ラリックマのお昼寝日和(-.-)Zzz

fc2「ラリックマはかく語りき」は更新しましたが、yahooブログはあと少しお休みします。知恵袋、回答よろしく!!

テレビ

[ リスト | 詳細 ]

 時間が止まったかのような昼下がり。お昼寝気分でぼんやりしながら、のんびりだらだら・・・。リラックマ大好き!、お昼のドラマ大好き!、株大好き! ちょっと斜めから、世の中を眺めています。。。

 http://lalikkuma.hp.infoseek.co.jp/ ラリックマのお昼寝日和☆(-.-)Zzzz ホームページ

 http://ameblo.jp/lalikkuma/ ラリックマの昼下がりの用事  ameblo 昼ドラ用の新ブログ

 http://lalikkuma.blog120.fc2.com/ ラリックマはかく語りき fc2  昼ドラ用の新ブログとして始めましたが、雑感用のブログに。。。

 http://tv.blogmura.com/tv_hirudrama/ ブログ村にも参加しています。。。ポチっと、クリックして頂けると幸いです。。。

 通りすがりのついでに、何かコメント頂けると有難いです。。。相互リンク先も募集してます!

 「人生はおとぎ話のように甘くはなく、愛や恋は砂糖菓子のように甘い夢に過ぎない」「人間なんて、どうせ罪深いものだから、きれいごとを言って生きていても仕方がない」・・・東海テレビ「美しい罠」に夢中でしたが、今は、「安宅家の人々」〜「花衣夢衣」に。。。
記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

BS朝日の「愛のワンニャン大作戦」を見ていた方、おられるでしょうか?

高橋克典さんが、ゲストの犬と遊びながら、視聴者の犬や猫の投稿写真を紹介したり、タレントさんのペットの困った行動に対して、ドッグトレーナーの人が犬の気持ちを代弁しながら解説したりで、私は毎週楽しみに見ていたのですが、先週、突然の最終回だったようで、何故、突然終了になったか、なんだか気になっています。

魚住りえさんの犬の舐め癖とか、三浦理恵子さんのトイプードルのトイレの悩みとか、誰の犬だったか、自分をお姫様と勘違いして、わがまま放題なんだとか、色々思い出深い感じです。ドックトレーナーの人の犬語の解説、納得できる部分が多くて、なかなか面白かったです。昔、犬を飼っていた時のことを、色々思い出しました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1126555281
http://www.bs-asahi.co.jp/wannyan/

[追記:番組のホームページにも最終回について何も書いてありませんでしたが、新たに6月から新番組としてリニューアルの記載が。。。司会は高橋ではなくなってしまうようですが。。。]

ところで、相場の方は、底堅い展開が続いています。今日も、再び、一部の不動産株が急騰していましたが、もし、売らずにすべて持っていたら・・・と、悔やまれるところです。でも、今日は、野村と三菱UFJを少し売っておきました。以前から持っている分は、まだまだですが、ナンピン買いしたものは、、それなりにという感じです。もっと粘るべきなのか、やはり、ここは、利食いの局面なのか、本当に迷う感じです。。。

この記事に

開く コメント(28)

イメージ 1


今年もあと残すところと僅かとなってきましたが、本当に波乱に満ちた一年であったと思い返されます。私は、昼ドラか、投資関連のテレビを見ることが多いのですが、そんな私の今年一年の印象に残ったCMについて、書いておきます。

タカラレーベン「マンションを買いに行こう」
 口笛がメロディーを奏でる爽やかなCMで、まさにマンションを買いたくなってしまう感じで、とても印象に残っています。建築基準法の改正にともなう官製住宅不況と、その後のアメリカのサブプライムローン問題に端を発する金融危機にともなう住宅不況と、ダブルパンチの住宅業界・不動産業界にあって、株価は大暴落、非常に厳しい時期にかかわらず、会社のロゴの変更などともに、関西エリアでも放映され、株主にとっては、心の支えとなるような、そんなCMであったと思われます。山一証券は、例のあの日の前日までTV−CMを放映していたそうですので、何とも言えない問題ではありますが、黒字決算を信じて、応援したい気分でいます。

