CSOの くるまばかブログ

楽しく・速く・美しい車作り!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全296ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

毎度お馴染みの…なんだけどこの作業は久しぶりな気がした。

作業工程において以前まではこうしたが、今となってはこうした方が良いよなぁ、、的なマイアップデートがチョコチョコあるのが反復作業だったりします。

イメージ 1


今回はホールソーのチョイスとアプローチを変えました。
分かりにくいけど(笑)

イメージ 2


トリム穴位置に対してフレーム穴位置を揃える為の基準マーキング術も変えてみました。
分かりにくいけど(笑)

イメージ 3


腰ベルト用もサイドステーに新規穴あけして仕込むのは初かも。
これは分かるね(笑)

こういう場合はUNF規格でないJIS規格のアイボルトを使います。
バケットのベルトホールを支点にしっかり折れ曲がる様にできるなら、アイボルト部分の引っ張り強度はそれほど高いものを要しない、という考察の基、M8を使っています。

そもそも肩ベルト用のアイボルト取付部にM10は穴崩壊のリスク高そうだしね。

この記事に

開く コメント(0)

中古車をオークションから買ってくるとよくある事で、当たり前の有るべきモノが無かったりします。

このインテグラもしかり。
リモコンは付属品で後日別送かな?と思ったが確かDC5はリモコン一体型のハズ!とか言ってる間に届いた中に同梱はされておらず、嫌な予感が的中したのでした。

イメージ 1


それならイモビも無いし、ドアロック目的のセキュリティを付けちゃえ!って事で。

イメージ 2


これでリモコンも2個になるし。
スペアがあるのは有難いでしょう。
リモコン一体型のキーにセキュリティリモコンはドアロック機能が被るし1が2になって邪魔だ!って方も多いですが今回は残念ながら?何も無いスペアキーと思われるものだけだからリモコンが増えても邪魔に感じないですね。

しかし、エラく使い込まれたスペアキーだな…とは感じてたんだけど。

イメージ 3


そもそもはセキュリティ大国アメリカの輸入品ですが日本でも知名度のあるセキュリティキットって実はエントリーモデルの価格帯にそれほど開きは無いです。

なのでクリフォード。

付けてしまえば隠れてるのがセキュリティですが、目に付くリモコンや作動確認LEDがちょっと質感高い。

あとこのモデルはリモコン電波がすごく飛ぶんです。
遠隔操作できればそれなりで充分だと思ってましたが…実際は凄く便利。

クルマから離れてドアロック忘れた?とか不安になった時わざわざ戻らなくて良かったり。

大型商業施設の立体駐車場で停めた階層忘れてしまっても、強制発報させて居場所を見当つけたり。

あ、どちらも自己管理の問題か(笑)
忘れん坊さんには便利なリモコン付き〜♪って事で。

で、ひとつ今回の作業で判明した事。ドアロックアクチュエータの運転席側が壊れてました…

だから鍵の開閉してたんだな。
恐らくリモコン操作だと運転席側が反応しないからロックできない。鍵ならシリンダーからの信号でドアロックが作動するから。

納車前に判明して良かったよ。
買う前にちゃんと確認すべき事ではあったのですが。
忘れん坊ですいません(笑)

http://cso.ico.bz/

この記事に

開く コメント(0)

何故かシートベルトに関連する固定ボルトの規格だけは”アメリカ規格”と呼んだりする”UNF”なんですよね。

今まではボルト&ナット箱をひっくり返せばだいたい出てきたモンですがさすがに今回はちゃんとストックしよう!と思い立ってボルト屋さんに依頼。

イメージ 1


って言っても扱い慣れてないからか、サイズが確定できずにあれか?これか?言いながら探し出しました。

サイズが分かっても寸法やメッキ処理方法、などなど色々選択肢があるので無難なモノを精査しなければなりません。

イメージ 2


そしてセットで用意したワッシャ。これはネジ屋さんしてやったり!あえてミリ規格の交差大きめを持ってきたのだが…これが凄く遊びが少なくて良い!

