大学同窓会

週末、大学の同窓会がありました。卒業以来です。◯十年ぶりです。
ほとんどの同級生が大学のある地域に住んでいるので、当然同窓会もその地で。

しかし、私の住んでいるところからは遠い…。
そしてその日(土曜日)の午前中は仕事が入っているので、前日から泊まるのは無理。
調べると、飛行機も電車も高速バスも乗るまでに時間がかかり、時間も合わず、車のほうがずっと早く着きます。
大都市⇄大都市、大都市⇄地方は公共の交通手段が充実していても、
地方⇄地方の交通手段は車なのよねえ…(しみじみ)
かなりの長距離ドライブですが、意を決して、仕事の後に自力で運転して行くことにしました。
息子は定期演奏会前で翌日の日曜日も朝から部活があるため、私と一緒には行けないので、
いつもお世話になっている友人宅に泊めていただきました。
Aさん、いつもありがとう!


さて、当日の土曜日。
仕事終了後、車に乗り込んでひたすら運転。途中のSAで給油し幕の内弁当を食べて、さらに運転。
なんとかかんとか、無事に会場近くのホテルに到着いたしました。よかった…(涙)
急いで着替えて、会場へ。

イメージ 1

最初に記念撮影。
少ない女性陣は全員前列に陣取りました。私は向かって右端の市松模様の小紋です。デカいな…。

イメージ 3

一人一人近況報告中。
女性は卒業時と全く変わっていない(願望含む)のですが、男性は…変わっている人は変わってました(汗)
貫禄という名の余分なお肉が付いた人が多かった(私含む)です。
髪型の印象も大きいですよね。女性は白髪を染める(私含む:涙)し、量も減らないし。

◯十年経って、みんな体だけでなく人当たりも丸くなっていました。
優しいオジサン&オバサンになりました。私も丸くなったんだろうなあ(しみじみ)
話せども話せども話は尽きず、という感じで、二次会、三次会も盛り上がりました。

何よりビックリしたのは、我が家と同じ海外に住んでいた同級生が二人もいたこと!
日本人が少ない土地なのに、驚きました。
しかも、うち一人は女性で、就労許可証を取得して、子どもを保育園に預けて、働いていたんですって!!
これはチャンスと専業主婦を謳歌していた私とは大違い。
他の女性陣もほとんどがフルタイムワーカーでした。
パワフルな同級生たちの話を聞いて、かなりモチベーションが上がりました。
私もがんばるぞー!
参加して本当に良かったです。


イメージ 2

翌日は親友と一緒にお買い物&ランチをしました。ウニ丼、美味しかった♪

大学近辺はすっかり変わっていて、道路が広く、お店が新しくなっていました。
私のカーナビには無い道が多く、高速のスマートICも表示が無く、親友がICまで先導してくれました。

Mちゃん、お世話になりました。どうもありがとう! これからもよろしくね!!

   

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

息子の学校の文化祭

息子の学校の文化祭がありました。
金曜日が前夜祭、土、日が文化祭。
吹奏楽部の息子は、金曜日はゲネプロがあって前夜祭には参加できなかったそうです。残念。

吹奏楽部の演奏は、土曜日の午前中でした。
文化部なのに、文化祭でのステージが1回のみって、少なくない? 日曜日もやれたらいいのにな。

イメージ 1

演奏は中学生(ジュニア)と高校生(シニア)に分かれての合奏と、各楽器のアンサンブル。
息子のチューバはアンサンブルが無かったので、出番はジュニアの合奏のみでした。寂しい(涙)
曲は『ミッション・インポッシブル(スパイ大作戦)のテーマ』、5拍子(3+2拍子)です。
私、実はこういう変拍子の曲が苦手で…。 
聞いていると、なんだか落ち着かなくなってくるんですよね(苦笑)
以前息子がピアノの発表会で弾いた『展覧会の絵』プロムナードとか、山田耕作作曲の『この道』とか。
単純な人間なので、3拍子なら最初から最後まで3拍子で、4拍子なら4拍子で、という曲が好きです(笑)
母親は聴いていて少々むずむずしましたが、出来はとても良かったです♪ 
息子くん、頑張ったかいがありました♪♪

