豆猫の頭の中の森と海

やっぱりこのブログは残しておく。だって私の記録だもの。ゴチャだけど^^;

全体表示

[ リスト ]

KZ少年少女ゼミナール・・・まずは全体の感想〜♪

イメージ 1

久々の藤本ひとみさん少女小説読書です☆
いつも 欧米文学読書のおススメでお世話になっているプラムさん
◆プラムの部屋 http://blog.goo.ne.jp/emerald_plum
から、カッズシリーズも面白いですよ〜、というお話を聞き、さっそく読みました☆

とその前に・・・
プラムさんが紹介してくれたときのKZシリーズの見事な作品説明!
私も自分で書こうかと思ったけど、プラムさんの紹介があまりに明快なので
こちらにご紹介させて頂く許可を頂けました〜。
プラムさんありがとう!!こちらです↓

KZ(カッズ)少年少女シリーズとは?  ・・・・・・byプラムさん

小学生が主体の作品で、「特別教室」といって、成績に波がある子、
一つだけずば抜けて優れた能力を持っている子等を集めて特別なカリキュラムを組み、
その才能を伸ばす手助けをする、という設定の元、
その子達が仲間になって色々な事件を解決しつつ友情を深めていくという作品



まさにこの内容で、国語が得意な主人公、彩ちゃんを中心に、
特別教室で一緒の、個性ある男の子達と事件を解決することで、
友達ってなんだろう?勉強するってどういうこと?
兄弟や家族とどうやって上手くやっていこうか?
などなど、この時期の子供ならではの
等身大の悩みや喜びと成長
藤本ひとみさんならではの、魅力的なストーリー構成と
粋のよい文章で書かれています^^v



この作品、藤本ひとみさんが少女小説執筆時期としては後期の
90年代に始まった新シリーズということで
確かに今までのマリナや花織、銀バラ等メイン・シリーズとは
ちょっと趣向が違ってきてるのを感じます。

豆猫が一番感じたのは、藤本さんならではの
スケールの大きな派手さが、この作品では抑えられていること。
かなりの派手派手エンタメ路線だったコバルト、藤本メインシリーズとは
一線を臥すとも言えるかなぁ〜♪
その分、 児童文学として、学校図書館の推薦図書にもなりそう! 
と思うような、友情や家族関係、進学に悩む、
日本の普通(といっても賢い子達だけど)の少年少女たちがリアルに描かれていて
成長に必要な“気づき” を促す
自分が子供だったらかなり影響を受けそうな内容が書かれていました^^v

他にも、今まで大人っぽいなぁと感じる細やかな情景描写を減らして
文章も必要最小限に短めにしているような感があり、
モラルや言葉遣いなんかも、まっとうで
藤本さん、この作品をほんとの小学生に読んでほしかったんだろうなぁって
思えるような工夫が凝らしてるように思えます☆

もしかして自分の子供に読ませたかったのかな?なんて予想もしてしまいました。
これは子供さんの年齢がわからないのであくまで推測☆

このお話も、藤本ひとみさんの一人称視点の“イキの良さ感”健在!なので
サクサク読め、 ミステリー要素あり で、
藤本コバルト特有のハラハラ・ドキドキ味わえます^^v
&真面目路線も踏んでるので、子供さんにおススメするのに良い本だと思いました〜♪


最後に、そうそう、私がこの作品を読んでびっくりしたのは
まるでこの年代の、 少年少女の作文 'を読んでるように
主人公彩ちゃんを通して、少女の現実の心の中がリアルに素直に語られること。
豆猫は学生時代と社会人の1年間、家庭教師バイトをして
小学生&中学生の子供さんと近く関わっていた時期がありました^^;
勉強の合間によくおしゃべりして、宿題の作文なんかも見てたこともあります。
マンツーマンで一人1年以上、大体10人くらいみてたんだけど、個人の差こそあれ
悩みの種は誰にとっても永遠のテーマでかわらないもの・・・
うまーく一人の主人公彩ちゃんのなかに
小学生そのものが集約して現わされていて・・・
面白い、というかすごいというか・・・^^b
藤本ひとみさんのするどい人間観察研究には、今回の作品でもとても驚かされました!


