河信基の深読み

タブーを排し、批判精神を高めましょう(商用無断転載厳禁)

南北関係・統一論

すべて表示

THAAD配備決定は中国の決断を促すメッセージ

韓米が8日に高高度ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備決定を発表したことに「電撃的な発表に韓国は激浪に襲われた」(連合ニュース)と韓国マスコミは例のごとく大騒ぎし、なかなか焦点が定まらないが、十分に予想されたことである。実際、私は「中国に北朝鮮への制裁に同調することを促す外交的なカード」と繰り返し指摘してきた。 一言で言えば、中国に北朝鮮への制裁レベルを決定的に高めることを求めるメッセージである。 高度な政治的判断の余地を残すために、事は努めて実務的に発表された。韓米共同記者会見では、ハイランクの政府要人とは言えないレベルの韓国国防部の柳済昇政策室長が「在韓米軍に配備すると正式決定した。遅くとも来年末には実戦配備する計画である」と述べた。気負いもなく淡々としていたが、注目すべきは「遅くとも来年末」とわざわざ期限を明示したこすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ハーグの常設仲裁裁判所が12日、中国と周辺国が領有権を争う南シナ海問題で判決を出した。 だが、2013年に提訴したフィリピンが政権交代で新大統領が対話による解決を主張し、判決遵守を声高に主張する日本と判決に反発する中国との対立だけが際立 ...すべて表示すべて表示

ブレグジット(英国のEU離脱)が全世界に衝撃を与えているが、議論が散漫で事態の本質に迫るものが見受けられない。 あるいは事態があまりにも深刻なために本質論を避けているのかもしれないが、ポスト冷戦体制が終焉を迎えている事実は隠しようもない ...すべて表示すべて表示

韓国政府は22日、北朝鮮が同日5時58分に元山付近からムスダンを試射したが、150キロ飛行して爆発した。さらに、8時5分に再度試射し、高度1000キロに達し、400キロ離れた東海(日本海)に落下したと発表した。前者は失敗、後者は「飛行性能は ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事