音響・映像・電気設備が好き

「ヒゲドライバー」「suguruka」というピコピコ・ミュージシャンが好きです。

全体表示

[ リスト ]

日本工業規格の「Z8301:2005 附属書G(規定)文章の書き方、用字、用語、記述符号及び数字」のG6に「用語及び外来語の表記」というものがあります。
なかでも代表的な、「長音を省く場合の原則」が以下です。

イメージ 1


これは規格書の表記を統一するために行われている決まりで、主に工業系の方が書かれる文書・取扱説明に顕著です。

近年、スタンダードなものをいくつかピックアップ

コンピューター → コンピュータ
メモリー → メモリ
データー → データ
モニター → モニタ
アップローダー → アップローダ
※長音は「ハイフン」や「マイナス」と見間違えてしまう可能性もある。

この法則に従うと、一般的ではなくなるもの。
メジャー → メジャ
インターネット → インタネット(英語発音に近い)

ちなみに工業寄りの技術的な専門書はすべて、JIS Z8301規格に表記が統一されています。
この規格は他に、「ヴァイオリン → バイオリン」「ワイアレスマイク → ワイヤレスマイク」などの濁音表記・母音の連続のルールや、常用漢字以外は似たつくりの漢字に置き換える「芯 → 心」、「車輌 → 車両」などがあります。
「デジタル」が「ディジタル」と表記されている場合は、Z8301に表記が統一されていると思ってよいです。※トランジスタ技術などの専門書は統一されていますね。追記:「地上デジタル放送」「チャンネル」は「地上ディジタル放送」「チャネル」と表記しませんが、これはJIS Z8301や文部科学省の学術用語集とは別の電波法による表記に従っているためだそうです。

近年は、音響映像各メーカ、カタカナ表記はJIS Z8301離れを起こしており、Panasonicは完全に「長音をつける」に徹底しています。
マイクロソフトも「サーバー」「ユーザー」「プリンター」「マイコンピューター」と言ったように長音を復活させる事を昨年公式発表しました。


どちらが良いというわけではありませんが、「マイコンピューターにあるフォルダー開いて、プリンターサーバー経由で…」ってなんだかマヌケな気がしますよね。

※このブログではできる限り、JIS Z8301に従っています…たぶん。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんばんは。きのこです。

私も以前、ある工業機械メーカ(ー)さんのVP制作の際に、テロップ制作で表記に迷った事があって調べた事があります。それ以来JIS Z8301に従ってちゃんとしていますが、以前は「どうしますか?」とメーカーの担当者さんに指定してもらっていました。(責任逃れですね。汗…)

でも、a) b)は知っていましたが、c) d)は良く知りませんでした。
確かに「モーターカー」を「モタカ」にはしていませんでしたけど、複合の場合は「成分」と考えるのですね〜。(ナットク)

ワイヤレスマイクもJISで「ワイ"ヤ"レス」だったんですね。

「メジャ」は某研究機関の映像制作でテロップとナレーションで使った事があります。「良いのかなぁ…」と思いながらでしたけど、「メジャでOK」と専門家のお墨付きをいただきました。(笑)

でも「ケブラー」はなんで「ケブラ」とは言わないのでしょうか…。
商標とかなんですかね〜? 削除

2009/4/21(火) 午前 3:59 [ きのこ ] 返信する

顔アイコン

>きのこさん
「ダイ"ア"モンド」ではなく、「ダイ"ヤ"モンド」なのもそうですね。

仕事ですと、「レーザー」を「レーザ」に全修正受けたことがありますよ…僕担当ではなかったですが…。聞いた話ですが、DTPが中でも特に大変みたいですね。

ケブラーはデュポン社の商標だから良いのではないでしょうか?
※ナイロンとかもこの会社の商標ですよね。
他の例外といえば「メモリースティック」や「スヌーピー」みたいな。

個人的には「芯線」が「心線」と表記されている理由がJISの「常用漢字以外は似たつくりの漢字に置き換える」から来ている事に驚きました…誤植かと思いましたし…。

※私は小説家の森博嗣さんが好きなのですが、この人は小説家である前に工学博士なので、「メジャ」「センタ」などの表記が多々ありますよ(笑)
この人の場合は追加ルールでスペルが「y」で終わる場合は「ィ」を使用するというのがあります。
「バッテリィ」「ミステリィ」「メロディ」「セクシィ」…

2009/4/21(火) 午前 7:07 linear_pcm0153 返信する

顔アイコン

こんにちは!
これ、分かっていても、ついつい口語調で記述してしまいます。
でも今後は気をつけてブログって参ります。

AVメーカのカタログや取扱説明書、更には仕様書までもが
めちゃくちゃな表記のオンパレードですよね。

様々なシステム本がありますが、この辺りの表記の扱いで
著者(もしくは読者)のレベルが分かるかも!です。

ちなみに最近購入した実用書で「音響映像設備マニュアル2009」がありますが、残念ながら守られていない様です。 削除

2009/4/22(水) 午後 0:07 [ KAS ] 返信する

顔アイコン

>KASさん
こんばんは。
取説だと「ミキサー」なのにCAD図だと「ミキサ」だったりしますね。

JISが正しいかと言えば実際はそうとも言い切れないのですが、やはり統一して欲しいですよね。
アンチフィードバックなのかハウリングサプレッサなのかフィードバックキャンセラなのかオートノッチなのか…この辺の名称もちょっと整理して欲しいです…。

2009/4/22(水) 午後 11:19 linear_pcm0153 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事