普通の日々

映画以外の記事はファン限定ですm(_ _)mちょっとお休みしますね(ペコリ)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

解説:
ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、
レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、
アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。
政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな展開に、戦場でのドラマ、
大学教授と無気力な生徒のやりとりが複雑に絡み合う。
戦争や生死の意味という根源的な問題への、レッドフォードのアプローチに注目したい。

ストーリー:
未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、
テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。
そのころ、大学教授マレー(ロバート・レッドフォード)の教え子(デレク・ルーク、マイケル・ペーニャ)は
兵士としてアフガニスタンの雪山でその戦略のひとつに携わっていた。

キャスト:
ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ペーニャ
デレク・ルーク、アンドリュー・ガーフィールド、ピーター・バーグ

公式HP:
http://movies.foxjapan.com/ooinaru/

何のために戦い、何のために死ぬのか──?

将来の大統領候補と目される共和党の上院議員(トム・クルーズ)は、
執務室に旧知のジャーナリスト(メリル・ストリープ)を呼び、
アフガンにおける対テロ戦争の新作戦について極秘情報を交え語り始める。
彼女に独占スクープをプレゼントしようというのだ。
おなじ頃、あるリベラルな大学教授(ロバート・レッドフォード)は、最近授業に出ない優等生に
その理由を問いただしている。
さらに同時刻、教授のかつての教え子二人が、いままさにアフガンで新作戦に出撃しようとしていた。

時差のある3つのエリア
ワシントンD.C
アフガニスタン
カリフォルニア大学
一つの戦場と二つの討論場が、絶妙に絡み合いながら同時進行する政治&ヒューマンドラマ!

ハリウッドきってのリベラル映画作家で俳優のロバート・レッドフォード7年ぶりの監督作品です。

昨日の初日に観てまいりました!
感想は・・・難しいの一言^^;
なぜなら、映画に“答え”がないからです。
ラストシーンも「え?」と言う感じで迎え・・・中途半端感が残り
問題提議を投げかけた・・・そんな作品だと思います。

「あなたならどうする?」
レッドフォードからの問いかけそのもの。。。
なので、賛否両論な意見が出る映画だとも思います^^;

注目は豪華キャスト!
野心的な上院議員を演じるトム・クルーズ・・・この作品で新境地を開拓
相変わらずカッコイイですね^^

アカデミー賞史上最多の14回ノミネート歴を誇るメリル・ストリープ・・・やっぱり好きです。
何ででしょう。。。彼女が出演するだけで、作品が引き締まります♪

大学生をよりよい方向へ導こうとする大学教授に監督のレッドフォードが
こちらは、相変わらず・・・渋いです^^

2の兵士には
バベル、ワールド・トレード・センターのマイケル・ペーニャ
グローリー・ロード(好きな映画です!)のデレク・ルーク
(グローリー・ロードの感想はこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/kuho30/41250846.html

そして、キングダム/見えざる敵のピーター・バーグが中佐役を

いやーん!もう最高のキャストですね^^

大好きなメリルが墓地を見ながら目を潤ませる表情に
純粋な理想に燃えて志願した若者が戦場で捨石にされる現実に

アメリカの持つ問題点、恐ろしさ
人種差別
なぜ戦争は続くのか、繰り返されるのか、なくならないのか
無関心の罪とは
正義とは
自由とは
監督レッドフォードの熱いメッセージが作品の中に隠れているように感じました。

派手さはないものの、登場人物たちが熱く論戦するシーンは見応えあり
この豪華なキャストの存在感たっぷりな演技を観るだけでも価値ありかも^^;

観客たち参加型映画
ラスト、あの学生はどう選択し、どう変るのだろ。。。

好き嫌いのわかれる作品だと感じましたので、無理にはおススメはしません^^;
邦題タイトル「大いなる陰謀」という「陰謀」の文字から、
事件の真相を追う驚愕な政治サスペンスを連想し、
この豪華キャストですから、期待する方も多いと思います。
その手のハリウッド陰謀モノを期待すると肩透かしに会う危険性も^^;

この作品のタイトル「Lions for Lambs」は
第一次世界大戦でドイツ司令官がイギリス兵に使った言葉です。

イギリス兵はまるでライオンのように勇敢に戦ったが
その上に立つ司令官たちが羊のように臆病だった。
司令官は考えずに好きなように兵士たちを犠牲にした。
無能な羊を守るために有能なライオンたちが犠牲になった。
本気で家族と国家を守るために自分たちの命を犠牲にしている人たちがいるのに
無神経な私たちはそれを当たり前と考えている。
そういう意味でこの【Lions for Lambs】を監督がタイトルをつけたのに・・・
邦題「大いなる陰謀」には納得いかないくるみでした。。。

【Lions for Lambs】の本当の言葉の意味を知って観たら、また違った感想になるのではないかと思います。
ので、長くなりましたが、黒字で説明文を載せてみました。

キャスト全員がこの作品のコンセプトに賛同し、
出演を決めたのでしょうから、その点は汲み取りたいと思います。
そして、この作品を世に送り出す、アメリカ・・・心が広いと言うべきか――。

あなたなら、どうする?
トム・クルーズ、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォードの名優が強烈に問いかけます。
そんな問いかけで終わるラスト・・・別な意味で怖い映画だと。

もっと世界に目を向けるべき、そして自分の国にも目を向けるべき、と監督が言っているように思いました。
こうやっている間にも国の犠牲になっている人がどこかにいると思うと胸が痛みます。

興味のある方はぜひ^^

この記事に

開く コメント(137) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(34) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事