英語と格闘の日々

Only a life lived for others is a life worthwhile. A. Einstein

全体表示

[ リスト ]

ビジネス英会話:per se って何だ?

最近気になる表現、per se

会話でもたまに耳にする。"per say"といってるように聞こえたので、
辞書で"say"を調べたけど、載っていない。


たまたま最近辞書を調べていてスペルがわかった。"say"ではなく、"se"だ。
(でも発音は、「パー・セイ」でいいみたい。)


やはりラテン語の表現で、「それ自体」とか「そのもの」という意味らしい。

『オックスフォード現代英英辞典』にはこうある。

used meaning "by itself" to show that you are referring to sth on its own,
rather than in connection with other things:

これだけでは、わかるような、わからないような…。

例文を見て、ちょっとわかった。

The drug is not harmful per se, but is dangerous when taken with alcohol.
(そのクスリそれ自体は無害だが、アルコールと一緒に服用すると危険だ)。


ネットでこんな例文も見つけた。

Culture per se does not cause conflict.
(文化そのものは軋轢を生まない)

HTML is not a language per se.
(HTMLそれ自体は言語ではない)

He does make one new noise, though it's not a word per se.
(彼は新しい音を発する、言葉そのものではないけれど)

どうやら、否定文で使われることが多いみたいだ。


調べていたら、"&"マーク(アンパサンド)にも、この"per se"が入っているらしい。


記号名の「アンパサンド」は、ラテン語の「&はそれ自身"and"を表す」(& per se and)からきている。
(wikipedia)

なるほどね。


この「パー・セイ」って、なんかインテリっぽく聞こえるんだよなあ〜。
いつかちょっと気取って使ってみたいけど、その分「はずす」とカッコ悪そうで、
実際使うとなると、ちょっと躊躇しちゃうんですよね…。

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

ラテン語ってインテリっぽく聞こえますよね。わたしも憧れちゃいます。でも、he/sheなんぞをまちがえるわたしが使ったら、ちょっと笑いものかも・・。以前、ラテン語の記事を書いたのですが、per se を入れてなかったのでTBさせてください。Thank you always.

2007/6/4(月) 午後 10:49 [ ohio ] <<コメントに返信する

顔アイコン

per seは文学関係の学会で聞いたことがありますが、それ以外では一度もありません。もちろん使ったこともありませんが、ビジネスの世界では使われてるんですね。なるほど。アルファベットの音の覚え方の最後に& per se andって覚えるみたいですね。

2007/6/4(月) 午後 11:03 ann**in_*ei <<コメントに返信する

顔アイコン

アンパサンドは& per se andで読んだ発音まんまなんですね。&自体はラテン語のet(英語のand)を合体して作られた文字ですね。
いやー嬉しい!新しい発見です!
けれどもこの言葉を私が使ったら、めちゃくちゃ話してる内容が浮きまくってしまいそうで怖いです^^;
「パイレーツ〜」観たばっかりなので、海賊言葉の「パーレイ」かと思いました(笑)

2007/6/5(火) 午後 0:52 [ nomad ] <<コメントに返信する

顔アイコン

>ohioさん、そうなんですよね。使ってみたいけど、「その前に覚えることがあるだろ!」みたいに思われちゃいそうなんですよね。TBありがとうございました。ohioさんの記事を改めて読むと、けっこう会話でも耳にする表現が多いですね。あー、使ってみたい、カッコよく!

2007/6/6(水) 午前 8:56 Wonderwall <<コメントに返信する

顔アイコン

>ANNEさん、わざと気取った口調や皮肉っぽく何かを言う時に使われる気がします。会話でそのままストレートに使うとフォーマルすぎちゃうんじゃないでしょうか。学会発表やフォーマルなスピーチではピシッと糊を効かすような感じがしますよね。

2007/6/6(水) 午前 9:01 Wonderwall <<コメントに返信する

顔アイコン

>capturrさん、私も初めて知りました。「それ自身"and"を表す」なんて自己言及的な、ちょっと哲学的(?)な記号だったんですね。ラテン語を使うのって、日本語だと漢文の一説を引用するような感じがするのですが、それに見合った教養がないと、赤っ恥をかきそうですよね…汗。

2007/6/6(水) 午前 9:06 Wonderwall <<コメントに返信する

顔アイコン

"per se、って話し言葉というより書き言葉として使われることが多いのかなあ・・・本を読んでいるとよく目にするような気がします。
根拠はありません、ただそういう気がするだけです(笑)

2007/6/7(木) 午前 0:31 [ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

そうですね、ラテン語を語源とする表現はほとんど「文語」でしょうね。だから会話で聞いたりすると、余計に気になるんだと思います。日本語でも書き言葉をちょっと会話に使ったりすると頭よさそうに聞こえたりしますよね(笑)。

2007/6/8(金) 午前 8:43 Wonderwall <<コメントに返信する

per se、私もラジオビジネス英会話で覚えました!でも簡単な会話しかできないレベルなので、残念ながら使ったことはありません。(^_^;)

2007/6/9(土) 午前 7:45 Smile☆Beauty <<コメントに返信する

顔アイコン

へえ、そうですか。NHKの「ビジネス英語」でも取り上げられる表現なんですね!貴重な情報、ありがとうございました。

2007/6/9(土) 午後 4:27 Wonderwall <<コメントに返信する

この言葉、時々耳にしていたので気になっていました。この記事よんでスッキリです。ありがとうございました♪

2007/6/9(土) 午後 10:08 [ MaxD ] <<コメントに返信する

顔アイコン

私もよく耳にしていたのですが、なんとなく理解していただけでした。今回この記事で、以前よりも理解が深まったと思います。感謝です^^

2007/6/11(月) 午前 2:19 Tiger <<コメントに返信する

顔アイコン

>Cainさん、コメントありがとうございました。今週こそ使ってやろうと思っているのですが、なかなかタイミングをつかめません…涙。

2007/6/11(月) 午後 11:07 Wonderwall <<コメントに返信する

顔アイコン

>TIGERさん、私は"se"が"say"だと思い込んでいた期間が約2年でした…汗。ちゃんと調べなきゃ身に付きっこないですよね(笑)。

2007/6/11(月) 午後 11:09 Wonderwall <<コメントに返信する

これって「パーセイ」って発音なのですか。ラテン語は、論文では良く出るので、見たことはあります。「ペルセ」と勝手に読んでいましたが。et al., e.g., i.e.などなど学術論文にはいろいろ「ラテン系?」、もとい「ラテン語系」の言葉が良く出てきますね。

2007/6/23(土) 午前 5:57 リレハンメル <<コメントに返信する

顔アイコン

わたしは最初、てっきり"per say"って言ってるんだと思ったんですね。だから辞書を引いても出てるわけないんですね。よくわからないのですが、英語話者が「ラテン語系」の言葉を読むと、多少英語の音に引っ張られる可能性はあると思います。perは「ペル」の方が本物っぽいですよね。

2007/6/24(日) 午後 1:23 Wonderwall <<コメントに返信する

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(1)

トラックバックされた記事

Latin Words

<font size="3">August 13, 2006 Recently I heard the U.S. Secretary of State, Madam Rice say “status quo ante”. Latin words sound intelligent. Here are some Latin words used as they are in English. I have learned these along

2007/6/4(月) 午後 10:51 [ Life with English - 英日日記 - ]

トラックバック先の記事


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事