雇もれびの会のブログ(働く精神障がい者 自助会@名古屋)

名古屋市東生涯学習センター・こもれびの会。精神障がい・発達障がい当事者が集まる会です。

平成28年(2016年)7月16日土曜日 語る会@名古屋東生涯学習センター

参加者 A,M,K,B,I,S,O,Z(男性8名)

雇もれびの会は仕事・就労をテーマにした当事者会です。話した内容はブログに掲載されます。個人情報には配慮します。個別に内容を外で話さないください。
まずは、自己紹介、近況、話したいこと、聞きたいことをひとことずつ話しましょう。

・アルバイトをしながら就職活動をしている。障害者の手帳を申請中である。職場ではどんな配慮をされるとうれしいか、聞きたいです。
・学校に通っている。ストレスマネージメント、感情コントロールに興味がある。注意されても理解できないと、暴言を吐いてしまい、人間関係が悪くなって退職することが多かった。
・いろいろと聞きたい。
・安定して働けていたが、一人作業部屋から共同作業部屋へ移るように指示されてチャレンジすることにした。給料や年金について聞きたい。
・病院の清掃をしている。
・NPOの運営スタッフをしている。精神関連の団体の会合を開いてネットワークや繋がりを持ち、当事者患者会と行政との連絡を担えるようになりたい。
・数年間会社勤務。会社への帰属意識や老後の生活についての経済設計を知りたい。




■ストレスはどんな時にかかって、どうなるか?
コミュニケーションがうまく取れない時にストレスがかかる。言動や考え方がおかしい、変わっていると言われる。一緒に働きたくないと言われる。マイペース過ぎるともいわれる。怒りが続くと変なことを言い返してしまう。余計なことを言ってしまう。これだけをやってと言われたことしかできない。「言われる前に考えて動け」が苦手。周りを見て動くのが苦手。決められたことはしっかりできるが、プラスαができない。

■対策は?
自分を客観的に見る努力をしている。人間関係を崩したくないので我慢する。運動でストレスが解消・発散できる。感情的になっている時はその場を離れることも大事。冷静になる時間が必要。落ち着いて対応すれば理解してくれる人もいる。

■ADHDではないか?
自閉症スペクトラムの一つで、10人に1人ぐらいはいると言われているらしい。就職できるか?就職して安定して定着できるか?が障害か個性かの分かれ目になりそうだ。適性にあった仕事に就くことが大事。

■一人作業と共同作業
工場で一人作業の部屋を与えられていたが、部屋がなくなって集団の中で共同作業をすることになった。集団だと周りが気になって仕事ができるか心配だ。集団の中でのコミュニケーションに不安がある。
■コミュニケーション
うまく出来ないのなら、しゃべらない方が楽だ。余計なことを言わない。他人と距離を置くことができるのもスキルだ。1,2,3と間をおいて考えてから話す。沈黙が怖いと思って考えなしにしゃべるのは危険だ。孤立が怖いのもわかる。共通の話題で徐々に距離を近づけていく。孤立が楽な人は無理に輪に入らない。それを理解してくれる人もいるはず。話が合わない人とは話さないでいい。


■職場への帰属意識はあるか?
職場に長くいても障碍者枠のアルバイトなので、帰属意識が持てない。飲み会での振る舞いも疲れてしまう。アルバイトのくせに・・・と悪口・陰口を言われる。会社で働く時間は長いので、いい環境にしたい。しかしプライドを持てないし、帰属意識も持てない。苦手な人を避けてしまう。苦手なら避けるべきととも思うし、思い切って話してみた方がいいとも思う。


■きらりの集い
2017年の1月8日9日の土日に名古屋で開くイベントだ。ピアサポート協会が中心になっている。WRAP(ラップ)がメインになっている。名古屋の国際センターでワークショップ形式の分科会やシンポジウムもある。参加費1000円から。


