トレハの虫かご日記+植物たち+時々写真

2016/10/31でHP「トレハの虫かご」は閉鎖しました。

ラスト?天成園

仕事帰りに、箱根に行ってきました。^ ^

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

途中で雪から雨に変わったものの、1日中降り続けていたので、結局自宅に引きこもったまま今日1日が過ぎてしまいました。
 
今日は、コーヒーを飲みながら、昨夜録画しておいたNHKの「精霊の守り人」をじっくりと観ていました。
 
昨夜、精霊の守り人の放送時間中に、御殿場市内にも、レアポケモンであるラプラスが複数出現したため(※ポケモンGO!です)、落ち着いてテレビを観ていられなかったのです。^^;
 
息子は、「ポケモン出現お知らせアプリ」(正式名称は知らないけど)をiPhoneに入れてあるため、近所にレアポケモンが出現するとメールでお知らせが届くのだそうです。
ウォーキングのお供としてポケモンGO!をやっている私としては、「何もそこまでしてポケモンをゲットしなくてもいいんじゃないの?」と思わなくもありませんが、せっかく息子が教えてくれたので私も一緒に取りに行ってみるか、と。
昨夜は、3匹のラプラスをゲットしました。(^^♪←結局喜んでるじゃん!
ちなみに、私のポケモンGO!のレベルは、現在30です。←どこがウォーキングのお供だ!と、息子が呆れてます。
 
精霊の守り人を観ていたら、戦闘シーンの足元に、ミズバショウの花が咲いていたのです。あれは、ミズバショウですよ、どう見ても。
「精霊…」は、架空の物語。ファンタジーなんですよ。どこの国かわからない、でもアジアっぽい雰囲気の不思議な世界……で、ミズバショウって言うのは、う〜ん……違和感があるなぁ……。
と、植物オタクの私としては、どうにもそこが気になってしょうがなかったです。
「精霊…」をご覧になられた方、そう思いませんでしたか?えっ?気にならなかった?はい、そうですか。そうでしょうね……。(.;)
 
ちなみに、あのミズバショウシーンは、赤城自然園(群馬県)で撮影されたものらしいです。
 
ミズバショウと言えば、そろそろ箱根湿生花園でも、見頃を迎える頃だと思います。
今年こそは、ベストタイミングに見に行きたいです(昨年も一昨年も、見に行った時にっはピークを過ぎてしまっていたので)。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
上の文章とは全く何の脈絡もありませんが、さっき、2種類のムシトリスミレが、そろって黄色い花を開花させていたことに気が付いたの、撮影してみました。
 
2013年にチェコから個人輸入したP.spec.yellow flower
イメージ 2
 
↓日本食虫植物愛好会から入手したP.moranensis yellow flower
イメージ 1
 
どう見ても、同一品種じゃないかい。^^;
ムシトリスミレの(ピンギギュラ)については、あまり研究(分類)が進んでいないため、新種と思われるものが発見されても正式な学名が付けられていないものが多いのです。で、新種は暫定的にモラネンシスに区分けされてしまう……ため、こう言うことになってしまったのだろうな。^^;
 
さらっと紹介していますが、黄色い花を咲かせるメキシコ産ムシトリスミレは珍しいものです。
めったに見られないものなので、ありがたく見ておくように(滅多に見たいものでもないかもしれないけれど)。
 
開花していることに気が付いたのが夜になってからだったため(ちなみに、昨日点検した時点ではともにまだ開花していなかったのです)、本来の色で撮影できていないかも?とも思います。次の週末あたりに、明るい時間帯に撮影した画像を、再度UPしたいと思っています。
 
それでは……今夜は、これにて失礼します。
突然真冬の寒さが戻って来てしまって、私も何だか少し風邪っぽい感じがしています。お互い、体調を崩すことがないように気を付けながら、忙しい年度末を乗り切りましょう!
明日からの1週間も、がんばって乗り切りましょうね!

