ここから本文です
台風ゆめかたつ
だいたい漫画の話ばっかりしてます。コメント・拡散・お気に入り登録などご気軽にです

書庫全体表示

こんばんわ
yukuです。
 
『黒子のバスケ』23巻
早速読みましたーーー。
 
 
▼表紙は青い空を背景に佇む帝光中時代の黒子っちです(>▽<)
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前巻ではたしか、「追われる側」となってしまったプレッシャーの中、火神の放ったポエムにより、黄瀬攻略法を思いついたという黒子…ってとこで終わっていたかと思いますが…
 
さて、黒子の思いついた「完全無欠の模倣(パフェコピ)」を止める方法とはどういったものなのか。
 
そもそもキセキの世代全員の技を再現するがゆえに、手の付けられない黄瀬のコピー。
 
しかし、そんなキセキの世代たちと互角に渡り合ってきたポエマー火神ならば…!
止められる可能性はあるという黒子。
なお、そのためには、黄瀬が次に「誰の技」を再現してくるかを読まなければいけない。
 
黒子の十八番でもある「観察力」が決め手となるわけですね!
 
「残り2分足らずでそれを実現するのは至難の技だ」
 
しかしながら、観察のためにあえて交代せず、むしろ「近くで今まで以上に黄瀬くんを見たい」という理由で、試合には出続けるという黒子。
黄瀬観察のため、しばらくほとんどコート上で戦力にならない黒子をサポートすべく粘る誠凛!
 
その熱いプレイっぷりに、先程まで「海常」一色だった観客席の応援もいつしか、「海常」と「誠凛」両方に向けられるようになります。
 
「かなりつかめてきました」
「黄瀬くんのプレイの傾向は」
「…ただしまだ不完全です」
「だから…」「お願いがあります」
 
果たして黒子っちの「お願い」とは…?!
 
泣いても笑っても残り時間はあとわずか。
いよいよラストスパートです!
 
一進一退する点差。
そして…
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「火神くん」
「今ので答えは出ました」
「やはりT・O時言った通りです」
「あとはよろしくお願いします」
 
 
このまま黄瀬くんの「完全無欠の模倣(パーフェクトコピー)」は破られてしまうのでしょうか(>_<)
 
なお、そこで黒子がとったのは、なんと、黄瀬へのマンツーマンマーク!
そんな、この終盤で使い古された奇策に出た黒子に対し、一瞬、少なからず失望を見せる黄瀬。が、すぐにそんな考えを改めます。
 
「さっきは一瞬がっかりした」「…けど」
「そんなわけないか」
「黒子っちはいつだって全力で」「勝つためにあがいてる」
「ショボい奴なんて見下すことぐらいしかしなかったオレが」
「初めて尊敬したショボい奴」
 
「ライバルって言ってくれたことは本当に嬉しかった」
「だから…勝ちたい絶対!!」
 
 
うおーーー!!めちゃ熱い!!!!!
 
これは、敵チームだけど黄瀬を応援したいとかってちょっと思っちゃいました。

あー、でも黒子には黄瀬攻略のとっておき秘策があるんですよね
 
黒子・火神を抜き、ゴール目前、紫原のコピーである「トルネードハンマー」で一本決めんとする黄瀬。
 
しかし抜かれたはずの火神は不敵な表情で、こう言い放ちます。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「狙い通りだよ」「ここまで全部な…!!」
 
なお、黄瀬自身も、すんなりいきすぎたことにわずかな違和感を感じます。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「オレはここに誘い込まれたんじゃ…」
 
すべて黒子の作戦通りでした。
まんまとゴール下に誘い込まれた黄瀬は、伊月の「イーグルスピア」によってボールを奪われます。
 
「まだだ!まだボールは生きてる」
 
ここで黄瀬は、決断を迫られます。
このままボールをとって、自分で決めるか、あるいは……
仲間を頼ってパスを出すか。
 
しかし、決めるといっても、体勢は崩れて、とてもシュートできる状態ではない。ならばやはりパス…

とそこでフラッシュバックするのは、あの夏のIH準々決勝でのパスミス。
 
ダメだ!最後はエースが決めるんだ!
ここで仲間に頼ってちゃ……
 
しかし、そんな黄瀬の脳裏に、今度は、かつて黒子と笠松に捧げられた言葉がフラッシュバックします。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒子「チームで大事なのは」「自分が何をすべきか考えることです」
笠松「お前(エース)は前だけ見てりゃいい」
 
