ここから本文です
こえだガッフェ
大家好〜 歓迎光臨 ♪ 隨便睇!!

書庫全体表示

2005年に結成され、2007年にメジャーデビューした2人組ユニットmoumoon(ムームーン)。
ヴォーカル:YUKA、キーボード・作編曲・ギター:柾昊佑(まさきこうすけ)の2人組ユニットです。
ロックテイストのバラードから、
アップテンポのポップソングまで、
そのときどきの曲によって、多彩な楽曲を展開してきました。
 
昨日5月12日に発売になった7枚目のシングルが、
Sunshine Girl 。
資生堂アネッサのCMタイアップソングだったので、
耳にされたことのあるかたも、いらっしゃるのではないでしょうか。
 
モンゴルを思わせる口笛と、天空から舞ってくるかのようなイントロ。
レゲエのような後打ちリズムと、ビョークを彷彿とさせる電子音。
軽やかな日本語と英語の歌詞と、チャイナチックな音階にメロディー。
繰り返されるタイトルコールと、これから欲しくなりそうな季節の香り。
とらえどころのない、記憶に残る柔らかな浮遊感。
それらが無理なく、一体になって流れる2分30秒。
 
 
         
TVRec20100508
 
 
 
 
こちらは朝の冷えた感じの空気が、強めの風に変わった晴天の日です。
香港では、どんな天気なのでしょうか。
最高気温30℃、最低気温24℃となっていますが、
湿度の方は、あいかわらず高めなのかな。
やはり、気候の違いを感じて、距離を痛感します。
 
香港の、とある日のとある場面で目にした 2つで1組の デュエットシリーズ イン HK ④
今日も、日常の情景から、6コマを記したいと思います。
(以前のデュエットシリーズは、ほぼ1ヶ月前ですね。それらは、こちらから。)
 
今日の写真たちは、全て縦の画面ですから、
横向き画面と異なって、テキストも量的に多めです。
さらに、
縦長のために、使うスペースも長め。
読みにくさがあれば、ごめんなさい。
 
 
 
 
 
イメージ 176番と91番とが並んでいるその後ろには、まだまだ多くのトラムたちが続々と待機しています。
ここは、西營盤にあるホンコントラムウェイズのトラムデポ。トラムくん達が街中の喧騒の中を走る1日の営業を終えると帰り着く「自宅」ですね。
 
ここで休憩をしたり、時には健康診断をしたり、シャワーを浴びてきれいになったり、衣替えをしたりします。
 
この日も、湾岸沿いにあるトラムデポの出入り口から許可をもらって少し中を覗くと、このように出番を待っておりました。北に回ってフェンス越しに見ていると、古い衣を脱いで、銀色の肌を見せ、新しい広告衣装を纏うところ。巨大広告を制作するかのような足場が組まれた中で、ラッピングをする渦中が見られました。西の出入り口に回ると、そこでは大きなシャワースペースの中での洗車中。窓をすべて閉められてブラシ付きのシャワーを浴びる姿が気持ち良さそうでしたよ。
 
最近の地元の地図帳には、このトラムデポも名物見学場所の一つに挙げられていたようですが、基本的に立ち入りは禁止されているようでした。他のデポも、同じ管理状態なのかな?
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2たびたび書いてきているように、ウチは訪港すると、かならず1度以上は新界の西端や北端の方面に足をのばします。香港中心部の市街地とは異なった街や下町や自然の残されている地域が広がっていて味わい深いからです。
ことに、西端の元朗・屯門方面などは好みで、ダブルデッカーの路線バスで出掛けます。ここ数年は香港島のホテルに沈没していることが多いのですが、特に最近お気に入りなのは、上環〜西營盤の湾沿いに建つきれいなホテル。この付近からだと、いつも混んでいる中央のクロスハーバートンネルではなくて、西の新しい“西トンネル”でヴィクトリアハーバーを渡ります。いつも空いていてビュンッとひと走りで、新界方面へ。
 
