ここから本文です
皇国の興廃この一戦に在り奮励せよ!天は正義に与し、神は至誠に感ず
皇国の伝統を受け継ぎ、中国・韓国と国交断絶、米国の圧力を跳ね返し、反日左翼粉砕!自主憲法制定・核武装で日本国家を護り抜く!

書庫全体表示

日の丸ステルス F35A    航空自衛隊の次期主力機に

政府は2016年度から調達を始める航空自衛隊のFX(次期主力戦闘機)に、米ロッキード・マーチン社のF35AライトニングII戦闘機を採用することを決めた。F35Aはレーダーに探知されにくいステルス性能を持つ「第5世代」戦闘機で、今後のスケジュールが順調に進めば、12年度予算に最初の調達費が計上され、16年度中に「日の丸ステルス戦闘機」が日本の空の守りに就くことになる。

航空自衛隊は老朽化したF4ファントム戦闘機を代替するFX候補として、F35Aのほか米ボーイング社のFA18スーパーホーネット、英国など欧州4カ国が共同開発したユーロファイターの3機種を対象に検討を進めていた。性能、価格、運用のしやすさなど、三者三様のメリット・デメリットがあったが、ステルス機の独自開発を進めている中国の動向なども見据え、総合的な性能が最も高いF35Aを選定した。

F35は米国の空軍、海軍、海兵隊が使用する作戦機を、ひとつの原型機から発展させる「統合攻撃戦闘機(ジョイント・ストライク・ファイター=JSF)」計画に基づいて開発中の最新鋭機。米国に加え、英国、イタリア、オランダ、カナダ、オーストラリア、ノルウェー、トルコなども参加した国際共同プロジェクトの形式で開発は進められている。プロジェクト参加国は「開発資金を拠出」する一方、自国でもF35を主力戦闘機として採用するため、製造規模は合計で3000機以上に上る見通しだ。
航空自衛隊がFXに採用するのは、3種類あるF35のうちの空軍型F35A。全長15.7メートル、全幅10.7メートル、エンジン1基を装備し、パイロット1人が搭乗する単発単座機で、最大速力はマッハ1.6とされる。F35は空対空戦闘はもちろん、対地・対艦攻撃、航空偵察、電子戦など多様なミッションに対応可能なマルチロール(多用途)戦闘機として開発されている。搭載できる兵器は開発が進むにつれて増え、いずれ要撃任務(領空侵入機などを迎撃すること)だけでなく、敵上陸部隊の制圧や艦艇の攻撃などにも活用できる能力を持つ見通し。

F35Aは11年7月に初期量産型が米空軍に納入されたばかりで、実戦配備できるのは16年以降とされている。ただし、メーカーのロッキード・マーチン社にはステルス戦闘機F22ラプターを開発した実績があるが、高性能F22は、日本輸出を拒否。ステルス機については、ロシアとインドが共同でスホーイT50を開発しているほか、中国も殲20(J20)を初飛行させているが、ともに実用化のスケジュールは明確になっていない。
       
ロッキード・マーチン社はF35Aの価格を1機6500万ドルと説明しており、1ドル=80円で換算すると52億円になる。
外国製や共同開発の航空機の調達価格はライセンス生産に必要な費用や為替レートなどによって変動する部分があるので分かりにくいが、ロッキード・マーチン社が示したのは、米軍仕様のF35Aの大まかな量産単価にすぎない。

航空自衛隊がF35Aを配備する場合、短距離ミサイルの90式空対空誘導弾(AAM3)、04式空対空誘導弾(AAM5)、中距離ミサイル99式空対空誘導弾(AAM4)などの国産装備を搭載できるようにしなければ、運用しにくくなってしまう。それを実現するには、ウエポンベイの改造だけではなく、火器管制システムのソフトウエアを書き換えるなど、大掛かりな改修が必要で、費用はそれなりにかかる。

