ここから本文です
アカモビの゛気ままな゛クワガタ採集・飼育&オセロのブログ
自分の備忘録のためにブログを始め、現在、引退中?休養中?気ままに! U^ェ^U

書庫全体表示

ショップ紹介:くわがた村三田店(兵庫県) およびギネス申請

 ここは、以前から気になっていた昆虫ショップであった。
 
  Danjiri Guyさんのお気に入りのショップであり、気さくに色々な話ができるところと聞いていた。
 
 それ以外にも、二つの目的があった。
 
 一つめは、くわがた村各店では、店に持ち込んだ採集品のその年のギネス記録が掲示される。
 先日、コクワの50mmUPを採集したので、是非、名前を残そうという作戦である。
 
 二つめは、くわがた村に行く途中の場所に、気になるポイントがあった。
  この気になるポイントについては、今回は省略。
 
 さて、このショップは目的地をナビで設定していないと、スムーズには到着するのが難しそうなところであった。
 
 そして、店の構えはこんな感じで新しい。
 
イメージ 1
 
 店に入り、まずは採集ギネス申請のため、50mmUPと見込んでいるコクワ採集個体を提出。
 
 そして、これをプロが長い時間を掛け、いろんな状態でノギスに当て、丁寧に実測した結果、50.5mmと判定され、ボードの暫定一位のところに記載された。
 
イメージ 2
 
 まだ、ギネス申請の方は少ないようだ。
 
 ちなみに、採集者の欄には息子の名前が記入されている。
 この店に来られたら、アカモビの苗字はバレバレとなってしまう(汗)
 
 さてこの記録ならば、少なくとも1ヶ月は一位を確保し、名前を残すことができるであろう。
 
 ところで、このコクワを丁寧に測定した方はてっきり店長だと思っていたが、実は違っていた。
 
 以前に、鍬形屋七兵衛さんから、私のクワガタ採集スタイルに近く、経験豊富な方であり、また、現在悩んでいるネブト発生ポイントに関してのスペシャリストだと紹介して頂いていたネブ党さんご本人であった。
 
 なお、ネブ党さんのブログのプロフィールでは、くわがた村にたむろする不良常連客と書かれている。
 まさにそのとおり、常連客のようだ。
 
 そして、店の中で相当な時間、ネブ党さんと立ち話させて頂き、ものすごく有意義な時間を過ごさせて頂いた。
 
 話の端々から、ネブ党さんは、採集を単にされているのではなく、なぜ採集できるのか、深く掘り下げて考えていらっしゃり、私の素朴な疑問にことごとく即答して頂き、また知らないことを色々とご教授頂いた。
 
 その中で印象的なのものの一つに、ネブトの大きいものが出る場所のメカニズムの話があった。
 
 また、ネブトの産卵セットの極意も教わった。
 
 店には、ネブトペアと産卵用マットがセットで販売されているものの、その解説を聞いてしまえば、自作することができ、買う必要がなくなってしまう。
 
 そんな話を店の方は止める気配も全くない。
 
 なんて、商売っ気がない、また親切丁寧な店なのかと思ってしまった。
 
 また他にも、クワガタ採集のマイナー樹種であるイタヤカエデについての私の疑問に関して、理路整然と教えて頂き、またその樹でクワ採集できるポイントまでも教わった。
 
 さらに、兵庫県におけるヒメオオ採集のヒントを頂き、非常に有難かった。
 しかし、今まで私がヒメオオ採集のために計画して積み上げていった努力は、全くの無駄であったことを思い知らされ、愕然とした瞬間でもあった。
 
 兎に角、ネブ党さんの知識は半端ではない。
 
 
 さて、ショップの説明が疎かになってしまった。
 
 今回は立ち話に終始してしまい、店をあまり見ることができなかったが、全体的にスペースがゆったりととられ、また非常に清潔であった。
 
 また、店の出入り口付近は、このような縁起物のディスプレーも。
 
イメージ 3
(蜂の巣)
 
