kunnyの思い立ったが吉日ブログ

PC オーディオ ラジコン プラモ ホームシアター ガンダムフィギュア PS3等ホビー広く浅くやっとります!!

タミヤ1/20フィアット131アバルトラリーです
WRC 1980年代のグループBカテゴリー以前の1から8時代の
1977 1978 1980とワールドチャンピオンに輝き
当時最強を誇ったマシンです 
1980年のキットなのでデカールは朽ち果てていましたが
保護リキッド2回塗りで何とか貼ることが出来ました、
とてもパーツが多く 作りごたえがあるキットでした
特にエンジンは素晴らしい造形で完成すると見応えがあります、
1/20のドライバーさんも付いていて助かります、
エンジンがギッチリ入っているのでフォグランプの配線スペースがなく
ヘッドライトのみとしました。
ジオラマはA4サイズ モンテの名所チュリニ峠の標高パネルも本物を縮小してつくりました。
雪の表現が以前より難しく感じて 2回やり直しました、(^^;)

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

イメージ 7
イメージ 8



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

さて 3月とはいえまだまだ寒いですね。
続きでーす、
ホイールとタイヤです ちょっとキラキラのメッキでしたので艶消しクリアー吹いて
シルバーっぽく艶を落としました タイヤは特に弄ってはいません
イメージ 1
シート 消火器 ペダル類 サイドブレーキ シフトノブ付きました。
イメージ 2
ドライバーさんです シートベルト ヘルメット スーツにそれぞれ
デカール貼りました。
イメージ 3
シートとドライバーの位置調節します アクセルとフットペダルをちゃんと
踏んでいますね。良い感じです。
イメージ 4
ダッシュパネルメーター類塗って付きました
イメージ 5
ドライバーさん達無事座りました シートベルトを赤のビニールテープで延長し
コ・ドライバーさんのペースノートはプラ板切りだして作りました、
イメージ 6
ロールバーとラジエター取り付きました、
もう間もなく完成です、
イメージ 7






この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

暖かな良い3連休でしたね。
さて続きです
エンジンにミッションと エキゾーストマニホールド付きました
イメージ 1
フロントサスとディスクブレーキです金属製のコイルが付いています(^o^)/
右コーナーリングの姿勢にしたいので左サスペンションとコイルを3mmカットします
イメージ 2
フロントスタビライザーも金属製です ラジペンで曲げてサスの寸法に合わせます、
イメージ 3
何とか接着しましたが 標準寸法ではないので クリップではさみ
1時間放置します、
イメージ 4
マフラーMrメタルカラーで吹き ゴシゴシ磨いて取り付けました、
フロントアンダーガードもフラットシルバーで吹いて付きました、
イメージ 5
プロペラシャフトとデフギアー付きました。
イメージ 6
リアサスとディスクブレーキです
こちらもフロントと同じく左側を3mmカットします
イメージ 7
こちらはリアスタビライザーもサスアームもプラ製なのでドライヤーを当てて
サスの寸法に合うように変形させました、
フロントよりも上手くいきました、
さすがタミヤの1/20はディティールが良いですね
イメージ 8
エンジンもキャブレターが付いて 無事マウントしました。
イメージ 9


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

もう3月も半ばだというのに1月作品の紹介です、(笑)
エンジンルームパーツ塗装して取り付け完了しました。
イメージ 1
久しぶりのエンジン製作です シリンダーブロックはMrGXメタルカラーのアルミでを
ブラシで吹き 綿棒でゴシゴシ磨き上げました
DOHC ヘッドカバーはホントはフラットのアルミなのですが
水性のクリアレッドを吹いてアバルトの文字とストライプ部は溶剤で拭き取り
アルミのシルバーを浮き出しました、
イメージ 2
DOHCカムギアーとベルトフラットシルバーと フラットの黒で塗りました
イメージ 3
カムカバーにプラグコード穴あけして付けました、
イメージ 4
シリンダーブロック 形になって来ました
イメージ 5
エンジン8割くらい完成しました
プラグコードはディストリビューターに0.5mmの穴あけして接着しました。
イメージ 6
リアトランク内部です
燃料タンク スペアタイヤ バッテリー付きました バッテリーにはケーブル
付けました。
今日はここまでです ありがとうございました
イメージ 7





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

1月の作品です 遅くなりました( ;∀;)
タミヤ1/20フィアット131アバルトラリー1980モンテカルロ仕様です
バリ パーティングライン処理 古いキットですが そこはタミヤ
1/20と言うこともあり ボディは良くできています
洗浄 うすーく白サフ うすーくアイボリーホワイト 乾燥です
イメージ 1
最大難関のデカールです 保護リキッドを念のため2回塗布しました
その分厚みも増すのでクリアーは上面部はたっぷり4回側面も3回吹きました
軽く研ぎ出しして デカールとの凹凸を減らします、
イメージ 2
上面部 研ぎ過ぎた感があるので上面部のみもう1回クリアー吹いて研ぎました
水性クリアーは柔らかいので厄介ですね
今日はとりあえずここまでです
イメージ 3







この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事