F−22が“売り込み通り”の性能なら、アメリカは絶対日本には、売り込まない。
欠陥機『F−35』と、大欠陥機『オスプレイ』を合わせて日本で引き受けて、
“兵器としての熟成”を図って上げて、その為には、全てのアビニオンを日本に引き渡してほしい。
防衛省はFX採用の条件として、国内企業に機体やエンジンの生産、整備を部分的に任せることを挙げており、F35AのFX選定に当たり、米政府とロッキード・マーチン社は機体の最終組み立て、検査のほか、主翼、尾翼、胴体後部の製造とエンジン組み立てに日本企業が参画することを認めている。この条件は国内企業に仕事を与え、航空機生産の技術力を維持することに目的があるが、新たな設備投資やライセンス費用も必要で、その経費は調達価格に上乗せされる。
米テキサス州フォートワースにあるロッキード・マーチン社のF35生産ライン(ロッキード・マーチン社提供)。米軍納入用の機体はここで最終組み立てが行われる。F35Aが航空自衛隊に採用されたことに伴い、日本国内でも機体やエンジンの組み立てが行われる。国内での製造には三菱重工業(機体)、IHI(エンジン)、三菱電機(電子機器)の3社が参加する予定だが、16年度中に調達する予定の最初の4機は完成品を輸入し、国内企業の組み立て分は17年度以降からになる。
F22ラプターの米軍納入価格は平均でおよそ1億5000万ドルとされるが、日本が輸出の可否を打診した当時、仮に輸出を承認しても、価格は米軍納入価格の約1.7倍に当たる2億5000万ドル程度になると伝える。現用のF15JやF2を上回る価格になることは覚悟しておく必要がある。防衛省は12年度の当初予算案にF35Aの調達費として4機分395億円を盛り込んだが、あくまで当該年度の予算計上額なので、1機当たり98億7500万円で必要な機数すべてが調達できるということにはならない。
13年度当初予算案に、防衛省は2機分の調達費として299億円を計上した。1機当たり149億円と前年度に比べ単価がおよそ1.5倍に跳ね上がったが、これは同年度契約分(実機の調達は17年度以降)から機体の組み立てが国内で行われるようになり、米国に支払う技術移転料(ライセンス費用)が上乗せされたためだ。このほか、組み立て工場の整備費などで830億円、実戦運用に向けた教育訓練用機材の経費211億円が計上されており、これらもトータルの調達価格に含めて考える必要がある。また、F35Aは開発途上の機体なので、当面は細かな改修が続けられる。それに伴う改修費用などが追加されれば、1機当たりの調達価格はさらに上昇する可能性があり、最終的なお値段がいくらになるかは、分からないのが現状だ。所謂、米国の言い値、高すぎるF35A。結局、米国の軍需産業が、潤う仕組みに、なっている!                                                                          
日本が、米国に支払う思いやり予算。在日米軍駐留経費の日本側負担。本来、日米安保条約に基づく日米地位協定では経費は基地地主の地代などを除いて、一切米国が負担することになっていた。だがベトナム戦争後、財政危機とドルの価値の急落に苦しんだ米国は日本に駐留経費分担を求めた。政府は1978年に62億円を支出したが、以後急増し、基地従業員の人件費、光熱水料、基地内の建設費のほとんど全額など、2007年度で2173億円を「思いやり」で支出するほか、地代や周辺の防音工事、自治体への補助金、無償提供中の国有地の推定地代を含めると日本の負担は年間6092億円。米兵1人当たり約1800万円に達する。日本の財政危機に対し、米国は財政が日本より余裕があるのに、なお「思いやり」を続けるのは道理に合わない!!!思いやる相手を間違っている。社会保障に使え!!!
日本側の負担は期限5年の特別協定で定められてきたが、06年4月以降については日本側が負担の減少を求めたのに対し、米側は増額を要求して折り合いがつかず、暫定的に内容を変えず2年延長した。08年度以降については、07年12月両国は次の3年間で光熱水費8億円を削減するだけで協定を更新することで合意し、現在も払い続けている。78年比では約4倍にもなり、11年度分を含めた34年間の累積が17兆3000億円にのぼっている。高額すぎる、思いやり予算を早く、廃止せよ!!そんな金があるなら、消費税廃止出来る。また東北復興予算に充分に使え!!!      
日本はアメリカの属国
戦後7年の占領が終わり講和条約により形は独立国となったが 、古来から防衛と外交を外国に委ねた国は属国、植民地である。 
日本各地に米国の軍事基地があり、自衛隊の装備は米国製で 、首都に外国軍基地・首都上空の航空管制を外国軍に握られてるのは日本が世界唯一。 思いやり予算も世界唯一、累計17兆円。 
基幹部はブラックボックス米国の補給がないと戦闘は不可能 で、もちろん外交は対米追随。  非武装化して不平等条約を結び消費地として製品を売りつける 。
メディアを通じてアメリカは憧れの国だと国民に刷り込む 。
帝国主義時代後半から征服するのではなくこの手法で反米感情を抑えつつ富を吸い上げることに成功していた。 高度成長期までは思惑通りになった。
アメリカは日本を「気前のよい国」「パラダイス」としている。在日米軍基地は、全て海外に移転し、 日本は、自立し自主防衛確立すべきだ!!!            
イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

                

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事