散歩2回目の屏山の路地。客家のみなさんが今も暮らしておられる集落の入り口の門です。現在もお住まいになっておられる私用地ですから、いたずらに入ったりしないで、外から。「昇平」は「世の中が平和でよく治まっていること」だそうですね。春節がくると張り替えられる左右それぞれの4文字は、どんな意味が込められているのでしょう。お解りのかたがおられましたら、どうか教えてください。…古の門と、その向こうに見える新しいビルとが対照的で、時が止まっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3手で持ち上げている「小心地滑」の注意喚起の看板は、もうかなり昔のことですが、やはり新界のとある店舗で買い求めて、手に持って飛行機に乗り、自宅に持ち帰りました。(笑)職場の廊下に置いて活用したこともあります。
 
今、気にしていて、次に狙っている(笑)のは、左に見えている「停用」の看板。「OUT OF SERVICE」の文字と絵がこれだけはっきりしていれば、活用できそう。
 
仕事先で不在にする時に机の脇に置いておくのは、邪魔になるかな。自宅を留守にする時に玄関先に置いておくのは、センスのいい泥棒さんに「どうぞ」と言っているようで不用心かな。
 
ん、自分の部屋に籠りたい時などに、部屋のドアの外に立て掛けておくってのは、どうでしょうか。トイレの中の白壁に「請保持清潔」「使用後請冲水」などの香港で手に入れてきた業務用の札が貼ってあるようなウチですので、無下に片づけられてしまうようなことは無いと思われます。(笑)
 
軽くて携帯できますから、みなさんも次回のお土産におひとついかがでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4突然の雨も多い夏の香港で、香港島の金鐘あたりを徘徊していて、多角形のビル“リッポーセンター”に出入りした時に見つけた傘入れ袋です。
雨は上がっていたような記憶があるのですが、これはいい…ということで、自分と太太用との2人分だけをささやかにいただいてきた小市民です。
 
こちらに遊びに来てくださるハムユさんが、以前ご自身のブログやお友達のブログで紹介されていた傘入れ袋について、記事にしておられましたが、どちらかというと無地で色合いもなんでもない日本の傘入れ袋と異なって、ちょっとココロをひかれます。ホテルのベッドの上で撮影した後は大切に持ち帰りました。
 
こういうものに出会えることを考えると、雨の日や雨上がりの日の外出も、気持ちが沈むようなことはありませんね。市街地ならば、軒伝いに雨をやり過ごせますし、降って止んでの繰り返しが多少あるだけのことが多いですし、雨も風情が味わえる範囲内ならば、いいものです。
 
下部に記されているアクセントの黄色と赤文字は、提供しているsavills社のロゴカラー。日本でも展開していますが、オフィス・店舗物件を扱う不動産コーポレーションのようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5茶餐廳や軽食を供する店舗の店内でよく見かける機械ですね。こういうものって、かつて日本でもよく見ましたし、お世話にもなりました。(笑)
中で撹拌されていたオレンジジュースやパイナップルジュースを手にした時の人工的な甘みや、少々きつめの色合いなどを思い出します。
 
こちらは、茶餐廳でのもの。2つ並んだ容器の中身、右側のモノは冷たい豆漿(ダウジョン)でしたが、左の無色透明な液体は、何でしょうか?蒸留水?ミネラルウォーター?…この時、太太が手の空いている店の小姐に“カスタード饅頭”の広東語での発音を親切にレクチャーしてもらっていたのですが、左の容器の中身についても尋ねるべきでした。(笑)きっと、これまた親切に教えてくださって(口頭で?筆談で?)もしかすると1杯サーヴィスしてくれたりしたかもしれません。
 
