ここから本文です
こえだガッフェ
大家好〜 歓迎光臨 ♪ 隨便睇!!

書庫全体表示

4月が近付いてくると、この曲を思い出します。
デュエットと言えば、思いつくこのお二人。
世に知られた有名な曲はいくつもあるけれど、
3月も下旬が見えてきたこの時期には、やっぱりこの曲かな。

S&Gのお二人が演奏しているライヴ映像って、なかなか無いんですね。
アートガーファンクルが一人でライヴショウに出演してこの曲を唄っているものなら、ありましたが…。
それに加えて、
最近、ブログ作成の新しい方法が登場してしまったヤフーブログ。
おなじみのYouTubeから画像を引っ張って来ても、
要領がいまひとつ飲みこめない“新しい作成の仕方の方の画像”に添付されてしまうだけで、
このWiki文法の方には、このページに映像の冒頭の画面と共には、ダウンしてきてくれません。
こうして表示できるのは、映像の冒頭の画面ではなく、http〜の文字列だけ……残念。
観てもいいよ〜というかたは、下のhttp〜をポチッとしてくださいませ。
曲を聴きながらテキストを読んでいただける方は、
YouTubeの画面を最小にして隠し、読み進めてください。…今までよりも不便ですね。(笑)
(下段の2つ目の方は、ライヴ動画画像ですが、A・ガーファンクルのソロステージです。)





さて、今回はデュエットシリーズの◆
「仲良し」している情景は、ふと目に入ってもいいもんですし、微笑ましいです。
前回、デュエットシリーズのをUPしましたが、
今回も、過去の写真から、あれやこれやを見てみましょう。




イメージ 1香港に到着すると、ウチはエアポートエクスプレスなるものを利用したことが1度もないのです。バスの車窓からのんびりと見ていて、だんだんと近づいてくる「町」や「街」の様子を味わうのが好きだからでしょう。
したがって、香港機場の中央出口から右に折れ、外に出てバス乗り場へと下ります。泊まる予定のホテルによって、多少の路線の違いはありますが、だいたいみな同じ待ち合いレーンにバスは来ます。バス乗り場で待っていると、お馴染みのシティーフライヤーが何台も。街市でもよく走行中のこのシティフライヤーを見かけますよね。色はさまざまですが、これがベーシックカラー。1台がこれからこちらにゲートインしに来てくれるところです。




イメージ 2いきなりの脚ですみません。でも、これも、香港を歩き倒す日々に大活躍してくれるデュエットもの。このスナップを撮った時は1月だったので、ジーンズを身につけていますが、夏場だとこれが短パンになります。(笑)
冬だから、日本からはハイカットのスニーカーを履いて行きました。で、訪港前の日本でたまたま気に入って目についていたナイキの皮のトレッキングブーツ。これがナイキ香港にお安く売り出されていたので、ご購入。その日からの7日間は、このスニーカーエアブーツで過ごしたのでした。
いつも旅を支えてくれるばかりでなく、酷使する足を守ってくれてありがとう…とレンズを向けた脚と靴。




イメージ 3上環からさらに西に進んだ西營盤のとある路上。散歩をしていて目に止まった「ミニミニゴミ箱」です。1個というのは他でも見たことがあるけれど、2個並んでフェンスに括りつけてあるのは、お初でしたから。
香港の街中に星の数ほど点在するあの青くて丸いゴミ箱。地元の皆さんにも、私たち訪港者にも、なくてはならない存在です。でも、そのゴミ箱ですら、ちょいと離れているところなどがあります。ちょうど置いてある中間地点とかね。
この空き缶の真向かいには、特に飲食店は無かったように思います。飲食店では店内喫煙禁止ですから、店の入り口外にアシュトレイなどがちゃんと設置してありますしね。…ということで、この2個のゴミ入れは、お近くのお宅または商店さんの、道行く人へのサーヴィス?





イメージ 4風を受けてはためくのは、バウヒニアの花が染め抜かれた“香港特別行政区”の旗と、鉄道の旗。この旗の組み合わせと、旗の背景にあるガラス張りの建物の意匠で、「あ、あそこ」とお分かりになった方も多いでしょう。
そうですね。その予想通り、中環はランドマーク前の交差点、ヴィトンの真ん前から、斜め前のワールドワイドハウス(環球大廈)を望んだところです。僕は訪港のたびに、必ずこの交差点に佇んで、行きかうクルマやトラム・様々な人々などをぼんやりと眺めている時間を作ります。すぐ背中に広がるブランドものの世界には全く縁がないので…。(笑)
旗って、案外、こうして2旗ともが同時にきれいに正面を向いてはためいてくれることって少ないんですよ。パシャパシャとっていての、偶然の1枚です。





