向陽台青空スポーツ少年団のブログ

運動はもちろん、自然と親しんだり、家事をしたり、親子の体験活動等を通じて、こころとからだの健やかな成長を目指します。

イメージ 1

娘が嫁ぐことになりすこ〜し凹んだ気持ちの団長を励ましてくれたのは、
やっぱり子ども達の笑顔 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

南三陸まで2時間ドライブして、
親子で絵本を読んで、
プレイフルネス運動遊びをして…

会の始まりは集中力がイマイチだった子ども達。
でも、あっと言う間に笑顔が満開になりました

また、来月遊ぼうね!

「プレイフルネス運動遊び」とは ⇒

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

たすきリレー

クロスカントリー大会で欠かせない名物たすきリレー
気合い充分な走り出しも声援する子どもに抜かれる 様子が面白い

「参加することに意義がある」
と毎年の事なのに
反省しないポジティブなオトナ達(о´∀`о)

子どもとオトナが同じフィールドで行うことで
益々プレイフルネスが昂まります

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

青空スポーツ少年団が年に一度だけ出場しているクロスカントリー大会
今年も親子ラン部門へエントリーしました

この種目は1.5kmを親子一緒に走り、手を繋いでゴールするルール。
なのに、子どもに追いつこうと必死に走るオトナの姿が面白い競技です。

今日もとにかく元気いっぱいの子どもたち。
出場前のサッカーや木登りが一番楽しかった、と話していました


イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「とみぃず」3月号に
幼児親子を対象にして、
絵本の読み聞かせと運動遊び”をコラボした
プレイフルネス運動遊びの募集記事を掲載していただきました。

どうして知ったのか団長の旅先に届けられた雑誌。
嬉しいね、ありがたいね。

わずか毎月一回の活動でも継続することで
親子関係、
友だち関係
などなど驚くような変化が見られます。

絶賛募集中‼︎
よろしくお願いします。

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日、タピオ大学でお話しさせていただきました
その講演要旨を掲載していただきました。

団長、がっちがちに緊張している感じがわかる写真ですね。
お話は、そうでもないんですよ!
こちらをご覧くださいね。。。

タピオ大学のblog →
http://tapidai.exblog.jp/27560339/


イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

休息の取り方

スケート教室も3回目となれば、
技術の上達とともに要領が良くなるこども達。

休憩中には似顔絵を描きたいらしく
「団長カッコよく描いてあげるよ!」
って。

リクエストをして髪を20%増量サービスしてもらいました^^;

団長の威厳はないけれど、
年度末に向けてこども達のプレイフルネスがどんどん拡大中です。

「プレイフルネス運動遊び」とは ⇒

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

スポーツはお習い事

さすがベネッセさん、視点がgoodですね。
でも、スポーツをお習い事・・・とするのは、ちょっと残念。。。
子ども達にとって運動することが大事で、それも種目にかたよらず複数の運動を推奨しています。
まったくその通りです。
だけど、それを真に受けていろいろ習わせたなら、どれだけお金があっても足りません( ;∀;)
青空スポーツ少年団なら、月々の会費は600円。(月2回)
2月15日から一般公募を開始します!
定員は、キッズクラブ(未就学児)20名、少年団20名です。
興味のある方は、koyodai_club@yahoo.co.jp まで、早めにお問い合わせください。


スポーツの習い事の選び方3つのポイントとは?
=ベネッセ教育情報サイト 2017.2.12 から=

子どものころからスポーツを始めておくと、丈夫な体になり体力がつく、心肺機能が向上して風邪をひきにくくなるといった身体的効果があります。さらに、新しいことにチャレンジする行動力が身についたり、協調性が養われるといった精神的効果も期待できます。
とはいっても、スポーツにもいろいろな種類があり、どれを選べばいいのか迷うこともあるかと思います。今回は、スポーツの習い事の選び方や、人気のあるスポーツについてご紹介します。

