SSS(咲SS)感想ブログ

1/3 ご存じかもしれませんが、yahooブログがガラケーで見られなくなりました(怒)。

全体表示

[ リスト ]

穏乃「憧!増水してる川見にいこ!」 憧「濡れるからやだ」http://blog.livedoor.jp/yuriss/archives/67704712.html






















ジャンル:せつない
メインキャラ:穏乃、憧、灼、玄、宥、他
カプ:穏乃×憧
内容:誰かを助けるのに理由がいるかい? と聞いた主人公がいる。その主人公さながらに、目の前にいる人物を助けようとしたとき、穏乃は事故にあった。頭を強く打った彼女が目覚めたのは2週間後。自分に抱きついてきた女の子の言葉から、彼女は自分の名前が『しずの』であったことを知る。


























以下、ネタバレ注意



















 穏憧は正義とおっしゃる方は多いそうですが、

 確かに正義です。
 このSSSを読めば正義だと分かります。

 記憶というのはテーマとしては非常に面白くて(実際せーやも扱ったことがあります)、記憶がなくなること、なくなった記憶と対峙すること、記憶を取り戻すこと、どれも描く側が簡単に読者を引き込むことができる魔法のテーマです。
 今回の作品は記憶をなくしている間がメイン。取り戻せない記憶と、きっと自分のことを好んでいたであろう仲間たちとのふれあい。
 記憶をなくしたときの意識体は、当然記憶があったときの意識体とは考え方が違います。
 問題は別人ではないということです。性格・気質が変わらないまま、前提となる知識がないためにものの考え方が異なるのです。
 ものの考え方が違うと、その人の行動・様子までが変わってきてしまうので、一見して全く別の意識体のように見えますが、これは同一人物です。ただ、前提となる知識があるかないかの違い。
 もしかしたらそれが原因で感情が抑制されたり、逆に涙もろくなったり怒りっぽくなったりするかもしれません。

 今作、描写が大変にすばらだったのは、このあたりの匙加減です。

 穏乃が記憶を無くしてどう活動するのか、性格が同じであってもこう変わってくるのかと深く納得できるレベルの見せ方をしてくれています。

 本当は、記憶を取り戻すところも描いてくれると嬉しいんですよね。
 その点、プルースト効果を使っている作品(そして文章の上手な作品)は、本当に感動しますし参考になります。ぜひそういうSSSが読みたいなあ。

 さて、今回のお話は穏乃と憧です。記憶を無くして穏乃を避ける憧と、記憶はなくしたけど憧と仲良くなりたい穏乃のお話です。これは熱くて哀しい話です。
 正直、完成度も高ければ見せ方も上手だし、せっかくだから続きを書いてもいいのではないでしょうか(爆)。
 冒頭にも記したとおり、憧穏は正義です。それも、ただ仲良くしているだけではなくて、記憶という条件を付け加えると、確執やいざこざまで描くことができるようになります。

 うん。憧チャ-はもっと穏乃に甘えていいんじゃないかな!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事