そして、黄瀬は自分の中で答えを導き出すのです。
 
「…違う!!」
「頼っちゃいけない仲間なんているもんか!!」
 
黄瀬のパスにより笠松へと渡るボール。

エースから託されたそのボールを、笠松主将はしっかりと決めてくれます(>∀<)
 
これで、海常の勝利は目前か…!
観客席もまたそんなムードに包まれます。
 
しかし、この絶望的場面でやけに静まり返っているのは誠凛チーム。
 
(ベンチも表情は深刻だが狼狽はしていない)
(つまりここまですべてわざと…?)
 
そうなのです。
 
黒子といえばこれまでにも、たとえばIH予選時の秀徳戦のときや、桐皇戦のときにおいても、味方だけではなく、緑間であったり青峰であったり、敵のことも「信じて」行動した結果が勝利に結びついたりしてました。
 
つまり、ここでも「ワンマンプレイヤーじゃない黄瀬くん」を信じ、パスのことまで予測済みだったというわけですね。
 
「だからお願いというのは」
「黄瀬くんを止めることではありません」
 
黄瀬をゴール下まで誘い込んでおいたことで、いち早いスタートが切れた火神、走ります。
 
しかし、なんと、猛スピードでそれに追いついてしまう黄瀬。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「オフでも欠かさず走ってきたんスよ」の賜物でしょうか?!
めちゃ速い!足を負傷しているとは思えぬ早さです。
 
なお、黄瀬が追いつけたのは、小堀センパイの暗躍あってのことだったようです☆(「計画通り」とニヤリしてる小堀センパイ↑)
 
小堀センパイもきっと、「オフでも欠かさず走ってきたんスよ」って黄瀬がゆってたから、そんな黄瀬ならばきっと、火神に追いついてくれるという、「信頼」からくる行動だったのかなと思うと、こちらもまた熱いものがこみ上げてきます…。
 
ドリブルをかわす時間はない…
となれば、この位置からのシュートしかない。
今の黄瀬に通用するシュート…それはアレックスから教わったあの「流星のダンク(メテオジャム)」以外ありえません。
 
しかし
 
(ダメだ…このシュートは…失敗する)
 
火神、万事休す!
 
と、そこへ絶妙のタイミングでゴール下まで駆ける黒子。
 
「火神くん!!」
 
火神のパスで黒子に渡るボール。
 
そして、なんとあの黒子が…ブザービーターでシュートを決めます!
 
試合終了!
勝ったのは…誠凛高校!!
 
「完敗…スわ!」
 
整列時、吹っ切れたような満面の笑顔で火神に握手を求める黄瀬。
 
……アレ??
今回は泣かないんですかね…
 
黄瀬にとっても、すべてを出し切った感のある試合。
すごく爽やかに黒子とも言葉を交わしてます。
 
「最後まで黄瀬くんを止めることはできませんでした」

との黒子の賛辞にも、

「(昔ならその言葉でドヤ顔できたけど)オレだけ勝ってもイミねーっスわ」

とまで言えるようになってました。
 
帝光中に入部直後、ユニフォームを賭けた点取り勝負を黒子にふっかけたりするあのワンマンプレイヤーだった黄瀬からは考えられないほどのその成長ぶりに、敵チームとして脅威に感じるも、元・教育係としてどこか嬉しく思ったりもする黒子。
 
なんか…いいですね、こーいうの
 
そして、敗北後も終始爽やかだった黄瀬。

どうやら試合終了後になって、痛めていた足のダメージが一気に来たようで、もはや歩くのが精一杯。

1人、その痛みにこらえつつ、なお平静を装ってはいましたが…
 
あっけなく笠松センパイにヤセ我慢を見破られ、そのことで一気に涙腺が緩んだのか、結局、堰を切ったように泣き出してしまいます
(※お約束ルート)
 
なお退場時、笠松センパイに支えられながら「みんなと勝ちたかったっス」と、わんわん泣きじゃくる黄瀬の頭をさりげにナデナデしている森山センパーイ!!!―(>▽<)―
 
ちょ…私もあのひよこ頭、ナデナデしにいきたいっす…
 
 
そして、海常戦で白熱しまくったあとはついに満を持した「帝光編」突入。
 
ということで、

まさかのミートボールハンター灰崎さん返り咲きです
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あれ?なんかカワイイ。
 
なお、今や本誌では傀儡監督と化しているコー…監督(まだコーチ)もこのころはブイブイいわしてます
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
えっと、こんな感じで以上です!
 
