イメージ 1

ついに入線しました。久しぶりの関西私鉄電車。吹奏楽アニメのラッピング車、響けユーフォニアム。ガルパンに続くか、、、?。まだ整備はしていませんが、動力やパンタはすでに手元に準備してあります。ブログでお世話になっているuchan787さんからは、実車の写真も提供されているので、親近感がある車両です。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

EXEa

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

お久しぶりです。本格的に体調も良くなってきましたので、ちょっとお出かけなどしてきました。新宿駅の歴代ロマンスカーの壁画には、来年デビューする予定の赤いロマンスカーの隠し絵が施されていました。しかし残念だったのは、EXEaのデビュー式典に参加出来なかった事です。今回の体調不良は恨んでも恨みきれません。たまたま通過していった姿を携帯でパシャリとしましたが、、、。満足のゆく写真にはなりませんでした。そして普通のEXEもいまのうちに記録したいものです。ようやく新しい携帯からも、写真投稿できるようになりました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

TOMIX ジョイントレ-ル。

先月の末から体調を崩してしまい、インフルエンザの様な症状に悩まされていました。現在は鼻が多少つまってはいますが、仕事にも復帰してなんとかやっています。そんなこんなになる前に、購入したジョイントレ-ルを写真付でご紹介したかったのですが、新しく購入した携帯で投稿しようにも、何故か写真が添付出来ないのでとりあえずの近況報告とさせていただきます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

レイアウト自動掃除機になるか?。今日のネットのニュースの見出しに驚いた方も多かったのではないでしょうか?。小学館から発売されている、小学生女子向けの漫画雑誌、ちゃおが40周年記念を迎えた節目に、凄い付録を付けてきました。それは近年の流行りでもある、自動掃除機です。早速組み立てて、TV台にて試運転してみました。名前にロボと付けていますが、至ってアナログな仕様となっています。単四電池二つでモーターを回し、タイヤを回して進行します。その際にお手てが上下に動き、テーブルの縁に来るとお手てが空中に来るので、その合図でこの先は進行出来ないと判断し、掃除機はテーブルの内側に戻る仕組みなんですが、これが結構墜落率が高いのです。まず、お手ての動きがぎこちなくなる場合もあります。バリや配線との接触が原因だと思われます。他にはテーブルの縁からUターンして戻る際に、本体の半分程がすでに、テーブルの縁からオーバーラーンしていて、ニュートンの法則によて真っ逆様に墜落してしまいます。レイアウトのホコリ対策につかえるかと思い購入してみました。中身はトミックスのレールクリーニングカーに似ていますので、何か改造したら他のアイデアが生まれそうです。税込み700円位の勉強料でした。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

小田急2600形。

イメージ 1

本日はまとった時間と気力がありましたので、以前から準備していたマイクロエースの小田急2600形の動力を、フライホイール化しようと思いました。2600形については、小田急トレインズから5000形をフライホイール化するための交換用のマイクロエース製品、フライホイール動力が販売されていますので、そちらを使ってみました。台車レリーフ部品と床下機器表現のみは、オリジナルの2600形製品のものを使用しました。面倒ですが、台車押さえ部の伝達ネジの長さが微妙に違うので、台車部品は一旦バラして、2600形の台車表現部と5000形の台車部品を組み合わせるしかありません。そうしないと、走行中に台車の位置が前後に移動して、床下機器と微妙に接触します。後は床下機器ですが、そのままでは5000形の動力に取り付けられませんので、形状に合わせて切り出したり削ってくだい。後は組戻して完了です。別にオリジナルの動力に問題が発生したわけではありませんが、音が静かで軽やかな発車、停車はやっぱり良いですね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

小田急1900形。

イメージ 1

イメージ 2

こんばんは、遅ばせながら先ほどトミーテックの鉄道コレクション。小田急1900形のNゲージ化が終了しました。今回は後期型の姿での製品化ということで、2+2の晩年の4連を組みたかったので、二箱購入となりました。かなり以前ですがブログで、鉄コレ改造の初期型1900形をご紹介いたしました。初期は2連で運用されていました。記憶が曖昧ですが、確か1800形?他形式と連絡されて運用に入っていたと思います。私はギリギリ実車に乗った事がある世代です。当時は小田急で一番オンボロ電車でした。こうやって現代に製品化されると、懐かしい思い出がこみ上げてきます。あの当時の小田急標準のブルーの帯色も忠実に再現されています。では、では、、、。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

こんばんは。先週発売予定でしたが、メーカー側の都合により、急遽、本日の発売となりました、小田急1000形通勤電車にして、赤い箱根登山鉄道色をまとった1059Fが入線いたしました。実車の運用は、小田原ー箱根湯本を同色4本で運用されているものですが、応援で通常塗装車と連結して新宿まで運用された実績もある事なので、これは要らないよと言う方も、購入を検討してみてはいかがでしょうか?。以前発売されたキットと比べると、細かい表現や動力の仕様がちがいます。まだ在庫はあるみたいですが、早く無くなると思います。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

モデルランド田中。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

東急東横線とJR横浜線がクロスする菊名駅近くにあるモデルランド田中に行ってみました。以前は大倉駅近くにあって、レンタルレイアウトや店頭販売をしていた鉄道模型店でしたが、現在はご主人の都合で菊名のご自宅の玄関先でパーツ類の販売を行っています。車両自体はネット販売で続けているそうです。特にKATOのDCCに力を入れているそうで、仕組みがわからない方は気軽に相談されると良いでしょう。リアル店舗のお店自体は、隠れ家的な民家カフェみたいな場所にありますので、事前にHPで下調べしてから行く事を勧めます。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

久しぶりの投稿になります。昨日から明日までランドマークプラザで行われているヨコハマ鉄道模型フェスに行ってきました。例年のごとく家族連れが多く見受けられました。場所がら家族連れでもアクセスしやすい立地にあるのと、ママさん達がショッピングし易いのがマッチしているのでしょう。今回は特に驚く発表は個人的に無く、ぶらぶらしていました。買ったものと言えば、小田急トレインズのマイクロエース5000形フライホイール動力です。手持ちの2600形をフライホイール仕様にするつもりです。鉄コレの小田急1900形は既に余所で購入済みなのですが、まだ何も手をつけていません。フェスの後は運動がてらに横浜をぷらぷらしました、、、。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今回パトロールしてきたお店は、知る人ぞ知る朝倉模型です。国分寺駅からバスですぐの場所にあります。店内はかなり狭いのですが、よそで売り切れの品なんかもあったりします。とにかくN、16番関係のパーツ類が豊富です。なかでもKATOのAs s yが豊富で、商品番号さえ分かれば簡単に在庫の山からお目当てが探し出せます。基本的に割引はありませんが、高額な買い物をするといくらか割引になるそうです。店のオーナーも人柄が良く話しやすく、何でも相談に乗ってくれる街の模型店といった感じです。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事