ここから本文です
こえだガッフェ
大家好〜 歓迎光臨 ♪ 隨便睇!!

書庫全体表示

日本列島を吹き荒れた深夜の暴風雨と雷。
土曜から日曜にかけての深夜2〜3時頃が激しかったようです。
特にこれによる被害など、無ければよいのですが、
皆さんは、大丈夫だったのでしょうか。
加えて、大陸からの大量の黄砂の飛来。
日曜の早朝には、ウチからほど近くいつも望める山が、
完全に白く霞んで見えない状態でした。
パスポートもヴィザも持たないのに、自由気ままに飛んで来られる黄砂。
はるばる何千キロを飛来して、こんなところまで来るのですから、
毎年思うことながら、すさまじいスケールの事実ですね。
 
そんな日曜日、
午前中は、おなじみのショッピングモールに、食料品の買い出しに。
いつものように、スタバのテラス席で、雑誌をめくりつつ、休憩も。
青空が見えたり、いきなり雲行きが怪しくなって雨が降ったり、
かとおもうと、また光が差し込んで、遠くの住宅地あたりに虹が見えたり。
虹。
最近、遭遇していなかったから、コーヒーをいただきつつ見入っていました。
 
高校生の時に出会い、
以来ずっと追いかけてきているジャズピアニスト、キースジャレット。
僕の中では、知りうる限り、世の中でもっとも豊かな音色でスタインウェイを鳴らすピアニスト。
即興演奏のソロピアノ。
「虹の彼方に」です。
 
          
 
 
ヤフーブログを使用しておられる方々の中では、今のところ賛否両論の“新しいUP方法”。
「簡単になって、ブログ作成がしやすくなった」という声から、
「地図や動画が昔のWikiモードに入らないし、動作が遅い」という声まで、さまざまみたいですね。
……自分は、まだ慣れていません。
でも、まあ、経験経験…と言いつつ、新しい方の方法でやってみます。
これだとYouTube映像の、冒頭画面が、ちゃんとブログ内に映し出されるんだな。
Wikiモードの方にも、反映されるようにならないかな。
 
 
晴れていたのに、いきなり雨。
しかもそれが、1日の中で何度も繰り返される。
つかみどころのない不思議な天気ですね。
黄砂の飛来といい、
暴風雷雨といい、
天気雨の中での虹といい、
あまりにも忙しすぎる空模様です。
 
 
 
 
天気雨で、しかも、目の前で、「部分的にソコだけ雨が降っている」という状況を体験しました。
昨年の7月の訪港での写真です。
場所は、香港ヴィクトリア湾に沿って建つ、西營盤のホテル。
27階の部屋から窓の外を見ていたら、どんどんと空模様が変化してきて……。
最初は、なんなく、晴れていたんです。
 
イメージ 1
 
 
 
 
しばらくすると、雲の大群が流れてきて、
貨物船たちが停泊している部分にだけ、雨が降り始めました。
画面の中央、水柱が立っているかのようなところ、見えますでしょうか。
 
イメージ 2
 
 
 
 
雨が降り注いでいる部分は、けっこう激しいらしく、
ヴィクトリア湾のその部分だけは、水面(みなも)に打ち付ける雨模様が表れていますね。
こういう場面を見ると、
幼い頃に、祖母が教えてくれた言葉を思い出します。
「ほら、今ちょうど、ここが雨降りと晴れ間との分け目なんだよ。馬の背を分けるっていうんだよ。」
 
イメージ 3
 
 
馬の背を分ける…の状態のヴィクトリア湾。
手前を航行中のファーストフェリーに乗船していたら、
もっと興味深く見られたんだろうな。
 
 
 
つかみどころのない、落ち着かない天気。
それでも、
ふだん、なかなか体験できない天候状態だったら、少し味わってみたい……。
いやあ、身勝手な願いですね。
花木たちも驚きの連続だろうから、やはり穏やかな気候の方がいいですね。

この記事に

  • 朝方の雷は家が揺れました(笑)
    今日はポカポカ陽気だったけど、子供たちを一歩も外に出せませんでしたね。
    馬の背を分ける場面は何度か遠くから遭遇したことがありますが、
    ちょうど境目に立ってみたいなぁといつも思います。

    zhenyoumei

    2010/3/21(日) 午後 7:40

    返信する
  • 顔アイコン

    真由美さん、雷はひどかったみたいですね。「みたいですね」というのは、自分は眠ったまま、目を覚ますことすらなかったからです。朝、いつものように起床して、話として聞きました。(笑)…まあ、なんというか、鈍感というかお気楽というか。
    馬の背を分けるの話を祖母から聞いた時は、小学生の時で、ちょうど祖母とその境目に立ち会っていたという経験からです。以来、外で仕事をしていて、通り雨が通過していく瞬間に立ち会ったこともあります。その2度だけですが、本当に不思議さを体感しましたよ。真由美さんもきっと味わわれることがあるんじゃないでしょうか。

    こえだ

    2010/3/21(日) 午後 8:23

    返信する
  • 顔アイコン

    youtubeちゃんとはりつけられましたね。
    良かったですね。動作の問題、たぶんそのうち改善されるでしょう。

    この馬の背を分けるような天気、香港では多いです。
    銅鑼湾で雨にあって、洗濯物の心配をして戻ってみると、
    上環ではぜんぜん雨とは関係のない天気だったり、そういうことは多いです。少しでも雨が降ると空気が澄んだようになるのでたまに降って欲しいですね。 削除

    [ Junpei ]

    2010/3/21(日) 午後 8:53

    返信する
  • 顔アイコン

    冒頭の、♪オーバーザ レインボー〜〜〜♪の次に来る拍手が、邪魔ですね〜〜〜〜!