 

 
ちなみに、わたくしごとですが、yukuが黒バスをきちんと読み始めた回が、ちょーどこの23巻に収録されてる「第203Q 最高の選手です」からでして(やっと追いついたーって感じです)そのときのジャンプ感想記事もいちおうupしているのですが、初読みってことでけっこうヒドい内容ですので、リベンジの意味も込めてこちらではたっぷりと語らせていただきました☆
ということで、この23巻を読んだことで、ようやく黒バス全話制覇を果たしたというわけです^^♪♪
 
祝*黒バス全話コンプリート!!!(>∀<)
嬉しいような、ちょっと寂しいような…って感じです。
 
 
 
***************************
▼ブログランキング参加中です▼
***************************




アフィリエイト 私のおすすめ:
黒子のバスケ(23)

閉じるコメント(29)

  • アバター

    >まいるさん
    ねぎらいのお言葉、ありがたき幸せです(>∀<)!!!

    おおっ・・・そうですね!
    いま、ちょーど過去編やってるということで、
    本編とあわせてみると、その成長ぶりが顕著です!

    てゆーか、過去編と見比べて個人的にいちばん興味深いのは桃井さんだったりするのですが、なんか、どっちかっていうと高校桃井ちゃんってビッチだったり、試合となると黒子や黄瀬のいるチームでも容赦なしに追い込む、冷徹なやり手マネだったりのイメージでしたので、この過去編での感情豊かなヒロインっぽい桃井ちゃんは、すごく新鮮だったりします^^

    >いい先輩になるんじゃと
    あー、なるほどです。意外とそうかもですね!
    未熟な時期に先輩に導いてもらえた経験は、次に自分が後輩を持った時に活かせそうですよね。
    ※続きます

    yuku65

    2013/8/7(水) 午後 1:16

  • アバター

    ※まいるさんへ続き。
    >リコのモノローグ
    あー、気になりますね。
    そういえば夏ごろにカントクが木吉とファミレスで話してた時も、黒子は今のスタイルを(ベクトルは変えずに)脱却するべき時だと言ってた木吉に対しても、難色を示す様子を見せていた記憶があるのですが、やはりカントク的には黒子が存在感を身に付けることで、「影」として確立したスタイルが崩れていくことに、どこか懸念があったりするのかもしれないですね。

    この辺は、かつてシュート能力を封じてまで、幻のシックスマンとしてのパス特化能力に固執した赤司の発想と似通ってるのかもしれないです。

    いち選手としては、黒子には限界を引かず、もっといろんなスタイルを模索してほしいと思う一方で、存在感を出してしまうことで、黒子の存在価値が薄まってしまうのではないかと思う気持ちも分からないではなく、この辺はむつかしいところだなあって思ったりもします。

    yuku65

    2013/8/7(水) 午後 1:25

  • はじめましてww

    黄瀬くんは、とにかくかわりましたねww

    笠松先輩が黄瀬くんをけるのって多いじゃないですか??

    でも、今回のように優しく頭にポンッと手を置かれたら

    僕は、確実に死にますよwww

    雪飛

    2013/8/22(木) 午前 10:22

  • アバター

    >雪飛さん
    はじめまして
    コメントありがとうございます!!!

    >今回のように優しく頭にポンッと手を置かれたら
    わかりますーーーーーー(>∀<)
    笠松センパイ、男前すぎです!!!!!

