Fin de siècle

ファン・ド・シエクル 繁栄と退廃

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

青い血を持つと豪語するハプスブルグ家。ルドルフ1世はこの家名をひろめ、「中世最後の騎士」と呼ばれたマクシミリアン1世はハウスブルグ家の威光を強大にする。カール5世やフェリペ2世、ベラスケスの「ラス・メニーナス」に描かれた王の家族たち、アルチンボルドが画いたルドルフ2世、悪魔と化すフリードリヒ大王、ポンパドール夫人との3枚のペチコート作戦をはじめたマリア・テレジアと嫁いだ娘のマリー・アントワネット

華やかな一族です。

ハプスブルグ家の終焉はオーストリア皇帝のフランツ・ヨーゼフとエリザベス皇后。一番うえはエリザベート皇后の肖像画。ハンガリー戴冠式のドレスによく似ているので1867年ころの作品ではないかと思っていますが。皮肉にも放浪する皇后の姿をとどめるために多くの肖像画を描かせたフランツ・ヨーゼフは作品の中で肖像画で登場している。

下3枚の写真は若かりし皇后と暗殺される数年前の写真。

アクの強い顔立ち。世界の美女といわれているらしいけれど、僕にはマイケル・ジャクソンのような仮面のような表情にしか見えない。笑った顔もあるが、笑顔の作り方を知らないようでした。魅力は仮面のような美しさと奇妙にくびれた細いウェスト。ハプスブルグ家の狂女ファナ、狂王ルードヴィヒ2世のように「狂って死ぬ」という運命は逃れたようだ。

エリザベート皇后
彼女の全貌はこの記事 「黒衣の皇后 エリザベート」−わたしたちは皆変死する−
幸福そうな家族像の記事 「シシ エリザベート皇后」
特徴のある肖像画の記事 「エリザベート皇后」 −小さな胸の穴の予言−

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんにちは。
ハプスブルグ家は「青い血」なんですか?(笑)

>マイケル・ジャクソンのような仮面のような表情

そんな気がします。マイケル・ジャクソンもエリザベート、ルードヴィヒ2世同様に自分だけの世界に逃避しましたよね。マイケルのネバーランドがそうですね。ルードヴィヒ2世は城、エリザベートは放浪の旅に逃避しました。

3人とも似ている気がいたします。

トラバ何度もすいませんでした。設定の都合で大変申し訳ありません。表示しました。

またどうぞよろしくお願いします。

2009/10/2(金) 午後 10:47 [ kaf*a_d** ] 返信する

顔アイコン

いま、 国立新美術館にてTHEハプスブルク(ハプスブルク展)で、シシの肖像画も公開中です。フランツ・クサファー・ヴィンターハルターのエリザベートは綺麗で迫力がありました。

画家によって「仮面のような表情」をかく人も多いですね。黒衣の皇后エリザベートの記事も拝見してきました。小さい画像だったもので検索して大きな画像でみたら目が・・・病人のような目だったので、思わず閉じました。

国運を左右した歴史上の人物をあまり美化してはいけないなぁと感じました。傾国の美女というけれど、彼女もその一人かもしれませんね。

>笑った顔もあるが、笑顔の作り方を知らないようでした。
幸せというものの作り方もしらなかったのでは。

2009/10/4(日) 午前 10:01 [ Scene98 ] 返信する

顔アイコン

kaf*ad**さま

こちらこそありがとうございます。
ルードヴィヒ2世の城というとお伽の城ノイシュヴァンシュタインですね。ネーデルランドと同じ感覚ですね。

青い血というのは何を誇って「青い血」をしたんでしょうか。僕の疑問です。記事にしながら調べていません。

2009/10/5(月) 午後 5:56 [ Fin de si?cle ] 返信する

顔アイコン

Scene98さま

THEハプスブルクにいかれたんですね、僕はもう少しあとに。

>幸せというものの作り方もしらなかったのでは
知らなかったんでしょうね。僕も幸せの作り方知りたいです。

2009/10/5(月) 午後 5:58 [ Fin de si?cle ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事