■年金と生活保護
再申請制度が変更される。地域格差をなくす方向で動いている。今は2級で働いている人が増えている。生活費の一部として受け取る権利がある。これまで法定免除で年金を支払っていなかったが、65歳を超えてからの老齢年金の金額が少なくなっていることが不安だ。老齢年金がほとんどもらえなくて貯金もなければ結局、生活保護になりかねない。新聞等での生活保護でパチンコしているようなイメージがあって批判されているが、年を取って貯金も年金もなければ、仕方がないのか?生活保護が嫌だから働いているのに、納得できない。税金を払っているのは立派だと思う。私も税金を払えるぐらいに稼ぎたい。

■近所の目
休職していると近所の目が気になる。見張られているような気になる。



■最後にひとこと
情報が共有できてよかった。
来週から職場環境が新しくなって緊張するが、我慢する。
みなさん大変苦労されていることを聴かせていただいて良かった。
お金の問題は考えたくないが、考えて準備しなくてはいけない。
いろいろ個人の思いが強い。マイノリティーだと思う。社会ではみんな大変苦しい思いをしている。

次回の語る会は、8月13日土曜日午後2時から、東生涯学習センターです。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨日は、雇もれびの会主催の愛知医大 教授兼本先生の健康セミナーにご参加いただきありがとうございます。

アンケートを39名に配布して27枚回収できました。
ご協力ありがとうございます。

セミナーをどこで知りましたか?
ブログ
フェイスブック
チラシ
知人
雇もれびの会
その他

さまざまな方法でお知りになった方が集まってくれました。ブログが若干少ないかなと思います。
知人やその他の口コミの力が大きいように感じました。

セミナーの内容はどうでしたか?
良い 23
普通2
良くない0
その他0
無回答2

圧倒的に「良い」という回答が多かったです。
内容、話し方、人柄すべて良かったと個人的にも思いました。


雇もれびの会について

参加したことがある
今後、参加してみたい 10
興味がない
その他
無回答

参加したことがある方よりも、今後参加してみたい方が多かったことがたいへん、うれしく思います。
今日は直接話せなかった方とも「語る会」でぜひお話しして情報や近況等を共有したいです。

その他の方の中には、テーマによるという意見や
もっとお住まいの地元に近ければ、という意見がありました。
地元の各市町村単位で、自助会・当事者会ができることが将来の夢ですね。


ご自由にご意見・ご感想をの部分は、非常に量が多いので、一部を編集して紹介します。

何度も質問した時、いつもご親切に回答していただき大変感謝しています。ありがとうございました。

とても勉強になりました。今後もこのようなセミナーなどありましたら参加させていただきたいと思います。

すごく素晴らしい先生の講演をありがとうございました。聞けて本当に良かったです。またお願いしたいです。

一人ひとりの質問に丁寧に応えられ、ありがたかったです。分かりやすい説明でのみこみやすかった。ありがとうございました。

個人的な質問にも答えていただきありがたかったです。

今日、統合失調症の方は薬を飲むことで進行しないで済むという話が聞けて今後とても参考になると思いました。

すべてに通じることは「無理はしない」

とっても勉強になりました。

とても分かりやすく参考になりました。相談員をしていますが利用者(相談者)さんが今どの時期なのか当てはめて考えることができました。

統合失調症の親の会はあるのでしょうか?





まだまだ、様々なことがアンケートに記入されていました。すべて、目を通しましたが、
ご紹介するのは、割愛させていただきます。

お住まいの地区の親の会は
愛知県精神障害者家族会連合会が一番大きな窓口です。
電話が052−265−5098
一度、お尋ねください。

ご協力ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

今日の健康セミナーには、女性14名を含む39人も集まってくれました。
集まってくださりありがとうございます。
愛知医大の兼本先生ありがとうございます。


イメージ 1


質問タイムもたっぷりとって時間も延長した会でした。

傍聴の新聞記者さんや勉強される支援者を含めて熱い思いの詰まった会でした。

運営は、ドタバタしましたが、皆さんのご協力をいただき大成功だったと思います。



次回の語る会8/13土曜日に
語り合えたら良いと思います。

今後ともよろしくお願いします。
今日は、ありがとうございます。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