    普段、厳しい態度でも、ちゃんと後輩として可愛がってて、いっしょうけんめいがんばったエースへのねぎらいもちゃんとしてくれて、なんかこーいう先輩後輩の関係って、いいですよね!(>_<)

    中学校時代は、キセキの世代として、ちやほやされて、傲慢な態度でもだれも叱ってくれずに来てしまってたところ、笠松センパイのもとで、海常1年の黄瀬として、チームメイトからの信頼もじょじょに築いていった黄瀬くんの成長ぶりには感動です(;;)

    笠松センパイにとっては、これは引退試合にもなりますもんね(;;)

    でもせめて、決勝戦試合では、また観客席で黄瀬をどつきつつも、素晴らしい解説をするお姿を拝みたいです(>∀<)

    yuku65

    2013/8/22(木) 午後 0:28

  • 僕もそれを望みますね!!

    コミックスでも、試合中の観客席での、こめんとが好きですww

    バスケをしたことがないので、時折「ん?ドユコト・・?」
    となる部分が多いので、観客席のコメントがあって、すごく助かりますww

    笠松先輩の、キャラソンもサイコーです!!
    誠凛との試合後、ロッカルームで男泣き・・・(〃∇〃)

    男前すぎですよ!!!!

    雪飛

    2013/8/23(金) 午後 1:24

  • アバター

    >雪飛さん
    そうですよね^^!
    試合中は、試合シーンはもちろん、観客席側のシーンもいいですよね。

    とくに、笠松先輩の説明は、めちゃんこわかりやすいですー。
    あとは、日向キャプ、氷室さん、赤司あたりも、ツボを得てて、わかりやすいのですきです

    決勝戦はやはり笠松先輩も海常メンバー全員で観戦なのでしょうか。
    でもその前に秀徳との3位決定戦もありますしね。

    エースの黄瀬は足の負傷で欠場としても、ディフェンスは津川2人分(つっちー談)の中村センパイが緑間のマークを徹底的にするとして、なんとか緑間にボールを回さないようにして、あとは笠松センパイの超高速フェイダウエイで高尾のホークアイをかいくぐり、ジャンプシュートで決めまくる的な感じで、エース抜きでも結構いい試合をしてくれるんじゃないかと思います。
    ※続きます

    yuku65

    2013/8/24(土) 午前 9:27

  • アバター

    ※雪飛さんへ続き(切れちゃったので・・・)
    緑間は「結果はもう見えている」ゆってましたが、圧倒的スコアラーに3Pシューターが揃う秀徳だからこそ、ディフェンスに強い海常の粘り所なのかなとかって、yukuもバスケぜんぜんわかんないですが勝手に思ったりしてます^^

    てか、それより3位決定戦は、果たしてやってくれるのかもあやしいところですよね。。。

    帝光編おわったら、3位決定戦ダイジェストですっとばして、決勝戦突入・・・とかだと哀しいです(;;)
    てか、その可能性のほうが高いですけどねー・・・

    yuku65

    2013/8/24(土) 午前 9:30

  • 3位決定戦!!確かに楽しみですww

    もう、頭ん中は、誠凛VS洛山のことでいっぱいでした!!

    黄瀬VS 緑間、、、、。黄瀬くんの足は治っているんですかね…??

    それにそれに、赤司につくのは、、、黒子くんですかね??
    このへんは、バスケド素人すぎて、先が読めない!!><

    藤巻先生は、おそらく(というか、絶対的に?)誠凛が勝つストーリを考えているとは、思いますが、
    yukuさんは、洛山VS誠凛どっちが勝つと思いますか??

    雪飛

    2013/8/25(日) 午後 4:19

  • アバター

    >雪飛さん
    そうそう^^!じつは決勝戦前に3位決定戦もありますからねー。

    黄瀬くんの足は、たぶん、1日じゃ治ってないと思います。
    監督も、無理をするともしかしたら今後に響く負傷になるかもしれないってことを確か心配していたと思いますし、つぎにでてくるときは、ひょっとしたら杖くらいはついていてもおかしくないのではないでしょうか・・・。

    海常も、やはりエース抜きで緑間擁する秀徳高校に勝つのは厳しそうですが、緑間自身も洛山戦で「限界はとうに超えている」と言ってたように、かなり無理してたみたいですし、もしかしたら絶好調じゃない状態での出場になるかもですね。
    と考えたら、海常にも活路はあるのか?!って思ったりもするのですが・・・