 → 先日参加したタカラレーベンの会社説明会については、こちらをクリック。。。(yahooファン限定記事ですが。。。)

クラレ「ミラバケッソ」
 ラクダのぬいぐるみみたいな、もこもこした動物が何ともかわいく印象に。。。未来に化ける新素材のクラレと印象づけられた感じです。。。

AGC旭硝子
 実は、長い間、何のCMか、まったくわからなかったのですが、旭硝子か・・・と、気付いた感じです。ロシア編のCMが始まりましたが、やっぱり、中国編が。。。黄色い服を着た男の子が何を言ってるのかと、ついつい気になっていました。。。中国編は、「イーアーサン」(一二三)、ロシア編では「ドレミ」しか聞き取れないでいます。。。

岡三証券
 今まで放映されていたゴールドリバー編もいい感じでしたが、最近始まった「岡三証券グループ編」が、何とも印象深い感じです。日本庭園から、カラー(?)の花、飛翔するバレリーナ、竹林・・・。伝えたいものがあるとのことで、未来に向かって、資産も増えてくれれば、良いのですが。。。

ユーポス「だん吉以外の車、高く買います」
 これは面白いの一言です。。。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(44)

梅雨は明けたのか、まだなのか、蒸し暑い毎日ですが、相場の方は、6月の半ばにあった過熱感が遠い過去のような気がする感じになってしまって、現金比率を高めておいて良かった感じで、新安値更新銘柄をボチボチ買い始めているのですが、テクニカル的(オシレーター系指標)からは、もうそろそろ反発してくれても・・・と思う水準だと思い続けている感じです。

こんな地合の中でも、個別銘柄では、九九プラスがローソンへの売却先が決まって連日のストップ高となっていますが、TOB価格が安すぎるので、これぐらいの戻しでは、売るに売れない感じであるものの、キョウデンは、ナンピン分が売れる水準となり、嬉しい利食いとなりました。この他では、特に材料もなく、ジャパン・ベスト・レスキューなどが吹き上がったものの、昨日、天井を付けたかと思うと、さっそく大幅反落となるなど、資金の逃げ足は早いようです。カレンダーを見ると、今日が満月とのことですが、果たして、変化日となるのでしょうか。。。

先日まで、関西では「この世の果て」の再放送もやっていて、ドラマ尽くしのお昼だったのですが、「この世の果て」が終わって、なんだか寂しい感じです。「この世の果て」は、野島ドラマ中でも、とりわけ暗いドラマとの評があるようですが、再放送を見てると、私は、こんなドラマが好きだったのだとつくづく思う感じです。鈴木保奈美や三上博史、豊川悦治などのキャストや、鳥かごで飼われる青いセキセイインコが、なんだか悲しげで、尾崎豊の「こんなにも、騒がしい〜、町並みにたたずむ君は〜♪」という「OH MY LITTLE GIRL」の切ない歌声などなど、覚えておられる方はおられるでしょうか。。。

豊川悦治を見ると、「長持ちするやつか、遠くまで飛ぶやつか・・・」のキンチョーのCMが思い出されてならない感じで、一度、思い出すと、一日中、「長持ちするやつか、遠くまで飛ぶやつか・・・」と、頭の中で繰り返してしまって困っています。最近、相場の相場は、長持ちはしないわ、遠くまで飛ばないわで、さんざんな感じですが、「どっちのキンチョールがええんや!!」と叫びたい感じです。。。(>_<;)


昼ドラは、「白と黒」を楽しみに見ています。一見、善人だと思う人間も、強烈な独善性を持ち、他人を傷つけることがあったり、だらしなく、いい加減な人間で許せないと思う人間でも、一瞬の塩らしい親切心を見せることがあったり。。。人間には、白と黒、善と悪の両面性がありますが、嫉妬心から友人の死を願うことがあるのかないのか、あったとしても、なかったとしても、友人に疑いの心を持ったこと自体が、もうその心は邪悪なもの犯されており、自分の死を願ったかもしれない相手と同じ穴のムジナと言えるのかもしれません。。。

