ここから本文です
こえだガッフェ
大家好〜 歓迎光臨 ♪ 隨便睇!!

書庫全体表示

City flyer 城巴機場快線

帰国の日の朝。
ここ何年かで定宿の一つになっている北角の春秧街沿いのホテルや、
英皇道沿いのホテルからだと、
A11の始発や、東から走ってくるA12の City flyer 城巴機場快線 に乗り込みます。
 
乗車すると僕は荷物を荷置きの棚へ入れ、
荷が見える範囲内での1階席へ。
その頃太太は2人分の料金を支払って、好みの2階席へ。
“バス内自由行動”ですね。(笑)
 
香港で、盛んに報じられたことがあるようなのですが、
一時、香港機場往復のバスの荷物が、盗られて無くなるというような事件が続いたこともあるようです。
ウチはそうした報道がされるずっと以前から、なんとなくこんな行動パターンなのですが、
荷物のことを必要以上に気にしないで、気兼ねなく最後の時間を味わいたいので、今でもこうしています。
 
バスは英皇道から告士打道等を通り、
前方に中環のビルや上環の信徳ビルを眺めながら、一路上環・西營盤方面へ。
 
こちらもここ数年で繰り返し宿泊している西營盤の湾沿いに建つホテルからだと、
A10かA12のバスに乗り込むことになります。
(Cityflyerの路線や料金などは、前記事に記したとおりです。)
 
このあたりのホテルからだと、
乗車してすぐにバスは路地のような細い道を抜けて、湾に向けて旋回し、
車窓から高層ビルが消えたと思うと同時に、ヴィクトリア湾を渡る西トンネルへ。
ダブルデッカーのバスが法定速度で十分安定して走ることが出来る範囲内の急カーヴを経ながら、
トンネルの入り口に吸い込まれて行きます。
 
イメージ 1
 
 
頭の上には、ヴィクトリア湾。
ここをくぐり抜けながらいつも思うのは、
しばらく居させてもらえた香港島の街への別れ。
整然・乱立が同居する街並みを背にして“海峡”を渡るかのような気持ちなのかもしれません。
 
Uターンは出来ない自動車道路。
トンネルを出るとじきに設えられているバス停が1ヶ所ありますが、
そのバス停で降りなかったら、
もう空港までノンストップ状態みたいなものですから、
街に引き返すのは、難しくなるな…とか。(笑)
 
大好きな景色が遮られた渋滞知らずのトンネル内では、
そんなことをぼんやり思い浮かべているうちに、
すぐに出口が迫ってきます。
 
イメージ 2
 
 
出口すぐ右手の真新しい建物は、
エレメンツショッピングセンターやWホテルなどの、九龍駅エリア。
左手には、油麻地の貨物保管エリアが広がり始めます。
 
もう、西九龍公路にまかせてハイウェイを高速で進むのみ。
じきに、左手に、
オリンピアンシティー・香港水上警察・長沙の魚市場・ファーストフェリー社屋、
さらに続いて、九龍バス車庫・コンテナを管轄する香港インターナショナルターミナル…などが流れます。
 
その間ずっと広がるのが、ズラリと並ぶコンテナヤード。
手を伸ばせば、
まさにそこには世界各国から何日もかけて運び込まれた“異国の積み荷”が眠っているわけで。
空港とはまた異なった特別なユニヴァーサルエリアが佇んでいるように感じます。
香港のこまごまとした街のことを吹っ切れる中間地帯みたいな…。(笑)
 
早朝に日の出と共にホテルをチェックアウトした際の、このコンテナヤードの光景や、
日本を午後便で出国して夜の香港に到着した際に目にする光景は、
オレンジ色の灯に照らされた世界になっていて、
よりいっそう趣きがあります。
 
イメージ 3
 
 
思いのほか広大な場所をとって続くコンテナヤードとは反対方向に目を移すと、
きっとみなさんも以前から印象に残っておられるであろう工業ビルが。
建物づたいにニョキニョキと幾本もの煙突が空に向けて生えているビル。
あるいは、香港らしい高層アパートの見納めになるマンション群なども。
 
Cityflyerの速度に任せてそれらを目にしていると、
じきに青馬大橋に差し掛かります。
タイミングが合えば、積み荷満載の巨大タンカーが、眼下を横切ることも。
海の要所を背にしながら、空の要所に近づきつつあることを感じる場所です。
 
イメージ 4
 
 
西トンネルを潜り抜けてからのCityflyerは、
信号を迎えることも無く、
バス停で停まることも1度ほどしかないまま快適に走行し続けて、
滑り込むように、香港機場の出国フロアーの玄関に横付けされます。
 
最後の最後までシティーバス(城巴)と共に一緒に過ごせることは、
ささやかな幸せ。(笑)
 
