ここから本文です
ハンドメイドルアー Lepton
ハンドメイドルアーLeptonのブログです

フォトン90WS

フォトン90はシーバスを100本釣ることが出来る強度を目標に開発したルアーが原型となっています。
そのため、サクラマスに使用するにはコーティングの厚みやワイヤーフレーム強度、バルサの強度などに設計上の余力があると考えていました。
フォトン90WSはその余力をルアーの飛距離やレスポンスに振ったプロフェッショナルモデルとして開発されました。

アルミホイルを貼った後のコーティングは極力薄くしたくないため、アルミホイルを貼る前の下地コーティングをメインに薄肉化しています。
バルサブランクは瞬間接着剤を含侵させて目止めしその上に極力薄くコーティングしアルミホイルを貼っています。(0.5gの軽量化)

バルサは従来品より軽い物を使用していますが、比重ばらつきを1/3とすることと、バルサを指で強くつまみ剛性不足の材料は排除することで強度の低下は最小レベルに抑えています。(0.2gの軽量化)

ワイヤーフレームは折り返し長さを短く(30→20mm)することで軽量化を図っています。(0.1gの軽量化)

フォトン90WSは内部ウェイトの重量アップしたにもかかわらず、これらの軽量化によって発生した浮力により泳ぎだしの悪化を最小限に抑えています。

イメージ 1


9cm 12g(フック取付時参考値)
シンキング
定価7,000円(税別)
’17モデルから高耐久トップコート採用

推奨フック:オーナー ST46 #6または がまかつ トレブルSP MH #6
推奨リング:#3

このクラスシャローモデルとしてはトップクラスの飛距離を実現しています。
アクションはハイピッチローリングアクションです。
シンキングモデルですが浮きやすく設計されているため淵尻のひらきや瀬などのシャローを攻略するのに適しています。




この記事に

開くトラックバック(0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年はみなさまには大変お世話になりました。

今年もルアーの製作、開発に頑張っていきます。

よろしくお願いします。

イメージ 1

この記事に

モニターカラー

2017年モデルのサクラマス用フォトンでモニター用カラーを製作します。

以前から探していた塗料があって今年ついに見つけたのでそれを塗ってテストをしています。
まだテスト中の塗料なので多くは語れませんが、魚の色覚に作用するもので理論上釣果アップ(ダウン)の可能性があるものです。

今年、サツキマスは良く釣れましたし青物もヒットさせています。(塗料の効果かは分かりません。)
ただ、いかんせん自分だけでテストしていると、データ数が足りません。
そこでモニターカラーとして販売することにしました。

カラー名:謎色OB(オレンジベリー)

背中の色はこんな感じです。

イメージ 1
イメージ 2

装飾用塗料ではないので上手く表現できませんが、ダーク系の中間色です。
液晶モニターでは上手く再現出来ないかも。

サイドは銀(アルミ箔)、ベリーはオレンジです。

非常に高価な塗料なので価格は250円(税別)UPになります。

装飾用塗料ではないため経年変化や見栄えなどに問題が発生することがあるかもしれません。
塗料代が高かったため、塗料代を回収し、テストまでやってもらおうというズッコイ企画ですので否定的な方は購入されないようよろしくお願いします(笑)

なお、ケイムラのような紫外線発光塗料ではありません。
購入者でメーカー関係者以外の方には会った時にでも説明しますので、見かけたときにでも聞いて下さい。(メール等での質問は受け付けていません。)

この記事に

開くトラックバック(0)

プロトタイプ

ルアー製作と新製品開発に集中していたため久しぶりの更新になってしまいました(汗)

Facebookは少しはアップしていますのでよろしければフォローして下さい。
(名和英明で検索下さい。)

来年リリースしたくてテストを繰り返しているのが下の2モデル。

先ずはコノシロパターン用
飛距離や動きは大体狙い通りのものに仕上がっています。

イメージ 1



次にレプトン初となる?発泡素材のルアー
イメージ 2

今までは主に世界で一番軽い木材のバルサ材を手で削りハンドメイド製作していましたが、新しい作品を作れば何かを廃盤にしなくてはならない状況になってしまいました。

現在試作しているモデルはバルサの次に軽い木材の桐と同等の比重の発泡素材を使用しています。比重が軽い素材は強度的には弱いのですが、上手く設計できれば飛距離やアクションで優れた物が作れます。
成型ウェイトを使用することで設計自由度が増し、桐製ルアーより高性能なルアーが出来る可能性があります。(多くの種類のテスト用成型ウェイトを作るのは手間がかかり、そこをサボるとかえって性能は落ちます。)

現状の課題は、外注製作となるのでレプトンの従来コーティングより弱くなりがちでそこを改良したいと思っています。



この記事に

開くトラックバック(0)

メール復活

お手数をおかけしましたがメールがようやく復活しました

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事