イメージ 2

文化祭の出し物は学年ごとにテーマが決められていて、中2はクラスごとの演劇です。
生徒が脚本を書き、大道具小道具を用意し、照明と音響を担当します。
シャイな息子は、セットの係でした。写真右端です。

イメージ 3

私は土曜日のPTA主催のレストランのボランティアをしました。
担当はカレーでした。
お昼前後に、交代で「まかないカレー」を食べました。
美味しかった〜♪♪♪ 来年もやってしまいそうです。

    

この記事に

開く コメント(0)

ばら バラ 薔薇

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

数年過ごした海外でも、バラは美しく咲いていたはずなのですが、
バラのシーズンにどこかにバラを見に行ったことはありませんでした。

バラのシーズンが短い土地だったからなのか… 
単に私が日々の生活にいっぱいいっぱいで、そんな余裕が無かったからなのか…

昨年、3月に帰国したのに5月にバラを見た記憶が無いので、やはり余裕が無かったのでしょうね(しみじみ)
今年、友人たちと一緒にあちこちにバラを見に行けた私は、幸せ者です。

いくつになっても「ももらー」なので、バラの写真もピンクがほとんどです(笑)
ワイルドローズもオールドローズもモダンローズもイングリッシュローズもつるバラもみんな好き♡
綺麗なバラを見ていると、こっちまでキレイになった気分になります(気分だけですが…)
バラのパワーってすごいなあ。
来年のバラのシーズンが、今から楽しみです!
    

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

GWの連休まっただ中、美術好きの長男と一緒に都心の美術館めぐりをしました。
いくつもの美術館を一度に回れるのは都心ならではです。
二男にも声をかけましたが、アートに興味の無い彼は即座に「パス」と(汗)

最初に行ったのは六本木にある森アーツセンターギャラリーのミュッシャ展。
私はミュッシャの大ファンで、以前にも都内で行われたミュッシャ展を訪れていますが、
今回は今までで一番混雑していました。
さすが六本木、さすがゴールデンウィーク(滝汗)

しかし、スラブ叙事詩の展示には、30分並んで入場し、人ごみをかき分けて進んだ価値がありました。
本物はチェコのモラフスキー・クルムロフ城に所蔵されていて、超大作なので移動が困難
(しかし、今年の9月30日まで首都プラハの国立美術館に展示されている! 行きたい!!!)。
六本木に来たのは、縮小版のポスターと撮影したフィルムでした。
それでも感動…。
人生の最後に(文字通り「命削って」)こんな大作を20枚も制作して、全て寄贈してしまう愛国心
経済的にもねー、お金に全く困っていなったからできたんでしょうけど(ゴッホと違って)。
写真撮影禁止だったので、写真に残せなかったことが残念でした。


次はお隣の森美術館の『LOVE展』。愛に関する古今東西の美術品の展示です。
初音ミクのブースが一番賑わっていて、時代を感じました。

イメージ 1

草間彌生『愛が呼んでいる』
長男くんが好きな作家さんらしいです…(知らなかった…)

長男とは、趣味(クラシック音楽、美術鑑賞、読書)は合うのですが、好みは全く合いません(滝汗)


ランチをはさんで、次は国立新美術館の第87回国展に行きました。
なんでも、今回の国展に、長男のお友だちが公募して入選したとのこと。芸術家のお友だちがいたとは。

イメージ 2

2007年1月開館だそうです。私は初めて来ました。黒川紀章氏の設計です。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 7

絵画、彫刻、版画、写真(撮影不可)などいろいろな分野の作品が展示されていました。

イメージ 5

イメージ 6

紅型の着物と帯。
いいなあ〜。欲しいなあ〜。ノドから手がでそう。

国展は学生の入場料金が無料で、長男はこの翌日も見に行きました。若いです(しみじみ)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

GW後半の休日。
東京の友人と、吉祥寺で待ち合わせて、以前から気になっていたお店に行きました。
駅ビルがすっかり変わっていて、ビックリ!