バスから降りたら、目の前のカートの山から1つを選び、
段差一つ迎えることなくチェックインカウンターへ。
 
午前便を利用する場合は、
香港機場に着く時間が早朝なので、
ターミナルの中も朝日で染まります。
 
ウチはここ数回は、
時間をやり過ごしたり最後の早餐をとったりするために、ターミナル2へ。
街中と同じく、ここでも時間を決めて解散し、思い思いに自由行動となります。(笑)
 
イメージ 5
 
 
後ろ髪をひかれる想いだけれど、
…また必ずここに来られる。そのための、ひと区切りの今日…。
そう気持ちを切り替えつつ、搭乗時間までを過ごす。。。
そんな繰り返しの、何年間かです。
 
曖昧な時間を過ごして、
やっと搭乗時間になり、
日本行きの機内で離陸の瞬間を迎えたら、
滑走路での強引なジー。
こんなジーは、普段生活している中では、絶対に味わわない…という圧力でシートに身体を押しつけられた時、
香港とのしばしのお別れと、感謝の気持ちを最後にもちます。

この記事に

  • 顔アイコン

    そうそう、バスだとこえださんちは1階席なんだろうか?
    それとも2階席なんだろうか?って思ってました。
    やっぱ盗難の心配もあるから 一人は荷物が見える所に
    座ってるんですね。
    今度バスに乗る時があったら私もそうしよっと。
    この写真は2階席から太太さんが撮られて写真ですか?

    私は夜香港に着くことはほとんどなくて 帰りも午後便だから
    朝日に染まった空港を見ることもないんです。
    だから、一番最後の写真は印象的です。
    AELだとあまり 車窓からの風景は楽しめません。 削除

    [ ブラボー ]

    2010/5/19(水) 午後 2:23

    返信する
  • 顔アイコン

    ブラボーさん、香港での写真撮影は、いつもすべて僕が撮っています。太太はカメラを構えたり持ったりするのが好きではないようで。(笑)…いつもはテキストに書いたように1階と2階とにそれぞれ乗っているのですが、今日の記事に載せた3度(だと思うのですが)の撮影時は、僕も2階最前部に居ました。乗車時から自分達しかいなかったことと、途中で乗っては来ても降りる乗客が居なかったので、階下にギリギリまで降りていかなかったのだと思います。
    車内の荷物置き場がガラガラだったため、走行中に荷物が通路に落ちて踊っていたらしく、運転士さんにアナウンスで「●△*◎▼〇〜!!」と知らせてもらった覚えがあります。(笑)盗難とは異なる意味で、空いてる時には鍵が必要かなあ…とも反省しました。

    こえだ

    2010/5/19(水) 午後 5:44

    返信する
  • 顔アイコン

    順番に写真を拝見して「あぁ帰るんだぁ」と悲しみが襲ってきて「あ!家だった」と自分でビックリしました(><)
    今度は下から見て「街に近付く♪」と楽しみ直しました 笑 削除

    [ peu ]

    2010/5/19(水) 午後 8:09

    返信する
  • 顔アイコン

    銅鑼湾、大抗道から空港行きバスに乗ってた5年間は、絶対に後ろは見ませんでした。

    あ!自分も2階が定位置でした。

    [ 遊びの達人 ]

    2010/5/19(水) 午後 10:11

    返信する
  • 顔アイコン

    帰るときって寂しいよね。
    私は日本でそんな思いをしながら空港バスに揺られているんだけど、
    特につらいのは、最寄駅から乗る空港バスは、母が息を引き取った病院の真横を通って行くことです。母がいた病室も見えるし、その時だけ胸がいっぱいになります。

    香港でのCity Flyerは行きも帰りも何も思いませんが、
    でも帰ってきたときのほうが気持ちは高まるかな?
    帰ってきたなと思うし、そう思うたびすっかり香港人な自分に気づきます。 削除

    [ Junpei ]

    2010/5/19(水) 午後 11:10

    返信する
  • 顔アイコン

    私も青衣島から対岸に見えるごちゃごちゃしたビル群(茎灣のあたり)を見ると、「あー、またしばらく香港とお別れだ」と悲しくなります。
    ところで、ターミナル2が出来たおかげで空港での買い物がまた楽しくて仕方ありません。香港ローカルなお店がいっぱいあり、ついつい搭乗時間ぎりぎりまでいてしまいます。
    こえださんはチェックインをターミナル2側からされていますか? 削除

    [ らしくん ]

