ターンアウトスイッチ

踏切好きな人のBVE公開所です。阪急中心。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

北陸新幹線高田トンネルの横坑

イメージ 1

 金沢開業をもう間もなくに控えている北陸新幹線。延長される長野〜金沢間でのトンネルの占める割合は44%になるとのことだが、今回紹介する物件はその中の一つ「高田トンネル」にある横坑の1つである。
 高田トンネルは上越妙高〜糸魚川間にある全長2,752mのトンネルで、上越妙高駅から金沢方面に向かって最初のトンネルとなる。距離的には大したことない長さであるが、実は北陸新幹線にとって重要な施設を抱えている。
 ちなみにこのトンネルは、複数のトンネルとシェルターで繋がっているので、乗車している身分にとっては、めちゃくちゃ長いトンネルに錯覚するかもしれない。

 写真は上越妙高駅にほど近い県道63号線。奥の高架が新幹線で、画面左が上越妙高駅の方向である。件の高田トンネルは画面右にある(…が、坑口の写真はない(ォィ


イメージ 2

 同じ場所から振り返った場面。県道の左手に新しい建物が見える。


イメージ 3

 新幹線の高架と絡めてみる。この建物はフェンスの掲示物などから北陸新幹線関係の建物とはわかるが、正式な名前は掲示されていない。
 新幹線はすでにトンネルに入っている場所にこの建物はある。

 カメラをちょっと右に振ると…。

イメージ 4

 お、わかりやすい横坑発見。
 この場所は見ての通り高田トンネルにつながる横坑が置かれており、トンネル工事が行われたときに工事現場として使用されたこともある。

 それにしても本線トンネルの坑口が近いのにこういった横坑が設けられているのは、この建物が重要な施設だからである。


イメージ 5

 この建物は「新高田き電区分所(以下新高田SP)」と呼ばれる電気関係の施設である。

 北陸新幹線は50Hzと60Hzの周波数電源を切り替える場所が3か所設けられており、ひとつは既存開業区間の軽井沢〜佐久平間(新軽井沢き電区分所。東京電力50Hz⇔中部電力60Hz)に、残り2つはこのたび開業する区間に存在する。
 この新高田SPでは中部電力が供給する60Hzと、東北電力が供給する50Hzの異周波数区分が行われており、新幹線は走行中に周波数の切り替えを行う。
 なお、もう一つはほど近い新糸魚川き電区分所にて、東北電力50Hz⇔北陸電力60Hzの切り替えが行われる。
 

イメージ 6

 そんなわけで、ここ新高田SPは異周波数区分セクションとして重要な施設なので、坑口に近いにもかかわらず横坑が残され、本線への連絡坑となっているわけである。
 なお、東北電力が供給する50Hzの電気はここから発生しているわけではなく、本線を2kmほど金沢方面に向かったところにある「新上越変電所」から送られている。この新上越変電所もトンネル区間の途中にあり、高田トンネルに斜坑(?)で連絡している。つまり高田トンネルには電源施設に通ずる連絡坑が2か所あることになる。


イメージ 7

イメージ 8

 横坑は地面より少し高い。坑口上部は通風孔になっており、連絡通路が建屋に繋がっているのがわかる。
 この横坑にも正式な名前があるのかもしれないが、わからなかった。



イメージ 9

 上越妙高駅をバックに通過する「妙高」号。この場所もすでに線路が切り替えられており、現在は新幹線駅に寄り添うようなルートになっている。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

浅水南踏切

イメージ 1

 福井鉄道の浅水(あそうず)駅の近くにある踏切。


イメージ 2

 え、何この警報機。普通だとこういう場合は同じ形状のものを上下2段に配置するものと思っていたが、まさかの1対配置である。


イメージ 3

 そして反対側の様子を見てみると、こちらも似たような警報機になっている。


イメージ 4

 こちらは片方が全方向警報灯化されているが、昔は同じような電球灯器だったものと思われる。それにしても、ここまでするなら両方とも更新してあげた方が良い気がするが…。
 バックに浅水駅の駅舎が見える。


イメージ 5

 まぁ、全部の灯器が全方向になってしまったらこの踏切の特異点がなくなってしまうので、個人的にはそのままでいてほしい。

 ところで、こういう配置になっているということは、動作時にどういう動きをするのかと思っていると…。


イメージ 6

 まさかの同時点灯だった;;
 てっきり交互に点滅するのかと思ったら、それぞれの単眼が同じタイミングで点滅していたのだった。でもこれはこれで面白いと思う。


イメージ 7

 踏切から福井方面を望む。浅水駅は交換駅で、急行も停車する。


イメージ 8

 反対側の武生方面。ポイント部のスノーシェルターは雪国ならではの設備である。


イメージ 9

 浅水駅を発車する武生行の200形電車。同系列は置き換えが進んでおり、新型低床電車のFUKURAMの登場により活躍の場が減ってきている。FUKURAMも2編成目が登場したので、より置き換えが進むものと思われる。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

桂〜東向日の連続立体化事業進捗状況(2015年1月)