    こちら仙台の田舎にも、遥々大陸から、黄砂が、やって来ましたよ!

    この邪魔な使者が来ると、こちらも春です!!!

    [ 遊びの達人 ]

    2010/3/21(日) 午後 9:10

    返信する
  • 顔アイコン

    ジュンペイさん、はい。しかたがないので諦めて、新しい方の方法で作成しました。(笑)…まあ、慣れない方法ではありましたが、写真をあげたりテキストを書いていくうちに、新しい方法にも慣れていけそうな気もしてきました。なんてゲンキンな…。仰るように、ヤフーの方で改善が進んで、どちらの方法でも冒頭の画面がテキストにも現れるようになることを願っています。
    そうなのですか、香港ではよく見られる現象なんですね。あれだけ雲が多くて、その流れも早くて、海も近い所だから、なるほど納得です。雨は空気清浄機の役割も果たしてくれるんですね。湿気の多過ぎさえ控えてくれれば、雨はありがたい存在でもありますね。

    こえだ

    2010/3/21(日) 午後 9:27

    返信する
  • 顔アイコン

    達人さん、やっぱりそう思われました?!僕もあの場違いな(しかも必要以上に大きく大勢の)拍手は、ナンセンスだと気になって気になって。(笑)…あれ、キースの演奏を知っている人々は、「最初に拍手したヤツ、なんて気の効かないヤツなんだろ!」と内心思うはずでしょうね。こういうことに敏感なキース。この演奏中に、よく席を立って演奏を止めなかったなあと感心するやら同情するやら…です。
    日本公演の際に、会場の聴衆の一部の人間のあまりのマナーの悪さに、演奏を中断したこともある彼です。様子を聞くと、彼が気難しいのではなくて、まっとうな判断をしていましたよ。ジャズクラブなんかで聴いているのと勘違いすると、とんでもないマナー違反になるでしょうね。(笑)

    こえだ

    2010/3/21(日) 午後 9:36

    返信する
  • 顔アイコン

    素敵なBGMを聞きながら かたや騒音(娘の洋楽)も聞きながら
    ミックスされた状態で 鑑賞させて頂いております〜♪(^@^A;
    馬の背を分けるじゃぁじゃぁスコール、マロも自宅に居るときには
    楽しく動画でも撮る様な気持ちで 雨が海に潜り込んでいく姿を
    ぼ〜っと見とれて過ごしています。

    が、外出中は困ったちゃんですね、雨に濡れたままで極寒のバスに乗ったら
    冷凍されそう(@0@)になるのが判っておりますので必死でビルに逃げ込みま〜す。

    maro

    2010/3/21(日) 午後 11:29

    返信する
  • 顔アイコン

    この曲は好きな映画のエンドロール(って言うんでしたっけ?)で使われてて、とても好きなメロディーです。
    たまにはこういうのを聞きに行かないといけませんね。

    雨は私も一度だけスターフェリーの中から見たことがあります。
    こっち側は降ってるのに反対側は降ってない・・あれ??
    面白いですね。

    [ イズタマアル ]

    2010/3/22(月) 午前 5:21

    返信する
  • 顔アイコン

    とんとんさん、けさラン♪ちゃんがふだん聴いている音楽って、どんなアーティストのものなのでしょうね?洋楽ってあるから、中華じゃあないんだ〜。いや、香港で手に入る中華な洋楽(?)=たとえば周杰倫(ジェイチョウ)などの台湾の優れたアーティストなどが居ますしね。やっぱり、歌詞は英語???彼女に何か紹介していただかなきゃ。
    そうですね。出先で濡れて冷蔵バスや地下鉄などに乗り込んだ日にゃあ、凍っちゃいますよね。そりゃあアカン。でも、不謹慎ながら、“台風の眼”や“馬の背〜”などの中に身を置いてみたいというお気持ち、僕も同じです。非日常体験ですからねえ。

    こえだ

    2010/3/22(月) 午前 6:23

    返信する
  • 顔アイコン

    イズタマアルさん、今朝も早起きさんだったんですね〜。(笑)
    映画とは、ジュディーガーランドが唄っていたミュージカル映画「オズの魔法使い」のことでしょうか?〜♪虹の向こうのどこか空高くに 子守歌で聞いた国がある 虹の向こうの空は青く 信じた夢はすべて現実のものとなる…♪〜なんとも素敵な、浮遊感さえ感じられる歌詞ですね。昔の映画って、観て育ってこなかったことをホントに後悔しています。イズタマアルさんは、さまざまないい映画をご存じなのですね。
    スターフェリーの中からご覧になった?それはおもしろい体験ですね。湾の中に馬の背が?…至近距離での体験は、忘れがたい情景の一場面ですね。

    こえだ

    2010/3/22(月) 午前 6:38

    返信する
  • 顔アイコン

    「部分的にソコだけ雨が降っている」という激しい写真なのに、
    キースジャレットの音色を聴きながらだと、まるで癒し系の写真に見えてしまいました(笑)
    それだけ聴き入ってしまった訳なのですが、
    演奏が終わりBGM無しで写真を見るとやはり凄い迫力ですね!!!

    [ ビエン子 ]

    2010/9/20(月) 午後 2:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ビエン子さん、返信が遅れました。ごめんなさい。やっと、今日から日常に戻りました。(笑)キースの音、いいですよね。この演奏もそですが、(ご存じのことでしょうか)、彼の演奏は、すべて即興演奏(インプロヴィゼーション)ですよね。楽譜が無い。感じたまま、思ったままに、鍵盤を指が滑っています。…馬の背を分けるというこういう状況は、突然の雨が多かったり、狭い範囲内で晴れ間と雨間が分かれる香港では、ときどき遭遇出来ますね。

    こえだ

    2010/9/23(木) 午前 11:57

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事