長くなってしまったので、個別の作品レビューはまた今度〜♪
まとまりない記事を、最後まで読んでくれた方、ありがとう☆

閉じる コメント(30)

プラムさん、藤本さんってそこのところもよくわからない人ですよね。いい子ちゃんでいたい優等生タイプ過ぎるのかな?それでずっと読者に合わせてたけど、あるときプッツリ興味を失ったとか。。いろんなシリーズのあとがきに「読者の要望をできるだけ聞いて作品に盛り込みたい。自分の可能性へのチャレンジ」…って言ってたことから考えると、自分の目的が果たせてもう良かった…みたいに思えますよね。実際にそういう発言してるし。。

2005/8/16(火) 午後 7:57 豆猫

少女小説時代の明るく前向きな内容と自分自身とのズレを感じて「自分はこんないい人じゃない」、と今は不倫や性犯罪に絡んだ歴史もの、、昔と違ったダーク部分を沢山小説に書いて、自分の中のバランス取ってたりして…。いろんな理由があると思うけど、少年少女を裏切る形になったのは、悲しいですよね。

2005/8/16(火) 午後 7:59 豆猫

更に続き^^;KZの続き…公立に進んだ若武君と私立に行った彩ちゃんとのすれ違いと、将来の職業をどうするか考えるような事件が起こることが必要ですね!KZでは新・花織のような愛憎劇に傾いてほしくないなぁ〜^^;若武君は実業家?それとも目立ちたがりでプロ・スポーツ選手だったりして。黒木君は…調べ物が上手でコネが沢山あるから…うーん、黒木君難しい><。上杉君は数学が得意〜、今の時代で天才IT技術者!?小塚君は研究者かお医者さんかなぁ。彩ちゃんは…ほんとに小説家になるのかな?うーーん、どうなんだろう。。

2005/8/16(火) 午後 8:19 豆猫

豆猫さん♪藤本さんは確かに優等生タイプって気がしますね。嫌味な意味じゃなく・・・。そうそう。。kzはさわやか系でいってほしいですね!もうちょっと余裕のある時に続き、書きます〜^^

2005/8/17(水) 午後 4:36 [ ]

プラムさん、コメントはお暇なときで〜。なんだか長い返事を書いちゃったけど気にしないで下さいませ〜☆優等生タイプ、そうそう嫌味な意味じゃなくて…真面目な一本木気質というか。。そしてさわやか系、賛成です〜^^v

2005/8/17(水) 午後 6:48 豆猫

女ゴコロの分からない若武に振り回される彩、学校も離れてて不安でいっぱい。そんな不安定な彩ちゃんをなぐさめるのが大人の魅力たっぷりの黒木くん!若武への友情と板ばさみの黒木くん、でもここはまだ13歳の中学一年生、気持ちに流されちゃって・・・ きゃぁ〜〜〜

2005/8/18(木) 午前 0:21 [ ]

すったもんだの末に、彩の好きなのはやっぱり若武ってコトで、黒木くんは傷ついた心を上杉くんとの男の友情で埋めるのね。若武はどたんばで器のでかいトコを見せてフラフラしてた彩を受け入れちゃうのよ、きっと最終的には!

2005/8/18(木) 午前 0:26 [ ]

うふん。。何気に妄想狂が・・・^^あ。。ピンクさん、初めまして♪実は小学校時代、若武君タイプの男の子のこと、大好きでした♪なので、どうしても思い入れは深いかも〜。。黒木君は名前の通りダークな部分がありそうで、彩ちゃんにはちょっと無理じゃないかしら^^私の印象では彩ちゃんに対してはあくまでもかわいい妹的な存在と映ってる気がするな〜。。

2005/8/18(木) 午前 9:52 [ ]

彩ちゃんタイプって、一部の女の子には反感買うタイプと思われるのですが、そんな彩ちゃんをいつも守ってくれるのが黒木君。。上杉君は黒木君に対しては一目置いてるけど、正直彩ちゃんに対してはそれ程の友情を感じてない気がしました^^;黒木君との友情に免じて付き合ってやってるって印象かな。。

2005/8/18(木) 午前 9:57 [ ]