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

今朝は、まさかの雪。
イメージ 1
昨日が我が愛車の6か月点検だったので、ついでにスタッドレスからノーマルにタイヤ交換をしてもらった途端の雪。素晴らしいタイミングです。^^;
あと2枚温泉券が残っているので、息子と昨夜、「明日は二人で天成園に行こう!」と話していたのですが……このお天気の中、ノーマルで箱根越えをする度胸はないので、断念。今日は、自宅で日記でも書きながら、おとなしく過ごすことにしましょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
前回の日記に、コーヒーミルを買った話をしましたが、人間、買えば使いたくなるものです。
平日の朝は忙しい……と、前回の日記では言っていたくせに、この1週間は、毎朝コーヒーを挽いて飲み続けていました。^^;
つまり、「忙しい」とか「時間がない」とか言うのは、結局言い訳に過ぎなかったと言うことなのでしょう。
そして、これもまた前回の日記に書いたことですが、息子の何気ない一言から、軽い気持ちで2回目のドリップをしてみたところ、私が思ってた以上にコーヒーの味が出て驚いたじゃないですか。
もしかしたら、ちょっとした工夫でもっとおいしく淹れることができるのではないか?と思いましてね。図書館からコーヒー関係の本を何冊か借りて読んでみたのです(世の中に、たかがコーヒー関係の本がこんなにたくさん出版されていることにも驚かされましたが。ちなみに、私が読んだ中では、『コーヒーの基礎知識』(株式会社判佝納辧砲、一番面白かったです)。
 
意外だったのは、コーヒーの木は日当たり良好な環境を好まないため、強い日差しを遮ってくれる木々の間に植えていると言うことで、つまり、環境に配慮された、持続可能な農業ができるのだそうです。
私の中には、コーヒーの栽培は、森林を丸ごと伐採して大規模プランテーションを作り、現地の人を低賃金で雇って行われる、環境破壊と搾取の縮図と言うイメージがあったのですが……現実は、違うのかもしれませんね。
それから、ちょっと話がそれますが、「コーヒーの木」って、時々観葉植物として鉢植えが販売されていたりします。栽培に、強い日差しを必要としないのなら、室内での栽培にも適するのかもしれませんね。種まきから3年くらいで結実するそうですから、室内栽培したコーヒーの木から取れた豆でコーヒーを淹れると言うことも、それほど難しくなくできることなのかもしれません。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
どんな世界にも、その道を究めた人と言うのがいるわけですが、コーヒーの世界では川島良彰さんと言う方がその一人だそうです。静岡市の出身だそうで、静岡県民である私は、勝手に親近感を覚えてしまいました。
その川島氏は、中学生の頃にブラジル大使館に「コーヒーの研究をしたい」と手紙を出したとか、高校卒業後はエルサルバドルに渡り、所長に頼み込んで国立コーヒー研究所に入所したとか、内戦が激化してエルサルバドルを離れることになったとか…(詳しくは『コーヒーの基礎知識』やウィキペディアをご参照ください)。
若い頃に文献から「ブルボンポワントゥ」と言う幻のコーヒーを知り、後にUCCの創業者と出会い(このあたりは、NHK朝ドラ「マッサン」のモデルとなった、竹鶴政孝氏とサントリーとの関係に似ているような気がしましたが)、苦難の末に、インド洋にあるレユニオン島でブルボンポワントゥをみつけ出した……訳です。
 
現在栽培されているコーヒーは、大きく2つの種類に分けることができます
レギュラーコーヒー用のアラビカ種。
缶コーヒーなどの加工用のロブスタ種(カネホラ種。アラビカ種よりも病害虫に強い)。
アラビカ種が、各地で変異して様々な種に分かれたようで、ブルボンポワントゥもアラビカ種の中の1つです。恐らく、味はよかったのでしょうが、栽培が難しかったり収穫量が少なかったりで、姿を消してしまった種類だったのでしょうね。また、政治的な不安定さも、栽培を継続できなかった理由なのでしょう。
このあたりは、日本の「変化咲き朝顔」にも似た経緯のようですね(素晴らしい花を咲かせるにもかかわらず、系統維持が難しくて、文献の中には残っているものの姿を消してしまった品種もたくさんありますから)
 