お店はこちら。駅から歩いて5分ぐらい、線路沿いにありました。



イメージ 1


お目当ては、

イメージ 2

等身大のケンちゃんとのツーショット(爆)
身長3mぐらいあるかと想像していたけれど、意外と普通…。
店内は撮影自由でした。



現在放送中のアニメ、『DD北斗の拳』のオープニング。

♪あーたたた たたたた たたたた あたためますかぁ

に、何度聞いても大笑いしています(笑)

イメージ 3

こちらも懐かし漫画、『シティーハンター』
原画が壁に飾られていました。

イメージ 6
 女性用トイレのプレートもシティーハンターでした。

イメージ 4

イメージ 5

美味しいスイーツと飲み物をいただきながら、おしゃべりが弾みました♪
雰囲気は二重丸です。また行きたいな〜。
      
   

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

GW中盤 野沢温泉

今年のGW、間に平日が3日入りましたね。
息子の学校は、1月の創立記念日の振り替え、5月6日(月)のこどもの日の振替休日の振り替えなどで、
この3日間は全てお休みになりました。
代わりに5月6日(月)の振替休日がなくなり、通常授業になりましたが、
他に学校に通っている子どものいない我が家にとっては好都合でした。
長男の大学もこの週はお休みだったので、久しぶりに(もしかすると「初めて」?)、3人で旅行しました。
私は1日休みを取りました。ははは。


まずは長男と合流。

イメージ 8

運転はもちろん長男です。私は助手席で zzz... です。

数時間経過。目的地の野沢温泉に到着しました。

イメージ 2

標高が高いので、空気はからっとひんやりしていました。
桜が満開でした。

イメージ 1

遊歩道脇にはカタクリの花。

イメージ 6

ホテルのある温泉街からスキー場の入り口までは、スキーを履いたまま乗れる動く歩道「遊ロード」が
あるのですが、スキーシーズンオフで休止中。
歩いてスキー場まで登りました。
雪がたくさん残っていて、びっくり! 積雪1m以上ある?
ここより上では、まだまだスキーが楽しめるようです。

温泉街まで下り、土産物やさんを巡りました。
車通りの無い坂道の両脇に商店街があります。
温泉饅頭を食べながら歩いて、野沢菜漬けを買って、手作りのクラフトショップで和風小物を物色。
いつもは買い物に付き合いたがらない息子(=二男)も、
お兄ちゃん(=長男)と一緒なので文句を言いません(苦笑)

イメージ 7

お兄ちゃんと一緒に温泉に入ったものの、浴衣を嫌がり、普段着に着替える息子。帰国子女だわ…。
私と長男は、息子の分の食前酒を山分けし、ビールで乾杯しました♪
本場の野沢菜漬けは、茎が太くて美味しかった!!!

イメージ 9

翌日は、早めに起きて足湯に行きました。
温泉街に何カ所か設けられていて、無料です。
遠くに見える山々は、まだ雪に覆われています。

イメージ 3

ホテルには下駄の用意があったのに、クロックスを履く息子's…風情が無いなあ。

ホテルをチェックアウトして、帰路につきました。3人で主人の実家に向かいます。
途中で、飯山市の菜の花公園に立ち寄りました。

イメージ 4

鯉のぼりと菜の花。よく合います。

イメージ 5

唱歌『朧月夜』の歌碑がありました。
息子'sに呆れられながらも、この前で『朧月夜』を熱唱したのは言うまでもありません。
前回の『天城越え』に続きました!(爆)


GWの谷間でしたが、平日だからか帰り道も渋滞に巻き込まれること無く、スムーズに帰ってきました。
長男くん、帰りも運転お疲れさまでした!

      

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

GW前半 伊東温泉

今頃GWの記事です…(滝汗)

今年のGW前半は、伊東に旅行しました。息子連れで、中学校の同級生と1泊2日の旅でした。

イメージ 1

箱根、伊豆長岡には行ったことがありましたが、伊東は初めて。
由緒正しき温泉街、という風情です。
Wikiによりますと、開湯は平安時代だそうです。すごい!