愛知医科大学 大学病院の精神科の兼本浩祐教授が雇もれび講演会に来てくださる事になりました。
7/20水曜日夜18時から、東生涯学習センターで開催します。

聴きたい内容は、
こもれび質疑応答

1. 統合失調症について、急性期と慢性期の違い
2. 統合失調症の波と躁うつ病の波はどう違うのか?
3. 慢性期統合失調症患者の特徴
4. 意欲減退している患者への対処法
5. なぜ閉鎖病棟はキツイのか?
6. 薬が効きやすい症状と効きにくい症状
7. 病気を持っていても無理のない働き方とはどんなものか?
8. 職場で必要な支援について医師の視点から
9. 発達障害の診断について
10. 発達障害に薬物療法はどの程度効くのか?
11. 薬物療法以外の治療法の効果は?どんな病気に効くのか?
12. 将来の治療

30名前後の参加申し込みがあります。
簡単な名簿作りました。

雇もれびの宣伝としてマガジンを用意しました。
こもれびダイジェストを印刷しました。
簡単なアンケートも印刷しました。
当日向けのチラシを増刷しました。

比較的小規模なセミナーですが準備をしていると、こまごまとした作業がいろいろありますね。

イメージ 1


この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

平成28年7月16日 語る会は、
語る会初参加2名を含む男性8名の参加者でした。

2時から4時まで、語り合いました。
自己紹介、
近況、
聴きたいこと、話したいことを
最初に一言ずつ話しました。

そして、
聴きたい・話したいことの中から

ストレスマネジメント
感情コントロール
会社への帰属意識
お金のこと
障害年金と老後の年金のこと
近所の方との関係
などを語り合いました。

最後に寄せ書きとひとことずつ話して終わりました。

次回は、7月20日水曜日に兼本先生の健康セミナーが18時からあります。

語る会は8月13日土曜日の14時からです。

今後ともよろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

マガジン26号(2016夏号)がもうすぐできます。
ただいま、編集と配布先確認作業中です。
8月15日から20日ごろにはお届けしたいと頑張っています。


ピア活あいち2016                                                     
社会保険労務士による年金セミナー                                              
へこんでも大丈夫!愚痴は心のデトックス!〜カウンセラー・オチアイのつぶやき①〜                               
きらりの集い                                                                                                 
障害者求人比較ページ                                                                                
障害者求人情報サイト運営会社2社からのご寄稿                                        
就労を「語る会」から                                                    
居場所 ゾネット ぽれぽれ                                                                              
平成28年度予定/同封チラシ募集/体験記募集                                                             


仕事探しをする病気仲間を勇気づけるため、また社会へのメッセージをこめて、当事者の生の声を集めてみようと思い立ち、2010年5月にフリーマガジンを発行しはじめてから、今回で第26号です。年4回ペースでマガジン発行します。13号からはインターネットでも公開中です。(http://komorebi-no-kai.jimdo.com/) 
第26号は、
複数の当事者会有志等が愛知県精神障害者家族会連合会(あいかれん)とタッグを組んで昨年2015年から開催している「ピア活あいち」について、
社会保険労務士のセミナーについて、
障害者求人サイト比較について、
居場所ぽれぽれについて、
きらりの集いについて
など就労を当事者視点から幅広くとらえた内容です。


