SSS(咲SS)感想ブログ

1/3 ご存じかもしれませんが、yahooブログがガラケーで見られなくなりました(怒)。

全体表示

[ リスト ]


〜南3局〜

煌配牌:二三六七´キキΓ契樟焦鯒髻.張癲Лァ.疋蕁В

煌(開始早々一向聴とはついてますね! すばら!)7タンッ

純(またスタート中張牌切りか。てことはおそらく一向聴……)

煌手牌:二三六七´キキキ西西白白 ツモ: .疋蕁В

恒子「あ、ああああああ! ここで花田選手、2萬切りだ!」

健夜「白ドラ3狙いですね。他家より早くくみ上げています……この大会では白が集まってきていますから、それを信じての後付けですね。良い判断だと思います」

煌「チー!」

煌手牌:´´キキキ西西白白/六七八 ドラ:3

健夜「これって、まさか、まさか、狙っているのでしょうか、花田選手」

恒子「へ、な、何をですか?」

健夜「もし、このまま行くとしたら、この上がり──」

純「通らば立直!」タンッ

煌「ポン!」タンッ

煌手牌:キキダ樟焦鯒髻伸´´ 刃纂携 ドラ:3

純(ちっ、いきなりの一発消しか……よ……!)

恒子「ああああああ! 井上選手、立直直後にこれは、つ、つかまされたあああああっ!」

煌「ロン! 白ドラ3、8000!」スバラッ

恒子「き、決まった……見事な牌交換からの白ドラ3!“雪の女王”降臨だあああああああ!!!」

健夜「きれい……」

恒子「は?」

健夜「白、1筒、5筒の暗刻がそろっています」

恒子「それが何か?」

健夜「ローカルルールですが、白は雪に、1筒は月に、5筒は花になぞらえる、そんな役があるのです」

恒子「それは……」

健夜「“雪月花”……ローカルルールでは2翻か3翻です。ウィンターカップでは白ドラ3で4翻ですから、合わせて跳満確定の手。まさに“雪の女王”にふさわしい和了りです……!」



智美「おー、煌っちプロに褒められたー」ワハハ

ゆみ「だが、今のは良かったな。白ドラ3が本当によく入ってくる」

智美「可能性があるなら信じる、か……」ワハハー



〜南3局1本場〜

誠子:7000
憧:12500
煌:16800
純:24700

11巡目

純「立直」

誠子(くっ……なんとか、聴牌をキープしないと……)

憧(あーもう、なんなのこの二人! 全然聴牌までたどりつけないじゃない!)

煌(……三向聴……これは勝負しても得られるものは少なさそうですね)