年季の入った機械ですが、右のカップを押し当てる部分の下に、ちゃんと正規製造されたこの機械の製造会社のシールが貼ってあります。COFRIMELLというイタリアの業務用コールドディスペンサーの証です。電動パドルで撹拌しつつ、飲み物を適度に冷やす機械です。街中でも郊外の店舗でも、よく見かけますよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6店内が狭めの茶餐廳の入り口には、「外でゆっくり食してリラックスしてください」と言わんばかりのこのセッティング。
まるでこの席のために用意されているかのような黒板に手書きのセットメニュー表まで準備されていて。右上には「歓迎外賈」との朱書きも。(笑)
きっとこの2脚の椅子を使って待っていると、愛想良くこのテーブルに注文した品を運んでくれるのでしょう。
 
右手の椅子は、座面がかなり古くなってきています。それと対峙するかのように佇んでいる左手の椅子は、まだ新参者のよう。合間に置かれた黄色の灰皿が、なんともいい感じで色のアクセントになってくれていますね。店の外ならば、どれだけ長居していただいても良いし、存分にタバコも吸ってください…と。
この手の折り畳みテーブル、よく日用品屋さんにデンと置かれていますが、丸くて好みのデザインが有っても、さすがに日本に持ち帰られずにいます。(笑)
天板の角がとれて、良い味を出してきているテーブル。こんなテーブルと椅子で、道行く人々を眺めながらのんびり過ごすような旅もしてみたいものです。つい次の予定を考えてしまうから。
 
 
 
 
 
こうして記してきている、
香港でのデュエットトリオカルテットたち。
以前もどこかで書いたように、
自分が最後に訪港して以降に、このシリーズ化を思いつきで始めたので、
今までに、訪港中は、それらを気にして撮ったことがありません。
 
次回の訪港からは、ちょっと気に留めて、レンズを向けたりするのかな。
 
でも、
やっぱり、
その場に居る時の、音の魅力・空気の香り・味覚で味わえる味…を第一にして、
香港そのものを身体で感じていたい、、、と思います。
 
シリーズ化するための材料を気にして歩いているなんて、
本末転倒ですし、
なにより、
そんな器用なことは、僕にはきっと出来ないだろうと思いますから…。(笑)

この記事に

  • 顔アイコン

    私も写真と記事は別に生産です(笑)
    写真見て書くこと思いついたり、書くこと決めてから写真を思い出したり・・・たしかにもっと意識して撮ればもっといい作品が出来上がるでしょうね。私も頑張ろうっと。

    そうそう、文具屋さんとかではもっと小さい壁掛けのこのての看板がありますよね。「駐車禁止」とか「トイレ」とかそういう小さい看板。
    それだったら会社のデスクでもちょうどいいかも・・・・・。
    裏表でひっくり返すバージョンもあったはずですよ!
    ただ小さい割にはちょっと高かった記憶が・・・・・
    でも以前洒落で面白いと思いお土産にしたことがありました♪好評でしたよ。 削除

    [ mangonaoko ]

    2010/5/13(木) 午後 3:20

    返信する
  • YUKIではなく、YUKAでしたか。
    こえださんは音楽の範囲がとても広いですね〜!
    「小心地滑」の絵はいつ見てもキュート♪
    フロア掃除の後などに、ぜひとも活用したいですね。
    傘袋を見てつい思い出したのは、以前「なんでも鑑定団」に
    出演していた箸袋を集めるおじいちゃんのことでした(笑)

    zhenyoumei

    2010/5/13(木) 午後 4:39

    返信する
  • 顔アイコン

    mangonaokoさん、香港に暮らしておられながら、香港と日本との両方の視点からいつも想いをテキストにして記載されることが巧みでいらっしゃるから、読ませていただいて興味深いです。その際に、naokoさんの場合には、僕と違って、もっとさりげない写真の選び方をしておられるように見受けます。直接的な関係写真だけではなくて、もっと、こう、やんわりと空気を伝えてくれる写真の挿入をしていらっしゃるような。僕の場合は、テキスト内容と直で関わる写真を多用してしまうのみなので、もっとやんわりと活用できないものかとときどき反省したりして。(笑)
    次回naokoさんが日本に来られた際には、逆に日本のそうしたシリーズを持ち帰って行かれると、会社のみなさんやお友達などに歓迎されるのでは。ん?どうかなあ〜、喜んでもらえるかなあ???