    2010/5/20(木) 午前 0:33

    返信する
  • 顔アイコン

    ペウさん、そうですね。こうして帰国する日のことを手順通りに追っていってしまうと、ホテルのチェックアウトから飛行機が離陸するまでの、なんとも言えない気持ちの再現に近いものになってしまいますね。午前便で帰国するために、夜明けと共にこの行動をするのは、なんだか貴重な1日を早々とお別れに使うみたいでしんどい(笑)ですし。かと言って、午後便の帰国するために、昼間の街が元気な時間帯にこの行動をするのも、街中から自分だけが浮いているかのようで納得がいきませんし。結局どちらにしても、「帰国するということはそれだけパワーを消耗するということ。」に他ならなのでしょうね。(笑)
    でも、下から順に見ていくという方法を思いつかれるのは、さすがです。(笑)ぜひ次にこの画面を見られる時にも、下から順にしてください。

    こえだ

    2010/5/20(木) 午後 4:31

    返信する
  • 顔アイコン

    達人さん、今頃は(20日木曜日日本時間16:35分現在)、中継地点のセントレアを離陸されたころでしょうか。いよいよ今日から、普段の厳しいお仕事を離れての香港ヴァカンスの始まりですね。って、ブログで「順次リポートしていきます!」と書いておられたので、もしかするとこれも滞在先で読んでいただけるのかな…などと思いつつ書いております。
    急遽仕事で来れなくなったお友達に代わって、その奥様が御見送りに来てくださったとのこと…お友達に恵まれ楽しく過ごせるご旅行を暗示しているかのような出来事でしたね。(笑)まずはどこへ出向かれて、どんな訪港初日を迎えたのでしょうか。ぜひぜひ教えてくださいね。「絶対に後ろを…」の最初に2文字に、ずいぶんとチカラがこもっておられますね。(笑)

    こえだ

    2010/5/20(木) 午後 4:40

    返信する
  • 顔アイコン

    ジュンペイさん、日本で空港に向かわれるバスの中でのお気持ち、お察しします。そういう状況は、辛いものですね。ことに、ジュンペイさんの場合、日本でのご自宅からその病院の真横を通って、これから海まで渡ってしまって日本を離れなければいけないという状況なのですから、想うところがつのってくるのでしょうね。
    それでもやはり香港の街が近づくと、帰ってきたというお気持ちに切り替わるんですね。生活の場があり、気の置けない友人達が居てくれて、大好きな音楽に触れることが出来る街でもありますもんね。…自分の日常の生活の場があることには変わりは無いのに、へこみがちな僕とはえらい違いです。(笑)ポジティヴなその心持ちを見習いたいものです。

    こえだ

    2010/5/20(木) 午後 4:50

    返信する
  • 顔アイコン

    らしくんさん、ターミナル2は、出来たばかりの時と比べると、本当にずいぶんテナントが充実しましたよね。あの2フロアーくらいだけで、街のショッピングセンターがそのまま引っ越して来てくれたかのような充実ぶりですもん。「どれどれターミナル2って、どんなん?」っと冒険しに入ってきた頃の、ガラ〜ンとして殺伐だった有りようが、遠い遠い過去になりました。(笑)上階にあるガチャガチャコーナーの中華モノフィギュアの充実ぶりが凄かったです。次回も行きそうです。(笑)
    ここから搭乗口方面へ入っていく経験はしていません。バスが1のカウンターすぐ間近に着いて、それ以上預け荷物になるような買い物をしないからかもしれません。2からだとどんな経験が出来るのでしょうね。試してみたいような気持ちがします。

    こえだ

    2010/5/20(木) 午後 5:00

    返信する
  • 最後の最後まで香港を満喫されていますね〜。
    AELの車窓からも行きに帰りにコンテナヤードを見ると
    香港の元気いっぱいの活力を感じて妙に嬉しくなります。

    ウチはキャセイでAEL料金がincludeされているので何の迷いもなくて。。。あと3倍速なんでAELが最適だと思っていましたが、Cityflyeも3倍速の旅に選択できそうですね〜(^^)

    i-style

    2010/5/20(木) 午後 9:02

    返信する
  • 顔アイコン

    i-styleさん、やはりAELの車窓からも、あの情景が眺められるのですね。シティーフライヤーに乗っていて、あの辺りでAELと並走した経験が無かったので、いったいどのあたりでどんな光景が見られるのだろうかと謎なんです。(笑)空港近くの海沿いを走っている様子は、何度かお目にかかって、追い越されて行った経験が何度もあるのですが。
    それにしても、i-styleさんちのおふたかたの受け止め方を学び真似たいものです。ウチなんかあのコンテナヤードを見ると、帰り道に関してはへこむいっぽうで…。バスがこのままあの広大なコンテナヤードの迷路のような中へ入り込んで出て来なくなれば良いのに…とまで願いつつ乗車しているっていうのは、かなり重症でしょうか。(笑)活力を感じるというレベルまで、修行をします。

    こえだ

    2010/5/20(木) 午後 9:31

    返信する
  • ギリギリまで香港を楽しんでらっしゃるのですね。
    私はいつも乗り物に乗ると爆睡で・・・。何しろ旅の間、削れるものは睡眠時間だけなので、座ると一気に睡魔が(笑)
    今度行ったらもっと余裕を持って景色を楽しもうかな〜。

    きなこ

    2010/5/21(金) 午前 1:02

    返信する
  • 顔アイコン

    今日のA21バスは、ハズレでした!!!!

