ここから本文です
元アカモビの゛気ままな゛クワガタ採集・飼育&オセロのブログ
アカモビ廃車により、ブログを隠居?してHNに元を追加。2014/11/17よりコメントなしの完全な備忘録へと移行! U^ェ^U

書庫全体表示

ショップ紹介:くわがた村三田店(兵庫県) およびギネス申請

 ここは、以前から気になっていた昆虫ショップであった。
 
  Danjiri Guyさんのお気に入りのショップであり、気さくに色々な話ができるところと聞いていた。
 
 それ以外にも、二つの目的があった。
 
 一つめは、くわがた村各店では、店に持ち込んだ採集品のその年のギネス記録が掲示される。
 先日、コクワの50mmUPを採集したので、是非、名前を残そうという作戦である。
 
 二つめは、くわがた村に行く途中の場所に、気になるポイントがあった。
  この気になるポイントについては、今回は省略。
 
 さて、このショップは目的地をナビで設定していないと、スムーズには到着するのが難しそうなところであった。
 
 そして、店の構えはこんな感じで新しい。
 
イメージ 1
 
 店に入り、まずは採集ギネス申請のため、50mmUPと見込んでいるコクワ採集個体を提出。
 
 そして、これをプロが長い時間を掛け、いろんな状態でノギスに当て、丁寧に実測した結果、50.5mmと判定され、ボードの暫定一位のところに記載された。
 
イメージ 2
 
 まだ、ギネス申請の方は少ないようだ。
 
 ちなみに、採集者の欄には息子の名前が記入されている。
 この店に来られたら、アカモビの苗字はバレバレとなってしまう(汗)
 
 さてこの記録ならば、少なくとも1ヶ月は一位を確保し、名前を残すことができるであろう。
 
 ところで、このコクワを丁寧に測定した方はてっきり店長だと思っていたが、実は違っていた。
 
 以前に、鍬形屋七兵衛さんから、私のクワガタ採集スタイルに近く、経験豊富な方であり、また、現在悩んでいるネブト発生ポイントに関してのスペシャリストだと紹介して頂いていたネブ党さんご本人であった。
 
 なお、ネブ党さんのブログのプロフィールでは、くわがた村にたむろする不良常連客と書かれている。
 まさにそのとおり、常連客のようだ。
 
 そして、店の中で相当な時間、ネブ党さんと立ち話させて頂き、ものすごく有意義な時間を過ごさせて頂いた。
 
 話の端々から、ネブ党さんは、採集を単にされているのではなく、なぜ採集できるのか、深く掘り下げて考えていらっしゃり、私の素朴な疑問にことごとく即答して頂き、また知らないことを色々とご教授頂いた。
 
 その中で印象的なのものの一つに、ネブトの大きいものが出る場所のメカニズムの話があった。
 
 また、ネブトの産卵セットの極意も教わった。
 
 店には、ネブトペアと産卵用マットがセットで販売されているものの、その解説を聞いてしまえば、自作することができ、買う必要がなくなってしまう。
 
 そんな話を店の方は止める気配も全くない。
 
 なんて、商売っ気がない、また親切丁寧な店なのかと思ってしまった。
 
 また他にも、クワガタ採集のマイナー樹種であるイタヤカエデについての私の疑問に関して、理路整然と教えて頂き、またその樹でクワ採集できるポイントまでも教わった。
 
 さらに、兵庫県におけるヒメオオ採集のヒントを頂き、非常に有難かった。
 しかし、今まで私がヒメオオ採集のために計画して積み上げていった努力は、全くの無駄であったことを思い知らされ、愕然とした瞬間でもあった。
 
 兎に角、ネブ党さんの知識は半端ではない。
 
 
 さて、ショップの説明が疎かになってしまった。
 
 今回は立ち話に終始してしまい、店をあまり見ることができなかったが、全体的にスペースがゆったりととられ、また非常に清潔であった。
 
 また、店の出入り口付近は、このような縁起物のディスプレーも。
 
イメージ 3
(蜂の巣)
 
 このショップには、常連客であるネブ党さんや鍬形屋七兵衛さんなど、クワ好きが頻繁に出入りされ、その方たちが店を居心地によいものにし、皆で支えている店であることが見て取れた。
 
 しかし、私のような客がやってくると、立ち話で店の一角を占拠してしまい、営業妨害甚だしいことであったろう。
 
 さて、今回の購入品は隠れ家つきのエサ皿など。
 
イメージ 4
 
 これは、私とネブ党さんとで話し込んでいるうちに、息子が目を付けていたものであった。
 
 これを値段を見ずにレジへ持って行くと、店の方からは、「それは手作りなので値段が高いですよ」と親切に教えて頂いた。
 
 普通の店ならば、何食わぬ顔をして、料金を請求されるのが普通だが、この店には温かみを感じた。
 
 この店はまた行ってみたくなった。
 そして、採集ギネスの掲示板に、別の種類でもまた名前を残したくなった。
 さらに、またネブ党さんと話がしたくなった。
 
――――――――――――――――――
 
 本日のマンホールは、大阪ガス。
 これは、ウルトラマンプリオンんから、ご提供頂いた。
 画像のご提供は非常にありがたいことである。
 
 さて、ウルトラマンプリオンさんは、どうやらネブ党さんと知り合いのようであり、また、ウルトラマンプリオンというHN以外にも、別のHNも併用している嫌疑がかけられた。
 
 マンホールはこれら。
イメージ 6
 (上の中央には、大阪ガスのマーク)
 
イメージ 5
(これも多分、大阪ガス)
 
 これらのマンホールも、マンホールギャラリーのブログ(下記リンク)に追加させて頂きます。
 
 皆さんからの、さらなる応募も待っています。マンホール画像の送付先のアドレスは、上記マンホールギャラリーのアドレスをクリックすれば掲載されております。
 
(今回のプチ企画賞品は、「京都のお茶」です)

この記事に

開くトラックバック(0)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事