No fishin’ No life

ちょっと訪問が滞っています。お許しをm(_ _)m

全体表示

[ リスト ]

フェンウィック

1955年。



ワシントン州ケントでフライ好きの5人のビジネスマンが



理想のロッドをつくろうとロッド・メーカーを興した。



ロッドはフェンウィック湖の彼らの友人のガレージで生産され、




湖の名前をとって彼らの会社はフェンウィックという名となった。






当時はバンブーロッドが全盛期。



新素材ファイバーグラスのブランクを使ってフライロッドを作り始めた。



やがてこのグラスロッドは伝説として語り継がれるようになる。





フェンウィックロッドの外見には特色がある。



ダイヤモンドクロス、バッド部分の飾り巻きであるクロスラッピングである。
イメージ 1






のちに高級ロッドの象徴として各ロッドメーカーに採用されるようになっていった。




これは魚を釣るためのものであると同時に見ても美しい、




つまり技術とアートが一体になるものがすばらしいロッドである




という思想の顕れであった。








1ピースのアクションを持つ2ピースのロッドが、




フェンウィックのロッドデザイナー ジム・グリーンのアイディアから生み出された。




それはグリーンが突如ロッド・ブランクを二つに折って、





先端の半分をより大きなロッドブランクのブランクの上に押し込んだことから





生まれたものだった。




それまでのフェルールはブランクを金属製のフェルールで継ぐのが主流だった。




ジムの考案したフェルールは金具を使わずにロッドを継ぐことにより、





1ピース・ロッドにより近いアクションが出せるようになった。




フェンウィックはこのグラスとグラスを継ぐフェルールのパテントを取得した。
イメージ 2





そして、このフェルールは各メーカーに採用されることになった。








その後フェンウィックは高品質ロッドを





「一歩上をいくフィッシャーマン」のために作り、






その名を世界中に知らしめ、




フィッシング・ロッド市場のほぼ半分を支配するまでになった。











1973年、フェンウィックはグラファイト製のロッド、HMGを投入した。





これは釣り人の釣り方までも劇的に変えてしまうテクノロジーだった。





そして、グラファイトロッドはフリッピングなどの新しい釣り方を作り出した。






しかし、グラスよりも作りやすいグラファイトロッドを





登場させたことは、ロッドメーカーの競争を激化させ、





フェンウィックブランドの凋落のはじまりでもあった。

閉じる コメント(44)

フェンウィック、良いですねぇ。
使ったことないですけど・・・
あのマークがまたカッコいいんですよね。
釣り具屋で手に取って、軽く振るだけのあこがれの存在です。

2011/2/26(土) 午後 11:29 galle

顔アイコン

galleさん

フェンのマークはカッコいいですね^^
今のフェンは高品質高価格路線に戻っているので
購買意欲をそがれてしまいます。

2011/2/26(土) 午後 11:49 [ luckyfield ]

フェンウィックの歴史、大変勉強になりました!!
湖の名前からつけたんですねぇ(^.^)
私も今、アイアンホークを愛用しています♪

2011/2/27(日) 午前 6:58 [ PHSリーダー ]

こんにちは〜!
そのモノの歴史を掘り下げて知るのは面白いですよね。何故、Fenwickを使うのだろう…?もっと使い易くて手頃な価格の良い竿があるかと思います。それはカッコ良さや憧れ、そして拘りだと思います。

2011/2/27(日) 午前 9:05 [ moonshiner ]

私も今から28年前の18歳の時、フェンウィックの 『 HMG グラファイト GFC655 』 と言うロッドを クソ生意気にも高校3年生のぶんざいで 使っていました(汗)。

今では 当たり前となった逆つなぎのツーピース・ロッドで、本当は トップ・ウォーター用のロッドでしたが、 トップからワームまで全てのジャンルでこれ1本でこなしていました(苦笑)。

随分前に折れてしまったのですが、あまりにも思い出の多く詰まった大好きなロッドでしたので捨てるに捨てられず、 いつか日にかこのグリップを使って トップ・ウォーター用のロッドとして、 蘇らせようと 妄想だけを膨らませ、 何の進展も無いままですが(汗)、 いまだにこの折れたロッドの グリップを持ち続けていますよ!!(笑)。

だって、 これ以上 カッコイイ グリップは、 他のメーカーには、 いまだにありませんからね!!(笑顔)。

2011/2/27(日) 午前 9:49 [ 64 ( ろくよん ) ]

lucky fieldさんへ

コメントありがとうございました!
私も春はまだのようです(笑)
安全第一…。
ありがとうございました!