    PG同士の実力で見ると、高尾のホークアイも脅威ですが、やはりスピード抜群の笠松センパイのほうが有利な気がしますし、、、

    うーん、緑間の手の状態がどんな感じなのかっていうのんは気になるところですよねー。
    ※続きます

    yuku65

    2013/8/25(日) 午後 5:04

  • アバター

    ※雪飛さんへ続き。
    >赤司につくのは、、、黒子くんですかね??
    おおっ・・・それは面白そうですね^^!!

    yukuも同じくバスケ素人すぎて、先は読めないですが、

    順当に考えると、PG同士の伊月が赤司の相手をすることになるとは思いますが(あるいはまさかの降旗くん投入か)、あの赤司に対抗できる試合が想像できないです・・・。

    秀徳戦ではチームプレイを活かしたグリーンレボリューションも破られてましたしね・・・。

    パワーバランスからすると、洛山が勝つ結末しか想像できないのですが、どーなんでしょうね。

    ただし、もし誠凛が負けたら、たしかみんな全裸じゃなかったでしたっけ・・・。

    yuku65

    2013/8/25(日) 午後 5:11

  • ああ!!全裸・・・www

    そうなると、降旗くんのバスケを始めた理由が、「何かで一番になったら付き合ってあげる」と好きな女子に言われたことらしいので、
    その子に告白することになるのですかね??

    でも、洛山に負けた時点で、一番ではないので・・・結局振られる??www

    3位決定戦は、もしかすると、両チームエースが負傷のため、
    「棄権」なんて、展開があるかもしれませんね><

    そうする判断も監督としては必要なのかも・・・・。

    雪飛

    2013/8/26(月) 午後 3:37

  • アバター

    >雪飛さん
    降旗くんのバスケ始めた理由に、そんな背景があったとわ・・(・□・)

    みなさんそれぞれ賭けているものがあるのですね(>_<)

    あとなにげに黒子っちは、さいしょの「日本一にします」という約束をサクっと「日本一になります」に軌道修正かけてますからね^^;

    3位決定戦、黄瀬の足の具合も気になりますが、緑間さんの手も気になります。
    とくに手が痛むとかいう描写はなかったですが、海常との試合終了直後、リングを探しに行った火神とばったり会った緑間さんが、次の日には試合を控えてるにもかかわらず、やけにたそがれていたのんも、ひょっとしたら洛山での試合で手の負担が大きくって、思うようにスリーが打てない状態になってしまっていたことに起因するのかもしれないなあって、勝手に妄想してます。

    そうですね!緑間にとっては来年もあるでしょうし、ここで無理をさせて選手生命を縮めてしまうよりも、ゆっくり静養させるっていう判断になるのかもですね。
    幸いといってはなんですが海常もエースは恐らく欠場でしょうし、3位決定戦は両チームとも、3年生の根性の見せ所なのかもしれないです

    yuku65

    2013/8/27(火) 午前 10:14

  • 三年生同士の戦い!!!!

    それは、ぜひみたいですね(^O^)

    僕は、秀徳では、宮地先輩がすきですね(〃∇〃)
    高尾くんのコミュ力の高さも好きですけど・・・www

    黒バスはサブの人たちも全員かっこよすぎて困りますwww

    ミドリンの試合の出場するか否かは、
    おは朝で決まってしまう・・・という一笑い路線も
    いいかもしれませんねwww(*´ω`*)

    雪飛

    2013/8/27(火) 午後 5:12

  • アバター

    >雪飛さん
    そーなのですよ!!
    黒バスといえば、試合シーンが白熱しますが、やはり物語の都合上、どうしてもVSキセキの世代の構図が多かったですので、ちょっとせっかくなので3位決定戦は3年生同士のぶつかり合いも見てみたい気がします。

    IHでのvs桐皇の際の、今吉主将と笠松主将の小競り合い(?)もなにげに楽しかったですし、3年生の意地とプライドのぶつかり合いも見たいです。

    あと、あの絶対的スコアラーの大坪主将と、リバウンドなら右に出る者はいないという笠松主将お墨付きの早川先輩(ラ行がいえない人)とのガチンコも見たい気がします(>∀<)☆