小塚君は本当に気のいい優しい男の子ですよね〜。。恋人にしたいタイプじゃないけど^^;でも若武君のこと、とてもよく理解して、彩ちゃんとの橋渡しになってくれそう。。若武君とけんかっぽくなって、家で密かに泣いてる彩ちゃんを気遣って「あの〜」なんて電話してきてくれる感じかな〜^^

2005/8/18(木) 午前 10:01 [ ]

そうそう。。藤本さんは真面目で一本木ですよね。そんなところも彩ちゃんと重なっちゃいます。そして不器用なのかな〜・・・なんて思います。なんか、この小さな枠の中じゃ収まりきれないですね〜^^;いまいち消化不良です〜><

2005/8/18(木) 午前 10:04 [ ]

PINKさん、すばらしいストーリーです!気持ちに流されちゃって…ってとこがドキドキです*^^*黒木くんと若武くんに取り合いされる彩ちゃん、羨ましいー。上杉君と黒木くんの友情、PINKさんするどい!それ絶対そうなると思います^^b女の子の弱い部分を受け入れてくれる男子像、永遠の憧れですね☆

2005/8/18(木) 午後 8:01 豆猫

プラムさん、藤本さん、いい男には「黒」名字好きですよね。和也は黒須だし、凱くんは「黒田」だし。。私は黒木くんが好みかも*^^*小塚君も意外に甘えさせてくれそうで&気を使わなくても良さそうでいいなぁ〜。上杉くんは冷静すぎて恋人にすると苦労するかも。なんて私が付き合うわけじゃないのに妄想^^;;

2005/8/18(木) 午後 8:07 豆猫

彩ちゃん、妹タイプ…そうですね。ピンクさんも仰ってるようにちょっと頼りないくらいが彩ちゃんらしいですね!彩ちゃんってすごく女の子っぽいけど、公立小学校では嫌われるタイプだと私も思います。同じ目標を持ってる子が沢山いる私立中学生になったらどうなるだろう?そこも考えとかなきゃ。藤本さん、不満を残す形のまま作家を続けていているのは、不器用さ感じますよね。消化不良…KZ記事、続き書きますよ〜。そこでまた話しましょう!

2005/8/18(木) 午後 8:14 豆猫

このシリーズも懐かしいですね♪家庭教師のアルバイトをされていたのですか?実体験からも共感できるって藤本先生の人間観察眼は凄いですね!ミステリ具合も小学生に向いていると思うので、同じ受験組の子にも読んでもらいたいですね。

2005/8/20(土) 午前 5:29 [ あゆ ]

あゆさん、藤本さんの人間観察、リアルなところが惹きこまれますよね!家庭教師のバイトしてましたよ〜^^v塾講も1年やりました。たまに駅で「せんせー」と言われると、かなり恥ずかしいけどいい思い出です。

2005/8/22(月) 午後 2:50 豆猫

藤本先生大好きです★これが一番好きなシリーズ!! 登場人物がみんな魅力的でアーヤになりたかったー!

2006/1/17(火) 午前 0:40 usa*izu*i_*i*o

うさぎひろさん、いらっしゃいませ☆アーヤ、頭もいいし、性格もいいし、ほんとなりたいですよね!男子もカッコイイし*^^*

2006/1/18(水) 午前 0:36 豆猫

顔アイコン

参考になりました!

私は青い鳥文庫からでている「探偵チームKz事件ノートが好きなのですが、原作のこちらも読んで見ようと思います 削除

2013/9/24(火) 午後 6:49 [ のこのこ ]

顔アイコン

のこのこさん、青い鳥文庫で続編がでているみたいですね!
藤本ひとみさんは、ペンネームをかえて、マリナシリーズに似た話も執筆しているみたいだし。ブログにきてくれてありがとう!

2013/9/25(水) 午前 2:54 豆猫

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(1)

トラックバックされた記事

★四谷大塚★

{{{『KZ少年少女ゼミナール』}}}で '''数の上杉くん'''と、'''シャリの小塚くん'''が通ってたんですよね。 関西エリアにはない学習塾だったので、 街でみつけた時に感動して写真撮っちゃいました。 KZの続きがよみたいなぁ

2005/8/18(木) 午前 0:18 [ ♡ピンクの日記♡ ]

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事