kyutaがゆく

ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

日吉山王祭 午の神事

日吉山王祭 午の神事
2013-04-12 撮影
 
 
日吉山王祭
4月12日〜15日
山王祭は延歴10年(791)、桓武天皇が日吉社に2基の神輿をご寄進されて以来1200年以上の歴史があります。
山王七社の7基の神輿(1基1500kg)が登場し、桜満開の中、湖国三大祭にふさわしい勇壮な神事が行われます。
 
 
午の神事 4月12日
3月上旬に奥宮に上げられた神輿に神様がお遷りになり、山麓の東本宮へお渡り頂く神事で、一説には見合いを済まされたご夫婦の神様の結婚式を再現する神事ともいわれています。
暗闇の中、松明の火だけを頼りに急坂を下る様子は大変勇壮で、駕輿丁(かよちょう)と呼ばれる担ぎ手が命をかけて神輿を担ぎます。
13日に行われる宵宮落とし神事と並んで山王祭を代表する神事です。
 
 
18:30 読み上げ式(生源寺にて)の後、標高378mの奥宮へ
20:30 2基の神輿が奥宮を出発
21:00 神輿が麓に到着
 
 
〜いやぁ、凄い祭りです。御覧ください〜
 
 
 
 
 
 
日吉山王祭の
「午の神事」  神様の結婚式を再現する神事
「花渡り式」  夜に出産を迎える神様にお祝いのお花を供える儀式。
「宵宮落とし神事」 大山咋神・鴨玉依姫神による出産、御子神誕生の儀式。
「神輿渡御」  大己貴神が琵琶湖を渡ってこられたことを再現する儀式。
を四夜連続でUpします。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(14) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事