イメージ 2

近くの浜辺で波と戯れ、

イメージ 3

モールで大道芸人さんのパフォーマンスを楽しみ、

イメージ 14

夜は子どもたちはホテルに置いて女3人でカラオケ♫
伊豆で歌うのはこれっきゃないでしょ!!の『天城越え』を歌わせていただきました♪

イメージ 4

翌日は伊東の自然を満喫しました。
ここは松川湖

イメージ 5

息子、座っていても私よりかなり背が高い…。

イメージ 6

大室山のリフトに乗って、山頂の火口へ。
ここをぐるっと一周、お鉢周りをします。

イメージ 7

海側の眺めは素晴らしかったです。

しかし、高所恐怖症の私、下りのリフトでは半泣きになりました(泣)

イメージ 8

お昼はこんな!
どんぶりに海の幸がてんこ盛りの◯◯丼(←名前忘れました:汗)を食べました。
ものすごいボリュームでした…。

イメージ 9

地元の友人宅へ。
友人が中学の卒業式に同級生にもらったという、制服の第二ボタン
きゃ〜 ステキ♡
当時の私はそういうことに疎かったのか、彼女が彼と付き合っていたことに全く気付きませんでした。

イメージ 10

テディベアミュージアムを見学。
和服も似合いますね。

イメージ 11

涼しい川の音をたどって遊歩道を歩くと、

イメージ 12

目の前に断崖絶壁が! 
2時間ドラマ(の殺人のシーン)でおなじみの、城ヶ崎海岸です。

イメージ 13

友人と子どもたちは下まで降りていきました。
びびりの私は安全地帯で待機です(汗・汗)


昨年一年間は、帰国後のバタバタで、国内旅行に行く余裕がありませんでした。
泊まりがけで温泉に行ったのは… 何年ぶりだろう。10年ぶりぐらい?
友人がホテルを手配してくれて、車で案内もしてくれました。ありがたいことです。
Mちゃん、Kさん、どうもありがとうございました。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

2年生になって学校は…

帰国子女の息子、4月に中学2年生になりました。

「あんなに小さかったのに…」

としみじみ感慨に浸りたいところですが、生まれた時から大きかった(4000g越え)ので、
いつ小さかったのかわかりません(笑)

新しいクラスはどんな雰囲気なのか、部活(吹奏楽部)は楽しくやっているか、
新しく始まった剣道の授業はどうか、などなど、母はたくさん聞きたいのですが、
お年ごろの息子からは

「別に〜」

と、エリカ様のような答えが返ってきます。
しかし、ここで下手にしつこくして厨二病を発症されては困るので、

「あら、そう」

と受け流すように努力しております。大人だわ、私。


ところが先日、主人の実家に行ったときのこと。
着くなり、祖父(=主人の父)に

「2年生になって学校はどうだ?」

と聞かれ、



「あのね、チューバに1年生の女の子が入ったんだ!」



即答しておりました。

そうか、そんなに女の子の後輩ができたのが嬉しかったのね。
「学校はどうか」と聞かれて一番最初の答えがそれなのね。
もう小さくないけど、まだまだかわいいのう(笑)

    

この記事に

開く コメント(0)

母の七回忌

よく晴れた休日、母の七回忌を執り行いました(兄が)。
長男も片道3時間車を運転して(朝6時半に家を出たそうです)参列してくれました。感謝です。

イメージ 1

実家の門の花桃の木の前で息子'sの写真を撮ろうとしたら、長男が弟に指示をしてこんなポーズに。
長男はドラゴンボール世代のようです(笑)



                             …弟くん、ノリ悪いな…。



          

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

息子と一緒に名探偵コナン『絶海の探偵(プライベート・アイ)』見てきました。

冒頭、接近する不審船に緊張が走るイージス艦内の描写がリアルで、
こうして日本の領土、領海を守ってくださっている海上保安庁や海上自衛隊の皆様に
改めて感謝したいと思いました。
実際のご苦労はこんなもんじゃないですよね。

ストーリーは、う〜ん、5点満点で3かな。
イージス艦と平次のシーンは◎。
園子があまりにもヒステリックに描かれていて、なんだかな、でした。

そして、最初から最後までず〜っと気になっていたのが…


眉毛!!!


なんだったんだ、あれは…。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事