河信基の深読み

タブーを排し、批判精神を高めましょう(商用無断転載厳禁)

南北関係・統一論

すべて表示

THAAD配備決定は中国の決断を促すメッセージ

韓米が8日に高高度ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備決定を発表したことに「電撃的な発表に韓国は激浪に襲われた」(連合ニュース)と韓国マスコミは例のごとく大騒ぎし、なかなか焦点が定まらないが、十分に予想されたことである。実際、私は「中国に北朝鮮への制裁に同調することを促す外交的なカード」と繰り返し指摘してきた。 一言で言えば、中国に北朝鮮への制裁レベルを決定的に高めることを求めるメッセージである。 高度な政治的判断の余地を残すために、事は努めて実務的に発表された。韓米共同記者会見では、ハイランクの政府要人とは言えないレベルの韓国国防部の柳済昇政策室長が「在韓米軍に配備すると正式決定した。遅くとも来年末には実戦配備する計画である」と述べた。気負いもなく淡々としていたが、注目すべきは「遅くとも来年末」とわざわざ期限を明示したこすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

THAAD問題と東シナ海緊張の本質は東アジアに於ける米中の主導権争いにあり、それが韓中、日中の政治的要素と絡みながら表面化していると見なすことが出来る。 THAAD問題は(上)、(中)でみたように外交的な神経戦、条件闘争といったところだ ...すべて表示すべて表示

事大主義、売国行為と国民から指弾される中での野党6議員の訪中強行は、27日に新代表を選ぶ全党大会を控えた共に民主党を大きく揺さぶっている。 党内が賛否両論で割れ、国民からは外交担当能力を疑問視され、来年の大統領選挙にも少なからぬ影響を与 ...すべて表示すべて表示

THAAD配備問題を巡り韓中の関係が微妙になっている。他方、東シナ海では尖閣諸島(釣魚島)近海に中国の公船や漁船が連日、大量に入り、緊張が高まっている。 二つの現象は戦略的に密接に関連しているが、意外とそれについて論じるメデイアが見当た ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事