旅のおもちゃ箱(アジア旅行中心)

歓迎光臨でございます。謹賀新年。今年もよろしくお願いいたします。

全体表示

[ リスト ]

かねてから行きたい、食べたいと思っていたシンガポール・カトン地区の名物「カトンラクサ」。
ローカルだろうが旅行者だろうが、ラクサ好きが口を揃えて「ラクサ喰うならカトンでしょ」と言い切るぐらいカトンのラクサは有名です。
我が家はかなりのラクサ好きなので(相方は酸っぱいのが好きだからペナンラクサ派、ワタシはとにかくココナッツミルクと魚のダシ、両方が好きなので何でもOK)、一度は食べたいと思っておりました。がしかし、ラクサをある程度食べてきたゆえ、ラクサの美味しさの程度はわかっているつもりでした。つもりです。
したがって、皆がカトンラクサを勧める理由にしても「まあシンガポールラクサの発祥地ですからね。」ぐらいに捉え、一度は行ってみるかぐらいの気持ちでした。

しかし・・・結論から申し上げますとかなり美味かった。しかも今までのラクサ観念をぶち壊されるぐらい美味かった(当社比)、と言い切れるぐらい衝撃の美味さでした。
特に今回いただいたカトンラクサの創始店と言われているロキシースクエア内にある「正宗加東湯匙[口力]沙(ザ・オリジナル・カトンスプーンラクサ)」の味は、ワタシのラクサ観をいい意味でぶち壊してくれました。ヘブンリーラクサでございます(©ウェスティン)。


カトン地区はシンガポールの東部、チャンギに向かう途中、マリーナ地区を過ぎ、ゲイランの手前にあります。MRT東西線のパヤレバかユーノス下車でも徒歩圏内ですし、メイン通りのマリーンパレードは多くのバス路線が通っているので決して行きにくい場所ではありません。ただ、周りに見所はないのでこれを喰らうためだけに行くという気構えが必要になります☆
因みにカトン地区はいわゆるダウンタウンですね。

イメージ 1

我々は今回滞在したコンラッド前のサンテックシティのバス亭から、カトン地区に向かいました。

イメージ 2

途中いくつかの大通りを行き来するので方向感覚がおかしくなりがちですが、カトンショッピングセンターの青い建物が見えればしめたもの。見えたタイミングで近辺のバス停で降りれば、目指すカトンスプーンラクサが出店するロキシースクエアは徒歩圏内です。

イメージ 3

マリーンパレードより1本北の大通り「イーストコーストロード」がカトン地区の目抜き通りです。因みにロキシースクエアで通り抜けできます。
ダウンタウンとは言ってもそこはシンガポール。なかなか小奇麗な街並みです。

イメージ 4

328加東ラクサも有名店ですね。こちらは大通りに面しているので見つけやすいし、入りやすいです。このようにこの地区にはラクサのお店が沢山あります。時間と胃袋に余裕があれば食べ歩きしたいですね。

イメージ 5

ランドマークはカトンショッピングセンター。バスに乗っていても目立つので目印になります。文字通りランドマークですね。釣り下がった電飾が東南アジアを感じさせます。

イメージ 6

ダウンタウンとはいえ、高級そうな高層マンションも建ってます。あれ、HDBじゃないですよね・・・。
ゴーストバスターなる業態の店を確認。八卦で何をするんでしょうか。

イメージ 7

さて、話は戻って目的のカトンスプーンラクサに向かいます。
マリーンパレード側からロキシースクエアの中をずんずん進んでお店に向かいましょう。

イメージ 8

小さくて細長いホーカーズの一角にカトンスープラクサはあります。
ようやくたどり着きました。我が家の旅行訓「ローカルと食事の時間帯はずらす」を守り、昼前に到着しました。

イメージ 9

さあ、このお店です。ホーカーズ内にラクサ専門店はこの店しかありませんから間違えることはないでしょう(※2008年現在)
このお店、以前は別の場所にあったらしいですが、ここに移ってきたらしいです。支店も数店ありますが、ここが本店です。

イメージ 10

迷わず注文したのは、お店の屋号「カトンスプーンラクサ」です。まあ、大きさや麺の種類ぐらいしか選択肢はないですけどね。
あとは豆漿を注文・・・したけど思いっきりペットボトルでした。

これがシンガポールラクサの始祖・・・ワタシの大好きなココナッツまみれ♪って感じです。美味そ〜。

イメージ 11

蝦と魚のダシとワイルドにすりおろされたココナッツのスープがたまりません!
文句なしに美味いです(蝦・魚ダシ&ココナッツが好きな方に限る)。
しかも、甘い〜☆
素晴らしい〜マリアージュなりっ。
おっと、お好みでサンバルを溶かして召し上がれ。

イメージ 12

これがスプーンラクサを名乗る所以ですね。麺がショートパスタのようになっていて、基本はスプーンですくって食べるスタイルなんです。麺をすするんじゃなくて食べるって感じですね。
スープと一緒に麺をいただく。結構癖になりますよ〜。う〜ココナッツフレークたまらん。

イメージ 13

濃厚な蝦と魚、ココナッツのスープはカロリー度外視の美味しさです(笑)。その辺のホーカーズで食べてた薄っぺらいダシとはレベルが違います。しかもとってもミルキーですよ。
当然、飲み干しました☆

大満足のカトンスープラクサでした。
いや〜これはもう一杯いきたいぐらいです。旅行先では同じモノを何度も食べない主義の相方も、ここはもう一度食べにきたい〜と申しておりました。
いや〜本当に美味しかったです。
皆様も機会があれば、だまされたと思ってぜひ・・・でも、個人の味覚の責任は勿論取れませんので自己責任でお願いいたします(笑)←逃げ

あまりにも美味しかったので(味覚に合ったので)、満足してしまい他の店を試す気になりませんでした。こんなことは珍しいのですが・・・。なんかあの味の余韻をとっておきたかったんです。いやほめ過ぎかな?

イメージ 14

そんなわけで、ダブルデッカーに乗り込んで、カトン地区を後にします。
不思議な鮑の缶詰があったのでぱちり。日本語が書いてありますね。なんででしょ。

ああ、次回シンガポールに行ったら、必食ですね。いや、チャンギ往復の時に途中下車もできちゃうな(笑)。
新しい美味しさに出会えたカトン地区の旅でした。

おしまい。

この記事に

開く コメント(14) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(1) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事