ここから本文です
きょろの温泉巡り
 ゲストさんがここから参加です。
 ゲストさん、遠出してたのに私の急遽のお誘いにもかかわらず参加くださいましてありがとうございます
 次は、何処に行こう。探検は続きます。ゲストさんお勧めの店は満席でした。こりゃああかんわ。
 途中、何故か壁ぎわさん、知人と話してるやん。誘ってほしかったが、酔っ払い集団に誘わない壁ぎわさん。紳士やね〜。
イメージ 1
 で、結局この裏路地に来た、酔っ払い軍団(いや、一人はシラフです。)
 どうも、この雰囲気に吸い込まれる2人。。もとい!3人。
イメージ 2
 こちらに行きました。
 そういえば、国道沿いに「赤瓦」ってお店がありました。こちらは、沖縄料理「赤瓦」さんの支店だそうです。
 国道沿いのお店は知ってましたが、こちらは知りませんでした。
イメージ 3
 まずは、生ビールとつきだし。
 今日は、ポテサラが多いですね。いいのです。好きだから。
 これだけでも充分あてになりそう。
イメージ 4
 入店してから気になってしかたない。
 粕汁です。鮭の大きいこと!!
 こりゃ美味しいわ。
イメージ 5
 目の前の「土手煮」も気になりますが。。。
 石橋で、沖縄料理が食べられるなんて知らんかった。(国道沿いは知ってたけどね)。
 なんか、大正区に来たような気分です。
イメージ 6
 探検隊は、郷土料理も食べなくては。。。
「もずくの天ぷら」。っす。これは美味でした。
 もう、完全に沖縄気分。スキューバダイビングの機材をもって行きたくなります。
 ゲストさんも喜んでいただきました。ヨカッタ
イメージ 7
 次のお店を物色する、壁ぎわさん。
 酔っ払い二人(もとい!3名)はさらなる探検に向かうのであった。

この記事に

開くトラックバック(0)

 今日は、昨年の12月に訪問してめちゃ美味しかったから、もう一度行こうと決めてた店に再訪問です。前回の記事はこちら。
 こちらは、阪急豊中駅の近くの商店街から入ったとこにある、「火・水・木」しか朝食営業はしてないお店、「六甲」さんです。
イメージ 1
 朝の8時に訪問です。
 前回は、なかったのですが、暖簾に「朝定食」ってあります。
 この露地は、近所の小学校の通学路ですので、元気な小学生が店の前を歩いてますよ。すごい行列です。
イメージ 2
「おはようございまーす」。入店したら、寡黙な店主。
「お、ひさしぶりやん」。覚えてくれてたんやね!うれしいです
 もちろん、朝定食。ってかこれしかないのですが。
イメージ 3
 じゃーーん!
 太刀魚の塩焼き・鶏肉と卵の煮もの・鶏肉となすのカレー風煮物・吸い物ですね。
「ご飯、少なくしてるから、お代り言うてな」。と店主。
イメージ 4
 前回、訪問時は鮭だったのですが、今回は、太刀魚です。塩加減もめちゃいいです。うまいわあ
 もうこれだけで御飯がなくなりそう。。。

イメージ 5
 それよりも、このお吸い物。。。
 なんと大根の厚いこと!おでんのようです。
 サバの大きいこと!生姜煮みたいやわ。
 これ、マジに美味しかった。薄口しょうゆですが、ゆずの皮がインパクトになり、一味唐辛子がピリッときます。
 もちろん、ご飯はお代りしました。3杯目もいけそうでしたが、ここは自粛しました。
 これで、500円。
 もう一度いいます、500円です。
 ほんまに、500円です。消費税込みです。
 もう最高です。週に3日は通いたいです。
 夜も行きたいですね。壁ぎわさん。。。豊中探検隊もしませんか?
六甲
豊中市本町1-13-16
06-6849-2364
営業時間 朝食(火曜・水曜・木曜のみ)5時半〜9時くらいかな?
     居酒屋 17時〜
 営業時間は確認してください 日曜休み

この記事に

開くトラックバック(0)

