★気まぐれだけど★ 鳩ヶ谷(川口)の放射線測定 ★たまに他所も★

当ブログの測定値を使用する場合は、必ずご連絡ください。

全体表示

[ リスト ]


【シンチレックスのリンク・ジャンプで新たに来られた方に】

当項目は、読売新聞の「市販」を真に受けて書いてあります。
後から開発チームの方とお話ができ、シンチレックスが何であるかの話を
「シンチレックス担当者の方とお話ができました。」
のリンク先に載せてあります。

そちらをお読みくださいね。

随分前からこちらの追リンクは貼ってあるのですが、何故かそこにふれずに元記事の方へ誘導されるリンクがありますのでご注意ください。

早ければ今月末には、ラジオライフの三才ブックスさんから、ガイガー・シンチのまとめのムック本が発売の予定だそうです。
そちらでもシンチレックスの取材をしているそうですので、発売されたら探してみてくださいね。
※ラジオライフの記事ですから、何よりも期待できるはずです。



●放射線の可視化、すでに外国ではある技術だったが、それを格段に安く商品化できるものを日本人が開発した。
で、それを安く商品化して来月には売り出すという。
新聞では報じられているが、もっともっとテレビで報道すればいいことなのに、かなりの温度差。
この商品、社会での実用度は計り知れないものとなり、食品業界に関しては大パニックとなるほどの影響力を発揮しそうです。


●「何でも食べて応援する」人には無用。
《食べて応援しよう》
トップページには立ち上げ当時には出荷制限がされておらず、検査もわずかだけで出荷されていた仙台の牛タンと、4月に出荷停止がかかっているにもかかわらず、黙って汚染ホウレンソウを販売していた多古町(香芝市の生産者とあるが、http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/110421/cpd1104211059008-n1.htm)の大和イモを使っての「牛タンとろろ麦飯」が掲載されている(牛タンとろろむぎめしねぎし)。

【牛タンに関して】
昨夜(8/21)にコメントにて「オージー・ビーフです」とご指摘をいただきまして、「ねぎし」さんに確認を取りました。
「ねぎし」さんで使われている牛タンは、オージー・ビーフとのことですので、本文訂正させていただきます。
また、トップページに紹介されるお店は、今は変わっております。


※これって、とりあえずは過去の経緯と現在の検査体制などを明記し、暫定基準値以下でも数値の表記があってこその応援となると思うが、こんなことを言い出す人は最初から無視なので、誰も突っ込まないのだろう。

※「出荷者は制限を知らなかった」と後の報道で書かれているが、4/4に県知事に出された制限令なので、「知らなかった」は流通を含めて通じない言い訳。

「安全が確認できれば、食べて応援する」
って人には大いに役立つ発明・商品化なのが今回のもの。
※現在の検査体制の下の、手放しの「食べて応援」キャンペーンが気持ち悪くて、ちょっと長く脱線してしまいました。


★本題にいきます↓★

イメージ 1
●ペットボトル樹脂(ポリエチレンテレフタレート)を改良して放射線を可視化できるように感度を上げたプラスチック樹脂の「シンチレックス」が商品化されそう。
京都大学の中村秀仁助教授の研究成果だが、京都大学より発表された時(6/29)に、一斉に報道されたものの、商品化は先のことと思っていたら、7/4には帝人化成が量産化を目指し、現在「シンチレックス」という商標名を申請中と発表。
9月に、この素材を使った第一世代検出器を製品化するとしていた。

《京都大学》
「産学官連携により、革新的な放射線蛍光プラスチック(商標名「シンチレックス」申請中)の開発に成功〜安価で高性能な放射線検出器の製造に大きく前進〜」

《ウォール・ストリート・ジャーナル日本版》
「PET樹脂から放射線検出器「シンチレックス」を開発」


●それが8/11に「9月末にも市販されることになり、価格は1万円以下になる予定」と報道された。
これってすごい話で、もっと大騒ぎして欲しいもの。
《読売新聞 2011.8.11》


イメージ 2
●原理としては、プラ樹脂の中を放射線が通過する時に青く樹脂が光ることを利用して、今回はカード型放射線検知器として1万円以下で発売の予定。
携帯ストラップにぶら下げる放射線検出器みたいな物となりそうだが、これを通して景色や食品を見ると、放射能が出ているようなら青く発光して見える。
食品の放射線を測るのが苦手なガイガーカウンターやシンチ計測器を使って数値を拾うよりも、かざすだけで可視化される同商品は「神」のような使いやすさになるのは間違いない(樹脂自体が青く光るから判断が容易)。








