365日、花に会える。

たいへんご無沙汰しています***

花めぐりの旅

すべて表示

最傑の桜。

このブログを更新するのは本当に久しぶりになりました。
 
2月の大雪の時を除いては、週末の花めぐりを楽しむ生業はずっと続いていましたが、
決して悪い意味ではなく、むしろ良い方向に日々やることが多くて、
記事を書く以前に写真の整理さえもままならない状態で。
 
たいへんなご無沙汰をしていたブログに残せるのはそれでも僅かばかりですが、
昨日12日は、恐らく自身の花めぐりの歴史において、決して忘れられない日となったので、
どうしてもそのことを書き留めておきたくなりました。
 
イメージ 1
 
群馬県藤岡市「桜山公園」。
晩秋にも花をつける冬桜と、ソメイヨシノをはじめとする春の桜が共演する別天地。
 
記憶が正しければ2003年に初めて足を運んで以来、
ただ一度、見頃はじめの桜が不安定な気候で僅か3日ほどで散り去ってしまった年を除き、
10年にわたり4月の半ばに通い続けた名園。
その完全な姿を、昨日12日、ようやくこの目で見ることができました。
 
イメージ 2
 
写真そのものは、タイトルのように最高傑作ではないかもしれません。
それでも、約5時間にわたる散策の一瞬一瞬が何にも代えがたい珠玉。
私は10年ぶりに、心から笑って桜を見ることができたのですから。
 
 
思い返すと、もの心ついた時から最も幸せだったのは2004年。
その時は出会う何もかもが美しく、輝かしく、仕事をしている時も休暇を過ごしている時も、
心躍るような楽しみに満ち溢れていました。
 
それが翌2005年からずっと、3月から4月を中心に、
日常の中でひどく心の痛む出来事が続き、厳冬を越えた桜の姿を見るたびに、
「来年こそは笑って桜を見られるように」
そう願いながら10年間、一度として叶うことはなく。
 
ですが、もはやその深い悲しみや失望は、此処にはありません。
私は笑って、心から笑って、ようやく桜の許を歩くことができました。
 
 
私を取り巻く状況が、ものすごく好転したわけでもありません。
客観的に見たら、寧ろこの10年の中でも望ましくないことの方が多いかもしれません。
うまく説明できないのですが、望ましくないことがあったとしても、
望ましくないという思いから脱出する方法を、ようやく探し当てられた、
そういった状況なのだと思います。
 
 
花めぐりの記事にまったくなっていない気がしますが、
私にとって、これが最高傑出の旅でした。
絶望の淵から花に救いを求めるのではなく、
暗闇から這い上がる選択を自ら獲って、花とともに喜ぶ。
そうすれば、より花は美しく生き生きと心に迫ってきてくれる、
 
いまはその幸いに心から感謝しています***

ブログリンク

更新

フォト・メモリー ・・・ 四季の花々・・・

コスモス

更新がすっかり途切れとぎれになってしまっています。 この次はいつになるかわからないので、この数週間に撮ったコスモスをまとめてアップします。 ...


.


みんなの更新記事