 このショップには、常連客であるネブ党さんや鍬形屋七兵衛さんなど、クワ好きが頻繁に出入りされ、その方たちが店を居心地によいものにし、皆で支えている店であることが見て取れた。
 
 しかし、私のような客がやってくると、立ち話で店の一角を占拠してしまい、営業妨害甚だしいことであったろう。
 
 さて、今回の購入品は隠れ家つきのエサ皿など。
 
イメージ 4
 
 これは、私とネブ党さんとで話し込んでいるうちに、息子が目を付けていたものであった。
 
 これを値段を見ずにレジへ持って行くと、店の方からは、「それは手作りなので値段が高いですよ」と親切に教えて頂いた。
 
 普通の店ならば、何食わぬ顔をして、料金を請求されるのが普通だが、この店には温かみを感じた。
 
 この店はまた行ってみたくなった。
 そして、採集ギネスの掲示板に、別の種類でもまた名前を残したくなった。
 さらに、またネブ党さんと話がしたくなった。
 
――――――――――――――――――
 
 本日のマンホールは、大阪ガス。
 これは、ウルトラマンプリオンんから、ご提供頂いた。
 画像のご提供は非常にありがたいことである。
 
 さて、ウルトラマンプリオンさんは、どうやらネブ党さんと知り合いのようであり、また、ウルトラマンプリオンというHN以外にも、別のHNも併用している嫌疑がかけられた。
 
 マンホールはこれら。
イメージ 6
 (上の中央には、大阪ガスのマーク)
 
イメージ 5
(これも多分、大阪ガス)
 
 これらのマンホールも、マンホールギャラリーのブログ(下記リンク)に追加させて頂きます。
 
 皆さんからの、さらなる応募も待っています。マンホール画像の送付先のアドレスは、上記マンホールギャラリーのアドレスをクリックすれば掲載されております。
 
(今回のプチ企画賞品は、「京都のお茶」です)

閉じるコメント(56)

  • レルさん こんばんは

    HPを見る限りにおいては、あまり昆虫ショップのような感じがしませんよね。
    菌糸ボトルは、私も後でHPを見て、こんなものがあるんだと、後で感心しておりました。
    店には置いてあったのだろうか?

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 0:50

  • nobukuwaさん こんばんは

    この店は、意外と採集者も集まるようですよ。
    天然オオクワや、累代の浅いオオクワも結構、売っていたりしております。

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 0:52

  • じろうさん こんばんは

    エサ皿は、造形美があって、やはりいいです。
    また、手作りの暖かみがあります。

    しかし、この店は田んぼの真ん中にあるようなところで、客が集まるのだろうか?と少し不安に思いつつ、根強い顧客に支えられているのだろうなあと感じました。

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 0:54

  • paxさん こんばんは

    非常のゆったりとして、清潔な店でした。
    蜂の巣は、実物でみると、かなり立派でした。

    ところで、私はアカモビとして覚えて頂けるだけで、充分ですよ〜

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 0:56

  • ネブ党さんのブログに登場するシャトラーさん はじめまして

    くわがた村は、居心地がいいというより、居心地が良すぎる感じでした(汗)
    これからは、三田店での採集ギネス争奪のライバルとなりそうですね。
    お手柔らかにお願いいたしますと共に、店で出くわす機会がございましたら、宜しくお願い致します。

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:06

  • けいさん、いやウルトラマンプリオンさん 画像のご提供ありがとうございました

    ネブ党さんとは、最近、お会いになられたのですか。
    ネブ党さんとは、ヒラタ幼虫採集についても、話を致しましたが、一致した答えとしては、ウルプリさんのようなことはしたくないと(笑)
    今回のコクワは、私の採集歴の中でも、一番大きいものなので、簡単には抜かれて欲しくないと、切に思っております。

    また、ギネス個体を持って、三田店に乗り込むつもりでいるので、その際には、都合が合えば、私も是非、お会いしたいと思っております。

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:11

  • 海野柑橘農園さん こんばんは

    今回行った際には、あのフェラーリはなかったです。
    本店にあるのでしょうかね。

    このショップは、本当に楽しかったです!!