 遂に前回のレポから1年以上経過してしまいました。上り仮線撤去後にでもお伝えするつもりでしたが、なかなか行けず、このたびようやく回れるようになりましたので、簡単ですが報告します。





イメージ 1

 いつも通り川岡踏切から梅田方面を望む。高架の上り線の線形に変化は無い。



イメージ 2

 上り仮線用の場内信号機は撤去された(手前の土台)。そのほかは下り高架線の工事が進行中で、それ以外に目立った変化は無い。



イメージ 3

 川岡下三番踏切。一旦撤去されたはずの西側の「はぐれ警報機」が再設置された。また他の警報機でも、古いものはLEDの新しいものへ交換されている。



イメージ 4

 はぐれ警報機を横から見る。以前あった警報機と違い、方向指示器は付いておらず、灯器の張り出し方向も違っている。


イメージ 5

 東側は相変わらず警報機が重複した状態が続いている。なので、今現在この踏切は警報機を8基(遮断機も8基)持った踏切となっている。単線踏切なのになかなか豪華(?)である。



イメージ 6

 下り線の高架化工事は進行中であり、ところどころコンクリ躯体が完成に近いとみられる場所もある。



イメージ 7

イメージ 8

 第二仮設渡線道と第一仮設渡線道。どちらも制御箱ごと移設され単線化のうえ残されているが、使われているような感じは無い。工事用車両の搬入・搬出は既存の川岡下三番踏切と物集女踏切の脇からで間に合っているようだ。
 どちらも東側のスピーカーが撤去されている。踏切動作もしていない。


イメージ 9

 下り391信号は高架工事の支障になるため、仮線線路際へ移設されている。


イメージ 10

 いつも通り車の多い物集女踏切。イオンモール京都桂川も開業し、周囲の開発が進んでいる。洛西口も目に見えて乗降客が増えた気がする。


イメージ 11

 物集女踏切は前回に比べると、単線幅になった程度の変化のみ。


イメージ 12

 当然ながら上り仮線は完全撤去されている。このあたりは特に高架線が完成に近づいているような感じ。


イメージ 13

 梅田方面を望む。下り高架用駅舎・ホームも建造中である。


イメージ 14

 洛西口駅の西から、進入する上り電車を見る。周囲はマンションや商業施設の建設が行われており、クレーンが林立している。この1年でもっとも変わったのはこのあたりの風景ではないかと思う。
 ちなみに写っている車両は1300系だが、同車も上り高架切替以後に走り始めた形式である。


イメージ 15

 変電所上手踏切。イオンモールが出来てから車通りが増えた気がする。


イメージ 16

 個人的にショックだったのは、ここの警報機もLED化されてしまったこと。全国的にも珍しい金網付き警報灯は見られなくなってしまった…。


イメージ 17

 この写真は1年ほど前の写真である。切替直後は上り仮線のレールが踏切部分のみ撤去されて、踏切自体が単線化されたので、こういう写真が撮れた。
 また、写っている2321Fは既に廃車されている。


イメージ 18

 現在は緑色の工事用フェンスにより上り仮線敷は仕切られている。数年前まで田園だった場所はマンション地帯になりつつある。



イメージ 19

 反対側。クレーンが上り仮線敷に入っている。
 踏切部はボトルネックになっているが、ここより東側は道路幅も広くなって歩道付きになり、周囲の道路も整備されて綺麗になった。


イメージ 20

 変電所前踏切より河原町方面。まだ下り高架線は手前まで来ておらず、大幅に変わった感じはしない。


イメージ 21

 梅田方面も特に変化は無い。


イメージ 22

 下り仮線を走ってきた、現在京都線最新の1301F。この1年で車両事情も大幅に変わった京都線であるが、また1年後の高架完成時にどのようになるのか、楽しみである。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

浜寺公園の踏切

イメージ 1

 大阪府堺市にある浜寺公園には、交通遊園というミニ遊園地があり、子供汽車が走っている。
 これはその線路上にある唯一の踏切である。


イメージ 2

 通常遊園地にある'豆汽車'と言われる遊具施設の踏切は、おもちゃのような形態をしていたり、オリジナルな形状をしていて面白いものが多いのだが、ここの踏切は実際の警報機・遮断機が使用された「ガチ踏切」であることが特筆できる。もちろんちゃんと動作し、動作音も他の踏切と同じようだ。


イメージ 3

 ただ残念なことにここは通常渡ることはできないようだ。一応奥の暗渠の先へ道は続いているのだが、汽車の運行時にもフェンスで通行止めされていて渡ることはできないらしい(奥の軽トラは作業車のようで、おそらく踏切を渡ってアクセスしたのだろう)。
 なお、この先には子供汽車の旧ルート上にあった高架の廃駅跡が残っている(別ルートからアプローチ可)。


イメージ 4

 汽車に注意の道路標識がフェンスに掲げられている。ここの汽車は動力はディーゼルであるが形状はSLの形をしているので、一応標識には偽りない。


イメージ 5

 警報機・遮断機ともに京三製である。京三製の灯器も全国的に数少なくなってきた。京三は遮断機は今も作っているものの、全方向型警報灯器には参入していないので、ここ最近見かけることも少なくなった気がする。