2011/2/27(日) 午前 11:56 [ ピーナッツlove ]

顔アイコン

リーダーさん

今度はリーダのタックルの記事をアップしてください!!
結構、萌えるタックルがたくさんありそうですから・・・。

2011/2/27(日) 午後 7:34 [ luckyfield ]

顔アイコン

moonshinerさん

確かに今のロッドのほうがフェンより安価でいいものもあると思います。でも、フェンには現代ロッドのルーツになるものがたくさんありました。それがフェンに惹かれるのではないかと思います。ものの歴史を掘り下げるって楽しいですね^^

2011/2/27(日) 午後 7:37 [ luckyfield ]

顔アイコン

64さん

いい話ですね^^
昔買ったロッドで思い出があればあるほど
壊れていようが捨てるに捨てられませんね。
その気持ちよくわかります。

2ピースですから、再生できるような気がします。
ぜひ思い出のロッドを復活させてください。
それを記事にしてくださいね〜

で、そのかっこいいグリップで萌えさせてください^^

2011/2/27(日) 午後 7:43 [ luckyfield ]

顔アイコン

ピーナッツloveさん

無事で何よりです^^
今回つれなくても、チャンスはこれからです。
安全に楽しい釣りをこれからもしていきましょう^^

2011/2/27(日) 午後 7:44 [ luckyfield ]

顔アイコン

いや〜フェンウィックファンなんですよ〜実は・・・
バスロッドはほとんどがそうだし・・・
でも、スタートがフライロッドから・・・と言うことが、何より嬉しい♪

2011/2/27(日) 午後 9:00 真魚(uncle hero)

顔アイコン

Uncle Heroさん

フライからスタートしていますね。それとフェンのロッドデザイナーのドン・グリーンが作ったメーカーはSage(サージ)です。アクションが初期のフェンと似ているそうです。

2011/2/27(日) 午後 10:29 [ luckyfield ]

顔アイコン

カッコいいっすね(≧∀≦)
こだわりの竿なんですね(=^_^=)

2011/2/28(月) 午前 10:21 [ ]

顔アイコン

勉強になりました。
でもオチが無い・・・・・
何か隠してない?

2011/2/28(月) 午前 10:45 momo8875

顔アイコン

チェンさん

こだわりのロッドですね。
いまはこんなメーカーが減ってますね^^

2011/2/28(月) 午後 7:01 [ luckyfield ]

顔アイコン

momoさん

オチって、その後のフェンウィックは
ゴタゴタしているので続くような感じで
終わらせてみました。別に隠していませんよ。

2011/2/28(月) 午後 7:03 [ luckyfield ]

顔アイコン

なるほど!!
ダイワの竿とかも、シマシマの模様が入っているのは、そういう意味だったのですね!!

めさめさ勉強になりました!!

ありがとうございます!!のぽち☆

2011/3/1(火) 午前 0:26 きみちゃん

顔アイコン

wぽちです☆☆

2011/3/1(火) 午前 0:27 きみちゃん

顔アイコン

きみちゃんさん

フェンウィックは現代ロッドの教科書ですから、
ダイワ、シマノやそのほかのメーカーもかなり
マネしてましたね^^

いえいえ、どういたしまして^^;

2011/3/1(火) 午前 10:46 [ luckyfield ]

顔アイコン

きみちゃんさん

wぽちありがとうございます!!

2011/3/1(火) 午前 10:47 [ luckyfield ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事