    雪飛さんは秀徳では宮地先輩推しなのですね^^♪
    ちょっと怖いところとかも、素敵ですよね^^♪
    高尾は、yukuもめちゃんこ好きです!!
    IH予選で黒子のバックチップを妨害したところとか、うおおお!!ってなりました。

    >おは朝で
    それは・・・人事を尽くしすぎですねwww

    yuku65

    2013/8/28(水) 午前 9:45

  • 大坪さんは、秀徳のお父さんって、感じです(個人的には)
    ドルオタな部分です、少しお父さん感がなくなりますがwww
    それでも、大坪さんは上手にミドリンを使ってるし、
    お父さんってかんじですね( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ


    高尾くんが、テツくんをトイレで、しかも、後ろを通っただけなのに
    気づいたときはビックリしましたっ!!

    というか、よくよく考えると、ホークアイの高尾くんでやっと
    見つけられる(気づいてもらえる)テツくんって
    すごいですよねwwwwwww

    ぼくも、時折おは朝占い気にしますよww
    基本は、ZIPを見てるんですが・・・・☆彡

    雪飛

    2013/8/29(木) 午前 6:05

  • アバター

    >雪飛さん
    あー、主将の大坪さん、たしかに!!
    NG集でも、一人だけおっさん枠のコマに入れられてたことにショック受けてましたよね^^

    高尾くんは、登場シーンからめちゃんこいい感じですよね!!
    キセキの世代以外にも、こんな思わぬ伏兵が存在した!ってことで興奮しました!

    しかも強豪校で、一年PGのレギュラーとかってスゴイですよね!
    (まあそれをゆったら赤司も1年PGですが・・・)

    降旗くんも、もう少し目を鍛えて、コート上の黒子を見つけられるようになったら、いいPGになりそうですけどね。

    あっ・・・!yukuもZIP見てますよー。

    星座占い、ときどき気になりますよね^^
    yukuはふたご座なのですが、きょうのふたご座のラッキーアイテムはインテリアランプらしいです。。。
    そんなの持ち歩けない・・・(;□;)

    yuku65

    2013/8/30(金) 午後 2:26

  • yukuさんもコメもびっちり書いてあって
    私から言うことは何もありません(*_*)

    でも、1つ言えることは、対陽泉の時もですが、負けた後のチームがちゃんと書かれてて、悔しいんだけれど爽やかというか良く頑張ったってキャラ達の行動が素敵に描かれてるのが魅力の一つだなって思いました。
    はやく、22,21買わなければ(//∇//)です。

    [ アネモネ ]

    2014/6/20(金) 午後 10:14

  • アバター

    >アネモネさん
    感想コメありがとうございますっ♡♡
    なんか…おねだりしちゃってごめんなさい。。

    でもアネモネさんがいっぱい黒バスの話題ふってくださってうれしいです♡

    ですです(;;)
    >負けた後のチームがちゃんと書かれてて
    だからこそ、対戦チームにも愛着がわくし、キセキの世代もたんなるやな奴でおわらないのかなってyukuもおもいます。

    は…早くそろえてくださいwww

    ちなみに24巻もいろいろと可愛いですよ!!!
    やばいです!!!

    yuku65

    2014/6/22(日) 午後 11:42

  • 顔アイコン

    25ページで、赤司様が僕司なのに黄瀬って言ってるんですけど...ww 削除

    [ 乃亜 ]

    2014/7/9(水) 午後 5:01

  • アバター

    >乃亜さん
    コメントありがとうございますっ(σσ)♡♡

    コミックスで修正入ってなかったことを思うと、単なるミスじゃなく敢えての黄瀬呼びだったのかもしれないという可能性も捨てきれないんですよねー。

    1.本来なら眠ってるオリジナル赤司(いわゆる俺司)が、かつてのチームメイトである黄瀬の成長に感化され一瞬だけ目覚めてコメントした
    2.赤司様が名前呼びするのは認めてる者だけ。つまり心のどこかで黄瀬のことをキセキの世代の一員としては認めてないふしがある(5人目になったのもあくまで灰崎の代わりに過ぎなかったという経緯から)

    みたいな考察(妄想)をしてたときもありました…

    yuku65

    2014/7/11(金) 午前 11:26

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

Yahoo! Choctle

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事