単純な私は、ここまでは純粋に感動しながら読んでいったわけですが……うん、凄い人がいるもんだ。人間は、どんな分野においても、その道を究めた人がやはり凄いもんだ……。
 
ここで、普通の人間は、思うわけです。
ブルボンポワントゥって、どんなコーヒーなんだろう?販売されているのかな?
そしてネットで検索すると……。
 
http://www.ucc.co.jp/bourbon/ (UCCのHPです)
 
……100gで8,640円です。^^;
ものすごく大変な苦労があって、やっと復活させることができたものなので、これが妥当な金額なのでしょうね。
残念ながら?すでに売り切れているようで……次回の販売は、秋になるのでしょうね。
一度くらいは、飲んでみたいです……宝くじでもあたったら。^^;
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
と、一般的な庶民には、びっくり仰天の価格設定ではありましたが、これは特異な例でしょう。
普通の?コーヒーは、こんなにはしません。
普通のコーヒーでも、豆を購入して自宅で豆を挽いて淹れると、スーパーマーケットなどで挽かれた豆を購入したものより、はるかにおいしいコーヒーが出来ます。
 
忙しい毎日ですが、5分早く起きれば、毎朝おいしいコーヒーを淹れることができますから……もうすぐ新年度がはじまりますしね。気分を新たに、毎朝おいしくカフェインを摂取して、シャキッとした生活をスタートさせるのもいいんじゃないですかね?
で、ミル、買いませんか?(と、なぜかPRしてるし・笑)。
 
それでは……これにて失礼します。
今回は、ほんっとうにつまらない雑談にお付き合いいただき、ありがとうございました。

【オマケの画像】
イメージ 2
↑日本産ムシトリスミレも開花しはじめました。(^^♪

この記事に

開く コメント(0)

基本的に、休日の朝には、ゆっくりとコーヒーを飲みます。
 
コーヒー自体はほぼ毎朝飲んでいるのですが、平日は、出勤前の限られた時間の中で朝食を食べて洗濯物を干してとバタバタしているので、とても優雅にコーヒーを味わっているような余裕はありません。
眠気覚ましにカフェインを摂取することが目的で、インスタントコーヒーを流し込んでいると言うような感覚でして……。^^;
 
平日はそんな状態なので、お休みの日にはレギュラーコーヒーをいれるのが、私のささやかな贅沢となっているのです。
贅沢……って言ったって、近所のスーパーマーケットで買って来た安い豆を適当に入れるだけのものなんですけどね。あんまりこだわりはありません。^^;
 
が。
先日、ミルとか言う物を、購入してしまいました。
イメージ 5
↑電動ミル。コーヒー豆を挽くための道具。
 
話せば長くなりますが……(略)。←詳しく知りたい方はいないと思いますので。
 
ともかく、ミルを購入したわけです。コーヒー豆600gのオマケ付きで3000円くらいのものでした。
生まれて初めて、コーヒー豆を挽いて、挽きたての豆でコーヒーをいれてみたのですが……手間暇かけていれたコーヒーなので、おいしいような気はします(が、正直に言うと、味の違いはよくわからないです。^^;
ただ、香りは確かに良いですね。これだけでも、電動ミルを購入した価値はあったと思います(そんなに高価なものでもないですしね)。
 
 
今日、「コーヒー、飲む?」と家族に聞いてみたところ、(新しい物が好きな家族なので・笑)、母と息子が飲みたいと返事をしたので、いつもよりもたくさんの豆を挽いて、コーヒーをいれてみました。
 