●中村氏は、北海道根室市で8/12に初のデモンストレーションを行い、「魚介類に含まれているかどうかは、水揚げ時に(シンチレックス製の)大型の板を置くだけで瞬時に判別できる」と解説←すごい大事な話。

カード型放射線検知器として発売されれば、全国のウソつきスーパーなどには脅威となる。
おそらくだが、カード型では放出される数値表示されないものの、売り場の魚や肉、野菜は発光により判別が可能。
イメージ 3
惣菜に混ぜられても判っちゃう。














《毎日新聞 2011.8.12》
「放射線:当たると光るプラスチック 京大チームが初の実演」


●ただ、α・β・γ線に反応するので、スイカやひじき、昆布などは自然カリウムが反応してしまいそう(それでもα線の検知は、ガイガーなどでも難しいので、期待されるところ)。
その辺は独自の産地判断で補えばいいこと(γ線の判断となります)。
暫定基準値など信用せず、少しでも放射能を減らしたいお母さん方には夢のような商品となるはず。
これがあれば「食品も測れる」としている誇大広告の測定器(ガイガーやシンチ)なんか買わなくていい。

※そのうちまとめますが、土壌汚染や食品汚染は現在のセシウム検査だけでは全くの不備。
当ブログの過去記事の「食品問題について 田畑は本当に安全か?」のシリーズではプルトニウムを書いていますが、もっと広範囲に飛んでいるとされる「ストロンチウム」は完全スルー状態となっています。


●前に発表された簡易測定器のエアカウンターと比較してしまうが、それはそれで考えておくもの。
空間線量計は、実際に受ける被曝量を判定できるので、このシンチレックスと組み合わせて使うのが賢い方法。
《当ブログ過去記事》
「ママさん用の国産線量計」

例えば、エアカウンターなどの測定器で公園などの平均的な線量を測り、シンチレックスで汚れの強いところを探す。
そうすればそこに近づかないで遊べばいいと判断できるようになる。


●このシンチレックス、
「車両が通過するだけで放射線量を測れる大型測定器」や、
「視覚的に放射線を警告することができる防護マスク」のようなゴーグル、
「内部被ばくを測る「ホールボディーカウンター」のような大型装置」にも応用できるとされ、
製作経費が格段に下がることから、近い将来に本当に夢のような商品となるもの。

★まずはコレを買って、食品防護をすることを薦めます!

イメージ 4
【シンチレックス応用例】

※そのうち、やたらと「食品測定に使える」と宣伝されて販売されているガイガーのダメさを書こうかしら…。
とりあえず今は、「食品を測れる」としているガイガーは、日本製だろうと手を出さないのがいいですよ。


【追記事】
シンチレックスの詳細に関してはこちらをご覧ください。
担当者の方とお話をさせていただき、記事も確認・校正いただいたものです。

「シンチレックス担当者の方とお話ができました。」






この記事に

閉じる コメント(28)

顔アイコン

ポチです^^
読者登録させて下さいね。

2011/8/21(日) 午後 5:37 [ まりん ] 返信する

顔アイコン

シンチレックスに放射線が当たると確かに可視光が出ますが、肉眼で見える強度ではありません。(使用済み燃料棒など極めて強い放射線源だと見えるかも知れません。)シンチレックスは高感度受光素子と組み合わせて使います。 削除

2011/8/21(日) 午後 5:50 [ cedar ] 返信する

顔アイコン

とりあえず、読売新聞の記事を信じて、私は明るい話と受け止めようと思っております。

2011/8/21(日) 午後 5:58 [ クサ ] 返信する

顔アイコン

とすると人間の内部被曝も測定できるんじゃないですか?
将来的には可視光のパターン解析である程度の核種特定もできそうですね。
東日本の人は程度の差こそあれ皆被曝しており、このままじゃ悔しいですから、
せめて証拠を残したいですね。

2011/8/21(日) 午後 7:28 [ zco* ] 返信する

顔アイコン

光電子倍増管とかが必要になってくるんでしょうが、人間の体内のアルファやベータ線は体外に透過してこない所にあると無理でしょうね。

ですから、魚の水揚げの検査は、ガンマ線がメインになるかもしれませんね。
※でも、切り身や精肉された肉、ミンチなどは断面が増えるので検知の確率が格段にあがるでしょう。

応用例にも「人体表面」とありますし、万能ではなくとも、ベクレルで発光するのが、手軽で我々にはわかりやすいのではないでしょうか?

