わがままOL衣食住日記

あっという間に冬?*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)?

全体表示

[ リスト ]

2006年2月28日,朝から小雪と冷たい風の吹く午前8時半…普通自動二輪の卒業検定試験を受けに来ました。検定直前にならないと。,▲魁璽垢里匹舛蕕検定コースになるか分からない。コレだけでもドキドキする。
極度の緊張で,どのように検定コースを走ったのか覚えていない…。大きなミスは無かったと思う。結果は合格!!卒業認定証書が夕方に発行させるので,それを持って翌日自動車運転免許試験場に,普通自動二輪が追記された免許証を受け取りに行きました。
3月1日に晴れて普通自動二輪の免許証が交付された。新しく交付された運転免許証を持って,教習所に逆戻り!新しい運転免許証に普通自動二輪の文字があることを確認して,大型自動二輪に再入校です。
イメージ 1

コレが大型自動二輪教習車HONDA CB750です。このカラーは新車ですね。 
イメージ 2

そうそう,私が乗っていたのはシルバーのCB750でした。これまたCB400に比べて,重さも大きさも違います。昨日まで乗っていたCB400のつもりで乗っていると,パワーに違いに驚きます。時速40キロのつもりが50キロを軽々と超えていましたヾ(;´▽`A
イメージ 3

またまた勝って知ったる車庫の中。居ました!CB750です。
イメージ 4

前のランプはCB400と同様に,教習生がどこのギアに入れているか,ブレーキをかけているか?時速40キロ出ているかが指導員から一目で分かります。
イメージ 5

後ろから見ても,同じランプがあります。
イメージ 6

やっぱり750は大きいなぁ。大型になると,クラッチが重たくなりました。CB400のクラッチはワイヤーなのですが,大型CB750は油圧式クラッチです。2時間も連続教習したら,左手がパンパンになります。
イメージ 7

エンジンガードには生々しいキズが無数残っています。私も2回ほど,このガードにお世話になりました。
イメージ 8

新車のCB750が目の前を走ります。大型教習は,意外と「自習」が多いんですね。入校の条件として,「安全上,普通二輪免許を所有する者」とありますからね。「もう既に乗れる人」扱いでした。
イメージ 9

さすがに二輪車専用のコースですから,ノビノビと走れます。それにしても,新車いいなぁ…。
イメージ 10

急制動の練習です。先方に見えるパイロンの所まで40キロで走行しなくてはいけません。そして前輪がパイロンの間を通過したら急制動です。
普通二輪の場合は時速30キロで進入し。パイロンの間に前輪が入ったら8メートル,雨天時は11メートルです。大型二輪の場合は時速40キロで11メートル,雨天時で14メートルに停車しなくてはなりません。結構難しい課題です。

休憩時間に,大型教習生用のゼッケンをつけていると,同じ教習生,それも普通二輪の若いコから声を掛けられることが多くなりました。「女性なのに大型まで取るんですか?」とか,「中型なんですけど,検定時のコツを教えてください。」など,いろんな声をかけていただきました。やっぱり女性の大型自動二輪は目立つんでしょうねぇ。でも,ちょっとそれが優越感だったりして(@´艸`)

(撮影機材 RICOH Caplio GX100)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事