T's Room〜紫丁香花の咲く街より

ゆっくりのんびり更新になりそうです

音楽(邦楽)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

8月1日(土)旭川サウンドビレッジ 開場18:00/開演18:30
8月2日(日)札幌ホットタイム   開場17:00/開演17:30

鈴木トオル(vo.g)、江口正祥(g)、松澤タツ(b)、向山テツ(dr)

行ってきました、トオルさんバンドライブ@旭川&札幌。
タイトルの「LOOK...?」は札幌でトオルさん自らが今回のバンドについて語った言葉です。
正確には「ルック点点点はてな、みたいなバンド」とのこと(笑)。

まさにそのとおりで、広規さんのベースがどうのというのではなく、自分的にLOOKの曲には達っちゃんの
ベースの音が慣れ親しんでいるので、耳になじむんですわ〜(*^-^*)。
帽子姿の達ちゃん、昔の面影そのまんま。
トオルさんは「遅れてきた少年」と称していましたが。。。
コーラスにも入ってくれていて、ステージでは寡黙にリズムをきざむベーシストという立ち位置感が
これまた私の好きな洋楽アーティストのベーシストとも重なって、いいんですよね。

MCは旭川と札幌で記憶がごっちゃになっていますが、LOOK時代の話が多かったかな。
北海道でのツアーが多かったから「北海道のバンドですか?」と言われたことがあった、とか。
だから今回どうしても達っちゃんを北海道に連れてきたかった、とか。
昔のツアー中のホテルでの出来事とか。。。
久々にまた羅臼町での話でてました(^-^)。

デビューしたときすでに26歳のいい大人だったので、10代向けのうれしすぎる楽曲をやっていて、
心のなかでは「これでいいのかな?」と思っていたという話、今だと気持ちわかります。
「ソロになってから(歌うのを)避けていた時期もある」って。うんうん、雑誌のインタビューでも
もうシンディは歌わない、って言っていたこともありましたよね。
でも聞いてるこっちはものすごく楽しかったんですよ。
今でもLOOKを聞くとその頃のライブが始まる前のわくわく感、ライブ中の楽しかった記憶、鮮やかに
思い出します^^♪
歌い終わってぼそっと風に「思い出すよね、LOOKを」という一言もうれしかったです(T_T)。

「巨人軍じゃないけど、いい曲は永遠に不滅です」と旭川でも札幌でも言ってましたが、そのとおり!
(「ただし俺は阪神ファンだけどね!」と付け加えることも忘れないトオルさん(笑))
だからかもしれないけれど、吉祥寺では今年だけと言っていたけれど、来年以降もLOOKは歌い続けて
いく覚悟を決めたといっていてこれもうれしかったです。

途中江口さんと2本のアコギ+Dr+Bの構成も意外なアレンジもあって、ものすごく興味深くてて楽しかった!
アコギでの「悲しきプリズナー」。
本当にエレキでききたいところだけれど、これもA2でやっていたアコギでどこまでできるかがあって
の姿なのかな〜と思ったり。
そして、「Hello Hello」での千沢さんのパートを江口さんが歌いました(^◇^)。
最近、山田さんとのトリオでもコーラスパートが増えている江口さん。
確実に歌の実力もアップされていますね〜。
プリズナーではそのままトオルさんが千沢さんのパートも歌いましたけどね。

「パパイヤ娘」〜「ハートに火をつけて」の流れは自然とテンションがあがるつなぎ方(≧▽≦)。
「千沢は自分で歌う歌は渋めでさ、俺は♪パパイヤ娘〜だぜ」みたいに言っていましたが、
江口さんが「トオルくんだからいいんです。千沢くんだったら売れなかったと思うよ。トオルくんは選ばれた人なんですから」とナイスフォロー。
あははは、確かに千沢さんには似合わないかも。
でもねテツさんも言っていたけれど、いつも渋め千沢さんだけど、前にでてきてパーカッション叩いたり、一緒に歌ったりするとき、ものすごく楽しそうでしたよ^^♪

旭川も札幌も最後に客席にむけてピックを投げ入れていたトオルさんでした〜(*^-^*)。

休憩なしのノンストップで、終わってみたら2時間半の長いライブでしたが、楽しさ満載であっという間でした。

画像は
^粟遒硫饐譟.汽Ε鵐疋咼譽奪
旭川会場 建物の2階です。2階に上がる階段が急です(^-^;)。
札幌の会場 ホットタイム。いかにもすすきのという感じのビルの5階。
た靴靴Tシャツ。紺とカーキー2色あり。トオルさんは旭川ではカーキー、札幌では紺を着ていましたよ。かわいいイラスト満載です(*^-^*)。