礼子と一葉、省吾と@@、対称的でありながら、どちらが善であり、悪であるとはいいきれない存在であることが、面白い感じです。今日は、お父さんに誉められたい子供が、父の意見を自分の意見だと思ってしまうという児童心理のエピソードが語られていましたが、パターナリズムの典型のような父親と、それに服従する子供(兄)と、その呪縛から逃げ出そうとする子供(弟)の葛藤が、つくづく面白いと思われます。話は、ずれますが、フェニミズムの思想は、善を強制しようとする父性原理へのアンチというか、アンチ・パターナリズムの典型でありながら、自分自身が教条主義的になってしまって、一個の別の父性原理となってしまっているように思いますが、親子関係は、思想の原点の問題を含んでいるのだろうと、つくづく思う感じです。(固有名詞の間違いなど、ご容赦下さい。後から加筆訂正する予定です。。。)

この記事に

開く コメント(28)

最近、ふと早く目が覚めることがあって、平日だと、「モーニングサテライト」を見たりしているのですが、昨日は、日曜だったので、ふと、チャンネルを変えていると、「コメットさん」を第一回から見ることが出来ました。コメットさんが、どういう話だったのか、すっかり忘れていましたが、大場久美子がバトンを回して、魔法をかけて、色々ないたずらをしたりするというお話だったようです。私が、小学生ぐらいだった頃でしたか、コメットさんに触発され手か、バトン倶楽部なんてのも、はやっていたのを思い出したりしました。

コメットさんは、セリフ棒読みの素晴らしい演技と、それに、五十嵐喜芳のオペラの歌声と、時代を感じさせて頂いた感じなんですが、素朴そのもののストーリーであっても、何か美しいものを探すために、どこかの星からやってきたという設定は、サンテグジュペリの「星の王子様」が「大切なものは、目に見えない」を彷彿させられる側面もあるようにも思われました。

最近、月曜日の朝は、「プラクトピアの風〜賢者の贈り物」という番組をテレビ大阪で見ています。この番組は、日経CNBCなどで放送している「賢者の選択」とよく似た感じで、企業家へのインタビュー番組で、企業のエピソードなどを紹介する番組なのですが、司会が、漫才のロザンの二人で、毒舌のつっこみが、めちゃくちゃ面白い感じです。

今日のプラクトピアの風は、保育所・ちびっ子ランドの社長の登場したのですが、キャバクラの経営ですかとか、お土産のお菓子を食べる時には、そんなん言われるんやったら、自分で買って食べるわ〜とか・・・自分も同じようにふと思うようなことを、ずばりと、ゲストの社長さんに言う感じで、なんだか一人で爆笑してしまっています。口は悪いのですが、相手を怒らせないで言うところが、なんともいい感じだと思っています。

昼ドラの方は、「スイート10」が終わり、「花衣夢衣」1本を見ています。昼ドラについては、アメブロに。。。   http://ameblo.jp/lalikkuma/

相場は、大幅反落。買い戻しには、あと一押し必要な感じなんですが、単なる調整で終わるのか、これで、戻り相場が終わってしまうのかと、気になる感じです。。。今日はこの辺で。。。

この記事に

開く コメント(32)

近況報告

相場の方は、日経平均が4連騰となり、すっかり、立ち直ってきた感じがしてきましたが、持ち株の方は、さっぱりなものが多い感じです。そんな中、今週は、先週のグリーンフーズに引き続き、サンフロンティア不動産が吹き上がり、さっそく、一部利食いとなりました。徹底的に売り込まれた後だけに、戻りのパワーに圧倒されているのですが、その一方で、グリーンホスピタルサプライは、特損計上とのことで大暴落となり、これまた徹底的に売り込まれている感じです。持ち株では、フェニックス電機も安値更新で、ナンピン中だったのですが、資金に限りがあるので、今後はグリーンホスピタルに集中しようと思っています。

長年の付き合いとなった三洋電機は、最近になってやっと好材料が続出して、急速に戻してきたのですが、こちらは、ナンピン分は利食いとなったものの、元からの玉は、まだ買値に届いていないのですが、ここで資金を回収しておくことにして、完全にお別れすることにしました。まさに、三洋電機の復活が鮮明になってきて、順張りの人だと、ここはまさに買い場ということなんでしょうが、私は、根っからの逆張り好き、コントラリアンであるためか、やっぱり、好材料の株は売り、悪材料の株を買って行きたいと思っています。


