オーガニック ファクトリー 耕房 野の風

野菜と暮らす農業日誌〜自然と共に生きる〜

全体表示

[ リスト ]

野の風稲作 

今日は曇り空です。たまに雨も降ったりしています。
 
台風は何をやっているのか、ひとまわりしたりなんかして・・・。
速度はゆっくりだし、ウロウロしているしで大変なものです。
その台風の影響で、九州南部は大雨だとか。
 
 
ところで、うちの稲達ですが、元気にやっています。
最近の雨で、近所の田んぼの稲が倒れたりしている所もあるようです。
 
でも、相変わらずうちの田んぼは、ヒエなどにやられています。
 
 
前回の、野の風稲作 ③で紹介したように、田んぼの除草機を借りるようにしていました。
イメージ 1
貸していただいたのは、佐賀農業大学校内の、農業試験研究センターです。
担当してくださった職員の方ありがとうございました。
 
 
機械は2種類あったのですが、もう一台は、田植えした後、一週間くらいで作業する機械でした。
この機械は、稲が少し成長してからも出来る機械と言う事だったので、これにしました。
 
 
で、作業中の画像がこれです。
イメージ 2
前の方に付いているツメみたいなのが回って泥表面をかき回して除草すると言う感じです。
 
で、作業後がこれです。
イメージ 3
分かりにくいですが、はっきり言ってとれていません。しかも稲も倒れています。
そして、条間は除草していきますが、株間の除草は出来ません。
 
ある程度想像はしていたのですが、泥が固くなっているし、草もしっかり根を張っていて
あまり取れませんでした。
 
作業する時期が遅いだろう!とは言っていましたが、どうしても試してみたかったのです。
もう少し早い時期に作業して、効果が得られるなら良いですし、出来るなら購入も考えています。やはり、作業する時期も大切なのです。
 
ですがこの機械、需要が進んでいないなど色々で、金額が高いのです・・・。
でも、使い方次第では、効果が得られると思います。機械の運転なども大変なんですけどね。
 
で、稲の成長が良いところでは、稲を倒したので、作業の途中でしたが中止して、掃除してから返却しました。
でも、ありがとうございました。勉強になりました。またお願いします。
 
 
 
ちなみに、この画像が作業後です。
イメージ 4
2列ずつに色が変わっているのが分かりますか?
2列ずつ作業したので、進行方向で違うのです。ゴルフ場のフェアウェイや、グリーンみたいな感じですね。
 
白っぽくなっているのが、手前から奥に向かって行った跡です。
緑色なのが、奥の方から手前に来た跡です。
 
 
 
で今は、稲穂が出始めて、実も大きいくなって、垂れてきています。
ずっと前に父から聞いた言葉があります。
実るほど 頭(こうべ)を垂れる稲穂かな
誰の言葉かは分かりませんが、良い言葉だなー!と思います。
 
稲穂に実が充実すれば、その重さで穂が下がってきます。その事を歌っているのですが、
人間も同じだと思います。年を重ねたりして大人になるに連れて人間も成長していかなければいけないなー!と思います。
自分も稲を見習って頑張りたいと思います。
 
 
 
で、最近はヒエ取りをしたりしていますが、本当に大変で、終わるのかな?と思います。
毎年の事なのですが・・・。
 
ちなみに、雑草の種は7年間土の中で生きれると言います。
だから、単純に考えて7年間もの間、草の種を落とさないようにしないと草は生え続けます。
なかなか厳しいですね。
でも、除草機を上手く使ったりして抑える事は出来るかもしれません。色々やってみたい事もありますので、また今度試してみたいと思います。
 
 
さて田んぼは今、水も止められ段々乾く方向になってきます。もう少ししたら、稲穂の画像も投稿したいと思います。稲刈りも10月の中旬頃になります。
収穫の秋に向けて進んでいます。
また田んぼ意外にも仕事も増えてきます。また頑張ります。
 
 
ではまた投稿します。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事