わがままOL衣食住日記

あっという間に冬?*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)?

全体表示

[ リスト ]

先日ご紹介した前原市の「風の邸(おか)」の丸太型のクロワッサンとプチパンは,人一倍パンが大好きな相方に大好評でした。小麦や酵母の香が良いと言って,パンを口に運ぶ度に香を楽しんでいました。そんなに気に入ったんだったら,「鼻に詰めとけば?」と言うほどでしたヾ(;´▽`A
相方がそこまで気に入ったパンだから,また買いに行きました。
イメージ 1

風の邸(おか)と言うぐらいですから,とっても景色が良いです。糸島の可也山が目の前に雄大に広がります。きっと夜景はもっとすごいんだろうなぁ…。
イメージ 2

ちょうどプチパンが焼き上がりました。しかし,持ち帰りように詰めるには熱過ぎるので,しばらく冷ましたほうが良いとのこと…。
このゆったりとしたロビーらしきところでパンが冷えるまで,のんびり待っていようかと思いましたが,時間がちょうどお昼時…。そう,お腹が空いてきました。
すっかり馴染みになってしまったパン屋の店員さんが,「良かったらお昼を召しがってみませんか?」とおっしゃってくださいました。うーん,ナイス営業!「でも,お高いんでしょう…」と返事をすると,韓国料理の方では石焼ビビンバが単品で900円とのこと。お店の雰囲気も店員さんの応対も良いので,「じゃぁ,ビビンバだけ食べてみるかな…」と言う気になって,お店に案内してもらいました。
イメージ 3

店内はシックでモダンなインテリアでお洒落です。テーブルや椅子のスペースも十分に確保してあるので,ゆったりした気分で席に着きました。
イメージ 4

最初にクロワッサン工房のパンが一口分提供されました。プレーンのクロワッサンです。たったこれだけのパンですが,バターの香がとても豊かで,しっとりとした食感がたまりません。シンプルだけど,ハムやお野菜を挟んで食べるサンドイッチに合いそうな贅沢なクロワッサンです。
イメージ 5

さぁ!お待ちかねの石焼ビビンバです。今まで,大きなスーパーのフードコートにある石焼ビビンバのお店でしか食べたことが無く,「石焼ビビンバって,こんなもんなんだ…」と思っていた固定概念が吹っ飛びました。
運んで来てくれてた店員さんが,「混ぜてもいいですか?」と訊いて下さいましたが,「先に写真を撮らせてください!」と言って,店員さんのご協力をいただき,美しい石焼ビビンバが撮れました。
イメージ 6

これが混ぜあがった状態の石焼ビビンバです。たくさんおこげが出来るように,内面にご飯を盛り付けて完了です。
それでは早速火傷しないようにいただきますヾ(@^▽^@)ノ 石焼ビビンバには,スープも付いています♪
イメージ 7

ご覧いただけますでしょうか,このおこげの香ばしい感じ…o(*^▽^*)o
このお店こだわりのキムチやナムルと卵の黄身が絡まって,ちょっとマイルドな感じの石焼ビビンバで食欲をそそられます。
意外とペロッと完食してしまいましたヾ(@^▽^@)ノ
今まで私が食べてきた経験のある石焼ビビンバとは一味も二味も違います。何が違うのか!?と訊かれると,ハッキリとした答えはわからないのですが,きっとこだわりの素材と店員さんの気持ちだと思います。

馴染みになった店員さんに,「今まで食べてきた石焼ビビンバの中で一番美味しかったし,お値段が900円も納得出来る。」と感想を述べると,店員さんは自分のことのように喜んでくれます。きっと,こんな店員さんとのコミュニケーションも美味しさの秘密ではないでしょうか。

おっと,プチパンがほど良く冷めたようです。
今度は相方と一緒にランチをしに来たいと思います。

また明日からうまかっちゃん野菜炒め入りのお昼ご飯に戻ります(;´Д`)

風の邸(かぜのおか)
黒毛和牛と韓国料理 土凪舎(つなや)
福岡県前原市南風台8丁目2-1
092-330-8800
営業時間 11:30〜15:00(L.O)/17:00〜21:00(L.O)
定休日 月曜日
http://www.kazenooka.jp/

(撮影機材 RICOH Caplio GX100)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事