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:13

  • ひらささん こんばんは

    本店の方に出入りされているのですね。
    本店がどんな感じが知りたいので、是非、レポート宜しくお願い致します。
    また、本店には、例のフェラーリが止まっているのでしょうか?

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:14

  • Danjiri Guyさん こんばんは

    そういえば、今回は立ち話ばかりで、マット類は、全く見ておりませんでした(汗)
    次回は、店内をもう少し眺める余裕を持たないとダメですね(笑)

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:16

  • TAKA.さん こんばんは

    ここは、山のふもとの田んぼの中にあるような店で、なぜ、ここにあるのだろう?と思ってしまう感じでしたよ。

    兵庫県に来られる機会があったら、ここにいらっしゃってみてはどうですか?

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:18

  • マビノギオンさん はじめまして

    イタヤカエデは、カシの木と同様に、カミキリムシの脱出痕があり、そこから樹液が出るようですよ。
    したがい、脱出痕のないイタヤカエデは、期待薄かと思います。

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:21

  • ドルクスさん こんばんは

    コクワは、大きいのは居るところには居るようですよ。
    私は、昨年、一昨年とコクワ50mmUPを必死に採集を試みましたが、50mmUPの壁は相当高かったです。
    今年は、意図せず、簡単に採集できてしまい、拍子抜けしてしまいました(笑)

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:23

  • しんたろさん こんばんは

    女の子は、どうやら岐阜ローカルに活躍している娘のようですよ。
    フェラーリは、多分、岐阜本店の店長の車なのでしょうか?

    女の子とフェラーリからは、想像がつかないですよね。
    また、天然オオクワは、ものすごい値段で売っておりました(驚)

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:26

  • hamashinさん こんばんは

    ハイ、はるばる三田まで遠征いたしました。
    また、遠征した甲斐も十二分にあってよかったです(嬉)

    採集に関しては、地元主義なので、三田へは採集目的ではないものの、クワガタが採集できるハルニレの木を、実際、この目で確かめようという目的も別途ありました。
    これについては、実物を見ることができ、たいへん勉強になりました(笑)

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:29

  • 天然ガラシさん こんばんは

    実は数年前には、採集した数を数えていたこともあり、その数を突破したこともありました。
    しかし、ここ最近は、数えるのが面倒なので、何も記録しておりません。
    また、私の行動範囲では、50mmUPのコクワが採集できたのは、奇跡に近いのでは?とも思っております。

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:31

  • べぇくんさん こんばんは

    あのコクワは、ご一緒させて頂いた際の採集品でしたね。
    あの場所で、あんなに大きいコクワは、今まで見たことがありませんでした。
    他のところでは、49mmまでは見掛けてはおりましたが。
    今回のは、完全に運だと思いますよ〜
    このコクワだけは、記録を抜かれたくないです!!

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午前 1:33

  • アバター

    50mm upのコクワって、見つけた瞬間ヒラタかと思っちゃいそうですね(*^^)
    くわがた村、素敵なお店ですね♪
    ポチっとな
    今回のマンホールはシンプル系ですね。やはりシンプルなものもいいですよね♪

    daizu

    2012/6/8(金) 午後 4:04

  • daizuさん こんばんは

    まさに、このコクワのお尻を見た瞬間、中型のヒラタだと思い、掻き出してみると、コクワだったので、「なんだ、コクワじゃないか」と叫びつつ、念のため簡易的なサイズを測定すると、50mmUPだったので、現場でびっくりさせられてしまいました。

    マンホールは、いろんなタイプがあって、それぞれ味があっていいですよね。

    アカモビ

    2012/6/8(金) 午後 11:21

  • 不良常連客の方々が集う虫ショップって楽しそう!
    大型コクワのギネス登録おめでとうございます^^

    ハル

    2012/6/10(日) 午後 10:20

  • ハルさん こんばんは

    本当にこの店は、楽しかったです(笑)
    大型コクワは、このまま逃げ切ろうとの算段をしております。

    アカモビ

    2012/6/12(火) 午前 1:43

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事