全体表示

[ リスト ]

原発の発電コスト、安いは国民を騙す為の噓である

 日曜日の朝、ドヴォルザークを聴きながら、一筆。
 

 
表1 発電方式別の発電原価試算結果(1kWh当たりの発電費用)
発電方式
発電単価(円/kWh)
設備利用率(%)
水力
8.2〜13.3
45
石油
10.0〜17.3
30〜80
LNG
5.8〜7.1
60〜80
石炭
5.0〜6.5
70〜80
原子力
4.8〜6.2
70〜85
太陽光
46
12
風力
10〜14
20
注)設備利用率(%)=1年間の発電電力量/(定格出力×1年間の時間数)×100%

使用データ:
経済産業省、エネルギー白書 2008年版(2008)
 
上記の表を見て頂いても知恵の回る人であれば、原子力発電が必ずしも圧倒的に他の発電方式と比較してコストが安いとは言えない事が
ご理解いただけるものと思うが、もう少し、この表に突っ込んでみたいと思っている。
 
1KWhあたりの発電単価だが、原子力は¥4.8〜¥6.2と表示されている。これに比較して水力は¥8.2〜¥13.3と約倍のコストが掛かっている。石油の場合、その時の相場もあるだろうが、やはり2倍程度割高になっている。LNG 石炭の場合も同様に相場によるのだろうが、3割から5割、高い事が判る。太陽光発電は、10倍程度のコストが書かれている。風力は、2倍から2.5倍程度である事が読み取れる。
 
 さて、このコスト比較表、公正なものであろうか?まず、この点から比較しなければならない。
 
 太陽光発電が発電コストが非常に高く設定されているのは、実は、発電そのものに掛かるランニングコストは圧倒的に安いのだが、問題は、施設費とその太陽光パネルの寿命から割り出す減価償却費が圧倒的に高いと言う事で、コストが高めに設定されている。当然、減価償却後に新しい施設を作る必要性がある為にコストには、この減価償却に伴う経費が割り当てられている。これは、原子力発電以外のコストにも同様に反映している。
 
 原子力発電以外の発電方式の場合、天災や事故などに伴う、リスク回避の為に、損害保険に加入している。当然、その保険も発電コストに組み込まれており、万が一、事故などで被害が出た場合は、この保険が適用される。
 
 しかし、原子力発電の場合、一般的な損保には入れない事もあって、政府が保険制度を作って強制的に加入させているのだが、この場合の保険とは、国が担保するだけでその総額1200億円に留まる。
 
 しかし、この保険制度による東電の負担は、この発電コストに入っていない。また減価償却も50年から100年とされ、建設費と運営費、燃料費などだけがランニングコストとなり、結果、不慮の事故が起こった場合や半世紀後の解体、廃炉に伴う費用は、全くこのコストには入っていないのである。
 
 今回の事故の場合、30キロ圏内に住む人への保証金や賠償金、農業被害、漁業被害、その他の経済的な被害に伴う支払い総額は、一部の保険会社の分析によると最大3兆円を超える可能性が指摘されている。
 
 この原発の開発費の数倍もの費用が掛かると思われている。また今後事故の終息に伴う費用、廃炉へのプロセスなどを考えれば、更に1兆円規模の費用捻出が必要となり、この原発を新規に作る費用の5倍程度の経費が必要となる。
 
 つまり、これらの諸経費を計上すれば、原発に於ける、発電コストは、現在の10倍から15倍程度になるはずだ、つまり、危険性への認識の甘さが、圧倒的に安いと夢の様なコストを実現化していたのだ。
 
 現在日本にある原発を、直下型に大地震が襲っても事故が回避できるだけの改良、津波や高潮、洪水、そして台風などによる水害にも充分に対応しうる施設への増強などを、強制すれば、このコストは、現在より3倍程度引きあがるはずであると考えている。これは、関西電力の記者会見の折に、震度7強の直下型、30メートルを超える津波などに充分対応しうる改善を加えた場合、発電コストは、現在より数倍になると発表している事を考えれば、素人である小生でも理解できる。
 
 つまり、これらの災害(想定内)ですら、現在、充分にリスクヘッジされていないのが現実で、その満足にヘッジ出来ないリスクへの対応が今回の事故を生んだと言っても過言でない。つまり間違いなく人災である。
 
 予測が付かなかったとしても、過去に同等程度の地震や津波が記録されている限り、この最悪のケースを想定した対応がなされているべきで、これを発電コストが安いと言ういわば神話の様な虚偽を国民に信じ込ませた結果、安い電力を供給し続ける事になったのだ。
 