コーヒーをいれ終わり、残った豆のカスを見ていた息子が聞いてきました。
「それ、どうするの?」
「捨てちゃうよ。」
「えっ?もう1杯くらい、コーヒーが取れるんじゃないの?」
ええっ???
「だって、紅茶のティーバックだって、2−3回使えるじゃん」(←我が家の生活水準を如実にあらわしている発言です)
 
どうなんだろう?コーヒーって、1回しか使わないものだと思っていたし、2度使うなんて考えてみたこともなかった……。
 
で、やってみた。←我ながら、バカだなとは思う。
イメージ 2
↑こんな感じに、1杯分だけ2度目の抽出をしてみた。
 
イメージ 3
↑比較のため、同じカップに入れてみた。左側が抽出2度目のコーヒー。右側が抽出1度目のコーヒー。
 
 
 
飲み比べてみれば、確かに味は違いますよ。
でも、1つだけ出されたら、こう言うものかなと思っちゃうかもしれないし、混ぜて出されたらわからないかも。う〜ん……。^^;
私は大体2回に分けてお湯を注いでいるのですが、そもそも私のコーヒーのいれ方に、改善の余地があるのかもしれません。
たかがコーヒー、されどコーヒー。何ごとも、奥が深いものです(?)。
 
 
そして、結局最後は、カフェオレにしていただきました。
イメージ 4
こうなっちゃうと、もう、右も左もあんまり関係なくなっちゃいましたよ。いや、そもそも、我が家では、ミルで挽いた豆を使う意味があるのか?ってことかもしれないけど。^^;
 
バカバカしいけど、ただ捨てるだけだったコーヒー豆を使って思わぬ実験?ができたのですから、これはこれでよい経験なのかもしれません(?)。
 
と言うところで、本日の日記はこれにて終了。
初日に日帰り温泉に行ったものの、残り2日は自宅でのんびりと過ごした3連休でした。
今日は、食虫植物のメンテナンスなどもしたのですが、その件はまた後日と言うことにしておきます。
それでは……明日から、また1週間の仕事が始まりますが、お互い元気に年度末を乗り切りましょう!
 
【オマケ画像】
イメージ 1
庭のユキワリソウも咲き始めてきました。春ですね。(^^

この記事に

開く コメント(0)

連休2日目です。
イメージ 1
↑今日の我が家のパンジー達(Nikon D500で昨日撮影)。先週末より、少し大きく育っているでしょうか?
前回の日記に、「いったい何株のパンジーを定植したでしょうか?」と書いたので、その答えからスタートします。
 
前回の日記を書いた時点で定植した数は、327株でした。
バックヤードに予備の苗が20株程度残っていますので、350株くらいを育てたことになります。今季は、秋の長雨等により、育苗途中で枯死した苗が少なくありませんでしたが、それでも10袋の種を蒔いて350株が育ったと言うのは悪くはない結果なのかもしれません。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昨日は、母と息子を連れて、「天成園」(箱根にある日帰り温泉)まで行ってきたのです。
そう、3月4日の日記に、「日帰り温泉なう〜」とつぶやいた、あの天成園です。
イメージ 2
↑昨日の天成園……って、4日と同じだけどさ。今回はブレてしまいました。^^;
 
また行ってきたの?って言われそうですよね。
実は、昨年まで勤務していた部署の後輩が、利用券をくれたのですよ。「使用期限が今月末までの利用券ですが、よかったら使ってください」とのことで。そりゃ、行くっきゃないでしょ!
 