☆セットリスト☆(旭川&札幌共通)
朝まで待てない(カバー曲)
さらば恋人(カバー曲)
Rule
パラレル
グローリー
今日を生きよう(カバー曲)
街の灯り
(ここからトオルさんと江口さんはアコギで)
Hello Hello
ONE DIMEの夢
PLANET GIRL
パパイヤ娘
ハートに火をつけて
悲しきプリズナー
(ここからはエレキに戻る)
追憶の少年
まるっきりKITTY
夢見るシンディ
ドリームファクトリー

<アンコール>
黄金の階段(トオルさんギター持たず)
シャイニン・オン〜君が哀しい〜(アルバムヴァージョン)

この記事に

開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

7月3日(金)美唄クックカフェ旅の途中に
鈴木トオル&秋人
開場18:30/開演17:00

平日なので早退が可能かどうか見極めがつかず、当日になって急に決めた美唄ライブ。
クックカフェの2階がライブ会場で、窓から空が夕暮れから次第に夜の空にかわっている
様子を背景に見ながらのライブとなりました。

オープニングは今回の御世話役、美唄のギタリスト岸孝志さんのギターインスト2曲。

そして秋人さんコーナー。
暗くなるにつれて、譜面台が見えにくくなったようで、トオルさんの譜面台用携帯ライトを
拝借していましたが、このとき楽屋口から登場してきたトオルさんの手にしっかりとメガネ
がにぎられていたのを見逃しませんでした。
ブログにも書かれていましたが、美唄焼きそばやおそばを買ってすぐに送った話をされてい
ました。

秋人さんコーナーのあとはトオルさんコーナーです。
そういえば、ひとりぼっちのライブを見るのは昨年の美唄アルテピアッツア以来かも。
このときも秋人さんと一緒でしたね。
ギター一本でのLOOKメドレー、何年たっても色々な記憶が思い出されます(*^-^*)。
来月のバンドライブも楽しみです^^♪

ラストでは秋人さん、岸さんも入っての1曲で。


☆トオルさんセットリスト☆
マリアージュ
可憐
会わずにはいられない
ふたりで暮らそう
PIECE OF MY WISH
マリア〜Hello Hello〜サヨナライエスタディ〜ラストシーンから始めよう
夜明けの不良少年とペ天使のバラード
シャイニン・オン〜君が哀しい

みんなで
さらば恋人

この記事に

開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック

イメージ 1

イメージ 2

先週の土曜日、ひさしぶりに鈴木トオルさんのライブ遠征で、吉祥寺に行ってきました。
昼はピアノの山田さん・ギターの江口さんとの3人。
夜は、達ちゃんのベース&テツさんのドラムのバンドライブ^^♪
トオルさん以外はすべてLOOKのサポートメンバーという、私にとっては夢の共演です。

今年デビュー30周年の特別企画的要素たっぷりで、まだこれからもツアーがあるので
ネタばれしないように、詳細はだしませんが、LOOKの曲満載で大満足( ̄▽ ̄)v。

「今年だけだからね!」
「ソロの方が長いんだから」
「ソロの曲も歌わせろ!」という数々のMCが面白かったです(^◇^)。
ま〜、そういわずにこれからも時々はLOOK演ってくださいな。
あんな曲をこんなアレンジで、というサプライズもところどころにちりばめられているの
も、コーラスが進化し続けているのもとても楽しいです。


白いシャツにピンクのネクタイにジャケットというちょっとかしこまった昼の部と
Tシャツにジーンズで、エレキを弾きまくり、アンコールのドリームファクトリーの最後で
弦をひきちぎっちゃう夜の部のトオルさん。
どちらも恰好よかったですわ〜。

久しぶりに余計なことを考えることなく、純粋にライブを楽しむことができました^^♪

画像はよ〜くみると弦が切れている、トオルさんのエレキギター、ライブチケット


5月23日 吉祥寺曼荼羅にて

この記事に

開く コメント(4) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック

イメージ 1

イメージ 2

12月6日(土) STUDIO BAR 北海湯
開場18:00/開演18:30

鈴木トオル(Vo)、山田秀俊(pf)、江口正祥(g)

翌日の7日(日)との2日間ライブ@札幌は、初日のみ参加。
新しいCDもゲットしました^^♪
CDまたは徹飴の購入者は、トオルさん直筆グリーディングカードが当たる抽選会に参加できます。
4人分の抽選でしたが、見事にはずれでした(>_<)。

クリスマスパッケージは11月24日から始まったばかりなので、完全なネタバレなのですが、
今回のこの構成、もの〜〜すごく素晴らしくよかったので、ぜひ多くの方に参加していただきたい!!
LOOKの楽曲が多いのでなじみがないかもしれませんが、トオルさんの声でセルフカバー(トオルさん
いわく千沢さんのボーカル曲については、カバーかな、と)され、新しく生まれ変わった印象。
「愛と夢のファンタジー」がテーマのLOOKの曲は大人にも合うんです(*^-^*)。
いい楽曲は歌い継いでいかないとね!

