ターンアウトスイッチ

踏切好きな人のBVE公開所です。

踏切

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

湘南海岸公園6号踏切

イメージ 1

 江ノ電の江ノ島駅前にある踏切。手前と奥の道とで道幅が違うのは、手前側の道が一方通行(昼間時)だから。


イメージ 2

 反対側より。江ノ島駅はすぐ横にある。
 左側の警報機は架線柱に寄生している。


イメージ 3

 スピーカーの取付などもわざわざアームを伸ばして付けられている。周囲が結構せせこましいので、こうするのがベストだったのであろう。


イメージ 4

 踏切から江ノ島駅構内を望む。歩行者が渡っているのは駅の構内踏切である。


イメージ 5

 また、この踏切は分岐器の上に設けられている。このあたりのレイアウトからも、住宅密集地であることがうかがえる。



イメージ 6

 反対側を向くと脇道がある。この脇道は意外と気づきにくい。



イメージ 7

 脇道側から。三差路踏切なので遮断機は素直に3つある。



イメージ 8

 一方通行がある時間帯、北側から来た車はこの脇道にエスケープしなければならない(写真の車は逆方向。右折は一方通行になるので左折するしかない)。脇道は一方通行ではないものの、狭いことには変わらない。


イメージ 9

 電車が通過。見ての通り、踏切が閉まると駅方向へも行けなくなるので要注意。

この記事に

開く コメント(2)

薬師踏切

イメージ 1

 福井県のえちぜん鉄道勝山永平寺線松岡〜志比堺間にある踏切。国道416号線の脇にあり、松岡薬師3丁目地区からの出入り口にあたる踏切であるが、車両通行止めである。しかし同地区と国道との車の行き来は、西側の線路横断を介さない所で行っているので、特段問題なさそう。


イメージ 2

 車両通行止めなのにこの踏切幅である。前回の変電所前踏切は拡幅のために両遮断化している真っ最中だったが、こちらは既に拡幅して準備万端なのに車止めがなされている。いずれここからも出入りできるようになるのだろうか。


イメージ 3

 幅はどうみても車が通れるくらいはある。国道へ左折できるようなナナメの角取りもなされている。


イメージ 4

 勝山(志比堺)方面。よく見ると障検まで準備されている。


イメージ 5

 福井(松岡)方面。国道はすぐ先で鉄道線を乗り越え、以後福井市内まで線路南側を走る。


イメージ 6

 反対側の様子。縁石もあるし、歩道に柵がされているので、どうみても進入不可能。
 ちなみに自転車の場合、車道走行なので、縁石を乗り越さないと渡れない。また「車両通行止め」の道路標識が踏切についているので、どちらにしろ自転車に乗ったまま渡ることは違反になる。「幅の広い歩行者専用の踏切」ということである。

イメージ 7

 踏切周辺を走る勝山行き。運転間隔は日中30分毎で、休日は単行だとやや混み程度の乗客数だった。

この記事に

開く コメント(2)

変電所前踏切

 この踏切は、実はこのブログでも(踏切のカテゴリではないが)何度か登場している。ネタ切れか!というわけじゃないので念のため。
 場所は阪急京都本線の洛西口〜東向日間である。

イメージ 1

 久しぶりに踏切に来たら違和感。おや、また警報機の位置が変わっているではないか。それだけなら特にネタではなかったのだが…。


イメージ 2

 あれ、遮断機が。



イメージ 3

 反対側に回ってみるとよくわかった。片遮断から両遮断になったようである。どうやら拡幅するらしい。



イメージ 4

 だが今は踏切幅はそのままなので、左右の遮断機に対してデッドスペースが発生している。



イメージ 5

 ここの部分は近いうちに踏切道も拡幅されるだろうから、今だけの珍風景となりそうだ。




イメージ 6

 こちら側も少し拡幅するようで、新しい柵が出来ている。非常ボタンも移設ではなく撤去&新設のようだ。




イメージ 7

 こうしてみると元の道路幅の1.5倍くらいにはなりそうだ。奥の様子からして、道路も拡幅するっぽい。
 あと、右側の遮断機だけ、明らかに流用されている。唯一の生き証人(?)か。


イメージ 8

 河原町(洛西口)方面。高架化に伴う仮線があった痕跡はほとんど無くなってしまった。




イメージ 9

 梅田(東向日)方面。このブログでは何度も出ている光景である。3D障検の足元にも踏切と同じタイプの囲い柵がある。



イメージ 10

 東方向を望む。こちらの道路はまだ特に手を加えられていない。



イメージ 11

 やたら多い注意書き。この踏切は近くの学校の通学路にもなっているので、拡幅されるものと思われる。交通量からすると、単に歩道を付けるだけかもしれない。



イメージ 12

 踏切から梅田方面へ向かう電車が撮影できたが、現在は架線柱が張り出しているのでこの構図は不可能になった(少し前の写真のため、右に仮線線路がチラッと写っている)。




ここで突然、再掲写真で過去を遡ってみる。


イメージ 13

 2010年7月の同踏切。まだ仮線工事が始まったところで、新しい全方向警報機が右側に準備されているが、元の警報機がまだ残っている。昔からこの幅の片遮断踏切であった。