25号から配布先を一部変更しています。
25号(春号)から来なくなってさみしいという方がいましたら、
メールいただきたいと思います。

今後ともこもれびマガジンをよろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

○きらりの集いとは
2012年1月8、9日に福岡県で行われた、精神障がい者ピアサポート育成事業研修会から始まった会です。1月9日をピアサポートの日として、毎年全国の仲間と顔を合わせていこうと、福岡県、鹿児島県、佐賀県、広島県と引き継がれ、今年度は名古屋での開催が決定し、現在開催に向けて準備を進めています。
この集いは、障がいの有無に関係なく、皆が対等な立場に立ち『出逢う』『つながる』『楽しい』をキーワードに、それぞれの立場や思想を尊重し、それぞれが大切にしたいものを認め合い、自由に意見を出し合い交流できる場作りを目指すと共に、新たな自分自身との出逢い、仲間との出逢い、つながりが創出されることを目的としています。

○きらりの集いin名古屋 
大会テーマ: 名古屋で出逢って、つなご〜や
日時: 2017年1月7日(土)〜1月8日(日)  
場所: 円頓寺商店街界隈 + 国際センター
参加予定人員: 300名程度
対象: ピアサポートに関心のある方  障がい者支援・福祉に関心のある方
    人と人と出逢ってつながってみたい方
参加費: 1日 1000円 2日間 2000円
主催: 「きらりの集いin名古屋」実行委員会

○仲間募集
実行委員(きらりの運営に携わってくれる方)
協賛金 (寄付にてきらりを応援・支えてくれる方、または団体・企業)
*当日の参加申し込みについては、10月頃より受付開始する予定です。

≪お問い合わせ先≫
一般社団法人しん (担当:中山)
TEL/FAX 052−528−5977
MAIL syadanshin@yahoo.co.jp
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

7月16日には語る会、20日水曜日の18時から勉強会です。
イメージ 1

愛知医科大学 大学病院の精神科の兼本浩祐教授が雇もれび講演会に来てくださる事になりました。
いままでで一番のVIP登場で驚いてます。
7/20水曜日夜18時から、東生涯学習センターを予定しています。

聴きたい内容は、
こもれび質疑応答

1. 統合失調症について、急性期と慢性期の違い
2. 統合失調症の波と躁うつ病の波はどう違うのか?
3. 慢性期統合失調症患者の特徴
4. 意欲減退している患者への対処法
5. なぜ閉鎖病棟はキツイのか?
6. 薬が効きやすい症状と効きにくい症状
7. 病気を持っていても無理のない働き方とはどんなものか?
8. 職場で必要な支援について医師の視点から
9. 発達障害の診断について
10. 発達障害に薬物療法はどの程度効くのか?
11. 薬物療法以外の治療法の効果は?どんな病気に効くのか?
12. 将来の治療

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

7月9日2016年名古屋の東山公園駅そばのカフェで開催されたペイシェントサロン名古屋に参加しました。

https://www.facebook.com/patientsalonnagoya/




普段は雇もれびの例会、就労を語る会と日にちが重なってますが、
今日はたまたま就労を語る会が会場の都合で来週16日土曜日に延期だったので
ペイシェントサロン名古屋に参加できました。

病気や障害の種類を超えて様々な苦労を抱える患者さんやご家族と繋がれて有意義な時間でした。

参加者は女性が3名、男性が4名です。



テーマは
東海地方の医療・福祉マップを作ろう
でした。

私は病院や行政とNPOをうまく活用する事の重要さを感じました。


自分で求めないと支援は受けられないです。

知識や情報提供が出来る患者視線の会は貴重ですね。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

雇もれびの企画は

7/16土曜日14時東生涯学習センター
就労体験を語る会

いつもの第2土曜日
7/9は場所取り出来なくて延期です。
ご注意ください。


7/20水曜日18時東生涯学習センター
精神科教授による健康セミナー


8/13土曜日14時東生涯学習センター
就労体験を語る会

8/24水曜日18時東生涯学習センター
たまり場カフェ(誰でも参加okの居場所)

8/28日曜日14時東生涯学習センター
カウンセラーによるコミュニケーション上達講座


すべて参加費200円。
事前予約不要。
基本は働く障害者働きたい障害者で、
メンタル系の自助会です。
雇用のセーフティーネットからもれる障害者を対象にした雇もれびの会です。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事