純「聴牌」

誠子「聴牌」

煌憧「ノーテン」



〜南4局流れ2本場〜

誠子:8500
憧:11000
煌:15300
純:25200
場:1000

恒子「さあ、いよいよオーラスです! このまま井上選手が逃げ切るのか! それとも他の3選手の逆転があるのか!?」

健夜「最も可能性があるのは花田選手ですね。直撃なら4500以上でいけますし、他の2人からの出和がりだと跳満以上、ツモなら満貫で逆転です」

恒子「満貫を出和了りすると……?」

健夜「8600点に場の1000点を加えて9600点。300点届かないですね」

恒子「さあ、泣いても笑っても最後の1局! 井上選手が上がればその場で即終了! 逆転なるか!?」

純配牌:五八九きВ苅毅沓牽言硝漫.張癲Ю勝.疋蕁Ъ

純(さて、最後は安めでもさっさと和了って終わらせっか)北タンッ

誠子配牌:二四五六ΝЛ2577西 ツモ:中 ドラ:七

誠子(最後だからな……攻めていかないと)タンッ

憧配牌:一二九↓1349南白發中 ツモ:東 ドラ:七

憧(なによこれ。九種九牌で流す……? いや、これはやれるならやってみろってことか……いいわよ、挑戦してやろうじゃないの!)二タンッ

煌配牌:三七´↓キΝВ横苅毅汲っ罅.張癲Ф紂.疋蕁Ъ

煌(初期状態でドラ1……最低でも満貫まで上げておかないと井上さんには届きません。さすがに白もこの局では来ていないですし……ここはまず勝負……!)發タンッ

11巡目

純手牌:五六七八きィ苅毅沓言樟勝.張癲В院.疋蕁Ъ

純(一向聴からが遠いな。さっさと西切って喰いタンで終わらせるべきだったか)1タンッ

誠子手牌:四五六ΝВ械毅僑沓沓検.張癲Л─.疋蕁Ъ

誠子(リーチ、タンヤオ、ピンフ……一発ツモに裏ドラか、ツモに裏ドラ2枚ついて、トップから出和がりすれば、逆転……ここはもう、賭けるしかない、か)

誠子「立直!」3タンッ

健夜「!」ガタッ

恒子「ど、どうしましたか小鍛治プロ!? 突然立ち上がって!」

健夜「このリーチ……結果的に、1位交代の決め手になるかもしれません」

恒子「は?」

憧手牌:一九´19東南南白發中 ツモ:3 ドラ:七

憧(とりあえず一発振り込みはないか。どうみてもタンヤオ系よね。こっちも国士一向聴なんだけど、西と北……河に北が3枚。あと1枚は間違いなく山の中。私が引く確率は20%弱。お願い、来てよぉ……)3タンッ

煌「チー!」

憧(え?)

純(鳴くのか?)

煌手牌:七七七キキΝЛ┌毅機殖横械粥.疋蕁Ъ

煌(タンヤオドラ3。このままでは立直が必要かと思っていましたが、ありがたいことです。さあ、勝負!)タンッ

純(こっちも張ったか……どいつもこいつも、俺を追い落とそうとしてるのが伝わってくるぜ)

純手牌:五六七八きィ苅毅沓言樟勝.張癲В魁.疋蕁Ъ

純(こっちは無理する必要はねえんだ。これでピンフはできている。あとはゆっくり和了り牌が出るのを待てばいい……)八タンッ

誠子(……通れ!)タンッ

煌「ロン。タンヤオドラ3。7700点の2本場は──8300点です!」スバラッ

恒子「こ、ここで花田選手の満貫炸裂ー! あれ、でも、確かトップ以外からの出和がりだと、トップに届かないはず……?」

健夜「いえ、違います」

終局

誠子:-800
憧:11000
煌:25600
純:25200

恒子「こ、これは、花田煌選手、大、大、大逆転ー!? なんでどーして!?」

健夜「満貫出和了りでは、どうしてもあと600点足りなかった。でも、その足りなかった600点を穴埋めしてくれたんです。亦野選手のリー棒分で」

恒子「あ……」

健夜「それを確認した花田選手は素早くチーして聴牌に取りました。タンヤオドラ3、2本場にリー棒2本。あとはツモでも出和了りでもいい、和了ればまくれる状態になった。井上選手も亦野選手も聴牌、新子選手は国士一向聴。あとはもう、運の勝負でしたが……強いですね、花田選手。こういう選手がもっともっと増えてくれば、麻雀はもっと面白くなるでしょう。すばらでした」



煌「ありがとうございました」スバラッ

憧「ありがとうございました(あーもう、南場は何もできなかったなあ……)」

誠子「ありがとうございました(トビか……やはり全国の壁はまだ厚いな)」

純「おつかれ(あー、これで透華にどやされんだろうなー。ま、仕方ないか……)」

煌(……これで、私のウィンターカップは全部終了しました)

煌(5戦5勝。悪くない成績です。智美さん、見ていてくれましたか。少しでもこれが、智美さんの力になってほしいです)