 松の湯に入浴し、体がポカポカになった後は、松の湯の駐車場の横にある「足湯」にやってきました。
 白浜には、6つの足湯があると、観光協会のマップに書かれていますが、他にもあります。一体いくつあるのか??
 今回、訪問した足湯はガイドブックにも掲載されています。
イメージ 1
 御船足湯です。
 遠くに「円月島」が見えます。
 このロケーションなら、足も暖まり、心も爽快になると思います。ただ、この日は風がきついので、あきまへんでした。
イメージ 2
 源泉は、松の湯と同じ源泉。「生絹湯」です。
 加水してるのか、冷却してるのか、42℃くらいの湯が出ています。
イメージ 3
 湯口はなかなか熱いです。
 足湯といえども源泉かけ流し。そのまま入浴する奴もいるかもね。
イメージ 4
 円月島を眺めながら、のんびりと
 こりゃええわな。

この記事に

開くトラックバック(0)

 なかの食鶏さんで、少しだけ鶏肉を楽しんだ、探検隊の2名ですが。。。な・なんと「石橋探検隊」の活動に賛同し、一部同行していただけるスペシャルゲストが中途参加となりました。
 ゲストさんと、改札前で待ち合わせですが、ゲストさんの到着まで数十分ある。。。ということでして。
 呼び込みの「おねえさん(過去形)」の声に引かれて入っていく、壁ぎわさん。まだ酔っぱらっていない探検隊です。
イメージ 1
 こちら、「吉喜」さんにやってきました。
 見た目、フツーの居酒屋さんです。呑み会してるグループがやたらと盛り上がっていました。
イメージ 2
 あては、数種類の中から選べます。「鶏キモ生姜煮」。。。さっき、鶏きも食べたのにまた頼んでる、酔っ払い2名。。。何やってんだか
 それに生ビール。壁ぎわさんは瓶ビールです。
 とりあえず、ゲストさんが駅に到着するまでここで待ちましょう。
イメージ 3
 お客さんが、結構いらしたので、この角度まで。壁中にメニューが貼ってあります。石橋名物ですね。
イメージ 4
 てっちゃんフライも頼んでました。味は覚えてない
 呑み会のグループさん、だんだん盛り上がってます。ジョッキやら皿やら床に落としてしまい大惨事になっていました。
 ここで、ゲストさんから「今着いたよ」ってメールが
 ここぞとばかりに精算して、そそくさと出る探検隊でした。
吉喜 本店
池田市石橋2-2-3
072-763-1280
17時〜22時30分 日曜定休?

この記事に

開くトラックバック(0)

 寒い日々が続きますが、毎朝、寒い時間の6時に叩き起こされ、散歩に連れていかれる銀次郎君。そして、5時前からモソモソ起き出して散歩に行けとナメナメするゆずるくん。
 我が家の朝はいつも、こんな感じです。
イメージ 1
 ぎんじろう君
「もう少し寝かせてくれよ。寒いやんか」。
イメージ 2
「散歩に行きたいワン!。パパ、オシッコかけるぞーーーい!」。
 いたずら坊主のゆずる君は、はっきり言って「わがまま」です。
イメージ 3
「もう、しかたないな。。。散歩は僕も好きなんだぞ!、でもウンチが出るかなぁ?」。
 ぎんじろう君は、16歳と8か月です。もう自分の力で●んちを出すことはできません。なので、私が処置しています。
 元気いっぱいのぎんじろう君です。
イメージ 4
「ぎんじろうお兄さんと行くワン。僕が先に行くからついておいで!」。
 ゆずる君は最近、ぎんじろう君の面倒を見てくれるのです。
 しかし、ご飯の時は、二人は「バトル」なのです。
 すごい戦いです!!だから、ぎんじろう君も元気なんだね。

 毎朝の光景です。
 寒いですが、我が家のワン君たちも元気です
 ぎんじろう君。。。長生きするんだよ!
 ゆずる君。。。ぎんじろう君を助けてあげてね!
 お留守番の時は、暖房入りの部屋でZZZZ。。。なのです。
 あぁ今月の電気代が怖い

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事