 しかも、以前にも書いたが、廃炉への経費は、1円たりともコストには参入されていない、つまり半世紀後以降、その経費計上があった時点で、次の電気代に、そのコスト分が加算される事になる、今回の事故で国民の充分に理解できたと思うが、廃炉までのプロセスは10年単位の長い歳月と費用が必要となり、その費用は、建設費を上回る額になると言う事だ。
 
 つまり、我が国の原子炉がどんどん、寿命になり廃炉、新規の開発や建設が始まると、この発電コストは、一気に現在の3倍から5倍程度に跳ね上げると言う事になる。これは事故が起こらなかった場合であり、もし、これに事故が伴えば、そのコストは、10倍ではきかないだろう。
 
 この様に、考えると、原子力発電による発電コストは、必ずしも圧倒的に廉価であるとは到底、言えない事に国民も気付くはずである。
 
 次に、排出二酸化炭素量の問題も最後に簡単に書いておく、水力や太陽光発電、風力などは、元々自然エネルギーであるから、殆ど発電に伴う二酸化炭素は出ない。
 
 火力発電の場合、その燃料の種類で大きく違うが、石炭や石油などは、排出量が膨大で、温暖化を促進させる原因であるとされている。それでは原子力発電はどうであるのか、発電そのものでは、二酸化炭素は排出されないのだが、ウランの精製やプルトニウムなどを使用するMOX燃料などの再処理時に出る二酸化炭素量は、かなり膨大であり、それらを総合すると、必ずしも原子力発電が排出二酸化炭素量を減らすとは言えないと言う専門家も存在する事から、これも、原発推進を上げる人々が勝手に作り上げた幻想の様なものである事がご理解いただけると思っている。
 
 この様に、自民党政権が原発推進を掲げる為に国民への説明としたコスト、自然への負荷、安全性と言う神話は、今回の事故によって脆くも崩れ去ったと言うのが、現実である。
 
 本当のコストさへ、偽りの数値を並び立てて、安い安いと連呼し、国際競争力が、電力コスト削減には必要不可欠と騙した彼ら、自民党議員は、国民の前で切腹すべき国賊である。
 
 与謝野氏は、反省しないと暴言を吐いたが、この数字を見て尚、国民の利便性の為に原子力を推進したと言い切ることが出来るのだろうか、四選目の石原都知事も同様で、必ずしも原発でなくても充分に電力は担保できたはずである。
 
 中東が不安定であるとした、地政学上の問題を主張する人も多いのだが、燃料コストが高くなってもメタンハイドレードなど、自前のエネルギー開発にそれこそ国を上げて取り組むべきで、後は、個別発電の強化さえ成し遂げれば、我が国の競争力を損なう事も無く充分に対応可能である。
 
 行政を信じてはならない、そして大企業も同様である、彼らにはモラルも無ければ慈愛なども持ち合わせていないのだと言う事を・・・・・
 
 全ての原発は、直ぐに停止すべきであると警告して終わりにする。
 

この記事に

閉じる コメント(21)

公平さん、こんにちは。まさに正論だと思います。

原価を抑えてコストを低く見せるために安全性を二の次にしたのだとしたら許せないです。
また、放射能の影響による健康への被害、事故を起こしたことでの日本への信頼の失墜、余りにも大きなコスト、やはり犯罪に近いと思います。
せめてこれ以上被害を広げないことを祈るばかりです。
原発依存からの脱却を明確に打ち出した小沢氏のような政治家に今後の日本を任せるべきと思います(^^)

2011/4/17(日) 午後 0:24 [ mushin1967 ]

顔アイコン

公平さん、
原発に群がる利権構造への自然の警告、しっぺ返しです。
脱原発への機会です、地震列島に安全はあり得ません津波の前に激震
で破壊、津波へと地質的に危険が想定される人災原発推進です。
傑作、

2011/4/17(日) 午後 1:37 [ サギ草 ]

顔アイコン

今回の原発事故は、自民党・公明党政権による人災としか言いようがないでしょう。
特に半世紀、政界を支配してきた自民党議員の責任は重大です。
安全性を二の次にして、コストを低くみせて、危険な場所に原発をつくりつづけた自民党議員は、全額議員報酬や議員の年金を寄付すべきでしょう。
あと、東電のマスコミ支配は、トヨタ以上に問題。
自民党による原発テロと言える原発事故後においても、ACジャパンを通じて広告費を出して、マスコミ支配しているのならば大問題でしょう。また、発電・送電・配電の一括支配も大問題。
電力会社の解体と周波数の統一を行うべきでしょう。

