ターンアウトスイッチ

踏切好きな人のBVE公開所です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

朝倉第2号踏切

イメージ 1

 近鉄大阪線の大和朝倉〜長谷寺間の踏切。このあたりから東は山岳路線になるので、畑に通じる小道の踏切などが多くみられ、ここもそのひとつ。


イメージ 2

 まずこのステップはなんだろう。単純に考えると遮断機装置を点検するときに使う台座のようだ。近鉄の踏切ではたまに見る。


イメージ 3

 そして渡ろうとするとこれ。渡れないじゃん…。


イメージ 4

 この風景を見ると阪急のアレを思い浮かべてしまうが、このフェンス扉は反対側にはない。こちらの道路に面した側にのみ存在する。


イメージ 5

 そしてこの扉をよく見ると、鍵は付いていない。ただし構造的に内側(踏切側)から閉めれば外側(道路側)からは開かない構造のようだ。おそらく踏切通行者が限られていることと、田畑に通じているので安易に渡られると困る(後述するが、田畑側は行き止まりではなく、一般道に通じている)ので、このフェンス扉が設けられたのであろう。
 ちなみに訪問時は錠はかかっておらず、開いていた。


イメージ 6

 フェンス扉を背にして撮影。あぜ道のような細い道は、大和川を橋で渡って、奥のガードレールがある道路まで通じている。


イメージ 7

 大阪上本町方面。上の橋は近鉄朝倉台住宅地に通じている車道で、朝倉橋という。


イメージ 8

 伊勢中川方面。ここから見えている上り勾配は榛原駅手前まで延々続く。


イメージ 9

 抑速ブレーキをかけながらその勾配を下りてきた伊勢志摩ライナー。ここから上本町までは細やかなアップダウンはあるが、平野を走り抜ける場面が多くなる。


イメージ 10

 踏切北の大和川に架かる橋の袂から踏切(画面右)を見る。親柱によると名前は「かんじんばし」というらしいが、細い農道に通じているだけにしては立派な橋である。

この記事に

開く コメント(0)

 まだまだ続く小ネタ集。前編はこちらからどうぞ。



           立地篇            

イメージ 1

 一般人には手の届かない場所にある踏切にも惹かれるものがある。
 写真は吹田信号場の中にある踏切群。意外とあちこちにあったりする。



イメージ 2

 車両基地の中にある踏切は演習用といった役目も果たしていることが多い。
 こちらは和歌山駅に隣接する日根野電車区新在家派出所の中にある踏切。



イメージ 3

 宇都宮駅の南側、新幹線の高架下にある演習場。わずかな距離に信号機が並んでおり、奥には遮断機が見える。

イメージ 4

 なぜか警報器が2種類置かれているほか、やたら踏切関係の設置が多い所である。



イメージ 5

 名古屋市営地下鉄の赤池駅東にある日進工場内には、演習用ではないちゃんとした踏切がある。
 もちろん一般人には近づくことができないが、気になる特徴がある。


イメージ 6

 これ、電鈴式ではないだろうか。地下鉄の踏切もレアだが、電鈴式踏切とは聞いたことがない。
 道路標識の「踏切注意」も掲げていたり(しかも汽車の旧タイプ)、なかなかネタ度が高い踏切である。




イメージ 7

 臨港鉄道の踏切は列車本数が少ないのもあって、最低限の設備しかないことが多く、そこもまた魅力である・
 仙台臨海鉄道のこの踏切は線路4本渡ってこの広さなのに第三種踏切で遮断機がない。

イメージ 8

 ここは線路が斜めに横切っており、向こうの警報器がはるか遠くにあるのにも関わらず、やはり第三種。


イメージ 9

 上と同じ踏切。カーブが凄い。



イメージ 10

 熊本は豊肥本線の立野駅にはスイッチバックがあるが、そのスイッチバックの中間に位置する唯一の踏切。なぜか警報器が離れた場所に立っている。理由は不明だ。



イメージ 11

 富士急行線の上大月〜田野倉間。一見普通の踏切に見えるが…。

イメージ 12

 向こう側の警報器はこんな張出しに設けられている。すぐ下に道路があるからだ。



イメージ 13

 築堤の向こうに踏切発見。築堤手前から見えるように警報器が高く設置されている…と思いきや、近くに寄ってみると普通の高さだった。
 ちなみに踏切は西鉄甘木線、手前の築堤は甘木鉄道のものである。