☆.。.:*・゜゜・*:.。.☆☆.。.:*・゜゜・*:.。.☆☆.。.:*・゜゜・*:.。.☆☆.。.:*・゜゜・*:.。.☆☆.。.:*・゜゜・*:.。.☆☆.。.:*・゜゜・*:.。.☆


株のことを書いていると、また長くなりそうなので、この辺にしておくことにして、日常生活の方は、まだ、3月のばたばたから立ち直ってない感じです。荒れ放題になっていた自宅の庭の掃除も始めたのですが、この季節は、天気のいい季節に庭に出るのは、いい気分転換になる感じです。咲き終わった水仙やチューリップは、そのままにしているのですが、今年も、アスパラガスがニョキニョキはえて来ていて、いつの間にか、私の背丈よりも高くなっていました。

マンションは、空室の整備は終わったのですが、今年も空き部屋が残ったので、空気の入れ替えに行かねばならず、暖かくなってきたので、そろそろ、外溝部のペンキ塗りをして、ペイント溶液でラリックマに・・・という感じです。

テレビの方は、楽しみだった昼ドラは「安宅家の人々」が終わり、新番組「花衣夢衣」を見ています。えげつないいびりがあるものや、お金に困って、どうたら、こうたらと苦労するドラマは、肌に合わず、途中で見なくなるかも〜と思ってみていたのですが、これが案外面白く、楽しみに見ている感じです。不倫の母親が娘に責められて、あなたには、あなたの生き方を選べばよいというようなことを言うシーンがあったのですが、このセリフが、ドラマを続けてみるきっかけになった気がしています。双子の姉妹が、負たちはいつも一緒で、苦しみを分ち合いたいとか、どうとか言って、そのままドラマが続くのなら、まったく、つまらないと思ってしまうのですが、二人はそれぞれ別々の道へ・・・ということで、その葛藤が楽しみな感じです。

普段は、東海テレビ系の昼ドラだけを見てることが多いのですが、最近になってから、1時からのTBS系の「スイート10」も見だしています。この枠の昼ドラにはまるのは去年の「砂時計」以来です。東海系は、「麗わしき鬼」は、肌が合わずに、すぐに見るのをやめたのですが、それ以降の、「金色の翼」〜「愛の迷宮」〜「安宅の人々」は、それぞれ楽しみ見ていた感じで、1時からのドラマのことは、すっかり、忘れいていた感じです。

それはともかく、「安宅家の人々」は、主題歌の「バージンロード」から、クニちゃんが死んでしまうのかと思っていましたが、死んだのは宗一さんで意外な結果となり、ちょっと残念な終わり方だったのですが、兄の知的障害者に厳しく当たる譲二さんが、なんだかとても好きでした。譲二さんのセリフではなかったのですが、知的障害者の兄に、「笑えば、みんなが自分のことを好きになると思ってるの? 泣けば、みんなが自分に同情して、言うことを聞いてくれると思ってるの!」というセリフがとても印象に残っています。譲二さんは、障害者の兄を、優しくいたわるのではなく、偽善的な優しさを否定しつつも、根底には、優しさがある感じで、とても共感のできる人物として描かれていたように思いました。

譲二さん役の小林高鹿さんがブログを開設されているそうで、ドラマが終わってからなんですが、初めて拝見しました。今日の言葉とかも好評なようなんですが、こういう名言集も、相場の世界において、順張りと逆張りがあるように、世間の一般的に生き方を前向きに肯定するものと、ちょっと、ひねりしてとらえるものがあって、実は、私は、株が逆張り派であるのと同様に、名言集も同じような感じで、ラ・ロシェフコーとか、ニーチェとかが好きで、あんまりそれとは関係ないのですが、作家で論理学者の三浦俊彦さんのアフォリズム日記も、なんだか気になっています。色合いはまったく違うのですが。。。

小林高鹿さんのブログ http://blog.livedoor.jp/takashika/

三浦俊彦さんのアフォリズム日記:http://green.ap.teacup.com/applet/miurat/msgcate4/archive

この記事に

開く コメント(8)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事