全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

つくばエクスプレス古河線に関することは全て架空=フィクションです

架空鉄道「つくばエクスプレス古河線(TX Koga Line)」の経路と新設駅を見直しました。
理由は、先日記事「「架空鉄道「つくばエクスプレス(TX)古河線」概要経路図を作成しました」の図を見て頂くと分かるのですか、修正前経路図の7〜9の新駅、常総南駅、守谷松前台駅、常総運動公園駅の距離が近すぎるからです。また、本線からの分岐箇所で高架橋を更に跨ぐ様にすると建設費がかかります。

そこで、本線からの分岐は既に出来ている車両基地への引き込み線を利用することにしました。
こうすると、東京方面に向かうのに電車の折り返し(運転士と車掌の入れ替え)や乗換えが不要になります。なお、TXは守谷から北は交流電源とされていますが、実際は引込み線までは直流ですので、守谷−秋葉原間を走る電車がそのまま利用できます。

引込み線から先は車両基地を通り、守谷市松前台と薬師台という大きな団地の間の道路上に高架で通るルートです。ここに「北守谷駅」(仮称)を新設します。(場所はHPを参照してください)
現在検討しているルートでは、次の自然博物館前駅(仮称)までは約7Km、JR宇都宮線の古河−栗橋間に相当しますので、無理が無いかと思います。

ただ、水海道市(常総市)が通過するだけになってしまいました。地図を見るとほぼ中間地点の東約1Kmに内守谷工業団地があり、その先にはきぬの里という団地もあり、駅を作れるかなとも思いました。
が、基本的に工業団地に働く人は車通勤でしょうし、団地のほうは関東鉄道常総線小絹駅の方がずっと近いので余り利用が見込まれないかなと考えて、今回は作りませんでした。北守谷駅周辺団地の乗客だけでなくきぬの里の乗客まで取ったら、関東鉄道の経営にも当然影響はでるでしょうし。

そういうわけで、駅は2つ減って8駅、内新設6駅となりました。

また、板東駅(or坂東岩井駅)(仮称)の位置もずらしました。少し南にずらし、ハイテクパークいわいにつながる道に接続するようにしてみました。場所はやはりHPを参照願います。


経路図に地下鉄8号線(有楽町線)延伸計画(豊洲−野田市)も書き込みました。見づらいですが、画面下のほぼ中央です。こうして見ると、本当に東武野田線が鉄道の北限のように見えます。「野田迄地下鉄を延伸したなら、坂東市までついでに作ってもいいじゃないか」と言われるのももっともかなとも思いますが、結構距離が有るなと実感します。

東武野田線が鉄道の北限のように見え、その北側が「鉄道過疎地」のように見えるのも、利根川の存在が影響しているのは明白です。利根川のような大きな川に鉄橋を架けるにはどの位の費用がかかるものなのか、御存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。


新生・古河市の街づくりと発展を考える一市民のHP
 TX古河線コンテンツへのリンクはトップページの中ほどにあります。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

東武野田線以北の件については、七光台〜清水公園の地域が古くは泥沢地(底なし沼状態)で宅地開発が容易でなかった事、その故、東武側でも人口増を狙っての投資を避けた事、などの要因もあります。野田市が合併特例債(関宿町との合併)を用いての東武野田線の高架複線化を提案したとき、東武側は運営費用の増大を理由に断りました。そのせいで、野田市区間の東武線は単線として高架化(目的は、踏切減による交通渋滞減少)される予定です。

2005/12/4(日) 午前 2:42 ubi*ui*ou*_budd* 返信する

顔アイコン

そういう地理的要因もあるのですね。 情報有難うございます。

2005/12/5(月) 午前 6:14 [ kog**si ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事