箱根は、自宅からすぐなんですよ。箱根と言っても広いので、場所によって違いますけど、たとえば箱根湿性花園まで12キロくらいかな。車で20分もかかりません。天成園までだともう少しかかりますが、それでも4050分と言ったところでしょうか。
私は、結構いい所に住んでいるんだなって思います。
 
本当は娘も一緒に家族4人で行きたかったのですが……娘は土日祝日に仕事を休めませんし、私が今月末までの間に有給休暇を取ることもできないので……家族3人でコ、コッソリ行ってきました(娘よ、ゴメン……)。
なので……みなさんも、どうか娘には、ナイショにしておいてください(酷い親だな。^^;)。
 
それにしても……会社の後輩が、よく送ってくれたなって思うんですよ。
同じ部署にいる時ならともかく、転勤して1年も過ぎれば普通忘れちゃうじゃないですか。その気持ちがね、ありがたかったのです。
 
もしかして、この日記を読んでくれているの、かな?ありがとね〜!!
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ありがとうと言えば……日帰り温泉チケットが届いたのと同じ日に、こんなものも届きました。
イメージ 3
↑あまおう。久しぶりに見た立派なイチゴです。
 
こちらは、虫関係の方からの頂き物。
以前少々?無理なお願いをしたことがあって、それ以来、当地の数少ない名産品?(水かけ菜と言う伝統野菜があるんですよ。春先が収穫期で、お漬物に加工されて販売されることが多い)をお送りしているのですが、そのお礼と言うことで送られてきたものです。
やはり、送ってやろうと思ってくださったお気持ちが、ありがたいです。
 
でも、こちらは、私の口にはほとんど入りませんでした。
息子はイチゴがキライなので、強制しなければ食べません。
殆ど全部を食べたのは、娘です。
 (※実は、母も結構食べていたらしい?)

イチゴと温泉の件とで、娘と「おあいこ」にならない、かな?^^;

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
重なる時には重なるもので……この日は、注文していたミカンが届いたり。
イメージ 4
↑奄美大島産タンカン。10Kg2,980円(送料込み)、自宅用の訳アリ品……と言うだけあって、外見は結構凄いのですが、味はいいですよ。
タンカンって、そう言うのが多くないですか?前に生協で購入した訳アリタンカンもそんな感じでした。
奄美大島には、まだ一度も行ったことがありません。アマミミヤマクワガタやアマミマルバネの観察に、一度は行ってみたいのですが……。
ま、そのうちに、機会はあるように思います(バニラエアラインも就航していることだし・笑)。
 
他には、「ワサビ&ワサビ漬け」も届きました。
イメージ 5
伊豆のワサビです。
ワサビについては、ノーコメント(親戚から突然送られてきたのですが、なぜ送られてきたのかよくわからない……^^;
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最後は、パンジーの話題に戻ります。
今日、「新桜貝」の、最初の種が取れました。(^^
イメージ 6
「新桜貝」については、この日記でも何度か紹介していますが(最近では1月29日や2月26日の日記など)、私にとってはとても大切な品種なのです。
今年発芽したたった1粒の種から育てた、このひと株が、「新桜貝」の最後の1株なのです。
もしも、この株から種が取れなかったら、我が家から「新桜貝」が絶滅してしまいます。まさに背水の陣状態なので、何としても種を取らなくてはと、VIP待遇で管理してきました。
 
最初に咲いた花を人工授粉させて種の成熟を見守ってきたのですが……その種が、今日、成熟してくれました。
今日、15粒程度は確保できましたから、これで何とか、次の世代に系統をつなぐことはできたと思います。
 
よかった……。
 
気温や肥料の状態等で花色に多少の差は生じますが、いずれにせよこれほど愛らしい小輪パンジー(ビオラ)は、他にないと思います。
引き続き、気を緩めずに、一粒でも多く採種できるように努め、来年の春の我が家の庭を「新桜貝」で埋め尽くしたいです。
(もちろん、「新桜貝」以外の品種も栽培はしますけどね。黄色の花がないと寂しくなってしまいますし)。
 
何はともあれ、種が取れたことは、本当によかったです。
イメージ 7
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まだまだ書きたいことはたくさんありますが、続きはまた明日。
本日の日記は、これにて終了。
今日も、とりとめのない日記を読んでいただき、ありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事