小児科医ののほほん奮闘記

息子もいよいよ1年生! パパとしてもがんばらねば。(5/4は祝日ですが診療します)

全体表示

[ リスト ]

起立性調節障害

今日の午前外来は結構混みましたが・・・ 午後外来は閑古鳥が鳴いてます。

ゆっくりコーヒーを飲みながら漢方薬の勉強ができました♪
(途中で長話のおばあちゃんにお付き合いしながら・・・・浄土真宗が云々と30分ぐらいお話されていました)


ちなみに、漢方がらみである先生から、湿疹にヒルドイド+紫雲膏は結構いい組み合わせだと効いたのですが・・・紫雲膏のにおいが患者さんに気に入ってもらえるとは思えません(笑)



それで、本題ですが・・・

中学生や高校生の頃に、
【立ち上がったときにめまいがする】
【立ち上がったときに目の前が真っ暗になって倒れる】
【お風呂で気持ちが悪くなって倒れる】
・・・・などなど、ちょっとは誰でも経験があるのではないでしょうか?


私も、ちょっとといわず毎日卒倒していましたし、今でも残念ながら治っていません。
毎朝リズミック飲んでます。


まあ、ちょっとなら思春期の子達ってみんな不安定なので(心も、体も)仕方が無いのですが、度が過ぎると起立性調節障害という病名がつきます。

そして、その病気の子が今日受診されました。


まあ、どういう病気かというと、起立したときに自律神経がうまくついていかずに足の血管の調節ができず、いわゆる脳貧血の状態になり、前途の症状を起こします。
ほかに、車酔いしやすい、腹痛や頭痛を訴えやすい、疲れやすい、夜眠れず朝具合が悪い、顔色が悪い、嫌なことを見聞きすると気分が悪くなるetcといった症状が出ることがあります。


原因は、中高生の頃は急速に身長が伸びてからだそれについていかない、思春期の自律神経の崩れが著しい、もともと自律神経がうまく働かない傾向があるなどがあります。
まあ、稀に本当に器質的なものもあるのですが・・・・



今日のお子さんもそうだったのですが、シェロンテストという検査で結構異常が見つかりやすいです。



治療は、まずは規則正しい生活をすることです。 散歩等の軽い運動をして日に当たるのも必要です。

そして、自律神経調整薬、昇圧剤、時には抗うつ薬や眠剤(お勧めはマイスリー→血圧への影響、持越しが少ない)が必要になることもあります。
今日のお子さんには、グランダキシン(自律神経調整剤)と、リズミック(昇圧剤)をそれぞれ2週間分、マイスリーを屯用で4回分のみ処方しました。まずは夜、布団に入っても眠れず朝辛いという状況を脱するべきなので。

○年前に参加した大学病院小児科のカンファによると、一部ではメラトニンが効くという話なのですが・・・
わざわざ私が購入を指示するほど必要性はないと思い、購入を指示したことはないですが、試してみる価値はあるかもしれません。それこそ、『わらをもすがる思い』で(→プラセボ効果を高めるのに必要)。


今日の患者さんのお母さんにも聞かれたのですが、やはり一番気になるのは、「治るのですか?」ということでしょう。

お母さん:
「それで、治るんですか?」

めがね:
「ええ、大概は治りますよ。 お薬も、改善してくればじきやめられます。
 残念ながら生まれながらに自律神経の調整がうまくいかないお子さんは続くこともあるのですが、
 症状が出たのがここ数ヶ月というお話ですから、遅くとも中学や高校卒業くらいにはよくなると
 思います。」


・・・まあ、いくら僕でも「40越えても治らない人があなたの目の前にいますよ。」とはいえないので・・・。
無下に患者さんの希望を摘み取らない、大事なことです。





この病気の予防ですが・・・・

春休み、ついつい生活のリズムが崩れがちです・・・・が。
できるだけ規則正しく生活してください。

そして、春になって新しい環境になるとこの病気で受診されるお子さんが増えてきますが、いっぱい食べて、ゆっくり休んで、しなければならないことはしながらも好きなことをいっぱいできるようにしてあげましょう。


このくらいかな。



ちなみに、一部の心療科の先生はこの病気のお子さんにすぐに抗うつ剤を使いたがる方も居るのですが・・・
私は、その方針には反対です。
血圧を下げやすい薬でもあるので一部の人で症状を激しかねないのと、漸増漸減の手間が大きすぎる。
ちなみに、SSRIのルボックス(デプロメール)は登場の仕方が結構sensationalだったのでHappya Drugなんて呼ばれたりもしましたが、そのような効果はありません。
うつ病の人(つまり、脳のシナプス間のモノアミンが不足している人)が飲んでこそ効果があるのです。
そうでない人が飲んでも、最初の吐き気で苦しんでおしまい。

ですから、うつっぽくない起立性調節障害の人に飲ませても意味ないのと違う? というのが私の意見です。
気分低迷などがひどい場合には、ドグマチールを試すことも、漢方薬を処方することもありますが。
ODにいきなりSSRI、三環系・四環系抗うつ薬は 『?』 ですね。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

なるほど、規則正しい生活が大事なのですね!勉強になりました&耳が痛いです・・・(笑)

2009/3/31(火) 午後 4:23 [ ] <<コメントに返信する

ますいかい先生、私も自分で書いておきながら耳が痛いです。
でもやっぱり大人の事情というものが付きまといますものね・・・。
(いやらしくない意味でも、いやらしい意味でも・・・。)

2009/3/31(火) 午後 8:10 Dr.めがね <<コメントに返信する

顔アイコン

↑ハハ、参りました(笑)

2009/4/1(水) 午前 9:24 [ ] <<コメントに返信する

ますい先生、でしょう?(笑)

2009/4/1(水) 午後 8:57 Dr.めがね <<コメントに返信する

顔アイコン

立ちくらみは得意だったなぁ〜
今はあんまりないけど。

5月病→うつ病になる子ども結構いるのでしょうね〜
ドグマチールは服用したことがあります。おっぱいが出る?副作用がありましたw

2009/4/1(水) 午後 9:21 とりちゃん <<コメントに返信する

↑立ちくらみ、って、得意とか不得意とかあるんですか?ww

ドグマチールは、かなりの頻度で乳汁が出ちゃいますね。

2009/4/1(水) 午後 10:19 JUN <<コメントに返信する

とりちゃん、得意って・・・orz

ドグマチールは、プロラクチンというホルモンをいじってしまうので乳汁分泌(たまに男の人も)や月経停止なんかも起こりやすいお薬ですね〜。

2009/4/2(木) 午前 0:49 Dr.めがね <<コメントに返信する

JUN先生、本当に得意とかあったらどうしましょう(笑)
あるとすれば、私も得意というか常連さんですww

ドグマチール、確かに乳汁分泌と月経停止が多いので若い女性には使いにくいですね〜・・・。

2009/4/2(木) 午前 0:50 Dr.めがね <<コメントに返信する

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事