    こえだ

    2010/5/13(木) 午後 4:58

    返信する
  • 顔アイコン

    真由美さん、シングル発売日と今日の午前中だけが特別だったらしく、この曲のPVが3分50秒のロングヴァージョンでYouTubeにて流されていました。で、朝一番でコピーしてこのブログテキストを最後まで書き、仕上げの「決定」ボタンを押したとたんに「この画像は無効になりました」とのテロップが…。エイベックスの行うことは、厳しいですね〜、仕上げた記事がすべて消えて、書き直しとなり、新しい2分30秒の別画面を載せた次第でした。
    暮らしておられたシンガポールや上海にも、この手の看板はありましたか?そうした国々のも、見てみたいです。箸袋ですか…(笑)…かく言う自分もそうですが、収集する傾向は、男性に圧倒的に多いらしいですね。おじいちゃんの箸袋は、どんな想いをもってのことなのかなあ。保管場所もとらなくていいですね。(笑)ウチは僕が嵩張るもので場所をとるから、罪です。

    こえだ

    2010/5/13(木) 午後 5:18

    返信する
  • 顔アイコン

    傘袋、太太さん用にもいただく心使いがこえださんらしいですね^^ところで、ずい分前、主人が折り畳みの丸いテーブルを四苦八苦して香港から持ち帰りました・・・(直径1m以上あったと思います)その頃オートキャンプに行っていたので何度か使いました。一人で行った時なのですが、私がいたら絶対に拒否していたと思います^^; 削除

    [ ハムユ ]

    2010/5/13(木) 午後 8:08

    返信する
  • 顔アイコン

    うわー!!黄色い看板って買えるんですね!
    私も買います!次回必ず買います!
    元朗では私も同じ写真を撮りました
    この前に立った瞬間「来ては行けないところに来てしまった」と錯覚に陥りました
    まるで門の向こうは異空間のような
    とても不思議な気持ちになったのを覚えています 削除

    [ peu ]

    2010/5/13(木) 午後 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    ハムユさん、なかなかお越しいただけず、お身体は大丈夫なのか、お忙しいのか、気にかけておりました。ありがとうございます。…いえいえ、むしろ太太はその場に居て、僕よりも先にこの傘袋に気づいておりまして…で、僕が代表して(笑)いただいてきたわけです。ややこしい書き方をして申し訳ありません。細かなことについていつも太太の方が先に気づいたり気を効かせたりする方です。(汗)
    折り畳みテーブルを持ち帰られたのには、驚きです!!小さくてもサイズは…と想像すると、なかなかタイヘンな荷物だったのではないでしょうか。いやあ〜ご主人さまに頭が下がります。(笑)ブログやウチの太太の話を見たり聞いたりしていて、ご主人は(も)、かなりの香港通であり香港迷でいらっしゃるとお見受けいたします。ハムユさんお幸せですね。

    こえだ

    2010/5/13(木) 午後 9:10

    返信する
  • 顔アイコン

    ペウさん、あ、ここにも「小心地滑カンバン」を手にして帰国しようとする奇特なかたが一人…。(笑)…失礼しました。ぜひとも買い求めて来て、ご自宅で(または職場で)活用してみてください。目にするたびに注意喚起を促してくれるだけではとどまらず、香港へ一気に気持ちを運んでくれることマチガイなしですよ。(笑)
    ウチは10年ほど前でしょうか。大埔の大通りにあった雑貨屋さんで軒下にぶら下がっているのを見つけて手にしました。そうです、軒下にぶら下がっているか床にじか置きされているかの売り方が多いです。(笑)荃灣にある中華系デパート「新中聨國貨」上階文具什器類売り場での写真です。欠かさずにコレが入荷されているようですよ。荃灣街市の真向かいにあるデパート。昔の裕華のように、中華日用品でいっぱいの夢のワンダーランド状態の中華デパートです。