イメージ 14

 築堤を潜って踏切を渡ると、そこはソーラーパネル畑…。



イメージ 15

 JR予讃線北伊予〜伊予横田間では、松山駅高架工事に関連して貨物駅の設置工事が進められており、もともとあったのを廃止したか、それとも仮設のものかわからない踏切がある(たぶん前者)。

イメージ 16

 この踏切は渡ると土壁に激突するため、柵がされている。目の前が壁というのは何ともシュール。


            その他の珍しい踏切篇            

イメージ 17

 警報器本体が傾いている踏切をいくつか紹介したことがあるが、富士急のここは警報灯のみが傾いている。ぶつけられたのだろうか。



イメージ 18

 西武新宿線の交通量が半端ない踏切。右下の警報器が歪んでいる。九分九厘何かが接触したものと思われる。



イメージ 19

 和歌山は紀州鉄道の踏切。クロスマークがゆがんでいる上、警報器土台が今にも崩れそう。
 こういった歪んだり傾いたりしている踏切はいずれ改修されると思われ、一時的な風景であろう。




イメージ 20

 山口県の宇部線。山口県はオレンジ色のガードレールがあるらしいが、ここのガードレールは踏切風の虎縞である。短いけど。



イメージ 21

 山形新幹線の踏切は、幅が広いところは警報機から方向指示器を含めて特殊な形状をしている場合が多く、ステレオタイプの踏切設備が遮断機以外ほとんど見当たらない。その遮断機も2段になっているのは、大型トラックの目線の高さに棒が降りるようにしているためだとか。



イメージ 22

 富山県の高岡駅には最近新設された踏切がある。晴れて駅ナカに乗り入れるようになった万葉線の踏切である。道路はロータリーを兼ねているので車の通りも少なくスピードも遅いため、警報器のみが設置されている。

イメージ 23

 ここの踏切の警報音は独特である。なんというか、遊園地にある豆汽車の踏切の音に近い、シンセサイザーのような音色である。他にはないだろうと思っていたが、福井鉄道の田原町駅にも同じ音がする踏切が新設されていた。



イメージ 24

 これは踏切が珍しいというより、天候が凄かった結果誕生した、珍しいカッコの踏切である。ちなみに阪急電鉄。

イメージ 25

 LED灯であること、早朝であることから雪が全然溶けていない。雪国じゃないので仕方ない(?)。
 


            過去に紹介した踏切のいま篇            

イメージ 26

 KTR宮福線の下篠尾踏切はとっくの昔に高架化され、線路も京都丹後鉄道となった。踏切があった面影はどこにもない。



イメージ 27

 阪急箕面線の府道南踏切はLED化されていた。


イメージ 28

 しかし手前のこの警報器はLEDになってもそのままだった。配線も相変わらずである。



イメージ 29

 ガーン!あの踏切がついにマトモ(?)な姿になってしまった。
 結局現在に至るまで、ここ以外で同様の警報灯器を拝むことはできなかった。あれは幻だったのだろうか。

イメージ 30

 ちなみに反対側の素性のわからない「四角いLED灯」も汎用タイプになってしまい、何の特徴もない踏切になってしまった。残念。


            踏切の連続している風景篇             
 最後のお馴染みテーマのまとめです。これにて終了となります。

イメージ 31

 向こうが遠いかもしれないが、手前が南海本線・奥は阪堺線。頻度的には当然手前がよく閉まる。



イメージ 32

 クランク状になっていてわかりにくいが、踏切が二連続している。手前はJR白新線でよく閉まるが、奥は新潟貨物ターミナルと上沼垂信号場を結ぶ線路で、たまにしか閉まらない。



イメージ 33

 ここもクランク状になっているが、手前が東武日光線・奥が東武宇都宮線である。



イメージ 34

 ここは少し特殊で、手前の第4種踏切も、奥のオーバーハング型警報器が見える第一種踏切も同じJR信越本線である。
 さらに奥に見える高架は当時開通前の北陸新幹線で、新幹線開業に伴い、信越本線の線路が手前から奥に付け替えられた、その場所にある。
 したがってこの踏切は連続しているといっても、両方同時に使われたことは無い。写真撮影当時は切り替え前だったので、手前のみが使われていた。数日後に線路が切り替えられたため、手前の第4種踏切は廃止されている。