スポーツの習い事の選び方3つのポイント
スポーツの習い事の選び方には3つのポイントがあります。

【1】子ども主体でやらせること
ひとつ目に、子ども主体で行うことが大切です。保護者の都合で無理やり習い事に通わせていると、子どもが習い事に関して保護者の顔色をうかがうようになったり、楽しめないためになかなか上達しなかったりします。習うスポーツの種目も、できるだけ子どもがやりたいと思えるものを選びましょう。

【2】さまざまなスポーツに挑戦する
ふたつ目に、さまざまなスポーツに挑戦させてあげることです。特に4〜8歳のころはさまざまな運動をすることで神経が急速に発達する時期であるため、子どもが興味をもったスポーツはできるだけたくさんやらせてあげるとよいでしょう。
幼児期からひとつのスポーツだけを専門的にやった場合、その分上達は早まることが期待されますが、成長した際に伸びしろを見つけにくくなる可能性があります。専門的に行っていたひとつのスポーツで行き詰ったときに、他のスポーツの経験はきっと役に立ちますので、ぜひいろいろなスポーツに挑戦させてあげてください。

【3】信頼できるコーチにつく
3つ目に、信頼できるコーチにつくことです。子どもとの相性はもちろん、子どもたち一人ひとりの性格、モチベーション、技術レベルに合わせて適切なアプローチをしてもらえるか、子どもの可能性を伸ばしてもらえそうかを見極めましょう。

子どもに合ったスポーツで心身を育てよう!
スポーツは「好きこそものの上手なれ」の習い事だと言えます。子どもが楽しんで続けられることが、上達と心身の成長の秘訣です。
親子で一緒に体験教室や見学などに参加してさまざまなスポーツにふれ、お子さまに合ったスポーツの習い事を見つけてみてください。

イメージ 1



この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

先日、日本医師会作成のポスターを見つけました。

その内容は、
 ・ 愛着形成
 ・ 外遊び
 ・ 集団遊び
 ・ お手伝い
 ・ 生活リズム
の大事さを述べながら、
スマホを置いて ふれあい遊びを
と提言しています。

また、「どこで遊ばせる?どう遊ぶ?
と保護者の感性を促していますね。


内容のひとつひとつが、日本体育協会で団長がかかわる
プレイフルネス運動遊びとかさなる内容になっています。

団長は、子どもが本来持つチカラに寄り添うことが薄く、結果を急ぐ日常に常々?
をもっていました。

まさに「子どもの遊び場を確保するのは大人の責任です!のポリシーのもと、
アフリカの諺である It takes a village to raise a child . 
ひとりの子どもを育てるには、村中の大人の知恵とチカラが必要

の活動推進をますます声を大にして広める必要性を感じました。

日本医師会のポスターに、チカラ強い後押しを受けて団長の心もやる気アップです。

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

絵本と運動の効果

未就学児を対象とするプレイフルネス運動遊びでは、
運動の合間、合間に絵本の読み聞かせを入れています。

長い時間の集中が苦手で、飽きやすく、わが道優先のキッズ達ですが、
絵本を取り入れることで、心の切り替えが上手にできるようになったのでしょう。

団長が次の遊びを小声で紹介しはじめると、
ひと言も聞き漏らすまいと静かに耳を傾けてくれます。

始まりと終わりの挨拶もきちんとできるようになりましたね

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

タピオ大学にて、一般市民の皆さんへ
やる気を育むプレイフルネス運動遊び
と題して60分の講演をさせていただきました。

緊張したな〜〜

次の月曜日は、阿部 茜コーチ、
3月8日は平塚紀仁コーチです。

青空スポーツ少年団の指導者としての
学びを伝える大事なチャンスです。
 
小さな失敗は、大きなチャンス!
は、オトナも子どもも同じです。。。

がんばれ若手指導者たち (^^♪
 
「プレイフルネス運動遊び」とは ⇒ 

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事