Yahoo!リスティング広告 公式ブログ

Yahoo!リスティング広告の最新情報をお届けします。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

2010年07月27日

←2010年7月26日 | 2010年7月28日→

全1ページ

[1]



Yahoo! JAPAN ではこのたび、検索連動型広告「スポンサードサーチ」の広告配信システムについて、米国Google Inc.(以下グーグル)のシステムを採用することを決定しました。これにより、スポンサードサーチの広告配信システムは、これまでの米国Yahoo! Inc. のシステムからグーグルが提供するシステムへ移行することとなります。

Yahoo! JAPAN は、2009年7月にYahoo! Inc. が検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムの提供を米国Microsoftから受けることを決定して以来、他の検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムについて比較検討してきました。その結果、弊社のお客様にとってよりよいサービスをご提供するために、現時点でグーグルのシステムがベストな選択肢であるとの結論に至りました。

今回の決定で、検索連動型広告「スポンサードサーチ」がより強化されるとともに、日本において利用者から最も幅広い支持を受けているYahoo! JAPAN の検索サービスがいっそう強化されることになります。これにより、皆様へより品質の高いサービス提供が可能となることを確信しています。

今回の決定は、あくまでも基礎技術の提供元変更に関するもので、Yahoo! JAPANが提供している「スポンサードサーチ」のマーケットプレイスはこれまで同様に弊社独自のものとして維持します。つまり、グーグルが提供する検索連動型広告サービスとは今後も競合関係となります。検索連動型広告「スポンサードサーチ」は今後も、日本最大のアクセス数を誇るYahoo! JAPANをはじめとする弊社独自の強力なパートナーネットワークに広告配信を継続し、皆様にとって役立つ魅力的な広告サービスとして提供します。

なお、今回の決定に伴うシステムの切り替え時期については現時点では未定となっています。時期も含めた詳細移行内容については今後協議し、決まり次第お知らせします。今しばらくお待ちいただきたく、よろしくお願いいたします。

*参考URL:
 ヤフー株式会社のIRリリース
【ご参考】 グーグルの検索エンジンおよび検索連動型広告システム採用に関するFAQ

1. 今回の発表の要点は?
Yahoo! JAPAN で使用する検索エンジンおよび検索連動広告技術の提供元が、米国Yahoo! Inc.から米国Google Inc.(以下グーグル)に変わります。また、グーグルが日本語検索インデックスで使用するコンテンツをYahoo! JAPANから提供します。

2. 今回の発表に至った背景は?
2009年7月、Yahoo! Inc.はマイクロソフトより検索エンジンおよび検索連動広告技術の提供を受ける提携契約を締結しました。これを受けてYahoo! JAPAN では複数の検索エンジンおよび検索連動型広告の配信システムを比較検討しましたが、グーグルがベストであると判断し、今回の取引に至りました。

3. Googleを提携相手として選択した理由は何ですか?
2009年7月、Yahoo! Inc.はマイクロソフトより検索エンジンおよび検索連動広告技術の提供を受ける提携契約を締結しました。これを受けてYahoo! JAPAN では複数の検索エンジンおよび検索連動型広告の配信システムを比較検討しましたが、グーグルがベストであると判断し、今回の取引に至りました。

4. 今回の契約で何が変わるのでしょうか?
検索結果画面のユーザーインタフェースは今のまま引き続き提供されますので、インターネットユーザーの使い勝手は何も変わりません。 また、広告主、掲載パートナー、代理店、テクノロジーソリューションパートナーの皆様には、よりよいサービスを提供することが可能となります。

5. 移行のスケジュールは?
移行のスケジュールについては、今後の協議となります。決まり次第、関係者の方々にお知らせします。

6. 移行の方法については?
移行の詳細については、今後の協議となります。決まり次第、関係者の方々にお知らせします。

7. 今後のグーグルとの関係は?
今回の提携は検索エンジンおよび検索連動広告技術の提供元としての関係であり、検索サービス及び検索連動型広告の分野ではこれまで通り切磋琢磨してゆきます。広告に関するデータも両社で共有されることはありません。

8. Yahoo! JAPANの他のサービスについても同様の取り組みは考えていくのですか?
今回の提携は、検索エンジンおよび検索連動広告技術に限ったものです。今時点で、他のサービスにおける同様の提携は想定していません。

9. 今回の提携先は米国Google Inc. だが、日本法人(グーグル株式会社)との関係に変更はありますか?
グーグル日本法人との関係は、これまでと変更ありません。検索および検索連動型広告市場においては競合関係になります。

10. 今後の米国Yahoo Inc. との関係は?
今回の変更は検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムの提供に関するものであり、それ以外の関係はこれまで通り継続されます。

11. 米国Yahoo Inc.はいつまで当該サービスのサポートを継続しますか?
日本で検索エンジンと検索連動型広告配信システムがグーグルに切り替わるまでは、Yahoo Inc.より日本市場向けの開発、運用が続けられることで合意しています。

12. サービス名称はどうなりますか?
引き続きYahoo! JAPANブランドで提供します。 検索連動型広告は「スポンサードサーチ」としてサービスを提供します。

13. 興味関心連動型広告「インタレストマッチ」に影響はありますか?
影響はありません。 引き続き、Yahoo! JAPAN独自のサービスとして注力し、提供していきます。

この記事に

開く トラックバック(3)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事