イメージ 35

 手前はJR東海道本線・奥は名鉄名古屋本線。併走していた両者がやや離れる新木曽川駅付近での撮影。



イメージ 36


 こちらも手前はJR東海道本線で、奥は豊橋鉄道渥美線。渥美線は15分毎の頻発運転をしているので、意外にも閉まる頻度は高いかも。



イメージ 39

 奥の踏切が見づらくて申し訳ないが、両方とも京急の踏切で、奥が本線・手前は新町検車区の車庫線である。
車庫線踏切は運転士がボタン操作で鳴動させている。




イメージ 37

 先ほど紹介した西鉄甘木線と甘木鉄道は、終点甘木駅付近で近づくが、すぐにまた離れていく。ここの場合は手前が甘木鉄道である。



イメージ 38

 手前は広電宮島線・奥がJR山陽本線。両者はほぼずっと並行しているので、踏切が連続している風景も散見できる。



イメージ 40

 両方ともJRで、手前が宇部線・奥が山陽本線。新山口駅の西側では両者ともしばらく並行しているため、連続踏切が数カ所ある。



イメージ 41

 上記の並行区間にある連続した第4種踏切。カーブにあって特に山陽本線は見通しが悪いが、至近に第一種踏切があるため、渡るときは参考にするべきである。



イメージ 42

 ここはどちらもJR東北本線。複線の上下線が離れているところに別々に踏切が設けられている例。




イメージ 43

 手前はJR阪和線で奥がJR和歌山線。和歌山線は車庫への引き込み線を兼ねている。



イメージ 44

 どちらも京成本線。上下線が分かれている例であるが、それぞれの踏切は一方通行なのに方向指示器が付けられているのが立派で私鉄らしい。ちなみに高架は北総線。


イメージ 45

 上と同じ踏切で少し離れると、線路だけ横切っている2か所がある(写真より手前にもう1本ある)。
 右手は京成線の高砂車庫で、左手が保線基地となっており、おそらく営業時間外に横断する車両があるものと思われる。



イメージ 46

 手前は鹿児島市電・奥はJR指宿枕崎線。両者かなり近接しているため、柵にも注意書きが書かれている。
 この踏切は長らく第4種だったため事故が絶えず、最近にようやく第一種に格上げされた経歴を持つ。


イメージ 47

 最後に紹介する踏切は、八王子市内にある、手前はJR横浜線・奥は京王線の連続踏切。


イメージ 48

 こうしてズームすると、警報器がいくつもこちらを向いていて連続踏切であることが実感できる。スピーカーも全部こちら向きだし、クロスマークが異なるのも興味深い。



…というわけで、小ネタ集4はこれにて終了です。長くなってごめんなさい。
ネタはまだまだあるのでご安心(?)ください。


この記事に

開く コメント(0)

 量が溜まっていたので前後編に分けて紹介します。また、今回よりネタの傾向からカテゴリ別に分けてみました。画像が多いのでご了承ください。

             警報器篇            

イメージ 1

 線路に近づく道路を進むと、目の前に警報器だけが置かれている。


イメージ 2

 全体像はこんな感じで、見通しが悪いため、水路を挟んだ反対側に警報器だけが立っている。
 このような背の低い補助警報器は、JRを始め、いくつかの会社に存在する。
 ちなみにここはJR西日本・山陽本線(四辻〜新山口間)の踏切である。



イメージ 3

 同じくJR西日本の阪和線。警報器本体に寄生する形で補助警報灯器が付けられている。
 全方向警報灯が使われているが、手の届きそうな高さにあるのが新鮮だ。


イメージ 4

 こちらもJR西日本の芸備線だが、後から中央のタテ2つを追加したのだろうか。
 全方向を付けるなら左右は要らない気もするが…。



イメージ 5

 こちらはJR東日本の同じような灯器。薄いLED灯である。


イメージ 6

 対岸にもある。
 ちなみにこの踏切は篠ノ井線と大糸線の2線が横切っているので、方向指示器も2つ付いている。


イメージ 7

 補助警報灯器の私鉄バージョン。南海高野線の住吉東4号踏切だが、補助警報器が中央分離帯に控えめに設置してある。


イメージ 8

 あまり見ない形をしている。もはや踏切警報灯というより、駐車場とかにある信号機のようだ。



 話題を変えて…。

イメージ 9

 JR西日本で一時期流行った(?)、方向指示器付き警報灯器だが、もはや素子欠けなどが多く見づらくなったところが多い。ここの場合もこの時は右向きしか来ていないのに、左側はフルに点いていたりしている。



イメージ 10

 この警報機、何か違和感を感じ得ないのはどうしてだろうか。


イメージ 11

 この踏切は名鉄とJR東海道線が並走する区間にある一宮5号踏切。名鉄の警報器は四角いのが特徴だが、ここは並走区間だからかJRに合わせて丸くなっており、方向指示器や警報器柱の太さだけが名鉄風になっている。
 てっぺんもギボシとスピーカーが分離している。何故こんな事に…。