2011/4/17(日) 午後 3:01 higasitoyokazuラブ

顔アイコン

短足おじさん、コメントありがとう。最終的なリスクをロイズが受けている事は、損保に関わる人ならば、当然知っていると思います。現実に、我が国の場合、地震と言う自然災害の危険性があり、原発は、損保が引き受けません。万が一の場合、損害は無限大であり、東京海上クラスでも破産もあり得るからです。つまりロイズで保険料率が出ていないものは、安全性に問題があると言う事になります。

2011/4/17(日) 午後 3:11 公平論001

顔アイコン

mushin1967さん、コメントありがとう。危険性を無視した上に、更に、解体や廃炉に関わる費用をコストに反映することなくランニングコストが安いと言うトリック、これは、もし一般の事業者ならば、一種の粉飾に当たります。正に犯罪行為であります。

2011/4/17(日) 午後 3:13 公平論001

顔アイコン

サギ草さん、コメントありがとう。
元々、地震大国である我が国の場合、原発に限らず、技術が上がったとはいえ、超高層などの建築物すら、机上での計算上、耐え得るとしており、現実に震度7強クラスの直下型に耐えるなど、本当は判らないというのが現実でしょう。建物は壊れるだけですが、原発の場合、被爆と言う二次災害が恐ろしいものです。我が国から原発をなくさねばなりません。

2011/4/17(日) 午後 3:16 公平論001

顔アイコン

higasitoyokazuさんコメントありがとう。
仰せの通り、この原発事故は自公政権下で作られた一種の詐欺です。利権に群がり、官僚が推進、それを後押ししたのが自公政権と言う構図、国民はこれ以上騙されてはなりません。

2011/4/17(日) 午後 3:18 公平論001

顔アイコン

二酸化炭素も放射性廃棄物も増やさずに電力を享受する道を見つけること

それが、
自然に対する私たち人間の責務で、
次世代に対する現在の私たち世代の責任ですよね。

2011/4/29(金) 午前 11:19 [ suu*uu*h*i ]

顔アイコン

suu*uu*h*iさん、コメントありがとう。
二酸化炭素などの温室効果ガスの削減は、必ず成し遂げるべき、先進国の義務です。
更に地球を核という物質で汚染させない事もまた人類の義務と思います。
その点を考えると、当然、原発は全廃すべき施設です。

2011/4/29(金) 午後 4:34 公平論001

顔アイコン

改めて浜岡原発の全面停止の要請が出ましたが、活断層の真上にあるこの原発は、最優先で廃止すべきもの考えていました。

昨日、ソフトバンクの孫社長の講演内容を見たら、米国データで昨年太陽光発電が原子力の発電コストを下回ったと説明していたのを聞き、日本の政・財・官・マスコミが如何に自分達の利権を守るために国民を犠牲にしてきたか知り、怒り心頭です。

2011/5/7(土) 午後 2:59 [ 夕日の丘 ]

顔アイコン

夕日の丘さん、ご訪問、コメントありがとう。
今回の事故は、地域の人々にとって悲劇でしたが、我々国民にとって、如何に政府が虚偽の事実を並び立てて国民を騙してきたがが明らかになりました。
この現実を国民は、政府に突きつけて、原発行政のいち早い停止を求める努力を続ける必要があります。

2011/5/7(土) 午後 5:47 公平論001

顔アイコン

原料輸送が今までどうりという前提があるようですが 自国の軍隊で守ることができません。 まさかその危険はないとはおっしゃいませんよね。

2011/5/17(火) 午後 5:40 [ 温泉玉子 ]

顔アイコン

温泉玉子さん、ご訪問ありがとう。
さてさて、貴殿の仰せである、原料輸送が、何を意味しているのか????推察するに、原油輸送の安全確保と言う意味だろうか?つまり、中東から運ぶ為に、ウランなどの核物質より、リスクが高いと言う事を主張されているのか、あるいは、原油は安定した燃料ではないから核物質に依存する必要性を認めろと言う事なのか、そうだとすると、小生の論を最後まで理解していないと言う事になる。もっと具体的にお書きくだされば、ありがたいのですが・・・・・・・・・・

2011/5/17(火) 午後 9:09 公平論001

顔アイコン

コストの面から言えば、すでに低コストの発電が実用レベルにあるみたいですよ、詳細は知りませんが竜巻発電は1円と言う話です。画期的な発明は邪魔されると言われていますが、これも同じだそうです。話を聞きに良く予定ですので詳細が分かったら、お知らせします。

2011/9/19(月) 午前 9:47 [ yum*_no*a ]

