます。
 
新生児は眼軸の長さが短く、たいてい遠視の状態になっていますが、角膜・水晶体の屈折力が強くなっているので、それほどひどくはありません。
 
角膜・水晶体の屈折力は、眼軸の長さが伸びるとともに弱くなり、全体のバランスが調整されるようになります。
 
しかし、環境の影響などでこれらのバランスが崩れると、近視になると考えられています。
※遠視とは、網膜の後方でピントが合うため、遠くを見るときはもちろん、近くを見るときも調節しないとはっきり見えない目のことです。
 
遺伝的な要因としては、親が近視の場合、子供が近視になる可能性は比較的高く、遺伝的な要素が複雑にからんでいると考えられます。
 
環境的な要因は、一般的な近視の場合、環境も影響すると考えられていて、勉強・ 読書 ・ テレビ ・コンピューターゲームといった近くを見る作業を長く続けていると、目が疲れて好ましくないのはいうまでもありません。
 
しかし、こういった事が近視の原因になるかどうかはっきりした証明はありません。
 
皆さんは、近視の原因がはっきりしていないのですが、様々な“説”が出ているのをご存知でしょうか?
 
ここで6種類の“説”を載せますね♪ご覧下さい。
 
      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
遺伝説”・・・近視を主に遺伝に因るとするものである。
 
近視発生率の民族間の違いが近視の発生に遺伝が関与していることの証拠として挙げられてきた。
 
近視の遺伝率は89%と高率であり、また近年の研究で関連する遺伝子も特定された。
 
双生児の研究ではPAX6遺伝子の欠陥が近視と関連しているようである。
 
遺伝説では、何歳のときに近視になり始め何歳までにどこまで進行するかが生まれつき決まっていると考える。
 
発達上の問題から眼球の奥行きが若干延長され、映像が網膜上でなく網膜の前方に結するようになるとされる。
 
近視は通常、8歳から12歳までの間に発現し、殆どの場合青年期を通じて徐々に進行し、成人になると頭打ちになる。
 
遺伝要因は、他の生化学的要因からも近視の原因となりうる。例えば結合組織の弱さなど。
 
ただし、全ての近視を遺伝だけで説明することは難しく、長時間勉強や読書をする人に近視が多いというのは多くの人が感じる傾向である。
 
遺伝だけで説明しようとするならば、この傾向は近視の者のほうが近くを楽に見られるために勉強や読書が長続きしやすい傾向から来るのだということになる。
 
近くを見る際に近視用眼鏡を外せば大いに楽に見られるし、たとえ眼鏡をかけたままでも、近視でない者の多くを占める潜在的な遠視者よりは楽に見られるというわけである。
 
環境説”・・・ヒヨコを高さの違う部屋で育てる実験等で、環境によって視力に差が生じることが確かめられている。
 
勉強や読書、パソコンなど近くの物を見続けることに対して目が適応する(近業適応)という考え方。
 
近視の人間はあまり毛様体筋を使わなくても近くにピントを合わせやすいので目の疲労が小さい。
 
どの程度適応が起きるかは遺伝によって差があり、水晶体の厚さが変化する屈折性近視と眼軸の距離が延びる軸性近視のうち前者がより環境要因が大きい

統計的に長時間勉強や読書をする人に近視が多い傾向や、途上国の農村など勉強をする機会が少ない人に近視が少ないことが環境説を補強しているとも考えられるが、相関関係と因果関係を取り違えているとも考えられる。

栄養説”・・・2002年の報道では幼年期のパンの摂り過ぎ、或いは炭水化物の摂り過ぎによる慢性の高インスリン血症が近視の原因かもしれないと指摘している。

この資料に纏められているように他の栄養素も近視の原因とされている。
 
証明説”・・・赤ちゃんの頃に、夜も明かりをつけた部屋で寝かせて育てると、近視になりやすいという研究結果をペンシルベニア大が1999//13発行のNatureに掲載された。
 
ただし、この説には反論が出ている。
 
親が近視の場合、子供の様子を見るなどの理由で夜間に弱い照明を行う傾向があり、また親子における近視の遺伝的相関も高いため、夜間の照明と子供の近視とに相関が出てしまう。
 
相関関係と因果関係を取り違えているという反論である。
 
睡眠不足説”・・・成長期に睡眠が不足すると近視になるとする説。
 
体格向上説”・・・国民の体格が向上すると、その分眼球も大きくなり、軸性近視が増えるとする説。
 
有力なものに遺伝説と環境説があるが、全ての近視の原因を遺伝だけ、あるいは環境だけで説明しようとすると無理が出るので、遺伝と環境が複雑に絡み合って近視が発生するのだろうとされている。
 
こんなに沢山“説”があるんですね。自分も初めて知って驚きました。。(>o<)

この記事に

近視とは・・・


近視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態。
 
近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が正常より長すぎるか、角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎることにより起こる。
 
正視では、近いところを見るときに、晶体がふくらんで網膜にピントが合う。
 
眼軸の長さが長すぎる場合は、遠くを見たときに水晶体を十分薄くしても、網膜上でピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。
 
このような近視を軸性近視(じくせいきんし)と呼び、大部分の近視は軸性近視です。
 
角膜・水晶体の屈折力が強すぎる場合だと、遠くを見たときに網膜上でピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。
 
このような近視を屈折性近視(くっせつせいきんし)と呼びます。








この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事