イメージ 5ウチの太太が、昔から偶然の出会いを求めて密かにコレクションしている「返還時の記念硬貨」。硬貨の絵柄が通常のものと異なっている“希少価値の特別版”なのですね。なるべくカードなどを使わないように心掛けてきたのは、お釣りの中にときどき混入されてくる、こうした希少硬貨との偶然の出会いという楽しみがあるからです。
これは、街のお茶屋さんで感冒茶を買い求めた時に、お釣りで渡された2ドル硬貨の2枚。左側の1枚は通常の絵柄で「2」と記されているものですが、右側の1枚は二人の踊り子が笛を吹きつつ踊っている1997年のもの。手にして表を見た時に「やった〜!!」って声を押し殺しての喜び。
今では僕も、この偶然の出会いを気にしていて、硬貨を手にするたびに確認しています。2ドル硬貨以外にも同様に特別版のシリーズがありますね。





イメージ 6…なんだ?これは麺を入れればデュエットじゃなくてトリオじゃないか…という声も聞こえてきそうなこの1枚。とあるショッピングエリア内のフードコートで食した河粉についてきた調味料です。手前の小さな小さなカップの2つ。
向かって左側は、青唐辛子のお酢。右側はチリオイルみたいです。これを好みに応じて、河粉にかけ混ぜていただきます。…が、この時の記憶がいまひとつない僕。ちょこんと添えられた二つのカップの色や大きさに魅せられて、思わずカメラを向けたのでしょう。もしかすると、この調味料は使わずに、そのまま食したのかもしれません。お皿の中に、すでに辛そうな調味料が入っていますもんね。
太太は、こういう甘辛いものが好きで、必ずと言っていいほど追加していただきます。前世がタイ人だったのかもしれません。



デュエットシリーズが2つになりました。
まだ在庫はございますが、次は、デュエットならぬトリオシリーズを試みてみるかもしれません。(笑)
また、お付き合いいただければ、嬉しいです。

この記事に

  • 顔アイコン

    S&Gという記載そのものが心を揺さぶります。
    ちょうど中学生のころ、こずかいを貯めて買った1枚のLP。
    All アバウト なんとか。
    そこから広がってFMで聞いたり友人ができたり。
    懐かしいな。 あんな純粋な心をもう一度持ちたい。

    ありがとうございました。

    [ イズタマアル ]

    2010/3/20(土) 午後 6:33

    返信する
  • 顔アイコン

    ふぅむ・・・太太だけに泰が好いとっとたいね(九州弁)(^@^b
    ほたらマロもこれからはディュエットシリーズになるようなものを散策してみるね♪

    maro

    2010/3/20(土) 午後 6:34

    返信する
  • 顔アイコン

    S&Gのこの曲 ちょうどいいですね。
    私も昔よく聞きました。
    YoutubeをはりつけるのはURLの下にEmbedと書かれているソースがあるので、それをそのまま貼り付けたら、画像そのままコピーされると思います。

    Duetシリーズいろいろありますね。
    これからも楽しみにしています。 削除

    [ Junpei ]

    2010/3/20(土) 午後 6:56

    返信する
  • 顔アイコン

    イズタマアルさん、そうですね。S&Gって、お二人の名前そのものをくっつけただけのものなのにね。不滅のイニシャルグループ名という感じがします。
    LPを買ったら、モジュラーステレオなんかで聴いて。FMは、ラジカセで聴いて、その話題で休み時間は過ごしたりで…そんな時代でした。イズタマアルさんもそうかな?当時のお馴染みのカセットテープは、TDKやマクセルでしたね。中高校生には、なかなか高くて、何度も録音を繰り返しながら使ったけど。
    そういう原体験があるからなのか、未だにネットで音楽が買えない自分です。

    こえだ

    2010/3/20(土) 午後 7:44

    返信する
  • 顔アイコン

    とんとんさん、きっとその通りですたい。昔っから好いとっとたいです。これほどまでに香港にだけ入り浸ってしまう以前は、バンコクとバリ島が好みな太太でありました。…が、こげなこと香港に没頭してしまうのは、どげんことですかね。
    地元に於いて、ぜひデュエットさんを探してみてください。シンメトリーな飾りとか置き物とかではなくても、けっこう偶然からも目にするんじゃないかと思いますばってん、散策してはいかがでしょうか。
    かく言う自分は、撮影している時にデュエットを気にしながら撮ったこと少ないんですよん。偶然も多々ありますたい。