マリアはギター弾き語りバージョンのしっとりの方が好みでした(^-^;)。
マリアも不良少年とペ天使もONE DIMEも、力強い印象でした。

そしてクリスマスソングメドレー。。。
いやいや〜のっけから驚きっぱなし(笑)。
これは相当3人で練習されたのでは。必見、というより必聴です。
カーペンターズのクリスマスソングでは、山田さんが7パートも重ねて録ったというコーラス音源に
バックにトオルさんの歌がもうたまりません(*´▽`*)。

札幌はまだほとんど雪がなかったのですが、とても寒い夜でした。
翌朝に雪が積もるほど降り、(日曜のライブでのMCによると)トオルさんは喜んでいたそうです。
ピーンと澄み切った寒い空気のなか、終わったばかりのライブの余韻に浸りながら歩いて帰りました。

☆セットリスト☆
移りゆく季節
The End Of The World
抱いて
やさしいクラクション
悲しきレイントレイン〜冬のステーション〜悲しきレイントレイン
夜明けの不良少年と街角のペ天使のバラード

〜休憩〜

アトリエ
おやすみ(山下達郎さん)
マリア
ONE DIMEの夢
We Wish You a Merry Christmas
Smile
Silent Night
I'll Be Home For Christmas
Merry Christmas Darling
夢見るシンディ
シャイニン・オン〜君が哀しい

〜抽選会&アンコール〜

おやすみ
Ring Ring Ring

注:順番あやしいところありです。特にクリスマスソングが(^-^;)

この記事に

開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック

イメージ 1

アルテ四季のコンサート〜秋編
鈴木トオル&秋人

10月31日(金)
アルテピアッツァ美唄 アートスペース

※クリスマスパッケージのネタばれ的な要素があったため、投稿していませんでしたm(__)m。

開場の18:30まで外で待つけれどこのときはそう寒くなくてよかった。
トオルさんのライブは多分3月以来。
仕事上のストレスに疲れていたことプラス、チープさんが亡くなったことが予想以上に
重く気分を凹ませていた。
夏のバンドライブは札幌含め北海道も行かず、いつもの本州遠征も結局どこも行かず、
これほどライブに行く気力がなかったのは初めてかも。
それだけに心境的に複雑、不安、緊張ありで臨んだライブ。

照明暗めで、いっけんがらんとした印象の体育館に、大きなアート作品が沈黙している。
その静かでモノトーン的な雰囲気がよかったのだと思う。
ストーブのあたたかさと明りで、カメ虫や蛾が飛びまわっていたのをのぞけば
いうことなし(^-^;)
トオルさんのときはあまり被害をうけてなかったけれど、秋人さんは口元や指先に蛾が
止まってちょっと大変そうでした(>_<)。

地元のギタリスト、岸さんが3曲(オリジナルのインスト曲)
秋人さん→トオルさん、最後は3人でのコラボと

移りゆく季節

落ち葉のコンチェルト
太陽はまたくる
陽が傾くとき
少年の瞳
追憶の少年
マリア
シャイニン・オン〜君が哀しい

トオルさんのパッチワーク風のジーンズ姿は、箱根誕生会での画像にあったのと同じだね(^-^)
なぜか素足で登場だった(?_?)
ライブ後出てきたときは靴下はいてたけど。

やっぱり声にギターの音にひきこまれていく。
相変わらずのきれいな指先。足の甲もきれいだし(笑)。

噂にきいていた「マリア」が聴けた(>▽<)キヤー♪
以前アコでのリクエストのときに、「千沢の歌はピアノで作ってるとギターでは歌えない」と
言っていたけど、LOOK当時も「この曲は自分がボーカルで歌いたかった」と言っていた曲。
昔のファンには涙ものの一曲。
頭のなかで千沢さんの声が重なりました。
クリスマスパッケージでは入れる予定とききました。
次のアルバムにも入るようですね。
この一曲だけでも来た甲斐がありました(*^-^*)。

この記事に

開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事