イメージ 14

 こちらは2010年12月頃の様子。下り線が仮線になって、少し踏切長が長くなったころの写真。東側の従来の警報機は撤去され、全方向が稼働している一方、こちらの西側はそのまま使われている。



イメージ 15

 上下とも仮線になった2013年10月頃。西側警報機もLED化されてしまった。上下線が高架になっても、警報機の入れ替わりはあってもほぼこの状態が長く続いた。

 そして現在…(冒頭に戻る)。

この記事に

開く コメント(2)

離宮道踏切

イメージ 1

 山陽電鉄月見山〜須磨寺間にある踏切。名前の通り須磨離宮公園に続く県道の踏切で、交通量も多い。また、周囲は歩道と車道との間に松が植えられており、完全に仕切られている。

イメージ 2

 そんなわけでこの踏切も車道と歩道とが別々の遮断機になっている。それはいいのだが…。


イメージ 3

 なぜか歩道の遮断機はこんなに斜めになっている。そんなにわざわざ「ハ」の字型にしなくても、歩道に垂直にしても良い気がする。


イメージ 4

 こちらは反対側の様子。遮断機はたくさんあるが、警報機は各1基のみのシンプル構成。


イメージ 5

 こちらも斜めっている。せっかくだし歩道側は全部斜めに配置しちゃおうか、ということなのか?


イメージ 6

 こんな感じ。写真まで斜めってしまった(←関係ない)。
 よく見ると歩道の遮断機はヒラヒラがあるが、車道のそれには無い。


イメージ 7

 須磨寺(山陽姫路)方面を望む。周囲は住宅地を抜けるカーブが多い場所だが、この踏切前後はわずかな直線区間になっている。


イメージ 8

 こちらは月見山(西代)方面。奥で左へカーブすると月見山駅になる。

 ところで、線路左側に通路のようなものがあるのだが、まさか…。


イメージ 9

 あああ!なるほど!!


イメージ 10

 この通路は何軒かの住宅に続くれっきとした「道」であり、ここの住人の方は線路脇から踏切に抜けて出入りするようだ(他にも抜け道はあると思うが探索はしていない)。
 障検の立っている位置もすごい。どこが境界になるんだろうか。


イメージ 11

 通路から踏切を望む。肩身が狭い。


イメージ 12

 これは確かに遮断機が斜めでないと出られない。
 ちなみに通路があるのはここだけで、他の3か所には隠し通路は無い。ただ遮断機が斜めっているだけである。


イメージ 13

 しかし電車通過中にこの通路を通るのは怖い。スピードが出ていないとはいえかなりの迫力である。


イメージ 14

 踏切付近から撮影した普通列車。住宅に挟まれているので順光時間はかなり限定された場所ではある。

この記事に

開く コメント(0)

新町2号踏切

イメージ 1

 地元の方ならまだしも、これだけの写真でどこの路線かわかる方は凄い。


イメージ 2

 反対側の写真。この写真ならばいくつかヒントが提示されている。

 まず架線の形からして、一般の鉄道線とは違うことがわかるだろう。



 正解は、熊本市電のわずかな専用軌道区間にある踏切である。熊本市電は全線12kmの営業キロのうち、ここ上熊本線の洗馬橋〜新町間0.2kmのみが専用軌道となっており、そこに踏切が2か所ある。


イメージ 3

 踏切より洗馬橋(辛島町)方面を望む。奥の洗馬橋電停より先は併用軌道になっていることがわかる。そして電停手前に「新町1号踏切」が見える。


イメージ 4

 こちらは新町(上熊本)方面。すぐ近くにあるのが新町電停。右カーブの先は上熊本まで併用軌道になる。どちらを向いても木製架線柱が続く。


イメージ 5

 踏切道部分は石畳になっている。これは新町1号踏切も同様である。


イメージ 6

 ただし、直線区間にある1号踏切と違って、こちらの2号踏切はカーブ内にあるので、石畳が広めに作られている。設計上、複線形状で作るしかなかったのだろう。


イメージ 7

 遮断機のヒラヒラが三角旗なのは九州の私鉄でよく見られるが、取付間隔は多分一番短い。


イメージ 8

 上熊本線を走るのはB系統となっている。専用軌道といえどカーブが介在しているので、スピードはあまり出さない。

この記事に

開く コメント(2)

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事