    こえだ

    2010/3/20(土) 午後 7:52

    返信する
  • 顔アイコン

    ジュンペイさん、キンモクセイの花の香りを感じると、秋の風情や学生の頃の出来事を思い出すように、この曲を聴くと春を想起し、年度末から年度初めの日本での区切りの季節を思います。アートの声は、年月が経っても、要らぬヴィブラートが入らないので、素敵ですね。
    URLの下の「埋め込み」っていう長〜い羅列のトコロですか?そのコピペ、当初なんどもやってみたんですけれど、なぜか入らないのです。仰っているのは、違うトコロのことなのかな?
    次回からは、テキストの中に冒頭の画像が欲しい場合は、しぶしぶ新しい方の作成方法でいくしかないんかなあ〜と諦めているところです。ありがとうございます。

    こえだ

    2010/3/20(土) 午後 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    Yahooのブログがどんな形なのかわかりませんが、
    リンクという機能を使わず、記事の中にソースをそのまま埋め込みます。たぶんできると思うんですが、もしYahooがYoutubeのリンク機能を禁止している場合はできないのだと思います。
    Yahooのブログの質問コーナーなどで調べてみてはどうですか? 削除

    [ Junpei ]

    2010/3/20(土) 午後 11:53

    返信する
  • 顔アイコン

    ジュンペイさん、ありがとう。リンクなしで、そのままソースを埋め込むということを意識して、いろいろとやってみました。Embedのところも試みてみたのですが、結論から言うと、まだ出来ていません。(泣)
    ヤフーの質問コーナーの中では、やはり同じようなところでの質問が相次いでいました。皆さん地図や静止画なども出したいと思っておられるようでしたが、回答がいまひとつ明確ではなく、結果「諦めました」と返って来ていて…。
    “簡単にブログ作成!”を売り込みに出てきたばかりの新方法ですが、今後の改善点の一つなのかもしれないです。…それでも、まだしつこくTryしている自分って…。

    こえだ

    2010/3/21(日) 午前 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    我が家はずっと機場快線利用です。
    でも今度は久しぶりにバスで行ってみようかと・・・
    実は電車、タクシーとそんなに時間が変わらないかとも思い。
    お値段も安いし。
    そうするとこのエアバスデュエットお目にかかれますかね。
    でも、帰りはぎりぎりまで街にいたいのでやはり快線ですね。

    YouTube、YahooJapan!をクリックすると新しい新規投稿画面になんだか四角いグレイの枠が出て
    その枠をコピーして張り付ければいつも通りでしたよ。
    その後改善されたのかな??

    kor*tah*

    2010/3/21(日) 午前 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    korotaさん、日本初午前便などで、まだ明るいうちに香港に到着予定なのであれば、ぜひ使ってみてください。バスターミナルには、この写真どころではなくて、ダブルデッカーバスがうじゃうじゃと待機しています。つぎつぎとバスはやって来ますから、不便もないとは思いますよ。オクトパスが残っていれば、小銭の心配も不要ですしね。
    香港島までは、早くて40分。混んでる時で1時間弱です。ホテル近くのバス停名を覚えて行けば、バス内の表示や景色などで分かります。そう言う意味では、快線の香港駅からのバス乗り換えが不要な分、便利なのかもしれません。
    YouTube、新しいヤフー画面でグレーになるところまでは分かりますが、それをコピペして旧Wiki方法に張り付けられました?それがなぜか出来なくて…また、やってみますね。ありがとうございます〜。

    こえだ

    2010/3/21(日) 午前 9:43

    返信する
  • 顔アイコン

    デュエットシリーズいいですね〜〜
    1つよりも2つ並んだところを撮ると、より絵になり温かみが感じらるんだな〜って思いました。
    私もマネしよっと!

    S&G懐かしい〜〜〜♪中学生の頃ラジオで聴いてましたよ!
    メロディライン、歌声、ハモリ、の綺麗なところが好きでした♪
    You Tube クリックして聴かせていただきました♪
    S&Gやっぱりいいな〜〜もっと聴きたくなっちゃいました♪♪♪

    [ ビエン子 ]

    2010/9/20(月) 午後 2:10

    返信する
  • 顔アイコン

    ビエン子さん、このブログでは、今までに何度か記してきたことなのですが、実はこれらデュエット・トリオ・カルテット等のシリーズものにしたモノたちは、撮影したその時には、決して意識的に揃えてとったわけではないのです。(笑)後から見てみたら、たまたま2つ・3つ・4つが揃っていたというモノたちで。面白いものですよね。香港には、(いえ、日本にもでしょうけれど)、こうして並べるとおっしゃるように興味深く見られるモノたちが、たくさん転がっているように思います。…S&G、永遠に美しい、スタンダードな音と声ですよね。けっこう年代物のものなのでしょうけれど、今こうして聴いていても、新鮮ですよね。

    こえだ

    2010/9/23(木) 午後 0:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事