イメージ 12

 一方、反対側はJRタイプの警報器柱に名鉄の方向指示器。灯器裏は名鉄風に黄色塗装…。もうわけわからん。



イメージ 13

 京阪京津線の四宮駅構内にある、係員用構内踏切。


イメージ 14

 そこにある警報器の灯器サイズがかなり小さい。子供汽車のような小ささだ。

イメージ 15

 鳴っているところを見てみたいが、入出庫線のため頻繁になることは無さそうだ。



イメージ 16

 京成千葉線の西登戸第3号踏切。わかりづらいが、右側奥に方向指示器だけが独立しているのが分かる。


イメージ 17

 といっても対岸に見せるための指示器なので、こちら側にきても何も見えない。
 見え方の問題で、この位置に置いたのであろう。



イメージ 18

 16個の警報灯器全てが全方向の踏切。これだけアピールしていても、通過する列車が単行の路面電車(阪堺)であるのが、少しギャップがある気がする。



            単眼警報灯と灯器の方向篇            

イメージ 19

 JR両毛線桐生〜小俣間にある第三諏訪踏切。


イメージ 20

 あれ、よく見ると警報灯が3つある。1個だけ違う方向を向いている!


イメージ 21

 1個だけそっぽを向いているのは、こちらにも道があるからなのだが、1個だけというのが少し珍しい。



イメージ 22

 北海道の太平洋石炭販売鉄道。沿線のビュースポット(?)、春採湖畔に佇む踏切。手前の警報器に左右を向いた灯器が付いている。


イメージ 23

 しかしこの灯器の用途は不明だ。写真矢印の位置に先ほどの警報器があるのだが、踏切脇に道路はなく、湖が広がるばかりであり、何故単品で線路方向を向けてあるのかわからない。
 踏切反応灯の代替かと思ったが、この路線の踏切は全て反応灯がちゃんと設置されている。





イメージ 24

 江ノ電の柳小路付近。
 なんで1個だけ左向いているんだろう?
 2個とも向けてやればいいのに…。




イメージ 25

 福島交通の例。
 地方私鉄だと結構こういう配置はあったりする。



イメージ 26

 同じく福島交通。
 踏切が連続していてややこしいが、とりあえず手前左の警報器も全方向が良いと思う。




イメージ 27

 松本電鉄・・・じゃなくてアルピコ交通。
 向こうの警報器のお腹あたりに単眼がある。何か怖い。


イメージ 28

 しかもこの単眼、電源コードが本体警報器に繋がっている。直列接続にして電気を貰っているのだろうか。その寄生方法も怖い。




イメージ 29

 富山地方鉄道。
 警報灯器の片側だけが全方向になった、オッドアイ警報灯である。

イメージ 30

 鳴るとこんな感じ。福井鉄道にもあったが、地方私鉄ではLED化するにしても経費の問題もありそう。



イメージ 31

 一方、贅沢にこちら向きのためだけに別途完全な警報機を立てる大手私鉄の例。
 この幅員で方向指示器も2台あるのは過剰な気もする。向かって右側に全方向灯器を付けるだけで良いのではと思うのは素人考えだろうか。



イメージ 32

 九州の鹿児島本線、二日市付近。
 これ、何故縦型にしないのか。踏切前がT字路になっているのはわかるが、正直なところ、逆に見にくいと思った。こういうのこそ全方向が役に立つ。



イメージ 33

 南海本線、春木付近。だから全方(ry


            遮断機篇           

イメージ 34

イメージ 35


 両側遮断で同時に降りる踏切は、大阪のゆめ咲線にもあった。
 ここの場合は手前から奥への一方通行のためであろう。



イメージ 36

 京王線桜上水〜上高井戸間にある、遮断機の設置に苦労したであろう踏切。
 敷地内に収めるのって難しいね。ちなみに名鉄の例



イメージ 37

 南海本線二色浜〜鶴原間。
 遮断機が降りてから初めて気づいたが、先端部のヒラヒラがない。ヒラヒラはある程度まとめてロープで固定されているはずなので、先端部だけが何らかの要因で外れたものと思われる。



イメージ 38

 名鉄各務原線にある、遮断機の数が奇数の踏切。手前が片遮断で奥が両遮断である。
 奇数の踏切はやはり珍しいので、見つけ次第記録していくことにしている。


  スピーカー・クロスマーク篇  

イメージ 39

 東武の踏切は時々クロスマークの模様が独特なことがある。なぜなのかはわからない。あと、東武の踏切は音がデカかったり、不協和音だったりするのが多いのも特徴かも。


イメージ 40

 福島交通のこの踏切はクロスマークあたりに何か違和感があると思ったら、柱の高さが少し足らないのであった。そのためクロスマークに隠れるようにしてスピーカーが付けられている。



イメージ 41

 JR高山本線の西富山付近。雪の多い地方ではスピーカーに雪が入らないための工夫がされていることがある。ここの場合はスピーカーをケースで覆っている。だから雪が入らないと言いたいところだが、果たして効果があるのか疑問である。もっと別の理由があるのか…?

