雇もれびの会のブログ(働く精神障がい者 自助会@名古屋)

名古屋市東生涯学習センター・こもれびの会。精神障がい・発達障がい当事者が集まる会です。

今日の夜サークルは、

水曜日夜に、初の開催でした。

女性1名を含む9名で勉強会風なサークルになりました。

司会の梅田さんが引きこもり支援の話をしてくださりました。

また、名古屋の居場所についても情報共有できる場でした。

40歳台以降の中堅引きこもり、
中堅障害者の就労支援が必要だが、
まだあまり支援がないです。

中堅障害者の就労支援っていう非常に難しいテーマと課題を再確認した勉強会でした。

参加された皆さん、お疲れのところをありがとうございます。

来月は社会保険労務士さんの勉強会です。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こもれびチラシ配り

今日は名古屋市八事の
コネッコという喫茶店へ
こもれびチラシ配りに行ってきました。

コネッコさんは発達障害にたいへん理解がある場所で
当事者に情報提供するのに役に立ちたいと思い、配りました。

綺麗な店内で応対も丁寧で気持ち良く配れました。

そのあと、
矢場町で名古屋市市民活動支援センターへチラシ配りに行ってきました。

こちらも以前送ったマガジンが配架されてるのを確認出来ました。

またチラシ等を配る事が出来て感謝しています。


どちらもご協力ありがとうございます。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

水曜夜の枠で初めて雇もれびの会を開催します。

名古屋東生涯学習センター
参加費200円
水曜日夜 18-20時
5月25日の内容は、5月のサークルは名古屋居場所・自助会事情を語る会にします。ファシリテーター役に居場所「たまり場カフェ」を1年間担当されたオレンジの会の梅田さんを招きます。普段の就労を語る会とは違った楽しい雰囲気の会を目指します。居場所の意義とは?「悩みを話すと同じような経験を持っている人が自らの解決法を教えるなど自然にグループワークができる。新しい人との出会いがあって楽しい。」18-20時。東生涯学習センター。参加費200円。

■名古屋ひきこもりの「居場所」事業の意義について考える
悩みを話すと同じような経験を持っている人が自らの解決法を教えるなど自然にグループワークができる。新しい人との出会いがあって楽しい。

■名古屋の居場所の現状>施設が分散している。互いの連携が密ではない。
・ちくさ815 子供若者(コワカ)http://cowaka.net/ 、草の根
・ダイバーシティー 中村区、地域資源長屋なかむらhttp://www.sr-com.org/nakamura.html 
・いま 西区浄心、とびら、地域活動支援センターhttp://syadanshin.jimdo.com/ 
・コネッコカフェ 八事、発達障碍者の居場所の喫茶店http://co-necco.xii.jp/ 
・金曜たまり場カフェ 平成28年5月で終了
■どんな意義があるのか?
・仲間が作れる、孤立しない、一人じゃない感じを味わえる。
・将来ホームレスになっても仲間がいれば助け合える。
・仕事をする上でコミュニケーションは非常に重要。それを居場所で鍛えられる。
■たまり場カフェ運営者として
・運営者として良かったこと 情報が共有できる。当事者目線で話せる場が持てた。1年間開くことで急性期から社会復帰への長いスパンで様子を見ることができた。
・たまり場カフェの方針 参加者個人に負担をかけない。ピアカウンセリング。相手の意見を尊重する。政治的な話題でもOK。
・たまり場カフェの特徴 手帳を持っていない人も気軽に利用できる。登録制でない。予約不要。利用者と支援者の関係よりもピア(同じ境遇)の関係を重視。
■たまり場カフェ等(居場所)の利用者の姿
・どんな人が利用するか? 孤立、ひきこもり、無職、障碍者、障碍者等の家族
・利用者の声 仲間ができて楽しい。制度に関する情報が得られた。会話やコミュニケーションの練習の第一歩ができた。当事者会や居場所を広めすぎると人数が多くなって質が低下するので広めたくない。就労の話題。恋愛や生活や結婚の話題。同年代の話題。皆悩みを持っていることが分かった。
・利用者の特徴 男性同士と女性同士の集まりに分かれることが多い。
・近い境遇の人が集まるメリット 互いの経験が近くて共有しやすい。当事者にしか分からない話ができる。
・たまり場カフェと既存就労支援との違い スキルアップしたい人向けではなくニート引きこもりから会話の第一歩を練習する場。就労面接の練習や再就職の斡旋等は実施していない。居場所に順応した人だけを対象にするスタイルではない。
■居場所からの出口
就労 アドバイスはしなくても自発的に仕事を始める方がいた。精神的な休息が充たされたと感じた。
福祉 精神福祉手帳を持っていれば就労移行支援などの事業所を勧める。
■付記
大曽根の「ゾネットぽれぽれ」(地域活動支援センターわっぱの会)http://ameblo.jp/hanasan8787/entry-12152482430.html は利用者からの評判が大変いい。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

6月、7月の参加予約状況は、以下の通りです。
予約は必須ではありません。当日参加もOKですが、予約いただければありがたいです。
komorebi_no_kai@yahoo.co.jp
へメールください。


当事者 3,3
中村区支援者 0,1
西区支援者 2,3
その他の支援者 1,1
不明 1,1

名古屋市社会福祉協議会さんが広報にご協力いただけることになりました。
16区の社協にチラシを配架する予定です。

名古屋東生涯学習センター
参加費200円
水曜日夜 18-20時
6月22日の勉強会は社会保険労務士の鈴木雅貴先生を招いて障害年金の基礎知識に関する講演会を企画しています。年金勉強会では、「障害年金とは?初診日、2級と3級、判定について、厚生年金と障害年金。厚生年金とは?国民年金とは?免除制度?65歳から貰える額と生活、生活保護、生活保護と医療費、傷病手当金とは?要件、学生時に年金未加入で発症した場合の年金、法定免除とは?」などの内容を予定します。参加費200円。