 余談だが、かつて奈良にあった「奈良ドリームランド」にも外周汽車があり、そこに第3種踏切が3か所くらいあった記憶がある。いずれも京三製L53型灯器で、電鐘式であった。現在もGoogleストリートビューで見れたりする。
 地元では他にもひらかたパークの豆汽車(現在も「ノームトレイン」という名で存在する)に踏切があった記憶がある。現在は路線改良されたのか無いようだが、京阪タイプのしっかりした踏切だった気がするが、なにぶん幼少期だったので記憶曖昧である。ネットで探しても見つからない…。


イメージ 6

 踏切から花壇広場前駅方面を望む。
 ここの交通遊園の子供汽車は2つの地点を結んでおり、移動手段としても利用できる。各終端部はラケット型になっており、向こうからきた汽車は奥のポイントより左へ別れ、踏切後ろの築堤を通ってぐるっと回ってくる。
 軌間は762mmのナローゲージを使用しており、沿線に勾配標があるなど、なかなか本格的な豆汽車である。


イメージ 7

 反対の交通遊園駅を望む。前述のとおり、列車の通過方向はこちらの方からやってくる形のみとなる。
 ところで駅が閉鎖されている。実は取材日は定休日だった…(ここが目的で来たわけではないので念のため)。


イメージ 8

イメージ 9

 また余談だが、交通遊園のゴーカートコースに本物の信号灯器も発見。近くで見るとやはりでかい。どういう動作をするのかは定休日なので不明である。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

笹貫五号踏切

イメージ 1

 なんと歩行者通行禁止の踏切である。踏切手前のアーチ左側に「横断禁止」の道路標識が付属している。
 基本的に左側通行の自動車だけが渡れる踏切ということだろう。自動車専用道の踏切というわけではない。



イメージ 2

 歩行者は北側にある歩道橋を渡れということなのだろう。向こうは交通量の多い国道225号で、横断歩道もないので、ここを渡るのが正解と思われる。
 ちなみに歩道橋手前に黄色一灯点滅の信号機がある。こちら側の線路沿いの道は一方通行であり、優先道路となっている。踏切側の信号機は通常赤点滅であり、手前で一時停止しなければならない。この場所は信号サイクルも複雑なのだ(後述)。



イメージ 3

 この踏切がある路線は鹿児島市電1系統が通る「谷山線」という路線。路面電車の専用軌道部分にある。
 なお、踏切中央に非常ボタンがあるが、何故か潰されていて使用不能となっている。


イメージ 4

 反対側から。この立派な道路は「笹貫バイパス」といい、交通量も多い。手前の道路標示のとおり、この道路は鹿児島市街地方面としか行き来できない「ト」の字型交差点である。また、アーチ上の信号機は交差点に関係ない動作をするため、俯いている。
 奥のバイパスの陸橋はJR指宿枕崎線を超えるためのものである。


イメージ 5

 路面電車は頻繁にやってくるが、車の流れも途切れない。信号制御がなかなか難しい交差点だろうが、踏切もあるので渋滞も起きやすいようだ。
 
 ところで、先ほどからチラチラと妙なものが写っている…。


イメージ 6

 なんだこれ。

 西側のアーチに付随して、警報機が取り付けられ、妙な機械が付いている。


イメージ 7

 カメラのようである。警報灯器側からすると、目の前でじろじろ注視されているようで落ち着かない(…と思っているだろう)。


イメージ 8

 この機械は裏面に銘盤があり、「踏切警報受光器」と書かれている。つまりは警報灯器がちゃんと明滅しているか確認するための機械のようだ。
 何のためかというと、交差点の信号制御の為ということだろう。つまり、踏切が鳴った時だけ交差点の信号サイクルを変え、踏切道側と国道225号線側の流れをスムーズにするための機械なのだ。おそらく踏切制御と信号制御は別々で、機械的に連動させられないため、踏切側で専用の灯器を準備しその明滅を把握することで、リアルタイム信号制御を行っているものと思われる。
 このように専用の受光器を使って信号と連動させる踏切はここだけでなく、関西でも神戸電鉄緑ヶ丘駅前などにも存在するが、通常の警報灯器に向かって少し離れた場所から受光するのが多いのに比べ、ここの場合は専用灯器を使っている。おそらくどの既設灯器に向けることも難しかったのだろう。いずれにしても珍しい。


イメージ 9

 踏切と関係あるのかわからないが、この警報機の手前にも変な機械がある。発電機の類だろうか。
 
 なお、メインの警報機はLED化されているが、この受光器の警報機は電球のままである。メイン側が全方向型灯器になれば、受光器もそちらに向けたら良いわけで、このはぐれ警報機も撤去される可能性がある。


イメージ 10

 踏切を通過する7000形「ユートラム供廖専用軌道区間でも駅間が長い場所なので、どの電車も路面電車にしては高速で通過してゆく。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事