煌(正月にはまた長野に帰りますから、そこでまたお会いしましょう!)スバラッ



恒子「ひょーしょーしきー! このウィンターカップを制したのはご覧の通り……」

恒子「阿知賀女子学院のチームレジェンド! 赤土晴絵! 新子憧! 高鴨静乃の3名っ!」

恒子「ミラクルチーム、阿知賀女子を率いた若き名将と、その名将のもとでたくましく育った1年生2人で、見事冬の栄冠を勝ち取りましたっ!」



智美「いやー、煌っち、おしかったなー」ワハハ

ゆみ「なんだ、あまり悔しそうではないな」

智美「んー、まあ団体戦の結果にすぎないからな。煌っちは決勝卓でしっかり勝ったわけだしなー」

ゆみ「あとの2人がどちらもラスではな……」

智美「勝ち星を1つずつ分け合ったんなら、あとは残り2人の稼ぎ次第になるからなー」

ゆみ「もっともこの勝負では、大将戦にすべてがかかっていたといっても過言ではないがな。みんな初期点数が低いから、オカが大きすぎた」

智美「でもこれで、煌っちが全国に名前を売ることになったけどなー」ワハハ



恒子「2位はチーム竜門渕! 天江衣! 竜門渕透華! 井上純の3人!」

恒子「3位は新道寺Aチーム! 4位は白糸台チーム虎姫でしたっ!」

恒子「続きまして、各賞の発表です!」



ゆみ「そうか、個人成績もあるんだったな」

智美「ウィンターカップが特殊すぎるってのもあるけどなー」ワハハ

ゆみ「3賞は決まりだな」

智美「あー。先鋒が煌っち、中堅がりゅーもん、大将はせんせーだな」ワハハ

ゆみ「あと残っているのは……MVPと……」

智美「もちろん、アレだろー」ワハハ



恒子「MVPの発表です! でもそんなの誰が見てもわかってますよね! 大将戦で他チームを綺麗にまくった赤土晴絵選手です!」

健夜「おめでとうございます。プロになってもがんばってくださいね。それでは一言お願いします」

晴絵「はい。今回はMVPなんていうものをいただきましたが、ウチが優勝できたのも、阿知賀女子の1年生2人、高鴨穏乃と新子憧の2人ががんばってくれたからです。このウィンターカップの優勝実績をもって、プロに入りたいと思っています。小鍛治プロともう1回打ちたくてプロになるんです。すぐに追いつきますから、待っていてくださいね」

恒子「ありがとうございました! さあ、いよいよウィンターカップも最後の賞となりました。最後はもちろん“雪の女王”賞! ですが、これも先鋒戦から試合を見てくださった方にはもうお分かりでしょう!」

恒子「“雪の女王”の代名詞、白ドラ個数が実に32個! 白ドラ3が8回! 白ドラ頭が2回! 白ドラ込七対子が2回!」

恒子「しかも5半荘全てでトップ終了! さらにはウマオカなしの合計得点収支ではなんと全参加選手をおさえての堂々第1位!」

恒子「満場一致での選出となりました! それでは表彰お願いします!」

健夜「おめでとうございます。見事な闘牌でした。それでは、一言お願いします」

煌「ありがとうございます」

煌「今回、このような賞をいただけたのは大変うれしいのですが、これは自分の実力というわけではありません。本当に運が味方してくれただけのことだというのは理解しています」

煌「その運を私に連れてきてくださった方に、この場を借りて一言お礼を申し上げたいと思います」

煌「智美さん。私、やりました。智美さんのおかげです。本当に、ありがとうございました!」ペッコリン

恒子「おおおおお? その、智美さんというのは、いったいどのようなご関係で!?」

煌「大切な友人です。きっとこの試合も見ていてくれたと思います」スバラッ



智美「……」

ゆみ「まさか、全国ネットの場でお前の名前が出てくるとはな……」

智美「さすがに驚いたぞー」ワハハ

ゆみ「これは、何としても大学受験に成功しなければな」

智美(そうだな……)

智美(煌っちがこれだけのことをしてくれたんだ)

智美(私がやらないでどうする!)ワハハッ!




この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

最後の大団円はワハハすばらさんが書いてくれるはず。

2013/4/22(月) 午前 0:47 [ せーや ] 返信する

顔アイコン

なお、参考にした牌譜URLは、
予選→http://tenhou.net/0/?log=2013040723gm-0009-13051-543b4fee&tw=2
決勝→ http://tenhou.net/0/?log=2013032500gm-0009-13051-b86dab43&tw=2
です。もちろん物語の都合上、多少の修正をしています。

2013/4/22(月) 午前 1:04 [ せーや ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事