しっかりと測らなければならないものは、大掛かりな機械でいいと思いますが、ホールボディカウンターも、実際に体内にあるガンマ線の何割かしか読まないらしいですし、更なる正確な内部被爆ちを知るには、尿検査との組み合わせも必要みたいですしね。

でも、必要以上に期待させられる発明ですよね。

2011/8/21(日) 午後 8:15 [ クサ ] 返信する

顔アイコン

牛タンの原料はOGビーフですよ。
何が何でも東北産を嫌うならいいけど… 削除

2011/8/21(日) 午後 10:26 [ だり ] 返信する

顔アイコン

そうなんですか!
あまり食べないんで知りませんでした…。

宮城の検査が気になっていたんで、牛関連は全てそうだと思っていました。
ぜひ、「食べて応援しよう」のHPのページにも載せるといいですね。
大和芋の産地しか載っていなかったので、そのままと考えていました。

2011/8/21(日) 午後 11:37 [ クサ ] 返信する

顔アイコン

これは直接京都大原子炉研の広報にお確かめになってみてはいかがですか?どんな放射線を何Sv当てるとこれだけ青く光るのか? 削除

2011/8/22(月) 午前 1:22 [ Slight_Bright ] 返信する

顔アイコン

ヤフーとアメーバに転載お願い致します。
アメブロ → http://ameblo.jp/64152966/
傑作ポチ。

2011/8/22(月) 午前 1:23 [ samurai ] 返信する

顔アイコン

有難う御座いました。
アメブロ にも転載させていただきました。

http://ameblo.jp/64152966/entry-10993736996.html

2011/8/22(月) 午前 1:53 [ samurai ] 返信する

顔アイコン

仙台牛タンの件、誹謗中傷なので本文修正してくんないですかね。 削除

2011/8/22(月) 午前 9:34 [ 仙台人 ] 返信する

顔アイコン

昨夜にご指摘をいただきましたので、確認中でした。
直接「ねぎし」さんにお電話させていただき、「オージー・ビーフ使用」とお返事いただきました。
とても丁寧な対応でした。

2011/8/22(月) 午前 9:57 [ クサ ] 返信する

顔アイコン

京都大学原子炉研究所には広報部門は無い様で、この件に関しては総務が対応している様です。詳しくはメールでのお問い合わせをお勧めしますが、原子炉研のurlを貼ると投稿がはじかれるのは何でなんですか? 削除

2011/8/22(月) 午前 11:05 [ Slight_Bright ] 返信する

顔アイコン

アメブロにURLを貼付けさせてもらいます。
目に見えると、みんなもっと真剣に放射能の事考える様になると思う。

2011/8/22(月) 午後 4:37 [ おりひめさま ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。twitterからとんできました。これが実用化されれば、うれしいですね。毎日食材買うとき本当に悩んでいるので、頼もしいです。

2011/8/23(火) 午前 8:46 Monkey50 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。転載させていただきますm(__)m

2011/8/24(水) 午前 8:11 みちる 返信する

顔アイコン

本当のところはどんなものなのか、現在問い合わせをしています。
ご返答をいただけましたら掲載しますね。

2011/8/24(水) 午前 9:41 [ クサ ] 返信する

顔アイコン

どれ位の発光なのかは、京大の報道資料に詳細に記載されています。

結果、従来のプラスチックシンチレーターよりも多少向上していますが、肉眼で観察することはできない位暗いです。

これは、従来のプラスチックシンチレーターと同等の性能を持つ素材を安価に製造できるようになっただけです。

一般に、プラスチックシンチレーターは1cm角の立方体で、4-5万円位します。

従って、放射線測定するには、従来通りのセンサーで感知するところには変わりありません。

報道写真で、光って見えたのは、デモ用に、紫外線ライトを当てて光らせたのです。 削除

2011/8/24(水) 午後 4:45 [ basama ] 返信する

顔アイコン

詳しい解説をありがとうございます。
その辺も含めて帝人さんに問い合わせをしております。

理解されている方に書き込んでいただくと、色々とわかりますね。

2011/8/24(水) 午後 4:53 [ クサ ] 返信する

顔アイコン

あと一点気掛かりなのは、リンクの京都大のページには「このサイトに掲載されている内容・写真・意匠等の無断転載を禁じます。」と、なって「は」いますが? 削除

2011/8/25(木) 午後 1:19 [ Slight_Bright ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事