で何で今更なのかと言うと…

イメージ 3


無限ロールケージに装着するアイボルトの向きを進行方向に向けて固定したかったのです。

そう、たったこれだけ(笑)
でもこれすごく大事。

バケット装着やロールケージ取付、などなどで何かと付随するシートベルトの取付作業なのですが。
S2000は何かと制約出てくるので、このワッシャ&ナットのお陰で今まで無駄に浪費してた時間は少しはかどるなと思ってます。

と思えば…箱買い、大人買いは高くない。
でもきっと…仲良し同業者さんが”小分けして〜!”ってやって来る(笑)

大人買いして仲間でシェア。
まるでコストコだ(笑)

この記事に

開く コメント(0)

大阪オートメッセ2017

テンポ良く午前中から仕事が消化できたので、納車業務を経てオートメッセ2017に立ち寄って来ました。

西も東も大雪みたいですが、幸いなことに私の行動エリアでは全く影響がなく、出発前の陸運局でこんな感じ。

イメージ 1


さて、例年はだいたい2〜3時間で見終わるのですが…今年ももれなく2時間半でほぼ予定終了w

印象としまして、メーカーさんの出展がリアルに減ってる感が否めないのですが逆に地場のお客様に根付いて商いされている業者、ショップさんは勢いがあって、関西らしく?商談即売会や物販にチカラを入れている模様。

イメージ 2


かく言う私も326powerさんのブースを見ながらあれこれ妄想させて頂きました。オートサロンでもコチラはなかなかの物販売上だったそうです。

凄くタイムリーなのが売ってたので思わず衝動買い(笑)
1ミリとか2ミリの、しかも色々なアルマイトのスペーサーってナローボディでセットするCSOとしては嬉しいセッティングツールです。しかもブレーキキットと同系のオレンジ系ゴールドがあるし!

イメージ 3


洗車時や雨天時に錆防止となりそうなナットキャップもセットで購入。仕事柄、アルマイト製品は反応してしまいますが…オートサロンの時はゆっくり見てる間がなかったんだな〜

イメージ 4


さ、仕事です(笑)
トップフューエルさんのS2000、ハードトップのこの整流フィン、参考になりそうだ、、

イメージ 5


ズーマーにもハヤシホイール。
これは仕事じゃないな。
単に反応してしまったw

イメージ 6


こんなに華麗に出来なかったけど良く使った斜切りパイプで作るワンオフマフラー!また流行って来てるみたいですね、、
もう作りませんが(笑)
いや、久しぶりに作ってみようか?

イメージ 7


どうもグレーのイメージが定着したCSO号、今年はカラーチェンジかな?と企みながら脱グレーに踏み切れず、ツヤありグレーに反応してしまう。

イメージ 8


DCインテグラ。
ハーネスワークが見たかったので撮影。素晴らしい!
こういうカスタム用に高効率の細いハーネスもあるらしいですね。
ただ…今やってるコンセプトからは逸脱するからやらないけど。
綺麗に仕上げるのもセンス、と言う意味で非常に勉強になります。

イメージ 9


とまあ、CSO的なオートメッセはこんな感じで。
最後にOTGブースで配布されてたメガシャキ飲んで寝不足と戦いながら帰ります。

帰社しても仕事なのだ。。

この記事に

開く コメント(0)

FD2 の17インチ化

久しくインチダウンなんて耳にしなかったなぁ、ってのが正直な感想。そういやドレスアップ界では一時期流行った時期もあったが。

しかし正常進化はインチアップ…だけどFD2 が19や20インチを履くわけでなく。

イメージ 1


先日、走行枠に行って来られたお客様にご提案したのはまさにそのパターンでちょうど8.5J-17のホイールもあった事から235/45-17を履いてみるのはどう?とご提案させて頂きました。

イメージ 2


タイヤは最近お気に入りのゼスティノRRです。タイヤの特性的にもコントローラブルで絶対的グリップが高すぎない点と17インチ化の利点が合致するんでは無いかと睨んでのチョイス。

ノーマルより10ミリワイドな235とする事で小忙しいファイナルレシオをちょっぴりワイドにできるし、少なくとも225/40-18という純正サイズよりは限界が高いというか粘ると言うか、喰う!逃げる!の間のレンジが広くなる分だけドライバーさんのスキルアップにもなるし、良いと思うのです。

何よりコスパ高いし。
サイズ的にもラインナップ豊富。

恐らく慣れてくるとリアの踏ん張り感がもう少しない方が…と感じるはずです。
その時は…リアを225にしても良いし。

無知なハナシだったのですがジムカーナ界ではFD2 の戦闘力がかなり高い評価を得てるらしく。
そのタイヤサイズは
235/40-18と225/45-17らしいです。

なるほどなー。
だとしたら周回遊びはフロント235/45-17でもOKなはずだ。

モデューロサスキットのマイFD2 もちょうど8J-17ホイールを仕入れたので遊んでみよう。

一昔前にFD2 ユーザーさんで流行った17インチ化、妙に今になって納得させられました。

分母が多いとデータも豊富だね。

http://cso.ico.bz/

この記事に

開く コメント(0)

全296ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事