流離う大阪人

opt-room 藤本晃敏のブログ

全体表示

[ リスト ]

以前、どこかで書いたかもしれないが・・
 
在京時代、夏の始まりを感じる風物詩というか、季節の変わり目を感じるイベントがあった。
 
6月の最終週あたりに、テニスの全英ローンテニス選手権大会、俗に言うウインブルドンがあり。
(こちらは高校時代から観ていたので、在京時代に限ったものではなかったが・・)
 
それが終わるころに始まるのが、ツール・ド・フランス(Le Tour de France)
 
今はどうだかは知らないのだが、当時はフジテレビが毎晩深夜、短いながらも番組が組まれ、その様子が伝えられていた。
 
ゴールの日は特番となり、途中の模様をダイジェストで見ることができた。
 
このツールが終わると、本格的に夏だな〜と感じたものだ。
 
帰阪してみると、残念ながら関西フジでの放送はなかった。
 
ツールの内容はスポーツニュースのごくわずかな扱いでのみ知ることができるだけだった。
 
そんな自転車レース好きな私が、偶然見つけたのが・・「サクリファイス」近藤史恵著・新潮社刊
 
イメージ 1
面白かった、この前書いた「天才 勝新太郎」と同じく、1日で読み終えてしまった。
 
ネタバレするのは、この本の場合かなりなマイナスになってしまうので内容については全くく書けないが、ミステリーとしての面白さも十二分に持ち、読みやすさ(いい意味での軽さ)もあって、一気の読了となった。
 
続編も読んでみようかと・・・
 
 
 
ツールドフランスのフジテレビの番組では、オープニングのテーマもよかったのだが、終わりかかる曲が、映画「ライト・スタッフ」のテーマで、これがまた素晴らしく合っていた。
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事