水辺の土木遺産

久しぶりに更新を再開しました。

全体表示

[ リスト ]

ずいぶん前の事になりますが、面白い川廻しがあるということで訪ねようとしたものの、1度目はアクセスポイントさえ見つけられずに撤退。2度目は例の文宝洞を訪ねた後に散策、今度は無事に到着できました。

で、その1年後くらいに例の北陸隧道ツアーで、まききさん、doodoongooさん、お二人にもいずれこの川廻しをお見せしたい! と、いずれはご一緒しましょう! と、約束して別れました。

その後、なかなかお二人を誘う時間が取れませんでしたが、今年のまだ寒い時期にやっとお誘いすることができまして、再訪しました。

doodoongooさんが既に紹介を開始していますが、それを追いかける形で併走したいと思いますので、私の方は合流前の辺りから(笑)。

というわけで、実際に川廻しが紹介できるのはかなり先になるかと思います。
川廻しそのものが気になる方は、気長に待っていただければ……と。

イメージ 5

待ち合わせの時間に間に合わせるために、朝の5時前に自宅を出発して君津駅まで、そこで久留里線に乗り換えて久留里駅へ。

イメージ 6

久留里駅で下車すると、鉄の道の皆さんがお待ちかねのタブレット交換。
すみません、輪行袋持参ですので、さっさと改札へ。

イメージ 7

久留里駅到着は午前9時前、駅前ロータリーは舗装を剥がして工事中でした。

イメージ 8

折角の久留里なので、自噴井戸を幾つかまわってから。

イメージ 9

この通り、久留里には自噴井戸、あるいはそれを水道管で運んだ水場が沢山あります。

イメージ 10

水に恵まれない場所の多い上総(南房総)では珍しい地域です。

イメージ 11

私の家から久留里までは4時間近くも掛かる場所ですが、何となくそろそろ見慣れてきた景色の中を丘越えで三島湖へ。

イメージ 12

三島湖の一歩手前までたどり着いたところで、時間には余裕があるので名称・竣工時期不明の廃橋へ。

イメージ 1

柵がしてありますが、歩行者まで妨げるつもりはなさそうなので、自転車を置いて隣を失礼。

イメージ 2

ダムの方角に目を向けると余水吐きからちょろちょろと。

イメージ 3

下流側はこの通り。
欄干の方もボロボロです。

イメージ 4

橋を渡りきると、そこには真新しい軽トラか何かの轍が!
この橋、まだ使う車が居るんですね(苦笑)。

さて、合流地点の三島湖の駐車場へと向かいます。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

こんにちは。
三島湖の廃橋は房総を案内してもらった時に行きました。橋脚が結構ヤバそうだったのですが、見に行けなかったんで今度行く機会があったら見に行きたいところです。

2012/9/3(月) 午後 0:33 [ ハルニチ ] 返信する

顔アイコン

>かすがさん
欄干から眺めたときにも下の道に回り込めそうだとは思いましたが、やっぱり下に回り込むルートがあるようで……って、この時は軽い丘越えだけでヒィヒィ言っていて、自転車でこれ以上アップダウンが嫌だったから上だけ眺めてしまいました(苦笑)。

機械があれば、下からも眺めてみたい橋ですねぇ。

2012/9/3(月) 午後 11:42 [ DAiN ] 返信する

顔アイコン

自分のマップでも上げていますが、この橋いいですよね〜。ここに行った時、ちょっと下に潜ってみたんですよ…というのを書こうと今画像を見返したら…この橋、上路のカンチレバーガーダー橋だったんですねえ。初めて気付きました。バシバシ撮影したものの、側面が写るアングルで撮ってないとは、なんと甘アマな自分(笑)。気づきをいただき、感謝です(笑)。

2012/9/5(水) 午後 9:01 [ クイック ] 返信する

顔アイコン

>クイック・ニックさん
え!? カンチレバーガーダーなんですか?
と、思ったら、ちょうど、かすがさんが紹介していますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/kasuga_3z/6931275.html?vitality

なるほど、こんな橋だった上に、そんなに橋脚がボロいんですね(笑)。
次にあちらに行くことがあれば、私もクイック・ニックさんのように下からバシバシ、撮影してきたいと思います。

待ち合わせもありましたが、折角の橋を降りるのが面倒だからと省略してしまったなんて……と、私も猛省です(苦笑)。

2012/9/5(水) 午後 11:37 [ DAiN ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
この廃橋は私も訪問しています。
が、その後の直角素掘隧道には行っていなかったんです。
参考までに http://blogs.yahoo.co.jp/takaratta1152/35914189.html

2012/9/8(土) 午後 8:49 たからった 返信する

顔アイコン

>たからったさん
たからったさんはきちんと橋の様子を側面から確認していたんですね!
私は橋の上しか歩かずに満足してしまい、今になって後悔しています(苦笑)。

直角隧道、分岐隧道、さすがの三島・奥米クオリティですよね(笑)。
私も、これまでスルーしていた事に後悔しきり、是非、たからったさんも次に三島湖まで足を伸ばされた際には、あの2本を訪ねてみてください♪

2012/9/9(日) 午前 3:06 [ DAiN ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事