顔アイコン

yum*_no*a さん、ご訪問、コメントありがとう。
色々、画期的な発電方法があるそうです、しかしわが国だけではなく、原発利権で潤っている国々では、どうしても、それらを排除する事が起こっているようですね。嘆かわしい事実であります。

2011/9/19(月) 午前 10:12 公平論001

顔アイコン

原子力発電は承知のとおり課題も多く、無くした方が良いと私も思います。ただし将来的にはです。
お題目のとおりここでは発電コストに焦点をおき、Co2排出量などにも触れたうえで全ての原発は今すぐ廃止すべきと結論づけています。マスコミや世論もこれと同様の風潮になっていますが、私は少し違うと思います。
エネルギー問題を考えるとき、最も大切な事はコストがうんぬんというより今後の地球環境(温暖化)をこれ以上悪化させない事だと考えます。
原子力発電のCo2排出については必ずしも原子力が有利ではないとおっしゃっていますが裏づけが乏しく説得力がありません。私も素人なりにネットで調べてみると世論はもっぱら反原発一色で、多くのサイトでは「原子力発電はこんなにCo2を排出している!」的なものが目立ちます。また地球温暖化はCo2排出とは無関係という者まで出る始末。もちろん原子力発電もCo2を排出している事に異論はありませんが、化石燃料とでは比較するまでもなく少ないことはやはり事実のようです。
(その2へ続く)

2012/8/25(土) 午後 1:05 [ had**01jp ]

顔アイコン

(その2)
地球規模でみたここ数十年ほっちでの急激な気温上昇は北極の氷河の減少や、日本列島の熱帯化を見れば原因は明白です。それこそ経済界や利己主義者達のでっち上げです。しっかりと現実をみてください。
原子力発電がほぼ停止している現状でも以前と変わらず世の中まわっているのだから原子力はいらない!今まで政治家や大企業に騙されていた!などの意見があちこちにあります。だからといって化石燃料に頼ろうというのはどうかと思います。また、政治家を選んだのも私達ではないですか。政治家任せで無関心で事なかれ主義だった私達が元を正せば一番の原因者とも言えるのではないでしょうか?いいかげんマスコミや熱くなった世論に乗って他人のせいにするのはやめましょう。
今の生活は変わらず、経済にも影響なく、セーフティーで、将来に付けを回さない、そんな方法は現状ではありません。
(その3へ続く)

2012/8/25(土) 午後 1:07 [ had**01jp ]

顔アイコン

(その3)
原発を即時撤廃し、とりあえず温暖化には目をつむり今の私達(実際は原発立地地域)の安全を最優先とするか、今生きている全ての人で原発運転のリスクと責任を負って環境悪化をこれ以上加速させないよう努力するか、もしくは全ての国民が身を切る覚悟で大規模な節電策をとるか(現実的には困難)、いずれかの選択ではないでしょうか?
福島原発の一件は余りにも大きく衝撃的であったため世論は熱くなりがちですが、冷静に何を中心にエネルギー問題を考えていくべきかを考えましょう。
私は将来の地球環境を優先すべきと思いますが、そうした場合、現状で現実的な選択は何であるか、答えは見えています。将来に付けを回さず、今生きている私達がリスクをと責任を負い、後悔しない決断をしなければいけないのではないでしょうか。
(おしまい)

2012/8/25(土) 午後 1:08 [ had**01jp ]

顔アイコン

had**01jpさん、ご訪問、ご意見紳士に受け止めます。
ただ、地球温暖化の原因物質が二酸化炭素と言う犯人説は、逆に非科学的であるとする検証も存在します、現在進行中の温暖化は、太陽の動きによるものとするロンドン大学の見解も有力視されています。小生は、この温暖化こそ、原発利権が作り上げたでっち上げだと考えています。何故なら、二酸化炭素原因説のスケールモデルは、米国MITで、の実験だけでその規模は、10万立方メートルでしかありません。

2012/8/25(土) 午後 5:25 公平論001

顔アイコン

この数値をスパコンに入力して指数化、これを根拠に二酸化炭素原因説になっています。しかし、太陽が、この100年、急激に活性化時期を迎えており、その結果、地球の地表温度が上がっているとする説だと、太陽が、不活性気になりつつあり、活性期に現れる黒点の数が急激に減少している現状から、小氷河期に向かっているとする研究者も少なからずいます、ついに京都大学でも同様の検証が為されており、ただ闇雲に米国発の二酸化炭素犯人説に同意できません。
もし二酸化炭素が原因で無いとすれば、原発そのものの存在価値が失われる事になり、直ぐに停止して廃炉に向かう手順を考えるべきだと思っています。

2012/8/25(土) 午後 5:26 公平論001

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事