 一方、北海道ではスピーカーに網がかけられている



            見づらい警報器篇            

イメージ 42

 左の警報器が完全に草に隠れている。


イメージ 43

 この路線は名古屋臨海鉄道であるが、この踏切の通過本数は少ないし、道路もあまり交通量がないのでこれでも大丈夫なのかもしれない。


イメージ 44

 わたらせ渓谷鉄道の踏切。右手の土手は上毛電気鉄道である。

 正面左の警報器がやはり草に隠れている。


イメージ 45

 こちらに回ると警報器が見える。オーバーハング型にでもしてみればどうか。



イメージ 46

 群馬県のJR信越本線。
 ここの場合は草に隠れているわけではないが、少し離れた位置に警報器が立っているので少し見にくい。
 そして歩道上に柵が立っている。

イメージ 47

 ここまで来たらなんとなく察しがつく。踏切道を拡張して歩道を作ったが(中略)ということだ。



以後、後編へ…。

この記事に

開く コメント(0)

衣山構内踏切

イメージ 1

 伊予鉄道高浜線の踏切。複線区間の踏切である。


イメージ 2

 遮断機が多い気がするのは、上下線の間に「中洲」があるから。


イメージ 3

 そしてその中洲に「衣山駅」の入口がある。同様の駅としては、当ブログでは東急名鉄京阪を既に紹介している。


イメージ 4

 高浜方面。衣山駅はこちら側にしか出口が無いので、利用するにはこの踏切を渡らなければならない。


イメージ 5

 駅舎内から見た様子。名鉄の鵜沼宿に似た感じだが、手前の駅舎入口を遮る遮断機は無く警報機のみである。

 ところで、屋根の上にカメラのようなものがある。


イメージ 6

 このカメラ(のようなもの)、踏切の北側の交差点にもいくつか散見される。
 画面中央右寄りに立っているそれが見える。


イメージ 7

 その交差点全景。先ほどのが左に一基あり、奥の横断歩道標識のところに一基、その対岸である道路右側にも一基ある。


イメージ 8

 そして交差点のこちら側にも一基ある。何かしら踏切に関係するものかと思われるが、何かはわからない。交差点に信号は無いし、信号制御のためではないと思う。


イメージ 9

 踏切の話に戻る。
 踏切が鳴ると、8基ある間接遮断棹のうち、手前正面左側2基がまず閉まり、それから残りの6基が一斉に閉まる。この様子はなかなか迫力がある。


イメージ 10

 通過する横河原行き。
 写真左側には柵があるものの歩道を設置する分だけの空間がある。踏切の幅もその分広いため、間接遮断棹にしているものと思われる。


イメージ 11

 反対方向の高浜行き。ここから隣の古町駅までは高架区間である。
 ちなみにどちらか片方の通過であっても、踏切内で自動車が立往生するのを避けるため、上下線両方一緒に閉まる。


※ Yahoo!ブログの地図貼り付け機能がサービス終了したため、以後地図の貼り付けはありません。

この記事に

開く コメント(0)

BVE近況報告(2016年5月)

 有意義な話し合いが出来た週末でした。お相手していただいた方ありがとうございました。

 さて、BVEですが、京都線のリニューアル作業を行っている最中です。

イメージ 1

 前回の4月度のSSからお分かりの通り、道床を変え、架線をコンパウンドにしてます。
 沿線の建物画像なども更新していますが、雰囲気重視なのはいつも通り。あまりキョロキョロしないで欲しいところです(^^;


イメージ 2

 現在データ自体は仮の状態で出来ていますが、BVE5から付けられた新機能をいくつか取り入れてテストしている最中です。
 いや〜5は何でも出来ますね〜(しかし作る側のアタマが追いついていないという…)。


イメージ 3

 ここも2には無かったものを取り入れ。オブジェクトが増えても再現したいところは妥協しないつもりです。

 まだまだ調整中ですが、すずはる様をはじめ、多くの方に協力いただいていております。亀の歩みですみません…。
 それではまた。

この記事に

開く コメント(2)

全66ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事