名古屋東生涯学習センター
参加費200円
水曜日夜 18-19時30分
7月20日の勉強会は愛知医科大学 大学病院の精神科の兼本浩祐教授が雇もれび講演会に来てくださる事になりました。内容(予定)は、統合失調症について、急性期と慢性期の違い。統合失調症の波と躁うつ病の波はどう違うのか?慢性期統合失調症患者の特徴。意欲減退している患者への対処法。なぜ閉鎖病棟はキツイのか?薬が効きやすい症状と効きにくい症状。病気を持っていても無理のない働き方とはどんなものか?職場で必要な支援について医師の視点から。発達障害の診断について等。


イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

平成28年(2016年)5月14日 語る会

みなさんのおかげで良好に働けてます。次は正社員目指して頑張ってます。

今日の語る会はあいにく少なったけど逆に蜜にお話しできて楽しかったです。

今日はSST風のゲームをして楽しみました。少人数でしたが、楽しい会になりました。ありがとうございます。

SSTをしてもらって久しぶりに来てみなさんの顔を見て安心しました。今日はありがとうございます。


雇もれびの会について

土曜日開催がいい。
障害者であることは隠したい。気持ちはわかります。
働いていても孤立している。わかります。
やってみたいこと。食事会。試写会。

2016年度までは資金があります。
孤立して人間関係が薄い。
ブログをもっと頑張る。
やってみたいこと。お祭りやイベントに出店する。

ピア活動がモリコロ基金で認知されてきた。
やってみたいこと。食事会。英語でトーク会、漢検の勉強会。


語る会アンケート

近況
苦しかったとき
将来の夢
これから就労する人へ
そのほか


週4日、転職に向けてPCスクール。思ってた以上に能力のなさを知る。
入院し、病識がわからず、働いてはクビになったこと。
将来の夢は特にない。毎日夫と楽しくすごせれば。
適性を知ったうえでの就労をおすすめします。頑張りすぎてつぶされないよう時には手を抜くことも大事。

アルバイトが一つ会社都合で解雇されて収入大幅ダウン。新しいアルバイトを探しています。
仕事が覚えられないときに苦しい。愚図だと思われることが苦しい。
規則正しい生活、幸せを感じられる生活。
幸せのためには働くことは有効だと思います。
ピア活あいち2016(10月16日、ルブラ王山)に参加する準備をしています。6,7月は水曜日に勉強会あります。

雇もれびに調子が悪かったとき、良かったときに来てのちのつながりも増えたりして苦しい時こそチャンスに恵まれました。
お金持ちになって自分自身も安定したい!!
自信やつながりを持てば大丈夫です。

最近は元気です。
もう過去のことです。
正社員、結婚、マイホームなど。
とりあえず週一日一時間でもいいから。
また1からやり直す勇気をもってください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ピア(当事者仲間)の活動の会議に参加しました。

秋のイベントにむけてのものです。

イベントの紹介動画はこちら

200人規模のイベントをピアな仲間(障碍当事者)が主体となって、


の協力を受けて開催します。

複数の自助会が合同で実行委員会を結成していて、

雇もれびの会からも参加しています。

今日は、予算とチラシ文言を中心に話し合いました。

当事者主体らしさが出る楽しいイベントにしたいと思っています。

2016年10月16日(日曜日)13時からです。

名古屋市千種区 ルブラ王山です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ピササポートサークルへ行ってきました。

母体となる就労移行支援の利用者や卒業生が多かったです。

ピアスタッフ一名、スタッフ一名、当事者9名ぐらい。

発達障害と精神障害が半々ぐらいで、訓練中、B型、障害者枠で就労中などでした。

近況、悩み等の自己紹介を書き出して、

ホワイトボードを使って人間関係、仕事について、配慮について等いろいろ90分ミーティングしました。

スタッフのNさんから名刺いただきました。

雇もれびのセミナー宣伝を先方のホームページで掲載する話をしてくださいました。

定着支援としてピアサポートを真剣に考えている様子が伝わってきました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

雇もれびの会の公式ページに

求人サイトの比較ページを開設しました。

の「求人比較」のページです。

http://komorebi-no-kai.jimdo.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA%E6%AF%94%E8%BC%83/


障害者4大求人サイトを検索しました。H280515現在

ウェブ・サーナ

アットジーピー

リガメント

クローバーナビ


イメージ 1


4社とも連絡を取って許可や確認をいただいております。

なお、アットジーピーさんからは、リンクの依頼をされています。


障がい者専門の人材紹介サービス、アットジーピーについては、
中部圏の採用・求職ニーズを踏まえ、今年の4月に名古屋支社を新規オープンさせております。機会がございましたら、御社サイトでご紹介頂ければ幸いです。

サービス概要
https://www.atgp.jp/councel/index.php?module=Councel&action=Top 

アクセス
http://www.generalpartners.co.jp/company/access/#access04 


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

就労定着支援

自助会の役割の一つに

職場定着支援がある。
働いていても不満やいきづらさを抱える方や孤立している人に

気持ちを共有できる場を提供している。

就労活動は一、二年だが
定着支援は何十年にも渡って必要です。

就労支援事業所では手が回りきらない。

そこで自助会の役割になる。

就労支援事業所は多くても

定着支援事業の自助会はすくない。

自助会が愚痴の場になるのもある程度は仕方がないのか?


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こもれび マガジン(働く精神障碍者)第25号 2016年度春号発行
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事