    なんか香辛料の強い方々が大勢乗っていて、瞳を閉じれば、タイに居るか、韓国に居るのかと錯覚しそうでした!!!!

    [ 遊びの達人 ]

    2010/5/21(金) 午前 2:01

    返信する
  • 顔アイコン

    バスからの写真撮影って何気に難しくないですか?
    私も撮ろうと思ったら動いちゃったり、前のガラスが汚れてたり(笑)
    自分の意思とは関係なくバスは動いちゃうし、目の前にトラックが来て
    ダメになっちゃったり・・・・

    私も2階席に座りますが、100%信用はしていないので(笑)
    1階に置いてるスーツケースは心配です・・・。
    一応カメラがついてるから2階席からでもそれで確認できるけど
    白黒で見にくいし、そんなの凝視してたら酔いそうだし(笑)
    まぁ・・・誰も持っていかないんですけどね〜(笑) 削除

    [ mangonaoko ]

    2010/5/21(金) 午前 6:47

    返信する
  • 顔アイコン

    きなこさん、そうなのです。出来る限りギリギリまで香港らしさを味わいたいという思い一心で、このバスも長く乗り続けています。(笑)そうですね、おっしゃるとおり、滞在中は削れるものならば睡眠時間を削りたいという思いでもあります。でも、夜は遅いし、朝も早朝5時起きくらいのテンションの上がり方で何日も過ごしますから、疲れがたまりますね。その疲れさえも、帰国してから何時間もたたないと自覚できないような鈍さなのですが。(笑)
    自分の場合には、飛行機の中でも何かしらしていて眠ることが出来ません…もう少し、気持ちと時間のゆとりを持ってゆったりと旅行できる性質だと良いのですが、どうもそうはいかないみたいで。きなこさん以上に、自分はもっと余裕を持って景色や時間そのものを楽しめるといいのに…と思います。(笑)

    こえだ

    2010/5/21(金) 午前 8:16

    返信する
  • 顔アイコン

    達人さん、現地時間の午前1時なんですね。そうは言っても、初日からこんな素敵なメッセージをいただいてしまい、恐縮です。ありがとうございます〜。いや、その、今回巡り合ってしまったとおっしゃるそのバスは、もしかすると「大当たり!!」なのではないですか?いきなり異国の香りの充満するバスに乗り合わせることが出来るだなんて、香港に居ながらアジア各地のスパイスを味わえたようなものなのでは…。(笑)よかったよかった。。。とお祝い申し上げたい気分です。
    夜のバスになるにしたがって、そういう方々と遭遇出来る頻度は高くなってくるのかもしれませんね。…さてさて今日はどんなところへ出向き、どんな方とお会いでき、どんな美味しいものを食することが出来るのでしょうか。なんだかコチラもワクワクしてまいります。あ、お土産も持参するわけですよね。お会いできる親愛なるお友達との時間、楽しんで来てくださいね。…って、これを読まれた時には、もう、楽しい時間を味わいつくした後なのかな。

    こえだ

    2010/5/21(金) 午前 8:23

    返信する
  • 顔アイコン

    mangonaokoさん、バスの車窓からの撮影は、ほんとに色々なタイミングが合わないと、スッキリした気持ちでは終えられないモノが多いですよね。書いてくださっているさまざまな悪条件、自分も同じです。だからもう、すべてをひっくるめて「それがバスの車窓からのスナップなのだね。」と飲みこむことにしています。(笑)記事に挙げたような空港への道すがらは、似た風景が続くことも多く、車両同士もそんなにいつも並走したりするタイミングではないので、おっしゃっておられるような窓ガラスの汚れなどは「これもこの時の現実」とガマンしていますが、香港の街中で「コレはっ!!」と想う情景に思いがけず出会えた時に、コメントの中のような悪条件が重なるとトホホとため息をつきますね。(笑)やっぱり、街中での方が、撮ってみたい素敵な情景との偶然の出会いって、多いですもん。
    1階の荷物って、盗難の類のニュースを目にしたり聞いたりしたのは数年前ですが、今でもそうなのかなあ。いっそチェーンロックも頭をよぎったのですが、なんだかなあ…と踏み切れずにいて、そのままにしています。

    こえだ

    2010/5/21(金) 午前 9:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事