    こえだ

    2010/5/13(木) 午後 9:28

    返信する
  • 顔アイコン

    最近CMで流れる曲に鈍感になっているのかなぁ。全く初めて聞いた曲でした。(いや、無意識に耳にしていたのかもしれないけれど)
    ほんとに昨日はちょっとひんやりしていたものの気持ちいい日でした。そんな日にぴったりの曲
    デュエットシリーズもい泙任ましたか。狙っていなかったとのこと、いやはやすごいです。ただ、こういうの狙いはじめると旅行がつまらなくなってしまうかもしれませんね。偶然が故におもしろい。
    今年の旅はこえださんや太太さんの記事を読んで新界の旅を楽しんでまいりました。追々記事にしていきますね。
    店頭にあるジュースサーバー(っていうの?)日本にもありましたね、たしかに色付けオレンジジュースやパインジュースを飲んだ。
    10年ぐらい前、許留山で10砲阿蕕なГΔ肇灰奪廚鬚發蕕辰銅分で注いで飲むっていうのがありました。何ジュースだったか覚えていないけど。せこいわたくしはもうそれはなみなみと注ぐのでありました。

    kor*tah*

    2010/5/14(金) 午前 8:55

    返信する
  • 顔アイコン

    korotaさん、CMと楽曲の蜜月な関係って、昭和の時代から変わりませんね。特にやっぱり女性向けの化粧品関係でのタイアップが王道なのでしょうかね。曲が印象付けられてヒットするから商品が売れるのか、商品が売れるから曲も売れるのか…相乗効果なのか。いずれにせよ、宣伝されているその商品を手に取ったことが無くても、その曲・その映像を聴いたり観たりすると、私たちにはその当時の自分が思い出されるものですもんね。
    新界に行かれたのですね。どちらへ出向かれて、どんなエピソードと共に市街地に戻られたのかなあ。ますますブログが楽しみになってきました。korotaさんのペースで記事UPされるのを心待ちにしていますね。許留山では、そのような幸せなシステムがあったのですか。自分で注ぐなんて…きっと僕も、負けず劣らずそうすると思います。(笑)

    こえだ

    2010/5/14(金) 午前 9:18

    返信する
  • 顔アイコン

    昨日今日と忙しいのと ちょっと疲れてたのでコメント
    遅くなりました。
    デュエットシリーズもう4弾目なんですね。
    こうやって揚げられた写真とその横に書かれたこえださんの
    コメントを見てみると どういう思いでこの写真を撮られた
    かっていうことがよくわかります。

    なんでもない風景や目にした物でも その人にとって
    何かを感じるから 写真に残したくなるんですよね。
    だから、同じ風景、同じ物を見ても 同じところを切り抜いて
    写真を撮ってる場合もあるし、全然違うところを切り抜いて
    撮ってる場合もありますもんね。 削除

    [ ブラボー ]

    2010/5/14(金) 午後 10:57

    返信する
  • 顔アイコン

    ブラボーさん、お仕事・家事・バドミントンなどいつもお疲れ様です。週末は疲れはとることが出来るのでしょうか。少しでものんびりとしたりリラックスできたりする週末になると良いですね。…そうですね、カメラを向ける時には、きっと何かを感じてレンズを向けるのでしょうけれど、なにしろゆったりシャッターチャンスを待ちながら間合いを取っているということは皆無なのでしょうから、次の行動をしながらだったり動きの途中にササッと撮ることで精一杯のせかせかした旅のような気もします。ただ、こうして写真を見返してみたり文章にしたりすると、それらの写真を見直したり感じ直せたりすることが出来るのでしょうね。それがブログの良きところのような気もいたします。(笑)
    ときどき同じモノをとてもよく似た構図で撮り残しておられるかたの記事に出会うとびっくりするのは、そういう理由からかもしれないですね。

    こえだ

    2010/5/15(土) 午前 6:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事